社会問題小説・評論板

自分の名前。
日時: 2018/08/06 20:40
名前: ねこらん ◆UBRCVB4AUw  

ーもう嫌だ。こんな生活たえられない。なんで私だけー
現場は中学校の2-B組。
田中 空。このままだと「たなかそら」だが、本当の読み方は「たなかスカイ」である。
この名前がきっかけに、いじめが始まった。
空は嫌な気分で学校へ向かう。
バッシャーン!
水の音が目の前聞こえ、自分の制服を見たら、髪の毛から靴までびしょ濡れになっていた。
女子A「ほらほら〜不注意だからいけないんだよ〜?」
女子B「あらあら〜ブラ、透けてるよぉ?」
女子C「あ、でもぺったんこだから大丈夫か〜」
女子A.B.C「あははははっ!」
女子A「空(スカイ)だから自分で乾かせるよね〜」
こんなときは、言い返さない方がいい。ーその理由はー
それは美術の時間だった。
女子E「空ちゃぁ〜ん!せっかくのお空なんだから、水色にしてあ・げ・る☆」
空「え...ちょっと...」
全員「あはははは!空だ〜」
女子D「スカイは一生このままでいいよ☆」
空「ねえ!やめてよ!?DもEもやられたいの!?」
ーこのとき、勇気を出したのか間違いだったー
女子A「は?うるさいし」
女子B「あんたが悪いんだし」
女子C「つーか何ムカついてんの?キッモ!」
空「....(何も悪いことしてないしそっちだって怒ってんじゃん)」
女子E「え〜言い返せないの?」
女子C「ダッサ〜(笑)」
女子全員「きゃはははは!」

こんなことがあってから、空はずっと我慢している。
ある日、信じられないことがあったのだ。
ー続くー

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。