二次創作小説(紙ほか)

「ベムベムハンターこてんぐテン丸」キョンシーブーム2
日時: 2019/02/15 21:31
名前: A.I

テン丸とクロは、つぶれ荘に戻ってきました。
すると、悪ガキトリオの三人が、お札を壁に貼ったり、額に貼ったり、お札を書いたりして遊んでいました。

テン丸は、「何かのおまじないか?それ?額に貼ったりして、何か意味があるのか?」
と分からない様子。

クロは、「世の中一体どうなってるんでガンスか?親分!おばあちゃんに聞いてみよう!」

ということになり、テン丸とクロは、おばあちゃんに、聞いてみることにしました。

おばあちゃんは、「そうか!おぬしらは、夜中が、妖怪退治が多いから、知らないんじゃな!よし!ワシが全部教えてやろう!」

ということで、キョンシーブームについて、シリーズも全部説明を聞いたテン丸とクロは、妖怪反応が頭巾に鳴らないわけだとようやく納得しました。

テン丸とクロは、ヨーコちゃんの姿に後で、ビックリすることになります。

どうなるのかは、次回に続く。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。