二次創作小説(紙ほか)

「ベムベムハンターこてんぐテン丸」キョンシー対策2
日時: 2019/03/05 19:00
名前: A.I

次の日の朝。

ヨーコは、目を覚ましました。

動きがあったので、テン丸も目を覚ましました。

テン丸「ヨーコちゃん!目が覚めたか?大丈夫か?」

と見ていて心配そうだ。

ヨーコは、「私は、一体?はっ!学校!」

と元に戻るとまさかの状態だったのでテン丸の顔をのぞきこむと顔を赤らめながらも、テン丸に礼を言った後、普通の生活に戻りました。

三人トリオとヨーコは、学校へ行った。

テン丸に、デチョンパ通信が入る。

天狗大王様「大変だな。テン丸。最終回が、まさかの展開だったようだ。しかし、キョンシーは、まだまだやるようだから、当分は帰ってこなくてもよろしい!」

と命令が入る。

テン丸は、「え〜新シリーズやんの?」

と唖然だ。

これからも、人間世界にいることになったのでした。80年後半もキョンシーシリーズは、続いたのでした。

テン丸とクロの戦いは、続いたのでした。

(終わり)

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。