二次創作小説(紙ほか)

猫少年と鳥籠の中の少女【キルア】
日時: 2019/03/21 10:46
名前: 陰陽師  (7712a8@gmail.com

ハァ、、、ハァ、、、

暗闇のような森をかける一人の少女がいた。

早く逃げないと、、、!

不意に後ろを向いた少女はすぐに前を向いた。

途端に

「いたぞ!!捕獲しろ!」

ヤバイ、、、捕まる、、、!

少女は背中から真っ白な翼を出し、両手で抱えるよ
うに持っている弓を握りしめて、夜空に溶け込むように飛んでいった。
††††††††††††††††††††††††††††††††††††††
少女はまだ世界を知らない。

見たことのない未知の生物のことも。

自分と同じような境遇で育った人間がいることも。

少女は後に仲間と出会い、冒険を繰り返しながら世界を知っていく。

それと同時に

出会いと別れも繰り返す。

少女は時代が、世界が繰り返されることを学ぶ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
訳ワカメ〜ですね。

それと

更新がめっっっっちゃ遅れてすみませんでした。(´−ω−)人(忘れていまいした)

Page:1



Re: 猫少年と鳥籠の中の少女【キルア】 ( No.1 )
日時: 2019/03/23 20:45
名前: 陰陽師

設定

名前 ハルナ・グリーン

年齢 12歳

体重 40台

髪 世界七大美宝に指定されているほど美しい緑
地面につくぐらいのロング

服装
プロローグ時 白いドレスのようなワンピースで裸足

試験時 丈が隠れるほど長い民族衣装っぽいワンピースで低いヒールのサンダル

すれ違う男は誰からも振り向かれるほど可愛くて、美しい顔立ち

弓の腕は狙った獲物に必ず当てるほどの命中力と高い治癒能力を持つ

とても計算高く、瞬時にデータを解析し、的確な作戦や状況を判断し、少し聞いただけでも、把握できる

機械いじりが趣味で、機械のことを知り尽くした

一度通った道や、覚えた地形は忘れない

世界樹の森を探している

その他
原作通り

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。