二次創作小説(紙ほか)

バトルロワイアル・パロディ
日時: 2019/10/02 00:00
名前: バトロワ










 小林旋風という少年について語るならば、サッカー少年という言葉がまずあがる。
 健康的に焼けた肌とスポーティーな私服はいかにもアウトドア系であると言わんばかりで、小学校高学年ほどの容姿とともに、わんぱく坊主という印象を見る者に与える。
 そして気質はまさしくその通りなのだから人は見た目によるというものだが、彼の首にある機械とそれによる彼の落ち込んだ姿が、その気質も印象も変えていた。
 この首輪、ボタン一つで膨張し、頸動脈に針を突き刺し、人間の身体を固めてしまう、人間のカチコチ爆弾・カチコッチというものである。
 つまりいつでも殺されてもおかしくないということである。
 やっべぇな。

「またかよ……」
「ウププププ! いい顔してるロン!」

 刑務所のような無機質な場所でガックリと項垂れる彼の目の前のモニターから流れるのは哄笑。
 そこに映るのは遊園地に行ったら見かけそうなデザインをしたマスコットのようななにか。
 その名をギロンパという。
 彼、あるいは彼女について語り得ることは少ない。
 未来からやってきた警察を名乗り、正義の味方を僭称していたこと。ギルティゲームなる小学生を百人集めて三日間かけてなぶり殺しにする催しを行ったこと。そのぐらいである。
 そしてその催しの数少ない生存者が旋風であった。
 彼の兄の疾風を含む、九十名以上の小学生の死は、死体が見つからなかったことから日本全国で同時に起こった児童失踪事件として扱われている。
 その犯人こそがギロンパであり仇であるのだが、殺生与奪を握られた旋風は、モニターを睨みつけることしかできなかった。

「ン〜〜〜! そんなに見られると照れるロン。さて……脱獄劇は終わりだ。犯罪者にはもう一度教育しないとなぁ。まあ、リピーターは自己紹介が省けて助かるけど。」

 そう言うと画面に映るギロンパが消え、代わりに文章が表示される。
 『ギロンパからの挑戦状〜バトルロワイアル〜』という題字の下には、ルールと呼ぶには余りにも簡素な説明が書いてあった。
『1、ここに集められた子供達は未来の犯罪者であること』
『2、それを未来の警察であるギロンパが取り締まるために集めたこと』
『3、子供達の間で死刑を執行しあい、模範囚は未来の罪が赦されること』
 このような趣旨のことが書かれている。それを旋風が確認したかしないか、といったところでその視界が揺れた。
 ガスだ、そう思ったときには、もう身体の自由がきかなくなっていた。

Page:1 2



第2話 光の戦士 ( No.3 )
日時: 2019/10/09 20:53
名前: バトロワ


 身長は160cmほどだろうか。小学生が着るような体操着を着た筋肉質なオッサン、というのが思わず冷静にその姿を眺めてしまっていた宮美二鳥と小林旋風がその男に対して抱いたイメージだ。
 二人は努めて、男だけを見ていた。その男の体操着が赤く染まっていることも、男の近くの地面に倒れている人間にも、その人間から流れ出した赤い液体からも、目をそらすように。
 やがて、その男と目があって。

「走れ!」

 旋風は弾かれたように駆け出すと共に二鳥の手を引いて坂道を下った。




(今日も学校楽しかったなあ。早く帰って宿題しなきゃ……)

