社会問題小説・評論板

慣れたこと
日時: 2018/04/16 17:38
名前: うた
参照: http://wwrin

私は、上靴を引っくり返した。すると画鋲が数個、から、と音を立てて地面に落ちる。

私は、いじめられている。でも、もう慣れた。されることなんて分かりきっている。
黒板消しが落ちて来るなんて定番だ。お弁当箱を破壊されるのも、どうってことない。

_メンタルが強い?
そんなことは無い。最初は辛かった。何度死のうと思ったことか。でも、月日が流れていくうちに、どうでも良くなった。ただ、それだけだ。

嗚呼、確か次は黒板消しだ。



私は、ぼろぼろの上靴を履き、教室に向かった。

             END_

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。