二次創作小説(紙ほか)

妖怪ウォッチ新!
日時: 2019/08/14 20:49
名前: にゃあこ

天野家のお隣、天道家。そこには天野ケータよりも年上の
少女、天道桜花の元に妖怪ウォッチエルダが届く。そして
茨木童子と名乗る妖怪が彼女の元にやって来た。それから彼女は
妖怪たちがいる世の中を見ていくことになる。

第1話「茨木童子と妖怪ウォッチ」>>01
第2話「ケータと桜花」>>02
第3話「妖怪大やもり」>>03
第4話「妖怪大ガマ」>>04
第5話「妖怪コマさん、コマじろう」>>05

第6話「事件発生!?」>>06
第7話「人食い鬼、茨木童子」>>07
第8話「桜花のおじいちゃん」>>08
第9話「鬼と人間」>>09
第10話「力の封印」>>10

第11話「妖怪キズナース」>>11
第12話「妖怪土蜘蛛、女郎蜘蛛」>>12
第13話「茨木童子の失踪」>>13
第14話「妖怪海神」>>14
第15話「茨木童子は…」>>15
第16話「脱獄王プリズンブレイカー」>>16
第17話「黒幕の名前」>>17

第18話「再び妖魔界へ」>>18
第19話「再会、茨木童子」>>19
第20話「半妖の正体」>>20
第21話「叫べ!」>>21
第22話「花火大会で(最終話)」>>22

Page:1 2 3 4 5



Re: 妖怪ウォッチ新! ( No.19 )
日時: 2019/08/13 15:49
名前: にゃあこ

「お前は茨木童子の事をどう考えてるんだ?酷い奴とは思わないか?
考えてみろよ。人を殺し喰らってあの力を手に入れた奴だぜ?」
「‥‥」
白虎の言葉に桜花は反応しない。
「特には。でも今の彼は優しいから大丈夫。そりゃあ確かに
悪いこともしてたみたいだけど…それが全てじゃないと思う」
桜花の言葉に圧倒される。扉が開きエンマ大王たちが新しく
なった妖怪ウォッチを受け取る。その時、黒い炎が辺りを
包む。
「え!?な、何!?」
『妖魔界を落とすにはまず王様から潰して行こうってだけさ』
この声…。炎が消えるとそこは全く別の建物の中だ。奥から
誰かが歩いてくる。藍色の髪をした鬼。
「まさか…茨木童子!?」
「悪いな桜花。約束、守れそうじゃねえや」
微かに笑った。彼のあるはずがない右腕は不気味な紫の炎を
纏っていた。角が伸び右目辺りに赤黒い模様が浮かび上がる。
「桜花、離れろ!」
桜花が後ろに逃げる。茨木童子の左拳が床にめり込む。
「ひ、ひえ〜!!」
「鈍ってるなぁ…昔だったらすぐに殺せるんだが…来いよ
エンマ大王」
茨木童子は挑発する。エンマ大王は茨木童子に歩み寄る。茨木童子も
笑みを浮かべたまま歩み寄り右拳を突き出す。
「…どういう意味だ茨木童子」
「…黙って俺を殴れ…」
「クソ!」
エンマ大王の拳が茨木童子の頬にめり込んだ。

Re: 妖怪ウォッチ新! ( No.20 )
日時: 2019/08/14 20:08
名前: にゃあこ

「な、なんだぁ〜…完全な敵じゃなかったのかぁ」
桜花は胸を撫でおろす。茨木童子は頬を摩る。
「どうやら慌ただしくさせたらしいな。すまない。だが
あまり危険な事はしないでくれ…」
「え?それ…貴方が言うの…?」
桜花は目を細める。茨木童子は目を逸らす。この野郎…!
どれだけ心配したと思っとるんじゃあ!!!
「桜花さん!!」
「茨木童子も…無事だったニャンね!」
「ケータ君、ジバニャンたちも、良かった」
桜花は微笑む。茨木童子は再び消えた右腕を横目に見た。
「さぁ、ちゃっちゃと終わらせてやろう。こっちには
剣武魔神にエンマ大王もいるし…怖いものなし、だろ?」
全員が頷く。戸が開き奥から二人の人影が見えた。
「あ、あれ?」
輪廻の隣に立つ半妖。彼が身に着けていた仮面が消える。その素顔は
桜花に似ている。
「ど、どういうことですかぁぁぁ!?桜花ちゃんにそっくりでうぃす!」
「それは当然さ。なんせ彼は天道桜花の父親だからね」
「えぇ!?私のお父さん、こんな若くないし、病気で
死んじゃったんだけど…」
全員が混乱しているが数名はどうにか理解できている。それでも
信じられない事実だ。
「そうさ。だから死んだ彼に新しい器を作り半妖として
復活させたのさ!さぁ君に父親が殺せるのかな?天道桜花ちゃん?」
桜花の前に茨木童子が立つ。ニヤリと笑みを浮かべる。
「こちとら元より人殺しの鬼だ。コイツが決意しなくても勝手に
ソイツを殺してやるよ。お前こそ余裕ぶっこいてんなよ?」

