二次創作小説(紙ほか)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * クリスマス編 * ( No.83 )

日時: 2016/12/25 17:26
名前: みさ


*うさぎさん*

書いてる方も、キュンキュンしてます(≧∇≦)
楽しいですね、実現させたかったことを書くって楽しいですね!
さて、どうなるでしょうか?

でも、最後なのにとても短いですね(笑)

* * * * * * * * * * * * * * *

【クリスマス特別編W】

つ、ついに25日!
私は何とかピアノを弾けるようになっていた。
それもやっぱり小塚君のおかげだよね、ありがとう…。

今日、演奏会なんだよね?
どんな服を着ようかな。
本当はクリスマスだから赤とかいいのかも、って思ったけどその色の服がないから薄いピンク色のワンピースにした。

「行ってきます」と声をかけて、若武の家まで向かい、チャイムを鳴らした。
中で島崎さんの「はーい」という声が聞こえる。

「もう皆さんいらしてますよ。ケーキも焼きましたからね」
「ありがとうございます」

廊下に一歩足を踏み入れた瞬間空気が変わったのに気付いた。
荘厳ていうか…今までただの音としてとらえてきたものが違うものに感じたんだ。
扉を開けようか迷ったくらい。
でも、急に中から扉があけられてびっくり!

「アーヤ入れよ」
「う、うん」

中では、チューニングっていう、音程を合わせをしている。
全部違う音でバラバラなのに、一つ一つがいい音でごちゃごちゃしていなかった。

「アーヤ、順調にできたかい?」
「うん!!」

そのあと、上に来ていたコートを脱ぎ一度だけ小塚君と音を合わせる。
若武が「しまった指揮者がいない!」って言ってたけど、私はなくてもいいと思うんだ。
だってとってもワクワクするんだよ。
そして、誰かの合図とともにみんなが一斉に音楽を奏でる。
クリスマスを祝うこの歌は、家中に流れた。

メンテ