二次創作小説(紙ほか)

「ベムベムハンターこてんぐテン丸」大怪我 おまけ
日時: 2019/03/15 05:42
名前: A.I

ヨーコちゃんは、落ち着いた後、おばあちゃんから呼び出された。

おばあちゃんは、怒ってはいないが、むしろ面白がってしまい、みんなの様子を見ながらバカ笑いしている。

ここは、おばあちゃんの部屋にある鏡台。

おばあちゃん「ワ〜シの大切にしていたコットンがまさかで全部なくなってしまったわい。化粧水が使えないではないか。

おぬしは、怪我した後に、男の子に一体、何をやってもらったんじゃ。今回は、年よりや若い女の人が見たら、ビックリして笑われるぞい。

まさか男の子に顔を手当てしてもらうとは。

天狗万能水がまさかの化粧水になるとはのう!

ひょうたん使用に笑えたわい。
恥ずかしい話しじゃ。

テン丸くんがよく女性用のコットン使えたのう!

むしろ、男の子がよくやってくれたわい。

今回は、テン丸くんの方がえらかったから、ワシが誉めてやるわい。

ヨーコの方が、今回は、1人の女として大バカ者じゃ。

今後は、し〜っかり反省するんじゃぞ。

ひとまず、お礼言ってこんか。病院代が1人でも浮いたんじゃ。人間の恥を天狗に見せとるようなもんじゃわい。

女として一体、何をやっとるんじゃ。男の子と一緒になって、キョンシー飛びをやるとは!普通は、遠慮するもんじゃよ。うちのメンバーでは、ヨーコの場合は、ただ1人の女だという意識を持たんか。」

と笑い転げています。

ヨーコは、後で赤面していましたが、おばあちゃんに猛烈に笑われた後に、テン丸に改めてお礼を言いにいった。

テン丸は、庭でクロとしゃべっている。

ちなみにテン丸は、クロに笑いながら「妖怪王国で、小さい頃から、母ちゃんを見てきて良かった。母ちゃんが、女もんの化粧道具の小さなカバン?持ってたし、コットン使ってたから、おいらでも、やれたんだよな。」と話していた。

クロは、笑いながら、「親分!女の子がよくカバンの中に入れてるのは、小さなポーチというんでガンス。生理用品いれたり。女の子は、いろいろと大変なんでガンスよ。分かってあげるのが、立派な男というものでガンス。」とテン丸に説明しました。

女については、ビックリ。クロの方が知識があるではないか。

しゃべっている間に、赤面しながら、ヨーコが声をかけた。

ヨーコ「テン丸くん!こないだは、手当てしてくれてありがとう。さっき、おばあちゃんに笑われました。」とお辞儀をしました。

クロが「良かったね!世間で広がっていたキョンシー飛びも、親分の活躍で、どうやら収まってきたようでガンスよ。」

テン丸は、ヨーコの顔をのぞきこむと、「良かった良かった。おいらとの約束守れてるみて〜だし、まさかの怪我につながっちまったから、二度とキョンシー飛びは、すんなよ。

今回、コットンがなかったら、ヨーコちゃん、仮に顔が綺麗に戻ったとしても、天狗万能水でベタベタになる所だったんだぞ。

顔がベタベタだったら、全国のお年寄りや女の子が見たら、ビ〜ックリされて笑われるぜ。今回、天狗万能水がまさかの女用の化粧水だぜ。」

と想像しながら、クロと一緒に使い方が、化粧水だと大笑いしだした。

ヨーコは、赤面しながら、「恥ずかしいから、もういいよ〜まさか、男の子に顔を手当てされるなんて。女として恥ずかしい体験をしてしまったわ。将来は、キョンシー飛びは、二度とやらない!」と嘆きだした。

みんなのバカ笑いが響く中、事件は、終わりを迎えるのであった。

(終わり)





Page:1 2 3



Re: 「ベムベムハンターこてんぐテン丸」大怪我 おまけ ( No.8 )
日時: 2019/03/18 19:59
名前: A.I

テン丸は、妖怪王国の現状についても、笑いながら話しました。

テン丸「お前ら人間達はね、キョンシーブーム、ごっこ遊びにについては、妖怪王国でまさかで全土に広がっちまって、天狗仲間でえらい人達からも、面白がられちまって、全部見られちまってんから、猛烈に笑われてっからな。

キョンシーがおいらの世界で、仲間に話したら、あまりにうけちまって。

おいら、ぜ〜んぶ報告してっからね。

キョンシー飛びも全部仲間に説明したら、ビックリして笑われたぞ。バカにされたわい。

キョンシーが、何で怖いんだ?

キョンシーに対して人生始めてテレビで見ながら怯えているお前らの姿を見てな〜

猛烈にバカにされてっぞ。
見事に笑われとるぜ!

キョンシーは、歴史に残るかもな!

おいらの世界でも、キョンシーは、有名になっちまたったぜ。

妖怪じゃね〜もんだから。
お笑いになっちまってる!