Re: 妖怪ウォッチ新! ( No.21 )
日時: 2019/08/14 20:34
名前: にゃあこ

「剣武魔神…まさかエンマが呼び出したのかい?」
攻撃をひらひら躱しながら輪廻は尋ねる。
「確かに俺が呼んだ。だが気付いてるか?桜花のアークホルダー、
剣武魔神のアークもあるんだ、ぜ!!」
茨木童子達は半妖の相手をしている。大きな大剣を彼は
振り回していた。
「手強いでうぃすね…あの茨木童子様を相手にしていても」
「それだけじゃないよ。オロチたちも攻撃してるのに…」
黒い触手が桜花に迫る。
「桜花!ッ、クソ!」
茨木童子が叫ぶ。桜花の目前に迫る触手は寸前に止まった。
「桜花の父よ。父として娘への愛が足りていないようだな。あの時の
必死さはどうした?娘が死にかけた時のあの気持ちを忘れては
ならないぞ!」
微かに半妖の動きが止まった。海神の言葉に反応したのだ。
「喰らえ!ひゃくれつ肉球ゥゥゥゥゥゥ!!!!!」
「やまたの…おろちィィィ!!」
「紅蓮地獄!!」
「土蜘蛛・土遁の術!」
「桃色ドトンドトーン♪」
「大ガマ変化の術!」
「秘術・化けやもり!」
全員の一斉攻撃には流石に怯む。全員が同じ言葉を叫ぶ。
『止めだぁ!!!』
茨木童子の大きな大剣での一振りが迫る。その剣の炎は
黒から紫、紫から青に変わる。
「はぁぁぁぁぁ!!!!!!」
大きな剣は半妖を切り裂く。
『桜花…大きくなったね。母さんに迷惑かけるなよ』
「ッ!!うん!」
白い人魂を見送る。

Re: 妖怪ウォッチ新! ( No.22 )
日時: 2019/08/14 20:47
名前: にゃあこ

「くっ…役立たずがぁ!」
「お前も終わりだ輪廻。彼女と妖怪たちによってな」
エンマから剣を借り妖怪ウォッチをはめる。そして茨木童子、
海神、エンマ大王のアークを左右と下側にそれぞれさした。
剣は三色の光を放つ。
「いけっ、桜花!」
「喰らえぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」
桜花の叫びと共に剣は振り下ろされた。大きな爆風、海神と
茨木童子が桜花を爆風から守る。

妖魔界に帰って来た。綺麗な青空に眩い日の光。その空は
人間界でも同じ。天道家の墓には新たに父の名前が刻まれた。葬式が
終わった。制服姿の桜花にケータたちが声を掛けてきた。
「桜花さん、お葬式終わったんだね」
「うん。もう大丈夫」
「そうだ!天道さんも一緒に花火祭り行きませんか?」
ケータのお母さんの提案で全員で花火大会へ。夜空には大きな
花火が上がっていた。
「凄いな花火は」
「あれ?茨木童子様、花火は初めて見たんですか?」
「あぁ、あまり見る機会が無かったからな」
茨木童子は空を眺める。
「何はともあれ皆、無事で良かったね。お疲れ様、茨木童子」
桜花は微笑んだ。茨木童子は笑顔で頷いた。
                        
                          <お終い>

Re: 妖怪ウォッチ新! ( No.23 )
日時: 2019/08/14 21:22
名前: にゃあこ

強引なところが多かったと思います。そこは申し訳ないです。
全22話での最終回、やはり短いでしょうか?本当に
申し訳ないです。最近見かけましたが事実なので…と
開き直ってます。慣れていますので。閲覧回数80回を
超えていることは素直に嬉しいです、ありがとうございました!


Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。