二次創作小説(紙ほか)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * クリスマス編 * ( No.76 )

日時: 2016/12/18 20:05
名前: みさ ◆vcEFZb20jc


*うさぎさん*

いえいえ、来てくれてありがとうございます(o^―^o)ニコ
そうですね、やっぱり新刊が発売されたからかな…?
読んだんですけど、上杉君がやばかったです(・∀・)ニヤニヤ
フライトかけるキャラじゃなかった…←あの後反省
クリスマスシーズン始まります!!

* * * * * * * * * * * * * * *

【クリスマス特別編T】

若武が、集合をかけた!!
昨日小塚君が、電話してきてくれたんだ。
その時は、「この前のハロウィンに続けて何かやるらしいけど…」って。

私クラスは一番遠いから、いつも走らなきゃいけない。
でも、事件じゃないと気分が出ないから走っては歩く、走っては歩く、ってなっちゃう。
だから、今日も最後…。

「遅いぞアーヤ」
「ご、ごめん」

急いで座る。
前を向いたとき上杉君の顔が目に入ったけど、彼もあんまりうれしそうじゃない。

「今度、クリスマスがあるだろ?あ、25の方な。その日に演奏会しよーぜ!!」
「む、無理!」
「なんでだよ」

だめよダメ!
皆は、楽器できるけど、私は全然無理なの…。
その前に、みんないろいろできすぎなんじゃないのかな…。

「じゃ、アーヤはさ、どんな楽器を弾きたい?」
「え…?」

急に小塚君が話を振ってくる。
どんなか…。

「アーヤはフルートが似合う!だから俺とパート…」
「アーヤは、ピアノ弾いてる方が似合うよ。それに、ただ鍵盤をたたくだけでいいし」

ピアノか…。小塚君弾いてたよね?
そしたら私いなくても…。

「だから僕と連弾しようよ。そしたら、いろいろカバーできるし」

連弾って二人のだよね?
でも、私足引っ張っちゃうし…。

「大丈夫、まだ一週間あるし、僕が教えるよ」
「ほ、ホント?じゃあ…」

皆もうなずいているが、表情がどことなく悔しそう。
何でだろ…?

「ゴホン、じゃ、じゃあ俺が明日までに楽譜作ってくる!今日は解散!」

明日までに楽譜作るって…すごいけど私はどうしよう。
そう考えてる間にも、若武が出ていき、黒木君が「じゃあね」と、上杉君が「頑張ろうぜ」と言って出て行った。

「アーヤ、ピアノどこかの貸しスタジオとかで練習しようよ」
「うん…私できるかな?」

そんな私を、励ましてくれてから出ていき、最後は私だけになった。
よし、小塚君の足引っ張らないようにがんばろ!!

秀明が終わって帰った、その夜から電話があって、貸しスタジオで黒木君に相談したら無料で貸してくれるところを見つけたらしかった。

「ホント?いつから始めるの?」
『一週間って言ってもあんまりたくさんの時間を使えるわけじゃないからね。明日から始めよ。明日空いてる?』
「うん。大丈夫」
『じゃあ、駅のコンビニで』

そのあと必要なものとか、時間とか話して電話を切った。
結構学校が終わる時間ぎりぎりだけど、すぐ走って帰れば間に合う。
よし!頑張れ私!!
そうして眠りに入っていった。

メンテ