 時間は少し遡る。彼が腹部への微かな痛みと眩しさを感じながら微睡みから覚めたとき、見上げた視界には太陽が真上にあったた。

「ここは……?」

 何処とも知れぬ山道に、デイパックを枕にして寝ていた。背中にはランドセル、直前の記憶は、学校からの帰り道。いつものように通学路を下校していて――

「あれぇおかしいね……」

 そこで、記憶が途絶えている。いつもどおりの学校、いつもどおりの帰宅。なのに……瞬間移動したように見知らぬ場所で寝ていた。
 起きて一分ほどすると、段々ととまどいの気持ちが高まってきた。理解できた状況と理解できない状況、二つの情報が結びつかない。自分は誘拐されてしまったのだろうか?という不安も出てきたが、じゃあなぜこんな場所で寝ているのかがわからない。それに、彼が下校していたのは昼下がりである。小学二年生の彼だって、帰る頃には太陽が真上にないことぐらい知っている。なのに明らかに南中している太陽に、言葉は知らないまでも違和感を感じざるをえなかった。
 だんだんと恐怖が増してくる。
 とりあえず何をしようか、そう考えた彼が手にしたのは、自分が枕にしていたデイパックだ。もちろん彼にこんなものを持った憶えはない。だから、その黒い袋が気になった、それだけである。そして無遠慮に開くと、おそるおそる突っ込んだ手に硬質なものが触れた。
 出してみる。タブレットだった。
 時間は、12時を少し過ぎた程だった。画面に並ぶアイコンは四つ。時計、何か文字の書かれたサムネイル、ミッションと書かれたもの、そして白紙のノートのようなもの。以上。
 順に押してみる。
 時計、反応しない。
 白紙のノートのようなもの、どうやらメモ帳のようだ。
 ミッションと書かれたもの、画面が黒くなって終わり。
 そして何か文字の書かれたものを押して――

「動くな。」
「!?」

 首筋にひんやりとした硬い感触。
 そのまま押し倒され伏せられる。
 うつ伏せになった体勢で首だけ向ける。
 セーラー服を着た女が見えた。

「お前は悪魔か……?」

 女からの誰何。

「ぼくひで。」

 男はそれだけ答えた。




 ひでと名乗ったやたらガタイの良い自称小学生のオッサンを前に、稲田瑞穂は困惑していた。自分と同じぐらいの身長でなぜか小学生の着るような体操着を着ている危ない臭いのする男だったので光の戦士として立ち向かわねばと思ったのだが、彼と話すうちにやはり色々と危ない人物だと感じ始めていた。
 瑞穂は、川田章吾と同じ城岩中の生徒だ。彼女は川田と同じように修学旅行のバスに乗り、川田と同じようにギロンパに拉致られ、川田と同じようにゲームに巻き込まれた。
 ただ二つ、彼女は川田と違うところがあった。
 一つは、彼女はリピーターではないということだ。もちろん彼女も、政府が行うバトルロワイアルについては知っている。中学三年生がクラス単位で最後の一人になるまで殺し合うというまさにデスゲームだが、彼女も中学三年生、自分がそれに巻き込まれるかもとは一度は思ったこともある。だから、他の参加者と同じようにタブレットを確認し、ギロンパからの挑戦状を見た段階で、これがバトルロワイアルと同じものだと認識はしたが、バトルロワイアルと違う点には気づかなかった。これはバトルロワイアルの情報自体が情報統制で経験者か関係者でなければ知りようがないためいたしかだない。
 そしてもう一つは。

「つまりギロンパは悪魔だ。」
「この人頭おかしい……」

 彼女は電波だ。
 彼女は自らを光の神アフラ・マズダに仕える、聖なる一族ディキアン族の末裔で、光の戦士プリーシア・ディキアン・ミズホと称して普段から光の戦士になりきるという、ようするにやべー奴だ。
 そんな彼女が、修学旅行に行くと思ったら山道にいたという神秘体験をしたら。

「この光の剣でその首を刎ねてやる。」
「ソウデスネ。」

 思いっきりこじらせた。
 どうやら彼女、完全に自分が異世界転生とかそんな感じのことになったと思ったらしい。もうやる気マンマンである。
 そんな彼女にさらなる神秘体験が訪れる。それは。

「「……悪魔め!!」」

 自分のドッペルゲンガーとの遭遇である。
 さてドッペルゲンガー、もといもう一人の稲田瑞穂――便宜上、後から来た方と呼ぶ――の正体は、平行世界の稲田瑞穂だ。
 二人の違いは、本来彼女が参加するはずだったバトルロワイアルで、銃弾を二発食らって死ぬのが稲田瑞穂、1発食らって死ぬのが後から来た方、そのぐらいである。
 なので後から来た方は稲田瑞穂と同じように考え、同じように理解と誤解をし、同じようにこじらせた。
 さて、ドッペルゲンガーにまつわるエピソードといえば、会うと死ぬというものがあるがもちろんそれはオカルトマニアの稲田瑞穂も知るところで。

