二次創作小説(紙ほか)

妖怪ウォッチ外伝 第1章 始まり
日時: 2018/12/27 19:42
名前: 死喬院 嫩  (disney-daisuki007@ezweb.ne.jp

「タッタッタッ…。」

昼間のさくら住宅街に走る足音が聞こえる。

「ゼェ…ハァ…。早く帰らなきゃ…!」

何か急いでる。何だろうか。

「家に着いた…。ただいまぁ!」

この、彼女が妖魔界に影響を与える大きな逸材。その名は…。

龍鬼)「俺は、鬼神 龍鬼! さくら第1小学校に通う小六! 機械技術検定1級持ち!」

鬼神姫)「龍鬼か。 終わったか? 機械作りは。」

龍鬼)「あと少しだから!」

?)「おい。龍鬼。暇か? ちょっと此れからエンマ宮まで来てくれ。」

龍鬼)「えー…。」

鬼神姫)「行くぞ。」

〜数分後〜

エンマ)「また、機械作りに夢中だったのか?」(ニコッ

龍鬼)「まぁ…(汗)」

鬼神姫)「ところで、何かあったのか?」

エンマ)「実はな…。鬼神家を潰す事を目的とした奴が現れてな。 だから、伝えたんだ。」

龍鬼)「俺ん家を潰す…。 そんなの許さない…。」

鬼神姫)「この事をオロチ達に言おうぜ。」

〜数分後〜

龍鬼)「オロチ!聞いてくれ!」

オロチ)「…?」

鬼神姫)「鬼神家が狙われてる。 此れから、闘い事が増えそうだ。 手伝い頼めるか?」

オロチ)「勿論だ。 仲間だからな。 実際にも同じが奴がいるからな。」

龍鬼)「じゃぁ、決まり!」

鬼神姫)「おい!此れを見ろ!」(写真を見せる

オロチ)「…ヤバイぞ。 エンマ族の妖怪が死んでる…!」

龍鬼)「黒蝶…。月詠…。 月影まで…。」

鬼神姫)「でも神鬼や鬼童や羅刹や鬼灯や潤鬼は無事みたいだな。」

龍鬼)「兎に角、またエンマ宮に行こう!」


〜第2章へ続く〜

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。