二次創作小説(紙ほか)

ポケモン二次作品 レイナ~イッシュ編~エピソード1[完結]
日時: 2020/04/06 01:30
名前: ベリー
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12723

どうもこんにちわ!ベリーです!
ポケモン二次作品を書いています。
※注意
基本オリキャラしか出てきません。
チート(?)が出てきます。
なんでも許せる人向けです。
コメントは、『ヒュウレイ+α達の戯言』にお願いします。
『ヒュウレイ+α達の戯言』と同時にみた方が面白いです。
これらが許せると言う人はゆっくりしていってください!

目次

登場人物紹介 >>2 >>3

第一話 旅の始まり。
>>6 >>7

第二話 ポケモンをもらいに
>>8 >>9

第三話 ハーデリアを探せ!
>>11 >>12

第四話 足りないもの
>>13 >>14 >>15

第五話 ポケウッド!
>>16 >>17 >>18 >>19 >>20

第六話 統治の争いと2人の決意
>21 >>22 >>23 >>24 >>25 >>26 >>27 >>28 >>29 >>30 >>31

第七話 不思議な人
>>32 >>33 >>34

第八話 遊園地で,,,
>>35 >>36

第九話 元プラズマ団の罪
>>37 >>38 >>39 >>40

第十話 大切なこと
>>41

第十一話 決戦へのカウントダウン
>>42 >>43

第十二話 究極の選択
>>44 >>45 >>46 >>47 >>48 >>49 >>50

第十三話 私と俺は最強チーターコンビですから!
>>51 >>52 >>53 >>54 >>55 >>56 >>57 >>58

第十四話 これからー
>>59 >>60 >>61

最終章 また会ったなら!
>>62 >>63 >>64 >>65 >>66

エピローグ >>67

あとがき >>68


番外編? >>10

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



Re: ポケモン二次作品 レイナ~イッシュ編~ ( No.64 )
日時: 2020/04/06 01:03
名前: ベリー ◆Y1mVUEY/OI
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

〜次の日〜
私はいつもの通り朝ヒュウに投げられ(クッソー!めっちゃいたかった!)食事を済まし、午前10時を迎えようとしていた。
さってと、そろそろ飛行機の時間だしいくか、、、
私は愛用の刀とイーブイ、衣類、を持って家を出た。
ジャローダ達はアララギ博士に預かってもらった。気候の違う所に連れていって弱らせたくない。(イーブイは頑丈だから別)
空がどんどん雲っていく、それと比例するように、気温も低くなっていく。旅を初めて早半年。冬の季節になっていた。
私は名残惜しみながらヒュウ、マオ、トモバの連絡先を消すと空港に向かって走った。
レ「これで、いいんだ。」


ヒ「オーイ、レイナーバトルしよーゼーって、居ない?」
ヒュウはレイナの家に入った。
ソコにはレイナは居なかった。いつものヒュウなら「どこかにいっている」と思うかもしれないが、今回は違った。
ヒ「なんか、静か過ぎじゃね?」
そう呟きながらヒュウはレイナの部屋に着いた。中に入ると一枚の紙があった。ヒュウはそれを食いつくように見つめる。

『サンキューな、忘れてくれればありがたい。』

と書いていた。普通の人が読むと、意味が分からないが、ヒュウは全てを悟った。
ヒュウは急いでレイナに連絡するも、繋がらない。その代わりにヒュウはマオとトモバに連絡をした。
ヒ「マオ!トモバ!聞こえるか!レイナの机にサンキューな、忘れてくれればありがたいって書いてた!すぐこい!」
意味不明な言葉だが、マオもトモバも全てを悟った。ヒュウは全速力で、空港に向かった。

真っ白い雪が降ってきた。

Re: ポケモン二次作品 レイナ~イッシュ編~ ( No.65 )
日時: 2020/03/29 09:41
名前: ベリー ◆Y1mVUEY/OI
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

〜レイナ〜
『この後、ヒウン空港発、アローラ、マリエ空港着の受け付けを始めさせてもらいます。お乗りの方は、、、』
あー、もうすぐかー。
感情が無くなったのだろうか、もともと無いのはわかっているが、この状況で泣けないのは、レイナ自身も不思議で仕方なかった。
受け付けを済ますためにバーコードをスキャンしようとすると。
『トンっ!』
と足音がした。わずかな。この足音は知っている。
ヒ「待てやごらぁー!」
ヒュウだ。

