二次創作小説(紙ほか)

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.6 )

日時: 2017/03/09 18:32
名前: アッキー

では!書きまーす♪
基本サトミ目線です


第1話〜イケメン転校生!〜

シ「もぉぉぉしぃぃもぉ〜わぁぁぁたぁぁしぃがぁぁぁぁ〜〜」

うぅ〜
うるさい

サ「シノうるさぁぁい!!」

シ「ハッ(゜ロ゜)」

シ「スミマセン!それより、おはようございますサトミ様(^-^)」

暑苦しい...

ガチャ(ドアを開けた音)

ブ「お前もうるせーよ」

ブ「それより今日学校だろ遅刻するぞ」

ガチャ(ドアを閉めた音)

えっ....
〜ただいま7時40分〜

サ「うそぉぉぉぉ!」

制服着て→髪とかして→髪をまとめて

ガチャ
ダダダダダダ

ソ「サットミ〜」

ムギュ

サ「ソウスケ離して〜!」

ソ「嫌だ〜」

どうしよう学校間に合うかな〜

ブ「おい、うさんくせ離せよ!」

ソ「コブンコちゃんヤキモチ〜?」

ブ「なっ! そんな訳ねーだろ!」


あっまたケンカかぁ
あっソウスケ離れた
よし走れ

サ「シノ今日朝ごはんいらないから」

〜ただいま8時〜

サ「やば!遅刻する、ミッチー乗せてって!」

ミ「おう」

サ&ミ「「行ってきまーす」」

シ「ミッチー、サトミ様いってらっしゃいませ〜」

ブ「俺も行かないと。シノ行ってくる」

シ「いってらっしゃいませ〜」

〜5分後〜
サ「ミッチーもう良いよ降ろして。」

ミ「分かった。じゃあなサットミ〜!」

間に合うかな
走り出したその時...

ドンっ

サ「いった〜」

ジ「ごめん!大丈夫?」

サ「大丈夫です。あっそろそろ行かないと...では。」

そう言って走り出した
そういやうちの学校の制服だったな。
でも、あんな人いたっけ
まぁいいか

その頃ジュンは
ジ「あっハンカチって行っちゃたね...ふーん、でも可愛いかも」
と、独り言を言って去っていった

つづく

メンテ

Re: さとみちゃんちの8男子〜一難去ってまた一難!?〜 ( No.7 )

日時: 2017/03/09 21:10
名前: アッキー

少しだけど更新します

ガラッ(サトミが教室のドアを開けた音)

カ「あっサトミちゃんおはよー。ギリギリだね〜」

サ「ふぅ。カオルンおはよー」

(作「そういやミッチーにお礼言った?」)

....あっ
言ってない。帰ってから言おう!

カ「サトミちゃん!今日転校生くるんだって〜」

サ「そうなの?」

その時「キーンコーンカーンコーン」

カ「あっじゃあねー」

じゃあねーって席、私の斜め後ろじゃん

先「おはようございます。まず転校生を紹介します」

ガラッ

ジ「初めまして。片崎ジュンですよろしくお願いします(^-^)」

カ「イッケメーン(小声)」

あっあのぶつかった人だ!
転校生だったんだ!どうりで見たことないと思ったよ

先「席は...あっあのデカリボンの隣で良い?」

ジ「はい」

ジ「ぶつかった人だよね?あのときはごめんね。名前は?」

サ「あっあのときは私もごめんね。えっと名前は里見サトミです」

ジ「ねえサトミって呼んで良い?俺のことはジュンで良いから。」

サ「うん分かった。じゃあ私はジュンって呼ぶね」

ジ「あっ授業が始まるね」

サ「あっうん」

ジュンってイケメンだな〜
仲良くできたら良いな♪

第1話 完

メンテ