二次創作小説(紙ほか)

この夢の続きは(おそ松さん創作)
日時: 2019/06/28 14:30
名前: たくマノ

昨日見た夢が忘れられない
だって、あんな素敵な夢、見たことがなかったから。
…もっと、もっと見ていたかった。
そうだ、もっと見ていたいなら目覚めなければいい。
朝が、来なければいい・・・。

どうも皆さん、初めまして。たくマノです。
今回は、おそ松さんの創作ストーリーです。
苦手な方はブラウザバック推奨です。
こんな私の作品でもよければ、ぜひ見ていってください!(*´▽`*)

主人公⇒松野カラ松(21歳)
イタイ、かっこつけ。中二病をこじらせている。
(でも、兄弟が大好きで、兄弟に優しい、いいやつ。)
その他
松野おそ松(21歳)
皆のお兄ちゃん。わがままで、クズな兄だが根は優しくていいやつ。
松野チョロ松(21歳)
真面目でしっかり者(自称)アイドルが大好きで女の子のことになるとポンコツになる童貞。ツッコミ担当。
松野一松(21歳)
暗い。根暗。闇松。毒舌。だが、本当は兄弟想いの優しい子。猫が友達。
松野十四松(21歳)
元気、明るい、狂気。唯々それだけ。兄弟と弟が大好き。それから野球も大好き。
松野トド松(21歳)
あざとい、女子力高め、女の子とのつながりが六つ子の中で唯一ある。スマホも持ってる。

Page:1 2 3 4 5



Re: この夢の続きは(おそ松さん創作) ( No.19 )
日時: 2019/08/06 11:04
名前: たくマノ
参照: http:// 

小ビンさんへ、

正座待機ありがとうございます!
おかげで書けましたぁ。
ぜひ読んでいってくださいね♪

Re: この夢の続きは(おそ松さん創作) ( No.20 )
日時: 2019/12/08 14:55
名前: たくマノ

第十二話【ぬいぐるみとチョロ松】
前回のあらすじ
失敗したおそ松の代わりにチョロ松が行くことになった。
果たして無事連れ戻すことができるのか…!
本編へレッツゴー!

どこかの草原(カラ松の夢の中)
チョロ「…ん、ここは?」
チョロ松が目を覚ますと、そこは見知らぬ草原。
そして、その草原には、狼のぬいぐるみが突っ立っていた。
チョロ「…えっ、と。ここがおそ松兄さんの言ってた草原…かな。うん、狼のぬいぐるみもいるし、ここだな。」
そんなことを言うと、チョロ松は狼のぬいぐるみに近づいて
チョロ「すみません、僕は松野家三男松野チョロ松と申しますが…えっと、兄の松野カラ松を探してます。どこにいるかわかります?」
そう問いかけた。すると
ウルフ「俺はレジェンド.オブ.ウルフだ。…ほう、お前もカラ松を探しているのか。」
チョロ「え、お前もって?」
チョロ松がキョトンとした顔をすると、
ウルフ「少し前にお前に似た赤いのがカラ松を探してると言ってきてな。俺はそいつにカラ松の元まで案内した。…だがそいつはカラ松を連れ戻さなかった。訳が分からないが、まぁ、俺には関係のない話…。…で、そいつに似てるお前もカラ松を探してるわけだ。」
そう言いながら、ウルフはチョロ松の方を見ている。
チョロ「僕に似た赤いやつ…。それ、たぶん兄です。おそ松兄さん。」
そう言ってウルフを見返すチョロ松。
ウルフ「…そうか、まぁいい。とにかくそのカラ松のところまで案内すればいいんだな?」
そう問いかけられ
チョロ「はい、お願いします」
と、答えるチョロ松。
ウルフ「…分かった、じゃあついて来い。案内してやるから。」
そういえば、トストス歩き出すウルフ。
チョロ「…」
チョロ松は、ウルフの姿を見ながら歩きだしていた。
ウルフ「どうした?俺のことなんてじっと見て。」
と、視線に気が付いたウルフが振り向かないでそう述べた。
チョロ「えっ!?あっ、いや。その、僕も昔、ぬいぐるみ持ってたなぁって思って。」
チョロ松はそう言うと、頬を掻いた。
ウルフ「…ほぅ、それはどんな?」
と、興味があるのかウルフが聞いてくる。
チョロ「えっと、弟が作ってくれた猫型のぬいぐるみです。手作り感満載だし、不器用な弟なので、ちょっとボロかったけど、でも…頑張って弟なりに作ってくれたものなので、凄くうれしくて…。今は、押し入れに大切にしまってます。」
そういうチョロ松の顔は、とても幸せそうな笑顔であふれていた。
ウルフ「…そうか。なら、大事にしないとな。」
そういえば、ウルフは小さくため息を吐いた。
チョロ「はい、大事にします。」
そう言ってほほ笑むチョロ松。
そして、チョロ松はウルフと共に歩いて橋の前まで行き、橋を渡って高校を通り過ぎ
ついに…松野家の家の前まで、やってきたのだった。
果たしてチョロ松はカラ松を連れ戻せるのか!
次回へ続く…。

Re: この夢の続きは(おそ松さん創作) ( No.21 )
日時: 2019/09/17 19:02
名前: たくマノ
参照: http:// 

お知らせ
主の夏休み期間が終わるので、投稿ペースが落ちる可能性あり!
それでもまだ見てくださるという方はこれからもよろしくお願いします!
主はこれからも自分のペースで投稿していきますので、よろしくお願いします!