「「死ねええぇ!!」」

 二人の声がこだまする。同時に稲田瑞穂はひでに突きつけていた両刃のナイフを構え突貫し、後から来た方はオートマグを乱射した。
 ナイフが心臓に刺さるのと、マグナム弾が頭を吹き飛ばすのは同時であった。




「なんや今の音?」
「銃か?」

 ここで時間は冒頭に戻る。小林旋風は今回もギロンパをなんとかせんとまずは仲間集めから始めていたが、ゲームが始まってすぐに一つ上の宮美二鳥という少女と合流していた。もちろん、彼女は殺し合いに乗る気はない。そもそもこれが殺し合いだと旋風から聞かされてまだ半信半疑な程なのだが。

「走れ!」

 否応なく、受け入れさせられた。
 怪音に誘われ彼女たちが見たものは、血塗れの変態と死体。
 ようするに、ひでが殺した(と誤解して)現場だった。

第3話 花二輪 ( No.4 )
日時: 2019/10/09 20:55
名前: バトロワ



「失礼しま〜す……」

 人気の無い学校の、無人の職員室。
 その入り口で横開きの扉が挨拶と共に開かれる。
 部屋に入っていく二人の少女――湊智花と宮美一花は、やはりここにも誰もいないことを確認すると途方に暮れたように顔を見合わせた。
 彼女たちが出会ったのは数分前のことだ。
 二人とも登校の途中だったはずがいつの間にか眠っていた。見知らぬ体育館、見知らぬ学校でだ。
 誘拐か?と思うも、周りにお互いしか人影がないことと、明らかに同年代らしいということでとりあえず挨拶をし、各々がもつ携帯電話が通じないことに気づくと、繋がる電話を求めて職員室まで来た次第だ。

「誰もいないみたいね。廃校ってことはないみたいだけれど……」

 電話が通じないことを智花が確認するのと同時に、一花はそう呟きながら壁にかかっている鍵を手にする。もう片方の手は、近くのデスクにある書類をめくっていた。
 どうやらこの学校、造りは木造で古臭いがしっかりと存続しているようだ。彼女が目を通す書類は若干古臭い感じもするが、内容を見るに授業は普通に行われているようである。それが、よけいに二人を困惑させる。時計を見ると、時間は十二時過ぎ、今日は平日のはずだから誰かしらいるはずなのだ。

(それにこのデイパック……こんなの知らないし、枕にした覚えもないし……)

 加えて――不審の目はデイパックへと向かう。もちろんこれはギロンパが渡したものだが、そんなことは彼女は知らない。知るためにはまず開けなければならないのだが、彼女からすればこんな怪しいものを開ける気は無かった。もっとも、本当は持ち歩くのすら嫌なのだが、体育館に置いていくのも何か嫌な予感がしたので今に至る。

「あの……」
「! な、何かしら?」
「すみません! その……このあとどうしましょう?」
「そうね……とりあえず、体育館に戻りましょう。ほら、鍵もあるし、もっと良く調べられるかも。」

 そして一花が一番に警戒するのは、彼女と同行している智花だ。
 実はこの二人、まだ自己紹介もしていない。お互いが誘拐犯かもしれないと疑う気持ちがあって、なんとなく言い出しそびれてしまった。そのまま既に何分も行動を共にしているが、警戒心の強い一花とバスケ以外では気の弱い智花では、進展のしようがなかった。

第4話 速水瑛良のオカルトノート ( No.5 )
日時: 2019/10/09 21:00
名前: バトロワ




「香川県……沖木島……」

 民家の中で現地調達した地図を広げる人影。
 自分が地図のどこにいるのかも何に巻き込まれたのかもわからぬまま、少年、速水瑛良は地図を見ながらここに来るまでのことをもう一度思い返していた。
 速水は、東京の学校に通う小学五年生だ。今日は移動教室で軽井沢に向かうバスに乗っていたはずだった。そして、そこで眠ってしまい、気がついたらここに、という次第だ。

「やっぱりこれってプログラムじゃ……」
「……」

 その経験は、彼の隣の少女と酷似していた。
 南佳織。香川県在住の中学三年生である。彼女もまた修学旅行に行くためのバスに乗っていたはずが、気がついたら眠ってしまい、それで今はここにいる。
 一クラスごとバスに乗っているときに眠らされて何処とも知れぬ場所に捨て置かれる。その奇妙な共通点は彼女の中で一つの想像として形になる。
 プログラムという、学生同士の殺し合い。
 まさしく『これ』が『それ』なのではないかと。