Re: ポケモン二次作品 レイナ~イッシュ編~ ( No.66 )
日時: 2020/03/29 11:43
名前: ベリー ◆Y1mVUEY/OI
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

レ「?!」
私は振り替えって、目を見開くことしか出来なかった。
ヒ「ふー、間に合った〜」
マ「ヒュウ、、、はぁ、はぁ、」
ト「早過ぎる、、、はぁ、はぁ、」
来てしまった。置き手紙をするのが悪かったのだろうか。
レ「あー、ドモー。」
ヒ「ドモー。じゃあねぇよっ!引っ越す時は言えっての!」
レ「あー、紙切れ一枚でそこまで分かったんだー。」
マ「ま、まぁーな。はぁ、はぁ、」
ト「て、か!なんで言わないのぉー!」
レ「アハハ、、、ごめん。」
ヒ「はぁー、寂しくなるな。」
ト「そうねー。」
レ「じゃ、」
マ「待て待て待て待てい!」
ト「もうちょい別れを惜しみようよ!」
レ「ごめん、でも、あまり記憶に残らないようにしたいから、、、(ボソッ)」
ト「?なんて?」
レ「いや、何でも、、、」
ヒ「あまり記憶に残らないようにしたいから、、、だろ。」
レ「アハハ!何でいうかなぁー?()」
ヒ「アハハ!レイナ目が笑ってねぇー、、、」
マ「一応忘れられないんだけど?」
ト「だよねー。」
レ「、、、できれば、忘れて欲しいなーなんて、、、」
ヒ「ムリ、てか、なんで忘れて欲しいんだ。」
ト「ヒュウ、普通そこはオブラートに包んで言うべきだと思うけど、、、」
マ「ズバッと言ったなー。」
レ「、、、」
レイナは悲しそうな笑顔を浮かべる。
レ「そう、、、ね。」
ヒ「教えてくれなきゃ納得いかねぇーんだか?」
ト「そーだ!そーだ!」
レ「、、、ごめん。私のこと覚えてたらいずれか厄介なことになっちゃうから。」
ト「、、、まぁ、それだけ言ってくれれば十分よ。」
マ「厄介なことねー。俺らもうZに目、つけられてるから今さらだけどな(笑)。」
ヒ「ああ、だから気にすんなー。」
レ「、、、ぇぇ。」
ヒ「というわ、け、で、ほいこれ。」
ヒュウは包装紙で包まれたなにかを私の頭にポンッと置く。
レ「?」
ヒ「あー/// 、誕プレ。」
マ「まじかよw、レイナの誕生日半月前だぞ!(笑)」
ヒ「渡すタイミング逃したんだよ!///」
レ「アハハ!サンキュ。」
私はプレゼントを持つ。
レ「?、革手袋?」
ヒ「さすがレイナ。そうだ。革手袋だ。」
ト「触っただけで分かるとか、、、」
マ「スゲーな。さすが。」
ヒ「お前、ポケモン探したり、運動する時、必ず土とか触って手が汚れるだろ、それに薬品使う時、てがかぶれるし、それに、、、」
レ「待て待て待て。一応ここ空港だから言わないでくれる?」
ヒ「あっ、すまん。」
『大変長らくお待たせいたしました。ただいまから、皆様の受け付けを開始いたします、、、』
レ「あーもういかなきゃ。」
凄い時間の流れが早かった気がする。
もう時間か。
ト「あー!レイナー忘れないから!こんな美少女!」
レ「あ、アハハ()」
マ「世間は意外と狭い。また会ったらPC勝負しような。」
レ「ええ、覚悟しなさい。」
ヒ「レイナ。」
レ「ええ。」
私とヒュウはガッと手をつかみ合う。


