二次創作小説(紙ほか)

無慈悲な笑顔 過去と未来の糸
日時: 2020/05/14 11:16
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

知る人ぞ知る、スノードロップです!

今まで、らくだい魔女、妖怪ウォッチの二次小説を描いていましたが、今回、やかろさんの『無慈悲な笑顔』のオリジナルストーリーを描いていきたいと思います!
このお話は0話から3話のネタバレも含まれますので、ネタバレが嫌な方はUターンお願いします。又、0話から3話などは、YouTubeなどで実況があるので、世界観はそちらを参考にお願いします。

コメント等は、励みになるので是非よろしくお願いします!


プロローグ

或る村に、不吉といわれる双子が生まれた。

その村には、時を司る神様がいた。

双子は、時の神様のいるといわれる『時の砦遺跡』に連れて行かれる。




キャラクター(出てこないキャラいるかも)

過去(かこ)
神様の生贄に選ばれた双子の姉。
基本過去視点です。
明るく、好奇心旺盛。

未来(みらい)
神様の生贄に選ばれた双子の妹。
おとなしく、怖がり。

時雨(しぐれ)
時を司る神様。
時の砦遺跡にいるといわれている。

照(てる)
天候を司る神様。1、2話で登場。『涙の遺跡』にいる。

雨(うるる)
天候の儀式に選ばれた少女。

色(しき)
季節を司る神様。2、3話で登場。人間には死期と呼ばれる。

四葉(よつば)
2、3話で登場。季節を変える儀式に選ばれた少女。

睡蓮(すいれん)
謎の神様。0話で登場。なにやらたくさん嘘を…………?

Page:1 2 3 4



Re: 無慈悲な笑顔 過去と未来の糸 ( No.16 )
日時: 2020/05/22 18:41
名前: 蝶霞 ◆.INrKsBcRQ

°∀。シラス((殴
すいません。過去ちゃん…夢じゃないかもよ?ニヤニヤ知らんけど

Re: 無慈悲な笑顔 過去と未来の糸 ( No.17 )
日時: 2020/05/23 08:30
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

ま、夢じゃないっすねぇ!

Re: 無慈悲な笑顔 過去と未来の糸 ( No.18 )
日時: 2020/05/26 10:02
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

未来「そういえば私も夢で神様に会ったよ」
過去「えっ?未来も?どんな子?」
未来「えっと……長い白髪に水色の着物を着た女の子。」
過去「へぇ…………なにか貰った?」

そう訊くと未来は黒い布を取り出した。

未来「この、黒い布。ハンカチかな?」
過去「さあ?」

Re: 無慈悲な笑顔 過去と未来の糸 ( No.19 )
日時: 2020/05/30 08:09
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

未来の会った神様話

未来「あれぇ?起きちゃった…………」

外はまだ夜。すると、木の下に見知らぬ女の子がいた。

未来「………?」
少女「………あ、そうだ君。これ、あげる。」

そのとき、黒い布を貰った。
『黒い布を手に入れた。』

未来「貴女、名前は?」
照「…………照(てる)。照っていうの。その布、絶対に役にたつから、手放しちゃ、ダメだからね。」

照はにこっと笑い、私の頭を撫でた。

照「もう、遅いし、寝た方がいいよ。また明日、喋ろう。」

私は何故か、おとなしく寝た。

Re: 無慈悲な笑顔 過去と未来の糸 ( No.20 )
日時: 2020/06/02 16:13
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

未来「…………ねぇ、これ、石碑?」

未来が指差したのは、石碑。

過去「………!ほんとだ!」

ただ、石碑はホコリや泥で汚れていて、文字が見えない。

未来「これ、使って拭いてみる?」
過去「いいね!そうしよう!」
未来「(照ちゃん、ごめんね。せっかくくれたのに。でも、照ちゃんなら許してくれる気がする。)」

複雑な表情で未来が石碑を黒い布で拭く。
すると、文字が見えてきた。

『神縛りの儀式』
『神解きの儀式』

未来「この言葉、どこかで…………」
過去「未来も……!?」

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。