二次創作小説(紙ほか)

仮面ライダーパラノイア
日時: 2018/12/31 21:27
名前: KRD/ゆっくり・VTuber

悪の組織なんて、テレビの中の存在かと思っていた。けど、それは全然違った。

Page:1



Re: 仮面ライダーパラノイア ( No.1 )
日時: 2018/12/31 21:38
名前: KRD/ゆっくり・VTuber

此処は何処だろうか。真っ暗だ。頭がガンガン響いている。足元には冷たい床の感覚が伝わる。…意識を取り戻すと同時に、ゆっくりと俺の視界も戻っていった。重い瞼を上げると、そこには様々な医療器具や訳のわからないカプセルが転がっていた。
「…ここは…?」
「目が覚めたかね?」
いきなり部屋のスピーカーから初代仮面ライダーのショッカーの首領の様な声が響いた。
「すまない。君の体を改造させて貰った。その少女の姿は御詫びだ。」
体に違和感を感じた俺は身体中を見回す。大きく膨れ上がった胸、物凄く長い銀髪の髪。どう見ても男とは思えない身体だった。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。