(違う。これはアブダクションだ。)

 一方、速水はまるで別のことを考えていた。ちなみにこの少年、南の友人である稲田瑞穂と同じタイプのアレである。
 つまり彼はこのゲームをオカルト的ななにかだと解釈していた。まあ主催者は確かにギロンパという未来からやってきたと宣うSFなアレなので間違いなのではないのだが、過程をすっ飛ばして結果だけあっていても人は納得しないのだ。しかしこの少年、二つのことから南から徐々に信用されていた。それは……

「南さん……もう一度詳しく、話を聞かせてください。」
「う、うん!」

 真摯な目で南を見つめながら言う。それに南は顔に朱が刺しつつ答える。そう、この少年、イケメンである。そして、必要最低限以下のことしか喋らない無口である。
 ようは、黙ってるからボロが出ないのだ。
 しかも南はアイドル好きで、まさしく速水のようなタイプの顔立ちがストライクである。こういう都合のいい女を引き当てるあたり、天は彼に二物も三物も与えたようだ。

(大東亜共和国、プログラム、バトルロワイアル……平行世界!)

 目を輝かせながら速水は南を見つめ話に聞き入る。南はますます顔を赤くさせながら話を続ける。二人のすれ違いを含んだ交流は来客が来るまでしばらく続いた。




「だから人が死んでるねんって! 南さんやっけ? そこの人の制服と同じの着た人や!」
「でも……これがプログラムかわかんないし……」
「プログラムってなんだよギロンパかんだよ! 体操着着たムキムキのオッサンが血塗れだったんだって!」
(体操着……ムキムキ……天狗!?)

 速水と南の会話を止めたのは、血相を変えて走っていた二鳥と旋風との出会いだった。
 二鳥たちは少し前に見た稲田瑞穂×2の死体を近くに立っていたひでが殺ったものと思いここまで逃げてくると、南たちが気がついたらいた民家に助けを求めに来たのだ。

「ええから早く110番してや!」
「で、電話がつながらないの!」
「携帯電話じゃなくて家電使えや!」
「だからそれがつかえないの!」
「なんで!?」
「クソッ、やっぱりギロンパのしわざか……!」
「ギロンパ……!」

 彼女たちが情報交換できるようになるには、まだ少し時間がかかりそうだ。

第5話 海沿いにて ( No.6 )
日時: 2019/10/09 21:01
名前: バトロワ





「た、すけ……」

 首輪が膨らみ、それが止まると微かな音ともに何かが動作する音がする。それと同時に首輪が爆発したかのように発光、首輪の後部から注射された薬剤により、黒長博の全身の筋肉と神経が麻痺する。
 強い閃光から思わず目を背けていた小島直樹、伊集院麗華、香椎愛莉の三人が再び黒長の姿を見たとき、彼は首輪が光る寸前の姿のまま全身を硬直させ死亡していた。

「「はぅ……」」

 それを見た麗華と愛莉が揃って失神する。マジかよ、と言う間もなく慌てて二人を抱きかかえようとし、そのまま倒れ込むことになった小島は、背中の痛みを感じながらも周囲を見渡した。