おいら達もね、こんな笑えること始めてだい!」

とクロと一緒になって、バカ笑いしていました。

尚、キョンシーは、今後、歴史に大きく残ることになる。

(終わり)

Re: 「ベムベムハンターこてんぐテン丸」大怪我 おまけ ( No.9 )
日時: 2019/03/19 05:17
名前: A.I

テン丸は、みんなに深刻に話しました。

テン丸「おいらも、一応、こうみえて、実はって、妖怪王国では、これでも立場が王子様だかんな。

おいらも、将来がな、一応これでも立派なえらい大天狗になるもんだから、王子がキョンシー飛びやっとっては、あかん。

キョンシー飛びだけ、どうしても、やれん!」

とす〜ごいイヤがっていました。
キョンシーごっこに対しては、猛烈に拒否するテン丸でした。

テン丸にとっては、苦手なものは、二つあった。
ごきぶりと新しい遊び、キョンシーごっこである。

(終わり)

Re: 「ベムベムハンターこてんぐテン丸」大怪我 おまけ ( No.10 )
日時: 2019/03/19 07:03
名前: A.I

テン丸とクロにとって、キョンシーブームというのは、見るのとお札ゴッコと普通のみんなで遊ぶゲームまでだとテレビゲームとか。ブームが、軽いもんだと思っていたようだ。

しかし、極度に流行ると今度はまさかのキョンシー飛びごっこに対してクロと一緒になって、まさかのこ〜んなみっともない、ピョンピョン遊びが流行るなんて!とビ〜ックリして、唖然したらしい。

妖怪王国でもキョンシー飛びごっこについては、話題になったようだ。妖怪王国に帰った後で、みんなやえらい人達に、テン丸独自流キョンシー飛びを披露してきたテン丸。1つの笑い話、大問題議題となったようである。深刻になったのだ。

テン丸とクロは、キョンシーごっこだけは、大嫌いだから、やれないから、みんなごめんね!妖怪王国で、キョンシーごっこだけは、議題になって、大王から、禁止命令出されたよ!君たち人間と一緒になったよ!

と妖怪王国から帰ってきた後に、みんなに深刻に話していたようである。

(終わり)

Re: 「ベムベムハンターこてんぐテン丸」大怪我 おまけ ( No.11 )
日時: 2019/03/19 12:04
名前: A.I

妖怪王国で、天狗大王様とテン丸による爆笑親子会話が始まっていた。

天狗大王「キョンシーごっこ飛びか。よし!ワ〜シも一生に一度きりで、やってみようっと!」と笑いながらまさかの天下の大王様が独自のキョンシー飛びを披露してくれたのだ。反重力下駄を使用。壁をやってみたり、逆さになったり。テン丸同様。

テン丸「まさかの親父の独自のキョンシー飛びだ!おいらもやる!親父!これが噂の黄色いお札だい!動いちゃいけないんだぜ!ほれっ!」と笑いながら親父の額に札が貼られる。親父さん、逆さで両手を伸ばしてキョンシーポーズでストップ状態だ。

親子一緒に猛烈にふざけていた。

もちろん、見張りとか、仲間があきれて見ていた。

やってるうちに、ママの雷が落ちた。

ママ「あなた!テン丸!恥を知りなささい!立場をわきまえなさい!!みっともない!!」と怒鳴りました。

天狗大王「ストップ!よし!分かった!やめよう。この飛び方は変だ。キョンシーごっこ遊びだけ!禁止命令を深刻に全土に出そう。

テン丸、今回は、やってみて危険な遊びだということが、ワシにもよく分かったぞ。みっともないから、札をはがしてくれんか。さすがに、天下の大王様が恥ずかしいわい!」と深刻に笑っている。

テン丸は、「な?こうなっちまうから、変なんだよ。何も出来ね〜だろ?もしこれが、妖怪と戦闘になっちまたらと、分かるだろ?親父!だから、キョンシーごっこは、おいら、大嫌いなんだ。親父が変だと言ってんだ。や〜っぱりな。おかしかね〜!親父を見て安心したぜ!」と笑いながら札をはがしたのでした。

大王様は、天井で逆さになっていたのですが、降りてきました。

こうして、立場が元に戻った二人は、特にテン丸とクロについては、大王様が、今後は、一緒になって、人間世界でやるなよ!と深刻禁止命令が下されたのだ。

その後で、戻ってきて、みんなに禁止命令指示を出したのでした。

(終わり)

Re: 「ベムベムハンターこてんぐテン丸」大怪我 おまけ ( No.12 )
日時: 2019/03/19 15:56
名前: A.I

実は、妖怪王国では。テン丸と天狗大王様。

二人でキョンシー飛びごっこを猛烈にふざけてやっていて、お互いぶつかりあい、まさかの親子で頭をガツーン!

一番見ていて爆笑していたのは、クロでした。
クロは、笑い転げている。

家来経ちも笑いが止まらない。

テン丸「いて〜よ〜!だから嫌いだ!この遊びは!
こうなるんだ!絶対に!二度とやるもんか!」と額から血が出ていた。

天狗大王様「ワシも痛い〜ママ〜!助けて〜!」と額から血が出ていて嘆いている。


ママは、「情けなさすぎ。筋金入りのおバカさん親子ね。」

とあきれながら、二人に回復術を、かけた。

テン丸と天狗大王は、二人揃って「親子揃ってまさかの怪我をしました。これで、キョンシーごっこは、二度とやらない!」と人間世界で、みんなに宣言していたのでした。

実は、この妖怪王国での親子でのキョンシー飛びごっこシーンを前回も含めてすべてビデオにとっていたクロ。

後で、人間のみんなに見せてあげたのでした。

人間達から面白がられてしまい、笑われた親子でした。

えらい人が怪我をする。で、うけたようである。

(終わり)

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。