二次創作小説(紙ほか)

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.134 )

日時: 2017/06/26 17:11
名前: アッキー

こんにちは
木曜日に更新をする予定だったんですが、テスト勉強に耐えられなくなり………カキコに逃げてきました!
と、いっても今日は本編は更新しないで……フリートークやります!

〜おたより&フリートークTV!〜

作「司会は、アッキーと……」

ジ「ジュンと」

リ「リュウがやります」

リ「っていうか……現実逃避はやめろよ」

作「テスト勉強は……やりたくないんです!絶対に!」

ジ「一番、テスト勉強で、やっちゃいけないことだよね。現実逃避は。っていうか……何でTVがつくの?」

作「なんとなく」

リ「………このフリートークは意味あんのか?」

作「ない」

ジ「おいおい」

作「ま、とりあえずおたより紹介しまーす!えっと……里見サトミさんからです」

最近、ジュンが主人公化してきてる。あくまでも私が主人公ってことを忘れるな!

作「クレームじゃん………。ま、まぁサトミが主人公ぽくなるように頑張るよ!………次っ!」

作「ええっと……山下ブンゴさんからだね」

俺、いつまでサトミのクラスの教師しとけば良いのよ?

作「とりあえずこの小説が終わるまで」

ジ「おたより終わり?」

作「たった2通だよ………悲しい……」

リ「……フリートークいくぞ」

作「でば、ブリードーグ……ぃぎまず……ごんがいもザドミだちどぃっじょにブリードーグじまず(泣いてる)」

サ「………そこで泣く?」

ブ「普通泣かねぇよ」

ジ「ほら、早く泣き止んで!」

作「………では!フリートーク開始!」

作以外(泣き止むの早い……(ーー;)

サ「で、何話すのよ?」

作「フッフッフ……この小説に関係するネタを持ってきたよぉ……」

ブ「ヤバイやつだな」

ゲ「どうせ盛り上げてるだけだろ」

ケ「んー……私、死んでます……とか?」

作(その発想はやめてくれ!ってか死んでないし!)

作「こ、これです!」

ジャジャン!

作「この小説には私が実際に体験したことがたまに入っている!」

………………(沈黙)

ゲ「くだらない」

サ「期待して損したぁ」

ブ「アホだな」

ケ「サトミちゃん……この作者に期待しない方がいいかも」

サ「その通りだね」

作「…………おいおい」

ダ「どんなのが実際の話でござるか?」

作「ええっと……第1話で……ジュンがハンカチ拾うシーンがあったでしょ?あれ、実際の話。ちょっと違うところがあるけど」

ジ「実際はどうだったの?」

作「えーっと……ハンカチ落として……落ちましたよって言われて……イケメン来たぁー!って思ったら……妹だった………そのあと妹に……お姉ちゃん背がちっさ過ぎてわからなかったぁー!………って大笑いされた」

ジ「聞いて損した」

作「あとは……第30話はかき氷屋さんの話だったよね?あれも、実際の話!違うところもあるけど」

ジ「一応聞くけど……実際はどうだったの?」

作「えっとね……一万円札がポケットに入ってたのを学校で見つけて……たまたまあったかき氷屋さんに放課後男子二人、女子が私ともう一人で行って……かき氷食べて……そのあと………卵買って帰ってきた」

作以外「た……ま……ご……?」

作「家の近くに卵の自動販売機があるんだよねー」

サ「珍しい」

シ「見てみたいです!」

作「あとは……ブンゴが先生になったでしょ?あれも、実際の話!ちょっと……いや……かなり違うけど」

ジ「かなり違うのに実際の話って言える?」

作「まぁ聞いてくれ……」

作「小5のときの担任は美人で優しくて頭が良かったの……でも、算数の授業中に倒れちゃって……んで、新しく先生が来たのよ」

ジ「……わざわざ先生呼ばなくても……」

作「その時、うちの学校の先生多くなかったし、先生が倒れたの始業式の次の日だし」

ジ「……先生は大丈夫だったの?」

作「大丈夫!今も元気……らしい」

作「えーっと…新しい先生は……おじさんで怖くて……宿題を多く出す先生だったのよ……そこから……新しい先生が担任になったけど……漢字練習は百字帳に……2ページやれ……とか……計算問題を30問してこいとか……あ、これ全部1日でだよ」

サ「鬼……」

ジ「それをたまたま思い出して……」

ブ「俺を教師にしたわけか」

作「正解っ!」

リ「じゃあ何でおじさんじゃねぇの?」

作「いやぁ……最初はハゲのおっさんにしようと思ったけど……」

サ「ハゲのおっさん……」

作「でも、そしたら学校での恋展開が出来ないからぁ……ブンゴ君にしたわけ」

ブ「別に他の奴でも良いだろ」

作「あぁ……だってサ……「あ!違う理由が……」ちょっと!?」

ジ「ほ、ほらブンゴ君の方がやりやすいから」

ブ「怪しいな」

作「でも、やっぱりハゲのおっさんが良いかなぁ……。よし!ハゲのおっさん出演決定!」

サ「えっ?」

作「ハゲのおっさん気に入ったから出演決定!」

ジ「どこが気に入ったのよ……」

作「ハゲのおっさんがいたら……面白く出来る!」

サ「関西の人ってこんなのなの?」

作「それは偏見!多分……。関西にも大人しい子はいるよ!大阪のおばちゃんをのぞいて……ま、まぁ分からないけど(ーー;」

作「ハゲのおっさん……どこで出そう?出来ればレギュラー化したいなぁ」

サ「レギュラー化……」

作「それと何ていう名前にしようかなぁ……ヤバイ……楽しい」

サ「…………これはキモい……」

作「キモいって言うなぁー!サトミばばぁ!」

サ「ばばぁ!?」

リ「……アッキー……これ書いて一時間経つけど……勉強大丈夫か?」

作「……………勉強してきまぁぁぁぁすっ!」

サ「ウケるww」

ジ「皆さんはアッキーみたいに勉強サボらないようにね」

リ「さてと……では、今回はこれで……」

ジ・リ「see you!」

〜おたより&フリートークTV 完〜









メンテ