二次創作小説(紙ほか)

ぼくの クリスタルだいさくせん (星のカービィ二次創作)
日時: 2019/08/11 06:39
名前: アリース

エピローグ

はぁ はぁ
ある1人の人?は坂道を駆け上がる。
「急がなくちゃ!」
今日は綺麗な流星群が見られる日。
その1人の人はとても綺麗な流星群が見られるスポットを知っている。
そのスポットに着いた瞬間に流星群が降り出した。
その人はあまりにも綺麗な流星群を見て呆然と立ち尽くしていた。
「わぁー!」
その人の目にはキラキラした流星群が映った。
「そういえばあの子に出会った日も、流星群が綺麗な日だったなー。」
「今あの子は何しているんだろう?。」

「らーららーらーらーららら♪。」
1人の妖精が笑いながら歌っている。
ここは、妖精がたくさん住む星。
【あの】事件以来は平和な星だ。
「ホーント平和な星だよー。」
もう1人の妖精が言った。
この時は、誰も知らなかった。
この星、リップルスターに再び災難が起こることを………………

(ばんがいへんはときどきやります。)

Page:1 2 3



ぼくの クリスタルだいさくせん だいろくさくせん ( No.7 )
日時: 2019/08/20 08:58
名前: アリース

「最悪な状況だ。」
敵に囲まれているカービィは言った。
「うん!そうだろうね!」
同じく敵に囲まれているワドルディは言った。
「どうしてこうなったんだっけ。」
とワドルディは言った。
「それはね……」

数分前

「らーららーらーらーららら♪。」
「らーらーらーらーらーらーらーらー。」
カービィたちはプププランドの外に出た。
「………なんか不気味な歌じゃない?。」
とワドルディは言った。
「うーん。なんかこの歌、口ずさんじゃうんだよねー。」
「あっ!敵だ!ぼくのソードてフルミックに…………!?」
「どうしたの…………!?。」
「ソードコピーしてなかった。」
「えーーーっ!?。」

「んで今に至るっていうこと。」
「どうしよ………!?。」
ワドルディは驚いた。何故ならカービィがいつの間にか敵を全員吸い込んでいたからだ。
「ごくっ!。」
(飲みこんだー!?)
「行こう!ワドルディ!。」
「う………うん……。」

ぼくの クリスタルだいさくせん だいななさくせん ( No.8 )
日時: 2019/08/15 20:33
名前: アリース

「おいっ!シャドー!」
デデデ城から大きな声が響いた。
「ふぇっ!?はっ、はいっ!」
シャドーは過去にワドルディの部屋の窓を割ったので、ワドルディと交代でデデデ城で働いていた。
「コーヒーをいれろっ!!。」
「はいっ!」

「はぁー、疲れた。」
ここはシャドーの家もある鏡の国。
「キャーッ!!」
声のする方を見ると、たくさんの人がいた。
その真ん中にはダークメタナイトがいた。
「モテモテだなーダーク。」
ダークはシャドーの幼馴染だ。
そして、シャドーの好きな人だ。
「ぼくもあんな風になりたいな。」

ぼくの クリスタルだいさくせん だいはちさくせん ( No.9 )
日時: 2019/08/20 09:31
名前: アリース

「えーっ、次の問題ダークメタナイト。解け。」
「54です。」
「正解。」
ここは鏡の国の学校。
ダークマインドが作ったプププランドを支配するためのメンバーを育てるための学校。
ダークメタナイトもシャドーカービィもそこに通っていた。

放課後。
「ダーク!しゅごいね!もんだいじぇんもんしぇいかいだもん!」
(ダーク!すごいね!問題全問正解だもん!)
幼いシャドーは、そう言った。
「あぁーありがとう。」
ダークは言葉を返した。
「えへへー!だいしゅきーー!!」
(ええへー!大好きーー!!)

「ぼくもあんな風に………」
「でも、あんな風になっても本当のぼくが消えちゃうな…………。」

ぼくの クリスタルだいさくせん だいきゅうさくせん ( No.10 )
日時: 2019/08/29 13:39
名前: アリース

「なっ!何故こんなことするんですか!!。」
妖精のリボンは、リップルスターを支配しようとしている、カービィの何倍も大きな雪だるまに言った。
「コーコーはーとーてーもーすーずーしーくーてーーきーもーちーいーいーかーらーーー。」

「わっ!?」
「ふえぇーんまーた失敗だよー。」
カービィと同じぐらいの身長の魔法使いはそう言った。
「どうしよう.................このままじゃ.....。」
「ったくー。いっつもパズルゲームなんかするからなのさ。」
魔法使いの横にいた道化師はそう言った。
「このままじゃ、まほー学校留年しちゃうんだよーっ!。」
「そのまま留年しちゃえばいいのさ。」
道化師はベロを出した。
(説明しよう!魔法学校とは、一人前魔法使いになるための学校だ。さっきの魔法使いと道化師はそこの学校に通っているよ!。)
「んもーっ!『マルク』はいつもそうなんだから!。」
「『グリル』に言われても、説得力ねーなぁ。」
「いーよいーよーっだっ!ぼくちん中退するもんねーっだ!。」
そう言ってグリルは家を出た。
「そうすればいいのさ………….って!?中退!?ちょっと待つのさ!?。」
マルクは家を出たグリルを追いかけにいった。

ぼくの クリスタルだいさくせん ばんがいへん ( No.11 )
日時: 2019/09/16 06:25
名前: アリース

「そもそも楽器ってどうやって弾くの?。」
ワドルディはカービィにたずねた。
「………………………………………………………………」
「ねぇ。」
「………………………………………………………………」
「ね「気合だ気合だぁ!!!!!!っ!!!。」
「!?」
「というよりまだ楽器見ていませんよね。」
リボンは言った。
「あっ、そうか。」
「じゃじゃ〜ん!。」
カービィは楽器をみんなに見せた。
ピンクと灰色の星形のギター、リボンがたくさん付いているキーボード、赤色のベースに黄色の絵の具をかけたようなベース、すべてオレンジ色のドラム。
「わぁーっ!」
みんなは目をキラキラさせた。

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。