 小島直樹、通称エロエース。
 少年野球にうち込む彼は、そのあだ名の通りのエースであり、そのあだ名の通りのエロである。
 速水瑛良と同じクラスで同じように移動教室のバスに乗っていた彼は、同じようにギロンパに殺し合いの場に放り込まれていた。
 もっとも彼の場合は速水のような頭の良さもオカルトへの傾倒もないので、外で遊んでて頭でも打って何時間か分の記憶が飛んでると勝手に納得していたのだが。
 もちろん彼はデイパックなど開いてないしギロンパからのメッセージがあるタブレットなど見てもいない。クラスの誰かのだろうとその場に放置である。そのためそんな彼にとって目下の重要な案件は、二人の美少女のパンツをどう見るかであった。
 香椎愛莉。身長170センチオーバーの長身も彼の注目をひいたが、何よりその巨乳が彼を舌なめずりさせる。彼女も同じように寝ていたとのことだが、あちらは登校中に意識を失ったらしいということは全く耳を通り過ぎ、別のお嬢様学校の巨乳、という身も蓋もないカテゴライズで愛莉に野獣の眼光を向けていた。
 もちろんその視線に気づかれないはずもなく愛莉は目に涙を浮かべて距離を取るのだが、そんなことで彼はへこたれない。女子からの好感度は投げ捨てている。
 そしてもう一人、伊集院麗華。彼女はエロエースのクラスメイトで、病弱なお嬢様美少女ということでやはりエロエースからねっとりとした眼光を受けている。もちろん彼女も彼の性格は知っている以上なんとか距離を取ろうとするのだが、生来その病弱なお嬢様という経歴通り人に強く出ることができず、愛莉共々視姦され続けていた。
 さて、実は麗華の存在がエロエースの勘違い原因であり、同時にエロエースの存在が麗華の勘違いの原因であった。
 エロエース同様に麗華も、自分が失神して記憶が飛んだのだと思いこんでいたのだ。まさかクラス丸ごと拉致られて殺し合わされているなどと想像が及ぶはずもなく、見知らぬ土地だが同級生がいるのでなんかそういうことなんだろうとこちらも思いこんでいた。

(せっかく海があるんだから、二人とも水着とか持ってないかな。)

 自分が置かれている状況を全く理解せずにエロエースはのんきに二人の服をイメージの中で剥ぎ取り少年マガジンのグラビアみたいな格好に着替えさせる。
 なぜ軽井沢に行っているはずが海辺にいるのか、そんなことには全く考えが至らなかった。義務教育の限界である。




「軽井沢には海ねえぞ。」
「え、マジすか!?」
「長野は内陸県だろがよぉ。」
「じゃあ、ここどこすか? 黒長さん?」
「そりゃあ……」

 そこで黒長は言葉に詰まった。
 彼がエロエース達と合流したのは、エロエースが視姦をやめて愛莉を口説けないかと話しかけようとした時のこと。「はしゃいで頭打って記憶飛んだか?」と小学生並みの想像をしながらぶらついていたところ、海辺で騒ぐエロエース達と出会ったのだ。その後簡単な自己紹介のあと、ここが長野でないという件になったのが先の光景である。このあたりは中学生の面目躍如である。

「てかよお、それよりこの首輪なんなんだよ。」

 そしてものすごく今さなことを言う。気がついたら自分たちがしていたこの首輪。これはいったい何なのか?

「川下りする時のアレじゃないすか?」
「あー、アレか。」

 そして超速誤解した。基本二人ともバカである。ていうかアレってなんだ。

「いや川じゃなくて海だろ……海でも着けるか。」
「邪魔だし外したいんですけど、外しかたがわかんないっすね。」
「こういうのはな、グッとやりゃいいんだよ。」
「え、係の人とか呼んだほうが……」
「大丈夫だ、見て――グっ!?」

 そして。

「た、すけ……」

 冒頭に戻るわけである。
 当然だが、ギロンパが用意した首輪を強引に外そうとすると死ぬ。
 殺すための道具なのだから外そうとすれば殺しにかかってくるのである。





第6話 一斉射 ( No.7 )
日時: 2019/10/15 01:11
名前: バトロワ





「「「「「「せーのっ!」」」」」」

「結局武器になりそうなのは稲田……さん?の包丁だけかぁ。」
「六人もいて一人しかまともな武器が入ってないってついてないなあ。」

 小道の上で車座になって話す人影が六人。
 竹中夏陽、霧月姫香、稲田瑞穂、そして三人の国信慶時である。
 彼らは元々、別々の場所に二人ずつ寝ていた。竹中夏陽は両刃のナイフを持っていた稲田瑞穂とクラスメイトの国信慶時と、霧月姫香はオートマグを持っていた稲田瑞穂のクラスメイトの国信慶時と、そして三人目の稲田瑞穂は彼女自身とクラスメイトの国信慶時とそれぞれ目覚めてすぐに合流した。その後、三組が近くの道にそれぞれ出たところお互いの姿を認めて今に至る。