Re: この夢の続きは(おそ松さん創作) ( No.22 )
日時: 2019/11/02 11:07
名前: たくマノ

第十三話【兄と弟、その一】
前回のあらすじ
カラ松の夢の中に入ることに成功したチョロ松。そこで夢の中の案内人ウルフとである。
チョロ松は、ウルフの姿を見て、昔弟にもらったぬいぐるみのことを思い出す。そして、紆余曲折あり、ついに松野家の家の前までやってきたチョロ松。
果たしてチョロ松は、カラ松を連れ戻せるのか…。
それでは本編へレッツゴー!

松野家の玄関(カラ松の夢の中)
チョロ松「…ここに、カラ松がいるんだよね?」
不安そうに辺りをきょろきょろと見回すチョロ松。
ウルフ「あぁ、ここで合ってる。お前の兄…だったか。おそ松もここでカラ松に会った。」
チョロ「えっと、具体的に、カラ松はこの家のどこに居るんでしょうか?」
チョロ松がそう聞くと、
ウルフ「…それは、自分自身で探せ。あいつがどこにいるかは、お前がよく知ってるはずだ。」
そう言って、ウルフは闇に消えた。
チョロ「…カラ松が、どこにいるか。」
そう呟くと、何故か足が勝手に動いていた。そして、二階へ続く階段を上っていた。
そして、二階の一番奥の部屋。いつもみんなでくつろぐ部屋。今、己がこの世界へ入るために使っている部屋。
そこにカラ松がいる。そう信じながら、襖を開いた。
すると…
カラ?「…そこにいるのは、チョロ松か?」
此方に背を向けるようにして、窓辺に立つカラ松らしき人物がいた。
チョロ「うん、そうだよ。僕はチョロ松。」
チョロ松がそう答えると、
カラ?「…一体何の用だ?」
と、こちらを見ることもなくそう述べるカラ松。
チョロ「僕、僕は…お前を起こしに来たんだ。お前、いつまでたっても起きてこないから。」
そう述べながら、チョロ松は、一歩部屋に足を踏み込んだ。
すると、
カラ?「こっちへ来るな!来てはいけない…!」
後ろを向いたままなのに、此方の動きが分かるのか、そう思いながら
チョロ「どうして?」
と、チョロ松は聞いた。
カラ?「俺は…。踏み込まれたくないんだ、これ以上俺の心の記憶の中に…!」
小さく、しかしはっきりと、その声はチョロ松の耳に届いた。
その言葉を聞き、
チョロ「…そっか、やっぱり僕じゃダメなのかな。」
チョロ松は寂しそうにそう述べて、部屋の入口まで下がった。
カラ?「すまない…。俺、俺は…ッ」
カラ松はその場にしゃがみこんで、かすかに震えているようだった。
チョロ「…カラ松。」
それを見て、今すぐに抱きしめに行きたくなったが、先ほどの『来るな!』という言葉を思い出し、足がすくんで動けなかった。
チョロ「…やっぱり僕に、兄を助けるなんて任務。無理だ…。」
小さくそう呟いた。
カラ?「…すまないな。俺じゃ、今の俺じゃ、お前たちに迷惑をかけるだけだから。…今日のところは、帰ってくれ。」
小さく、か細い声でそう言うカラ松に
チョロ「…分かった。でも、きっとまた来るから。…その時は、絶対にお前を助けさせてね。」
そういえば、チョロ松は笑顔でその場を去った。

