二次創作小説(紙ほか)

鬼滅の刃 新たな旅の道
日時: 2020/01/23 20:24
名前: 祭凛 ゆき

新しい題名に変わりました!
話を読んでたら題名の意味が分かるかも…?
本編どーじょ!www


第6章
(炭治郎目線に戻ります!)
炭「……ん?朝……か…」
暖かい陽射しが差し込んできて眩しい
炭「ふわぁー!」
まだ善逸達は寝ている
まぁ、あんだけ走り回ってたもんな……禰豆子もぐっすりと寝ているだろう
炭(よし!花子に挨拶しに行こう!)
うーん!今日は暖かいなぁ……
ふすまを開ける
炭「花子!おはよう!」
自星乃、自称花子はお茶を飲んでいた
自「おはよう、お兄ちゃん」
こうしてみると、花子は随分とべっぴんさんになったなぁ……流石母さんの娘だよ!
自「今日も、元気ね」
花子がにっこりと笑った
炭「うん!戦いに行かなきゃ行けないからね!元気でなくちゃ!」
自「そうね。今日からでしょ?」
炭「うん……」
今日から戦いにいかなくてはならない。(指令貰ってないけど)
昨日離れないって言ったけど、結局、離れることになるのか……トホホ
自「はぁ……ホントお兄ちゃんって馬鹿なんだから」
炭「え?」
自「離れないって言ったんだから、離れないの。私も戦いに行けばいい話じゃない」
そうか!その手があったか!流石花子だ!……でも、一般の人が戦いに行けるのか?やっぱり花子は行かせない方がいい!
炭「花子、お前はここに残った方がいい。花子は戦えないだろう?それに、鬼殺隊でもないのに行ってもいいのか分からないし……」
自「あのねぇ!私だって鬼ぐらい斬れるわよ!」
炭「え?お前、剣持って……」
花子が羽織をめくった。するとそこには日輪刀があった
炭「え!?なんで花子が日輪刀を…!?」
自「私、最終選別の行ったの」
炭「え!?」
自「最終選別で生き残ったの。それに沢山鬼狩りしたから、斬れるわよ」
炭「そ…そっか……」
花子が最終選別に行ってたなんて!どんな技使うのだろう!?
自「だから!」
自星乃が炭治郎を指さした
自「私は鬼狩りできる!行っとくけど、ちゃんと隊服はあるわよ。今は着てないだけ。後、花子って呼ばないで…今の名前も読んで欲しいの」
炭「ありがとう!花子も居たら、心強いよ!」
これなら、一緒に行動できる!ずっと一緒だ!


炭「よぉーし!準備OKだな!」
自「ちょっと待ってて」
自星乃が葉っぱ見つめて何か話し込んでる
自「家を頼むわ。前も言ったように、しばらく帰れないの。この森に家を託すわ。そうね…あなた!あなたにリーダーを頼むわ!よろしくね………みんな!またね…!」
善「ねぇ、今誰と話してたの」
自「葉っぱ達。この森に家を託したの。皆偉いから、きっと役目を果たしてくれるわ」
善「え!?葉っぱに家頼んだの!?業者に頼んだほうがましじゃない!?」
自「失礼ね…あの子たちは皆やる子よ。馬鹿にしないで」
肩に乗っている葉っぱもプンスカ怒っている……ってえ!?
善「うっっわ!葉っぱが怒ってる!!キモ!!」
自「……善逸…?」
善「わわわ、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!許してぇぇえ!あああああ!(汚声)痛い痛い痛い!痛いっつーの!!」
自星乃が善逸の耳たぶを引っ張っている
善「ねぇ痛いって分かる?痛いっつったらふつーやめるだろうがよ!脳味噌弾けてんじゃねーの!?」
自「もう……!うるさい人ね!」
自星乃が善逸の耳たぶから手を離した
自「次あの子達を侮辱したら、許さないんだからね!覚悟しときなさい!!(怒)」
善「へいへい、分かったよ!変なこと言わなきゃいいんだろ!」

こうして炭治郎達の旅(?)が始まった


伊「……おい…まだ指令ねぇんだろ?俺たち何処まで行くんだよ……」
伊之助の言う通り、辺りはなーんにもない平地
自「ほんと。ねぇ一旦やすも………」
カァー!カァー!
炭「あ……」
『指令!指令!南北二アル、彪瀕山(ひゅうひんざん)ヘムカエ!鬼ガタハツシテルモヨウ!』
自「まぁ……結構大掛かりな事になりそうね…」
『彪瀕山へムカエ!鬼殺隊数人ムカッタガ、オウトウナシ!彪瀕山へムカエ!』
炭「よし、行くぞ!」
「うん!」「おう!」「うん…」

ふぅ…ちょっと長かったかな?
何か書いてほしい場面ありますか?それか人物…?言ってくれたらかきまふ!笑(暇人なので……)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