「それにしてもまさか平行世界からノブさんが二人も来るなんて。」
「「「いやいや! 平行世界なんてないから!」」」
「ハモった……! やっぱりこれは妖精の!」
「「「妖精のせいでもないよ! 竹中くん!」」」
「え!? あー、なんか、催眠術?とかじゃないッスかね……ハハ……」

 息ピッタリだな、椿と柊みたいだあ……とどこか茫然とした感じで乾いた愛想笑いをしながら、夏陽は三人の国信慶時を見比べた。
 この三人の国信慶時、当人たちは知らぬことだが本当に平行世界の住人である。
 三人の国信慶時はそれぞれにプログラムに巻き込まれ、それぞれにプログラム開始前に殺害されるはずだったのだが、何の因果か全員ギロンパに拉致られていた。
 そんな彼らは出会った当初は混乱したものの、オカルトとメルヘンに首まで浸かった稲田と姫香を見て逆に落ち着いてこの状況について考察を進めていた。彼ら三人の共通の知識としてある、このようなことをしそうでかつできそうな組織は一つしかない。国である。彼らはこれをプログラムの一種だと考えていた。ギロンパというのも、なにがしかの偽名なり何なりであるという判断である。各々がいつの間にか着けていて外し方がわからない首輪もその考えを後押しする。大方バトルロワイアルで何かしらに使うものだろうとあたりをつけ、下手に触らないようにと伝えていた。元々孤児院育ちで年少の者と接する機会が多いぶん、自然とまとめ役になることも多いのだ。
 それにしても、と三人は改めてお互いの顔を見る。顔つきも背格好も違うが、似ている。そう思った。そして三人が黙ると自然、一同の声のトーンが下がる。やいのやいのという夏陽達の声を超えて、誰かの泣き声が聞こえた。




「「「「「「なんだこのオッサン!?(驚愕)」」」」」」
「ぼくひで。」

 歩くこと数分、彼らが見つけたのは血塗れの体操着を着たクッソガタイの良いオッサンのような小学生、ひでであった。
 彼は先ほどの稲田瑞穂同士の刺し違えから数分、起こってしまった事態に呆然し、ただただ泣いていた。
 それもそうだろう、いきなり見知らぬ場所にいたと思ったら突然イカれた女子中学生に刃物を突きつけられ、同じ顔をした女子中学生が現れたと思ったら突然殺し合った。そのことは見知らぬおじさんに拉致強姦されるのと同じくらいショッキングなできごとであり、彼はただその場にうずくまる以外の術を持たなかった。
 だから彼はまるで理解していなかった。自分の外見が年下のものからはコスプレしたオッサンにしか見えないということ、そんな自分が二つの死体の間に血塗れでいればどう思われるかということ、そして死体のクラスメイトにて見つかればどう思われるかということを。

「「「稲田――」」」

 三人の国信慶時が血塗れで倒れている稲田を見て思わず一斉に駆け出す。
 それをきっかけとするように、彼らの体にコインほどの大きさの穴が開いていく。
 まずは先頭に立った国信慶時の左脇、そして右肩、左こめかみ。
 続いてその後方の国信慶時の左胸と左こめかみ。
 そして最後に、足を止めた国信慶時の胸の中央と眉間に。

「ヤバ――」

 眉間に穴の開いた国信慶時の少し後ろを走りほぼ同じタイミングで足を止めた夏陽が、体勢を崩しながらも後方に切り返す。それを避けようと稲田も背を反らし、最後尾にいた姫香の体に腹胸頭と縦に三つ穴が開く。
 十の穴から血が吹き出す時になって、ようやく六人は自分たちが攻撃されたことを理解した。
 逃げろ、と言おうとして先頭を走っていた国信慶時は、声が出ないことに気づく。横を見れば、自分と同じ顔をした人間が倒れている、死んでいっている。その曇った瞳に写る自分も同じ顔をしているのを見ながら急速に意識が遠のいていく。

「ああああもうやあだあああああっ!」

 恐慌に駆られたひでが駆け出す。姫香の手を引いて逃げようとした夏陽が、握った手から力が帰ってこないことに気づく。その逆の手を稲田が掴むと、もと来た道を走り始めた。
 ひでと出会って一分、六人いた人間は二人になった。

「……」

 それを見て一人、桐山和雄は笑いながら死体に近づく。その手に握られたVSSからは硝煙が線香の煙のように昇っていた。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。