二次創作小説(紙ほか)

《妖ウォ3》バスターズT実体験小説!
日時: 2020/05/18 11:00
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

どもっ!妖怪ウォッチが大好きなスノドロです!

最近、妖怪ウォッチ3のバスターズTのローカル通信(いわゆる遠くの人と協力プレイ!)をやってまして、おもしろかったこと、衝撃的なことなどを、ここに小説風に書いていくというスレでございます!

もちろんこのお話全てノンフィクションです!
基本その妖怪目線でお送りします!
お楽しみください!

Page:1 2 3



Re: 《妖ウォ3》バスターズT実体験小説! ( No.11 )
日時: 2020/05/21 12:22
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

その7,人によっては        カルラ目線

カルラ「よろしく!」
烏天狗「こちらこそよろしくね!」

ボクは烏天狗のチームに入り、二人でダンジョンに行った。

カルラ「烏天狗のおとも、福禄寿さんか!よろしく!」
福禄寿「カルラや、よろしく頼むぞ!」

えめっちゃ社交的じゃん。うちの福禄寿さんめっちゃ人見知りなんだけど!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カルラ「………ってことがあったんだけど!」
布袋尊「ふぅーん……だってさ、福禄寿。」
福禄寿「な、何を言うか?」
布袋尊「もっと社交的n「ならぬ。」

Re: 《妖ウォ3》バスターズT実体験小説! ( No.12 )
日時: 2020/05/23 10:53
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

その8,このチャットどゆこと?         いろいろ目線

布袋尊「なんかさ、こういう事よくあるよなぁ」

《布袋尊side》

ピーンポーン(入ったときになるやつ)

リーダー「よろしく!」
布袋尊「よろしく!」
青の人「このダンジョンOK?」

ん?ダンジョン選んでないよな?え?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カルラ「それボクもあるよ!」

《カルラside》
ピーンポーン

黄色の人「よろしく!このダンジョンOK?」

ダンジョン選んでないよね?どういうこと?










福禄寿「うーん、たまに見るなぁ」
暗黒神「オレも。閻魔玉撃ちたかった。」
大ガマ「なんなんだろうなー!」




スノドロ「ほんとになんなの!?誰か説明できる方います?」

Re: 《妖ウォ3》バスターズT実体験小説! ( No.13 )
日時: 2020/05/26 11:04
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

その9,お姫様       ふぶき姫side

ふ姫「よろしく!ひゃっちゃん、つーちゃん、ふぶちゃん!」

私が入ったチームはひゃっちゃんこと百鬼姫、つーちゃんこと椿姫、ふぶちゃんことふぶきちゃんがメンバー!
スノドロちゃん、センスいいなぁ!

百鬼「………よろしく。腹黒女A、B、C。」

ひゃっちゃんの腹黒女Aは私、Bはつーちゃん、Cはふぶちゃんのこと!

椿「よろしくね、ふーちゃん、ひゃっちゃん、ふぶちゃん!」

ふーちゃんは私のことだ!可愛いあだ名!

ふち「さあさあいっくよーー!!!」




ダンジョンにて

ふ姫「ふぅーー」
百鬼「失せろ!」
椿「そーれ!」
ふち「邪魔よ!」

※正直うるさい姫達でした

Re: 《妖ウォ3》バスターズT実体験小説! ( No.14 )
日時: 2020/05/27 19:54
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

その10,追いかけっこ        椿姫side

椿私「よろしくお願いします!」
椿赤「いえいえこちらこそ!」
椿緑「お互い頑張りましょう!」

私の入らせて頂いたチームは、私が三人います。
ただ、あと一人が…………

ワルノリン「ぐっふふー!カワイコちゃんいっぱいだー!」

ワルノリンさん…………

椿緑「ワルノリンさん、よろしくお願いしますね!」
ワルノリン「勿論だよ椿姫ちゃーん!」

二人はバスターズキャンプ内で追いかけっこをはじめてしまいました…………

ブリー「なんだー?」
ふぶきちゃん「キモっ」
ナメクジ「いちゃいちゃリア充であります!」
ワルノリン「ぐへへー椿姫ちゃーん、待ってー」
椿緑「きゃあー怖いですよワルノリンさーん!」

椿赤「………………」
椿私「………………」

Re: 《妖ウォ3》バスターズT実体験小説! ( No.15 )
日時: 2020/05/30 23:30
名前: スノードロップ ◆U9PZuyjpOk

その11,涙はらり       カルラ目線

カルラ「いた!テンプラ持ってる人!」
バタン「………ほんとだぁ!」

カルラ「すいません!いなずまの迷宮、いけますか?」
時空神「勿論!」
ヤマオカミ「よろしくお願いします。」
バタン「よろしくー!」

『いなずまの迷宮で弁財天をゲットせよ!』

スノドロから唐突に出された課題。

布袋尊「………はぁ?」
福禄寿「何故?」
スノドロ「だってさ、七福神コンプリートしたいし!スキヤキじゃ、あらなみ妖気といなずま妖気手に入らないもん!」
カルラ「わかった!ボクとバタンQで行ってくる!」
バタン「ん!?ん、うん…………」

と、現在に至る。

カルラ「すみません……うちのヤツが…………」
時空神「気にすんな、このくらい大丈夫!」

クリア後

バタン「これだけヌーパーツがあったら、行けるよ………!」
スノドロ「さあ、こいこいこいこい!」

結果→





   弁財天は16個中0体。




スノドロ「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」
カルラ「嘘でしょ…………」
バタン「こんなに集めたのに………」

このためにバタンQを出張、だいきち妖気を纏ったのも意味なし。

カルラ「うぅぅ………弁財天なかったよぉ………ごめんなさい……わざわざ………」
時空神「んじゃ、うちんとこのあげるよ。」
カルラ「いいの!!?」
時空神「いいよ!」

時空神さんがにこりと笑ってボクらに言った。

カルラ「ありがとうございます………!!!」
スノドロ「ほんっっっっとありがとうございます!」
ヤマオカミ「また、どこかで会いましょうね。」
バタン「では!」


ちょーうどついさっきの話です!

あとは、恵比寿とヤマオカミ!

七福神コンプリート目指すぞぉ!

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。