二次創作小説(紙ほか)

「ベムベムハンターこてんぐテン丸」大怪我(最終回)
日時: 2019/03/13 11:55
名前: A.I

ヨーコちゃんと悪ガキトリオは、一生に一度は、やってみたかったから、みんながやってるから、やらせて〜

で、テン丸とクロとの約束破ってまで、家から学校までキョンシー飛びで行くことをついにやるとこまでやってしまいました。

行きは良かったようですが、帰りが転びながら帰ってくるので、四人は、ボロボロ。

ヨーコちゃんは、両膝すりむき、額からまた血を流している。両頬を少し切っているようだ。

帰ってきた後、おばあちゃんは、あきれてしまう。
おばあちゃん「ワシは知らんよ。テン丸くんとクロちゃんに怒られておいで。今回で、やめることじゃな。バ〜カじゃ。」と今回は、手当てを無視しようとしましたが、ほっとけないので、三人を助けることにした。

テン丸は、「ったく!ヨーコちゃんは!あれほど顔は女の命だって、言ったのに、約束破るからだ!後で説教だい!前回より大怪我じゃね〜の!話したバ〜カだ!ひどい怪我じゃね〜の!こっちこい!」と今度は、ヨーコの
腕を引っ張りながら、自分の部屋に連れていった。
やり方が荒い。

部屋に入れると、少し乱暴に離した。
ヨーコは、その場に倒れるように座りこんだ。

テン丸は、腰からひょうたんを取り出すと天狗万能水をコットンにつけた後、血をふきとたり、手当てをしだす。

ヨーコは、傷が深いのか、「しみる!」と痛がっていたが、少々荒く手当てするテン丸。

後に、両膝も、顔も綺麗に元に戻ったヨーコに、テン丸の「やるなって忠告したはずだぜ!」と一発、軽い平手打ちが入った。

ヨーコは、「キャア!」頬を押さえた。テン丸は、手加減した。その後に万能水で、叩いた部分にかけて元に戻した。

綺麗に戻ったヨーコは、「もう、二度としない。ごめんなさい。」とその場で泣き出してしまう。

テン丸は、「天狗万能水だって、あの三人にかける分がね〜んだぞ!今ので最後だ。後は、妖怪王国帰った時に詰めなきゃなんね〜。今度同じことやったら、マジで助けられね〜からな!今後は、約束破るなよ!あの三人も、普通なら病院行きなんだからな!今回、なかったら、ヨーコちゃんだって、今頃は、病院行きなんだぞ!!分かってんのか?」と怒鳴りました。

ヨーコは、しばらく泣きじゃくっていましたが、
落ちついた後に、「もう二度としないから、許して。本当にごめんなさい。」と言い出しました。

テン丸「少しは反省したか。バ〜カ!反省してるならいい。今度やったらもう知らんぞ!見捨てるからな!!」と怒鳴りながら言うと、二人は、部屋を出ました。

出た後は、テン丸は、おばあちゃんに、三人の分が天狗万能水がなくなったことを説明し、今回は、病院の世話になった悪ガキトリオでした。

あれから、身に染みた四人は、今回きりで、二度とキョンシー飛びながら学校行くことをやめたということです。

(終わり)


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。