二次創作小説(紙ほか)

女審神者の本丸
日時: 2019/10/09 20:29
名前: 水無月匣

新米審神者と刀剣の日常を書こう。

刀剣乱舞二次小説。

Page:1



Re: 女審神者の本丸 ( No.1 )
日時: 2019/10/09 20:55
名前: 水無月匣

「主〜、朝だぞ…あれ?」

審神者の部屋の前、加州清光は戸が全開であることに驚いた。中を覗いてみると
布団には審神者がいない。珍しい、彼女の寝相は悪くない。いつもなら布団を被って
仰向けで眠っているのに。

「清光?もしかして大将を起こしに来たのか?」
「薬研。そうなんだけど…主にしては珍しく戸が全開でさ。で、この通り」

薬研が部屋を覗き込む。そして眉を顰め「そういうことか」と呟く。

「実は…大将は俺たちの部屋でぐっすりだぞ」
「なっ!?」

薬研と共に藤四郎兄弟の部屋に来ると部屋の壁際でぐっすり眠る審神者がいた。
眠る審神者にそっと近寄り五虎退が彼女の体を揺らす。

「あ、あるじさま。もう朝ですよ」
「え!?い、今何時!?って…あれ?え?」

目を覚ました審神者は辺りを見回す。布団も、枕も無い。何があったんだろうか。

「まさか…大将。もしかして夜中に起きたのか…?」
「うん。なんか凄いトイレに行きたかった…あ!」

そういうことかと全員が納得した。ぐっすり眠っていた時に目を覚ましトイレに行った。
寝ぼけていたせいで部屋を間違えてしまったらしい。

Re: 女審神者の本丸 ( No.2 )
日時: 2019/10/09 21:15
名前: 水無月匣

「君って女の子なのにスカートとか履かないね。珍しい」

私服の審神者を見て燭台切光忠はそう言った。女子といえばスカートやワンピースを
よく着ているのを見るからだろうか。

「え、だってスカートとか苦手だし」
「え?そうなの?」
「スカートとかフリフリしたのが好きな人もいるし私みたいな人もいるでしょ。
私、家族にも可愛いよりカッコイイ服の方が似合うって言われた」

「それに」と審神者は更に話を続ける。

「光忠はカッコイイだけどほら、五虎退とかなんて良い例じゃん。可愛い系男子、
というか短刀は大抵可愛いかもしれない」

話してるときにふと目線を横に向けるとジロジロと見ている光忠が首を傾げる。

「あー…君、身長高いのに座高が低いんだね。ってことは脚長かぁ」
「それは言われる。うち168ぐらいなんだけど、少し背が低い子の隣に座ると
その子のほうが高いんだよね…」

なんとなく声が落ちる。「まぁ脚長は良いのかも」と、突然明るくなったり。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。