「「次会ったらバトルな!」」


レヒ「アハハハハハ!」
私は自然に涙が出てきて下を向きながら笑う。
レ「じゃあ!ベストウィッシュ!」
私は涙をぬぐって全力の笑顔で叫んだ!
ト「ベストウィッシュ!」
マ「ベストウィッシュ!」
私は背中をみせ、バーコードを読み取り奥に走った。
やっちゃったー。絶対記憶に残っちゃうよ。
しかし、後悔先に立たず。終わったことはかえらえれない。
それは、レイナが一番分かっていることだった。


ト「やー、いっちゃったねー。」
マ「だな。てか、あの光景異様だったな。」
ト「ああ!『次あったときはバトルな!』でしょ!両方下向いて叫ぶからびっくりした!」
マ「二人のことだから、涙をこらえて下向いたんだろ。あ、ちょぉーとトイレ、、、」
ト「泣き虫だなぁー!あ、私モォ、、、」
ヒ「おう。」

ト「もう、、、レイナのバカっ!なんで、、、ううっ!」

マ「バカじゃねーのか、なんで、、、ううっ!」

二人は個室でずーっと泣いていた。今までの怒りと、悲しみを吐き出すように、、、

ヒ「たくっ、どっちが泣き虫なんだよ。」
ヒュウは呆れたように空を見る。ソコにはレイナが乗ってるであろう飛行機が離陸していた。

ヒ「ベストウィッシュ。」

自分自身ですら聞こえるか聞こえないかぐらいの小さい声で呟いた。

______END______

Re: ポケモン二次作品 レイナ~イッシュ編~ ( No.67 )
日時: 2020/03/29 11:58
名前: ベリー ◆Y1mVUEY/OI
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

〜エピローグ〜

ヒュウは家のポストに入っていた手紙の通り、近くの原っぱにいた。
『午前1時、山に来い』
それだけの手紙だった。しかし、筆跡と時間からして、ヒュウは手紙の意味が分かった。
差出人はZ、夜中に呼び出すと言うことは、、、

Z「ヤーヤー、意外と速かったねー」

Zの声がする。振り向くとフードをとったZがいた。
ヒ「えっ、、、」
その顔はまるで俺の、、、
Z「アハハ!びっくりしてるねー、ヒュウのその顔はあまり見ないからラッキーだ。」
ヒュウはどんどん呼吸ができなくなっていく。
ヒ「嘘、、、だろ、、、まさかっ!」
Z「さー、てと、今日は君をスカウトしに来た。」
スカウト?


「プラズマ団に入らないかい?」


__レイナ「イッシュ編」本当にEND__

Re: ポケモン二次作品 レイナ~イッシュ編~ ( No.68 )
日時: 2020/03/29 12:31
名前: ベリー ◆Y1mVUEY/OI
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12723

〜あとがき〜

ここまでみてくださった読者さま!
こんなクソに等しい小説をよんでくださってありがとうございます!(もしかして神様ですか?)

はい!レイナ〜イッシュ編〜終わりました!
一応予定通りに終わりました!(良かったぁ!)

皆さんお察しの通り、次はレイナ〜アローラ編〜になります!良かったらみてください!

というわけで、本編に触ることにします。
まず、エピローグについてです。
まあ、ヒュウがプラズマ団に勧誘されましたね。(入るのか入らないかは、物語をみて確かめて下さい!)
そこで、Zに関する伏線はっておきました!分かりますか?ヒントはヒュウがプラズマ団に勧誘されていることは関係ありません!

次に物語についてですが、きちんとレイナ〜イッシュ編〜を書いたのは初めてなんですw
ヒュウレイ+α達の戯言をみて分かるように、話の内容は5歳の時ぐらいに作ったんですw(あれ?言ってなかったっけ?)そして、キャラクターが3年ぐらいの時に完全に出来上がったんですけど、、、5年もその物語を考えていたのでもうノートとかに書くのがめんどくさくなり、+アニポケアローラの作画崩壊にショックをうけ、カロス地方に逃げることになったのでこの先いつかでる、レイナ〜カロス編〜からスタートしたんですw
ですのでレイナ〜アローラ編〜を真面目に書くのも初めてなんですよw
こんな適当な物語ですが、これからもよろしくお願いします!
(あれ?これってあとがきとして成り立ってるのかな?成り立ってなかったらスミマセン!)


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。