二次創作小説(紙ほか)

鬼滅の刃 表と裏のでるコイン
日時: 2020/02/02 20:57
名前: 岩林 美杏 (ID: f7aWX8AY)

ハイ!
鬼滅初心者の私が投稿しちゃいます!
暖かい目で見てくれたら嬉しいです!


「表……」
ある少女はコインを見てこう言った。
……なんだろう…あれ…
「……何?」
「ふぁっ?!」
び…びっくりした…
だって、あのコイン見てた少女がこっちに来てたんだもん!
「こ…コイン…」
つい口に出してしまった…
内心あのコインは欲しいと思った…
「……いいよ」
え?!くれるの?!
「二個持ってるから…」
や………
やったぁぁぁぁぁぁぁ!!!


二年後…
「う……裏……」
今日最悪じゃない!
私はあのコインはおまじないの道具だと思っていた。
(作者もよくわからん)
「うー…」
なんか漫画チックなこと起こんないかな〜
「避けて!」
な?!なに?!
刀が私の頭の上を通る。
「何?!」
「鬼だよ!鬼!」
は?!鬼?!知らね!
……と、鬼は私の目の前にくる。
「な…何か知らないけど!いい加減にしろ!」
私は鬼(?)を素手でぶん殴った。
「す…すげ…」
アンタみたいなイノシシ頭に言われたくないわ!
……ん?待て……
でっかい何か背負った奴と金髪とイノシシ頭…
…………イノシシ頭絶対不審者やん
「お前、顔に出すぎだろ」
知らね!



終わり!
主人公反抗しまくり!
続きは…どうしよう…

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 鬼滅の刃 表と裏のでるコイン ( No.22 )
日時: 2020/03/05 09:04
名前: 岩林 美杏 (ID: f7aWX8AY)

色々な事情があり、土曜日くらいまで投稿しません!
そこんとこよろしくです!

Re: 鬼滅の刃 表と裏のでるコイン ( No.23 )
日時: 2020/03/09 13:46
名前: 岩林 美杏 (ID: f7aWX8AY)

私の母は人間、父は鬼。
父は禰豆子のように人を殺さない鬼だった。
母は結婚当初は少し警戒していたけど二三年一緒に居て大丈夫だって思ったんだって。
そして私が二歳の時の話……
父が突如狂ってしまった。
母は私を抱いて逃げた。逃げ続けた。
しかし…
「あー…」
私が蝶に手を伸ばした。
途端に母はこけてしまった。
少しずつ父が近寄り、最終的に…

母を殺してしまった……

小さい私には理解が難しい。
母「香……逃げ……て」
父「香、すぐ楽にするからね……」
父が私に攻撃しようとした時…
父は首を切られた。

秘「それが胡蝶カナエ…貴方の姉」
カ「え……」
そのショックで私は記憶がなくなった。
カナエさんが私を放置した訳では無いと思うけど……


炭「な…なんで死んだ秘芽歌の父が……?!」
秘「はぁ……」
秘「知ぃーるぅーかぁー!!!!」
……………
皆はクスクスと笑い出す。
へ?へ?へ?
善「よがっだよぉぉぉぉ」
善逸うるせえ!
禰「げ…んき!」
は?はぁ?////
昨日の記憶が無いだけでこんなことあんの?!

Re: 鬼滅の刃 表と裏のでるコイン ( No.24 )
日時: 2020/03/12 16:52
名前: 岩林 美杏 (ID: f7aWX8AY)

白「あ、あとさ、幻の呼吸って言うの使えるの?」
秘「うん。刀を使わず、幻で敵を狂わすことが出来る……でもねぇ〜」
皆はキョトンとする。
秘「人に幻を見せてる間、私も幻を見てるの。前に私が何人もいる〜…みたいなのを使ったんだけど…自分も何処に居るかわからなくなってw」
(………?!)
皆「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?!」

白「なにそれ?!」
伊「呼吸使いと言わねーだろーが!」
炭「よくそれで戦えるね?!」
秘「しかも、技今のところひとつしかない」
善「ええええええええええええ?!」
カ「…………(何とも言えない)」
禰「………弱そ…」
秘「え?!禰豆子?!酷い!」


大正コソコソ噂話
秘「……バカにされた…」
白「ドンマイ……w」

白「はい!大正コソコソ噂話!秘芽ちゃんは洋菓子も和菓子も好きで洋菓子はカステラ、和菓子は饅頭(一部)が好きなんだって!」
秘「そのついでに!カステラ食べに行こう!」
白「え?!」

Re: 鬼滅の刃 表と裏のでるコイン ( No.25 )
日時: 2020/03/14 10:45
名前: 岩林 美杏 (ID: f7aWX8AY)

秘「よし!お父さんと戦うのって明日だったよね!」
炭「う…うん」
秘「今からぶっ殺しにいこう!」
私はやる気満々!
カ&白「待った!!!」
カナヲと白星乃が全力で止めてくる。
秘「どして?」
白「そんな甘くないから!この世の中!下手したら殺されるよ?!」
カ「(コクコク)作戦無しで行ったら特に」
えー…めんどくさい………
秘「私、鬼を素手で殴ったんだよ!」
白&カ「でも!」
うぅ……
伊「いっそのことお前鬼に変身できねーの?」
秘「無理があ……ん?出来るかなぁ?」
伊「鬼が味方につけばあっちも怯んだりしてさ」
秘「おお!ナイス!猪頭+変人!」
伊「誰が猪頭+変人だぁ?!」
(伊之助と秘芽歌の喧嘩が始まる。)
善「あの鬼は何が目的なんだろう…」
白「そーえばねー(棒)」
カ「どっちにしろ倒す」
炭「カナヲ?!いくら任務だからって…秘芽歌が……可哀想だよ…」
カ「…………」

Re: 鬼滅の刃 表と裏のでるコイン ( No.26 )
日時: 2020/03/25 12:39
名前: 岩林 美杏 (ID: f7aWX8AY)

秘「おーい!お父ーさーん!」
私は叫ぶ。と・に・か・くお父さんを呼ぶ。
秘「お父さんをストレス発散用の道具にするんだ!w」
善「止めて!キャラ崩壊!」

?「やぁ、未来の鬼殺隊員。」

っ!
お父さんだ…
突然お父さんの言葉で背筋がビクッとする。
炭「さぁ!消えてもらおうか!」
白「私達の本気を見せてやる!」
鬼「ふぅ〜ん 強そー」
ガッ
地面をお父さんはひっかいた。
秘「……幻想!」

(炭治郎視点)
炭「今のは?」
伊「……確か彼奴が俺達に幻想を見せる技……な、筈…」
カ「見えないけれど…」
秘「早く倒して!」
秘芽歌の言葉が響く。
炭「わかった!」
俺はそう返事をした…

ーーーーーーーーーーーーーーー
短い…

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。