二次創作小説(紙ほか)

「ベムベムハンターこてんぐテン丸」キョンシー歩き
日時: 2019/03/12 13:12
名前: A.I

ある日の日曜日。
つぶれ荘の中で、みんなで、まさかのキョンシーごっこが始まった。

悪ガキトリオとヨーコちゃんが、遊んで手本をテン丸とクロに初披露した。

ヨーコが、札を貼る役目で、悪ガキトリオがキョンシー役に。

逃げ回るトリオに、ヨーコが札を三枚手に取ると、三人の額にお札を貼った。三人は、動きが止まる。

ヨーコ「学校でやってるのは、こういう遊び。意味分かった?テン丸くんとクロちゃんもキョンシー飛びやってみる?」

と言い出した。

クロが先に笑いながらキョンシー飛びに初挑戦。

クロが、「親分もやってみたら?おかしいでガンスよ!この飛びかたは!絶対変でガンス!妖怪王国帰った時に仲間に教えようっと!」

テン丸は、「キョンシー飛びね〜よし!普通にやってから、天井飛びでも遊びでやってみっか?反重力下駄〜!」

と笑いながら、今回は、反重力下駄を使用。

天井で、逆さになったテン丸。

両手は伸ばしたまま、横壁をキョンシー飛びしていくテン丸は、また逆さになりながら、途中でふきだして笑い出す羽目になる。

テン丸「やっぱり変!これじゃ〜戦えないや。」

ヨーコは、笑いながら、お札をテン丸の額に貼る。

ヨーコ「動けないルールだよ!そこから動いちゃダメ!」と笑いながら今度は、三人の札をはがした。

三人は、天井を見つめては、逆さになって、キョンシー飛びの真似姿で、止まっているテン丸を見ては、大笑いだ。おばあちゃんも大笑いだ。

テン丸は、「札をはがせ〜!おいら、キョンシーごっこは、今回きりでやめるわい!みっともね〜や!キョンシー役はやだよ!」

と嫌がって動けない為、クロが、笑いながら「おいらがやる!」と札をはがした。

テン丸は、天井から、降りてきた。

テン丸とクロは、「キョンシーごっこね〜!変だ!」

と笑いながらみんなに感想をのべていたということです。

(終わり)


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。