社会問題小説・評論板

白は黒、一度染まれば戻れない
日時: 2018/12/01 16:00
名前: 白旗

純粋な白い少女は、優しかった。

この世にいる者は、皆優しく穏やかだと思っていた。信じたかった。

しかし少女は知った。

人の口から出るのは感謝では無く悪態。

親が求めているのは優しさではなく聞こえの良い外聞。

少女は優しかった。

それが故に毎日聞こえる言葉に、心をすり減らしていった。

心ない行動に、傷つけられた。

それでも白い少女は誰もを癒せるように笑っていた。

しかし日を過ごす度、少女の口角は下がり、目は虚ろになっていった。

それでも笑い続けていた。

しかし聞こえた言葉

「××さんっていつも笑っていて気持ち悪いよね」

「人に好かれたいのかな?」

「何それキモい〜!」

それは少女を黒に落とすには充分だった。

少女は笑えなくなった。

心から、笑えなくなった。

少女は道化の仮面を着けた。

この日から少女は自分を喪った。

Page:1



Re: 白は黒、一度染まれば戻れない ( No.1 )
日時: 2018/12/01 16:12
名前: 白旗

自分を失った黒い少女は言われるがままになった。

肯定の言葉の繰り返し、気分を損ねたら謝罪。

吐かれた言葉に、傷ついた顔をしていることに道化の少女は気付かない。

仮面の裏に、全てを隠していた。

ある日、虐げられた弱い者が地面に這いつくばっていた。

実は少しばかり残っていた白が、そちらに歩を進める。

そして心配する仮面を貼り付けて、声をかけた。

ただの気紛れなのだと、少女は絆創膏を取り出した。

感謝の言葉を聞いた時、少女の仮面にヒビが入った。

しかし少女は、その事には気付かなかった。気付かない、フリをしていた。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。