どこかの草原(カラ松の夢の中)
…あれからどれくらいの時が立っただろう。
チョロ松は、自分でも訳が分からなくなるくらいどこかをひたすらに走っていた。
夢の中なんて来たこともないから、迷ったらお終いなのに。
でも、足は自然と最初の草原に出向いていたらしい。
はっ、と我に返ると草原のど真ん中で足が止まっていた。
すると、
ウルフ「…結局、戻ってきたのか。」
いつの間にか、後ろにウルフがいた。
チョロ「…うん。僕じゃ、兄は救えなかったから。もう、駄目かなって。」
そういえば、チョロ松はその場に座りこむ。
ウルフ「…そうか。じゃあ、戻るのか?現実に。」
ウルフがそう言うと、
チョロ「そろそろ戻ってもいい時間だからね。お暇するよ。」
そう言って、チョロ松は苦笑いする。
ウルフ「そうか、帰るか…」
ウルフは、そういうとチョロ松に歩み寄った。
ウルフ「思えばお前は、赤いのとは違って、ずいぶんと律儀で真面目な奴だったな。見てて信頼できそうなやつだと思ったよ。」
そういえば、ウルフはその大きなぬいぐるみの手をチョロ松の頭の上に乗せて、よしよしした。
チョロ「そう、かな。そう言ってもらえると嬉しいよ。…こっちこそ、いろいろ案内してくれてありがとう。お世話になりました。」
撫でられながら、チョロ松はそう言ってほほ笑んだ。
ウルフ「…俺には、それくらいしか役目がないからな。」
そう述べれば、ウルフは手を離した。
チョロ「それで、どうしたら帰れるの?」
チョロ松がそう聞くと、
ウルフ「この草原に寝ころんでねるだけだ。」
そう言って、くるりとうしろを向くウルフ
チョロ「わかった。…それじゃあ、またね。」
そう言ってチョロ松は、目を閉じて草原に寝ころび…消えた。
ウルフ「…じゃあな、真面目な三男君。」
そう呟いて、ウルフもその場から消えた。

チョロ松もカラ松を助けることは不可能だった。一体だれがカラ松を救えるのか!
次回をお楽しみに!

Re: この夢の続きは(おそ松さん創作) ( No.23 )
日時: 2019/11/02 11:08
名前: たくマノ

第十四話【助けたい気持ちと嘘】
前回のあらすじ
カラ松の元までたどり着いたチョロ松であったが、助けることはできなかったチョロ松。
自分の力ではだめだと思い、一時撤退することに。
一体だれがカラ松を救えるのか!
それでは本編へレッツゴー!