Re: 鬼滅の刃 新たな旅の道 ( No.47 )
日時: 2020/03/31 07:28
名前: *サクラ*

お邪魔します…何の話してるの?ww不審者か?ww

Re: 鬼滅の刃 新たな旅の道 ( No.48 )
日時: 2020/04/01 06:51
名前: むう

 私も雑談に参加したよー。
 見て下せえw よろしくー。

Re: 鬼滅の刃 新たな旅の道 ( No.49 )
日時: 2020/05/26 11:17
名前: 祭凛 ゆき

久しぶりの小説や〜笑
もうさ、自分の小説って小説じゃなくなってる気がするのは自分だけ?笑


13章 〜決意〜
炭「一気に追い込もう!」
伊「グワハハハハ!伊之助様のお通りじゃあ!」
伊之助が猪突猛進と強引に進んでいく
辟「っ………!くそっ!もういい!みんな死ね!死ね死ね!」
さらに攻撃が素早くなる
炭「ウォーーーー!」
伊之助、善逸、炭治郎の周りが髪に囲まれる
ズボッ
炭「っ!!?」
辟「ウフフ…さよなら」
だめだ……死ぬっ!
辟「!!?」
「ギャアアアアアアアア!」
?!!
辟鬼が奇声と共に暴れ出す
辟「い、痛い!イヤアアアア!な、何コレ…も、ももも、燃えてる!!?ひ、火!」
辟鬼の髪が燃えていた
辟「ギャアアアアアアアアアアアアアアッ!」
頭がキーンと痛む
奥の辟鬼の髪の塊から3人程、落ちてきた
自「だ、大丈夫?」
羅「う、うん」
炭「自星乃!禰豆子!あ、後…?」
自「おにi…炭治郎!」
自星乃が炭治郎に近寄った
自「良かった……鬼は?」
そうだ!鬼!どこだ?
辟「よくもやったわね……これ、全然治んない。その鬼の血鬼術でしょ?」
辟鬼は、木の上に立っていた
辟「大して喰ってないのに、生意気な女ね。あの方から分けられた血が多いのね、絶対そうよ。生きて返さないから。」
辟鬼の髪がまた襲ってきた
まだ戦えるのか…!
自「羅巳、下がってて!」
羅「!! 私を助けてくれるの?」
自「当たり前でしょ!」
羅「…………」
羅巳が何かを決意する
羅巳がみんなの前に出た
自「…!?羅巳?」
羅「辟鬼!もうやめて!私、もう誰も傷つけたくたくないよ!」
辟「…は?何言ってんの?その女に何か吹き込まれでもしたのかしら?」
自(………あぁん?)
辟「あんたは鬼よ。人を喰う、’’鬼’’」
「誰もあんたを助けてくれはしないよ。それに、今まで育てたのは誰だっけ?誰のお陰で生きれたんだっけ?死ぬ間際で助けたのは私。’’辟鬼’’ 命の恩人に口答えして良いと思ってんの?」
羅「………」
羅巳が泣きそうになっている
羅「で、でも……私……私…っ!」
バンッ
痛々しい音が木霊する
辟鬼の髪が羅巳を投げ飛ばしたのだ
自「っっ!!?」
炭「あっ!!?」
羅巳が震えている
辟「はぁ…まだ分かんないの?お仕置しないといけないみたいだねぇ?」
自星乃の中で、何かがブチっと切れた
自「羅巳。」
羅「……ぐすっ……?」
自「よく頑張ったよ」
辟「勝手に近づかないでくれる?あんたらは…」
自「もういい。今まで羅巳にしてきた事。私が返すから!」
辟「はぁ?何言ってるか全然わからな…」
シーー………
自然の呼吸 弐ノ型 斬撃魔
辟「なっ……」
ザザザザザザザザザザ

「自然の呼吸 弐ノ型 斬撃魔」は、敵に刃を触れた瞬間、鋭い葉が敵に集中し、敵が消えるまで、撃ち続ける。しかし、それは普通の雑魚鬼の場合であり、十二鬼月に効くかどうか分からなかった。雑魚鬼には、敵の姿が消えるまで撃ち続けるが、強い鬼になってくると、敵の姿が消えるまでの効果はない。
だが、下限は効いた。これにより、新たな実験が始まることだろう。

辟「あ、あああああああ…」
炭治郎、伊之助が口をあんぐりと開ける
ダダダダダダダダダダダダ
善逸がフガッと目を覚ます
善「う…ん?何があった……え…」
善逸も口をあんぐり
羅「………」
羅巳の目がピカる
炭(ざ、残酷……)
そして、辟鬼が天に召された
自「当然の報いよ。ふんっ」
羅「自星乃ー!」
羅巳が自星乃を抱きしめる
羅「ありがとう!自星乃のお陰で…」
羅巳が泣きそうになる
自「こらこら、泣かないの」
自星乃がニコッと笑う
羅「アハハ!………あ…私、これからどうしよう…」
自「何言ってんの。私たちと一緒に行くんでしょ」
羅「え?」
炭「え?」
善「え?」
伊「あぁ?」
禰「……スピー……」
自「当たり前でしょ!?可哀想じゃない!」
炭「そ、そうだけど…でも、御館様がなんて言うか…」
自「炭治郎〜……」
自星乃が炭治郎をジトッと睨む
自「この子のお世話は私がするもん!その、えっと…御館様?って言う人がどういう人かわかんないけど、私がお願いする」
「それに、羅巳は人を喰ったことが1度もないの。少量の、血だけでいいのよね?」
羅「うん。人間には支障が出ない量よ」
自「だそうよ」
炭「うーん…」
炭治郎が困った顔をする
炭「……1度、御館様に聞こう……それに、禰豆子も連れているから、何とか言えば…」
自「ありがとう!お兄ちゃん!」
羅「え?お兄ちゃん?」
自「あ、なんでもない…アハハ…」

善「え?まじ?女の子増えんの?マジでぇ?
いやっほぉぉおおい!いええええい!」
炭「禰豆子、羅巳。ちょっと狭いだろうが、我慢してくれよ…」
羅「せ、せま……い……」
禰「うー………」

彪瀕山編 〜完〜

彪瀕山編、終わったぁあ!
みんなありがとう!
このスレッド、見にくいので、この機会に新しくスレッドを作ります!(小説書く時)

Re: 鬼滅の刃 新たな旅の道 ( No.50 )
日時: 2020/05/26 13:57
名前: 優羽

どんな話だったか忘れた…

Re: 鬼滅の刃 新たな旅の道 ( No.51 )
日時: 2020/05/26 16:08
名前: 祭凛 ゆき

まぁ久しぶりだし、
仕方ないよな

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。