二次創作小説(紙ほか)

拝啓ドッペルベンガー 修正版
日時: 2019/01/12 20:28
名前: 柊。

   ※注意※

これは私が以前書いた「拝啓ドッペルベンガー」の修正版です。自分で読んで何これと思いここで書き直します。
拝啓ドッペルベンガーというボカロの解釈小説です。修正しても駄文です。

それでも良い方はどうぞ。






             ~ 拝啓ドッペルベンガー ~

「どうも、こんにちは。僕は君の分身です。」

僕の前に突然現れたそいつは、何の冗談なのかと、何度見直しても


僕だった。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。