松野家、二階の部屋(現実)
目を覚ますと、其処は家だった。
チョロ「ん、此処は…家?」
そっ、と目を開けては体を起こすチョロ松。
おそ「チョロ松!」
チョロおそ以外「お帰りチョロ松兄さん!」
皆が、チョロ松を出迎えてくれる。
チョロ「うん、ただいま…。」
気まずそうな顔をしながら、ただいまと言うチョロ松。
おそ「…駄目だったんだな?その顔は。」
おそ松が、本題に入るような顔をして言う。
チョロ「…っ。うん。ごめん。僕、カラ松を助けてくるなんて調子のいいことを言っておきながら、結局一人で帰ってきちゃった。」
申し訳なさそうな顔をしながら言うチョロ松。
一「別に気にしないでいいよ…。あいつが意地っ張りなだけだし…」
十四「うんうん!だから大丈夫だよ!チョロ松兄さん!」
トド「そもそもおそ松兄さんだって助けられなかったもんね。」
おそ「うるせぇよ。人助けって楽じゃねぇんだぞー?」
なんて言ってみんなが励ましてくれる。
チョロ「みんな…。ありがとう、僕。次こそは助けてみせるよ、カラ松のこと。」
そう言ってほほ笑むチョロ松。
おそ「っても、チョロ松は一旦夢の世界へ潜るのはやめた方がいいな。」
ふと、おそ松がそう言った。
チョロ「え、何で?」
チョロ松が首をかしげると、
おそ「デカパンが言ってただろ?連続で使用し続けると、体に抗体ができてあまり効かなくなるって。それに、長時間寝続けると起きた時に体に影響が出るってさ。」
珍しくおそ松がまともなことを言う。
チョロ「…確かにそうだね、おそ松兄さんも一回休んでたし。僕も休むことにするよ。」
それに感心したのか、頷きながら賛成するチョロ松。
一「…じゃあ次誰が行くの。」
十四「ん〜とねぇ、わっかんない!」
トド「ここはやっぱり兄弟順で行く?」
トド松の提案に、
おそ「いいなそれ!丁度俺とチョロ松が行った後だから行った兄弟順で行けるし!」
うんうんと頷くおそ松。
チョロ「…ってことは次一松?」
ちらり、と一松の方を見るチョロ松。」
一「…は?俺?」
キョトンとする一松。
十四「一松兄さんファイト!」
笑顔で応援する十四松。
トド「ってことは僕は最後だねぇ♪」
そう言ってにっこりとするトド松。
一「ッ…。冗談じゃない。なんで俺があんな奴のこと起こしに行かなくちゃならないの。」
嫌そうな顔をして一松が言う。
おそ「だって兄弟順だったらそうなるし、そうじゃなくても、お前だってカラ松のこと助けたいだろ?」
そう言っておそ松が一松を見る。
一「ふん、誰があんな奴のことを助けたがるんだよ。俺は嫌だから…。ほかのみんなで助けてやれよ。俺は絶対しない…。」
そう言って立ち去ろうとする一松。
すると、
??「嘘、本当はカラ松を助けたい。ずっとカラ松と一緒がいいから。カラ松のことが大好きだから。僕たちは六人で一つなのに、一人かけたら駄目だよ。助けたい…カラ松のこと。」
何処からともなく、そんな声が聞こえた。
一「!?」
一松が驚いてその声のした方を見ると、
そこには
エスにゃん「ニャーン。」
エスパーにゃんこ。通称エスにゃんがいた。
(※エスパーにゃんこを知らない方は、おそ松さんの一期第5話をご覧ください。)
おそ「エスにゃん!?何で此処に!」
チョロ「ってかどうやって入ってきたの!?」
十四「わはぁ、エスにゃんだ!やっほ〜!」
トド「猫に挨拶しても意味ないでしょ十四松兄さん。」
と、皆も驚いているみたいだった。
一「っ、今のは俺の本心じゃないから!嘘だから!違うから!」
と、必死になって否定する一松。
エスにゃん「嘘じゃないよ、これが僕の本心だから。むしろ、今さっきまで僕が口に出してた言葉の方が嘘。今までカラ松にひどい言葉を言ってきたけど、あれも全部嘘。大好きなカラ松にあんなひどいことを言ってばかりで、僕って最低の人間だよね。僕の本当の気持ち、全部カラ松に伝えたい。それから謝りたい。ごめんなさいって。こんな弟でごめんなさいって。」
次々と言葉を紡いでいくエスにゃん。
これが一松の本心なのだろうか。
おそ「へぇ、一松君はそんなにカラ松を助けたいんだぁ。」
にやにやしながらそう言うおそ松。
一「助けたくない!」エスにゃん「助けたい!」
ほぼ同時にその言葉が発せられる。
チョロ「一松、素直になった方がいいよ。」
と、頬を掻きながら言うチョロ松。
一「ッ…。俺は…カラ松のこと…嫌いだし。」
そう言いながら俯く一松。
エスにゃん「僕は、カラ松のこと大好き。むしろ、カラ松の方が僕を嫌ってないか心配で、不安だよ。」
一「う、うるせぇなさっきから!俺の心見透かしたようなことばっかり言いやがって!」
突然一松が大きな声でそう叫ぶ。
十四「い、一松兄さん!」
トド「落ち着いてよ!」
あわあわしながらそう言ってなだめようとする弟松。
一「分かったよ!そんなに言うなら行ってやる!カラ松のところに!」
ヤケになったような感じでそう叫ぶ一松。
おそ「んーと、何はともあれ行く気になってくれたんならよかったよ、一松。」
そう言ってにっ、と笑うおそ松。
チョロ「そうだね、じゃあ準備しようか。」
そして、
一「言われたとおり薬飲んだけど…」
そう言って、一松はチョロ松を見る。
チョロ「うん、後はカラ松と手を繋いで横になって寝るだけだね。」
そういうチョロ松に、
一「クソ松と手なんか繋ぎたくないんだけど…」
と、嫌そうにする一松。
おそ「手を繋がないとカラ松を助けられねぇーぞぉ。」
と、横から言うおそ松。
一「…っ。分かった、繋ぐ。」
そう言ってカラ松と手を繋ごうとする一松。
トド「あ、ちょっと待って一松兄さん!」
それを制止するトド松。
一「あ゛?何…」
突然呼び止められて一松がトド松の方を見ると
トド「あのね、十四松兄さんと話し合ったんだけど、エスにゃんも一緒に連れて行った方がいいよ。」
そう言ってトド松がエスにゃんを抱きかかえる。
一「何でエスにゃんが出てくるの…」
首をかしげる一松。
十四「あんねぇ、一松兄さんは素直じゃないからカラ松兄さんの所へ行ったときにまた照れ隠しで酷いこと言っちゃうかもって思ったから!エスにゃんが居れば素直な気持ちを届けられるでしょ!?
だから連れてって欲しいんだぁ♪」
そう言ってほほ笑む十四松。
一「…まぁ、そこまで言うなら連れてくけど。」
そう言って、エスにゃんを受け取る一松。
おそ「じゃあ頑張れよ一松!」
チョロ「カラ松を、宜しくね。」
十四「一松兄さんファイト〜一発!」
トド「がんばってね!」
と、皆が応援してくれる。
一「…まぁ、それなりに頑張ってくるよ。」
エスにゃん「絶対に助けてくるから、待っててね。みんな。」
一松とエスにゃんはそれぞれそう言いながら、カラ松と手を繋ぎ、横になって眠りに落ちた。

皆に応援されながらエスパーにゃんこと共に夢の世界へと向かった一松。
果たして、一松はカラ松を助け出すことができるのか!
次回へ続く…。

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。