二次創作小説(紙ほか)

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.147 )

日時: 2017/07/22 15:04
名前: アッキー

第64話 〜サトミの婚約者〜

サ「あーつーい」

リ「………早くしねぇと遅刻するぞ」

そうなんだけどさぁ……

サ「でも……暑いんだもん」

リ「俺、先にいくからな」

遅刻しそうなのは分かってるけどさぁ……

長「サトミちゃん」

サ「あれ、いっくんどうしたの?」

長「ジュンちゃんの叔母さんが言ってたサトミの婚約者………さ……」

長「僕なんだ」

サ「………えぇぇぇぇ!うそぉ……」

長「僕……サトミちゃんのことが……」

この展開………もしかして……

長「好き………だ………/////」

サ「う…………」

長「今じゃなくていいけど……返事はして……ね……じゃあね!////」

タタタタタタ

う……そ………どうしよ……返事はどうしよ……

キーンコーンカーンコーン

多分これは………

サ「ヤバイッ!遅刻するぅー!」

ズダダダダダ

〜昼休み〜

サ「はぁ………」

美「どうしたの?」

サ「あ……美保……」

美「屋上にいく?」

サ「え、屋上にいけるの?」

美「鍵は持ってるからね。さ、行こっ!」

サ「う、うん!」

in 屋上

サ「はぁぁーー………」

外の風が気持ちいい…………暑いけど……少し涼しくなってきた

美「で……どうしたの?」

サ「実は______」

私は婚約者のこと、それといっくんに告白されたことを話した

美「んー………。サトミは好きな人いる?」

サ「えっ!い、い、い、いないよ」

美「嘘はダメ!ブンゴのことが好きなんでしょ?」

サ「えっ!?何で……」

美「見てたらわかるもん!ずっとブンゴのこと見てる!」

恥ずかしい////

サ「でも、ホントに好きなのかな………。自分の気持ちが分からない」

美「わかる。自分の気持ち……分かるようで分からないよね……」

美「私、ブンゴのことが好きだと思ってた。でも違う」

サ「??」

美「好きになったと思ってた。でも好きになってない」

サ「つまり………美保はブンゴのこと……好きじゃないってこと?」

美「うん。でも、サトミの恋は本物だと思う」

サ「はぁ………」

美「自分の気持ちを言いなよ。ブンゴが好きでも好きじゃなくても……」

美「あなたが遠慮することはないからね!」

サ「………ありがと!スッキリした!」

美保ありがとう。本当にありがとう。私、ちゃんとこたえるからね

〜放課後〜

長「で、考えてくれた?」

サ「うん………。私……ね……」

サ「ごめんなさい!いっくんとは付き合えませんっ!」

長「……そっか………返事してくれてありがと……!」

長「じゃあね!バイバイ!」

サ「バイバイ!」

凜「終わりましたか?」

サ「津田さん……!」

凜「凜と呼んでください」

サ「あ、はい。………で……何で…」

凜「ブンゴ様は我慢してはるんですよ。あなたのせいでね」

サ「は?」

凜「フフフ………つまりあなたのせいで皆が迷惑してはるんですよ」

サ「………何でそんなことを言うんですか」

凜「私は真実を言っただけよ。あなた……皆に消えてほしいと思われていはるのよ」

サ「皆がそんなことを言うはずない」

凜「信じていられるのは今のうち…よ!………では」

………いきなり地獄に突き落とされたみたい
涙がこぼれそう………

in 家

ガチャ

シ「おかえりなさいませ!」

サ「………ただいま………」

シ「サトミ……様?」

サ「ごめんシノ。今日は夜ご飯いらないや」

シ「そ、そうですか」

私は自分の部屋に向かった

自分の部屋のベッドに横になる
ホッとした……なんでかな……我慢してた涙が出てくる
私はずっと泣いた。不安で押し潰されそうだった
そのあと私はいつの間にか眠っていた

〜その頃男子達は〜

シ「サトミ様……どうされたんでしょうか……」

ミ「いつもと違ったか?」

ダ「悲しそうな目をしてたでござる」

ソ「あきらかにテンションが下がってたな」

ゲ「なにかあったのだろう」

シ「学校でなにかあったんでしょうか?」

ソ「凜というやつにあったんじゃないか?」

ミ「そういや……俺、サトミと凜っていうやつが一緒にいるの見たぜ!」

ソ「それホントか?」

ミ「ホントだせ!」

シ「となると……サトミ様は凜さんになにか言われたのでしょうか」

花「………恋の嵐………大変なことになってきたわね……」

花「あれが動く………仲直り……出来るかしら……」

花「そろそろ私も働かないと……ね」

花菜が言った言葉は誰にも聞こえていなかった___
恋の嵐がさらに激しくなる_____

第64話 完


メンテ