社会問題小説・評論板

助けての一言が言えたら。1話
日時: 2019/05/21 17:37
名前: やまっしー

この物語は私が小学校低学年の時に体験した話だ。

登場人物や地域名は全て変えております。
-------------------------------------------------
桜咲く4月、僕は、今年2年生になった。
お母さんには、
「今年から、学校でお兄さんになるんだからしっかりね!」
と、笑顔で言われた。
僕も笑顔で、うん! と返事をする。
ただ、この笑顔は作っている。
本当は、今すぐ死にたい。
学校になんて行きたくない。
イジメられるから、でも誰にも心配かけたくない。だから、
「助けて」
その一言が言えない。
そんな自分が見っとも無い。
気付けば7時50分 学校に向かわないと遅刻する。
行きたくないのに、家を出る。
僕はぼっちで学校まで歩く。
いつの間にか教室だ、ドアを開け、机に向かう。
「ねぇ、何で俺らと登校しないの」
僕は、サスケを見る。
「でも、僕が家を出た時に居なかったから...」
「ああ、言い訳かよ、俺より足遅いくせに生意気だ!」
彼は僕を突き飛ばす。
「わっ、」
僕は、ゴミ箱に当たりゴミを体に被る。
「わー、汚ねぇ、竜也(りゅうや) にゴミ菌が付いた、こっち来んなよ」
そう言ってサスケは、自分の席に
向かう。
周りから、笑い声が微かに聞こえた
恥ずかしくなり僕は、俯向く。
どうして僕は、こんな目に遭わなきゃいけないんだ。
そう思いながら、落ちたゴミを拾う
そうして手を洗い、席に着く。
朝の会が始まる。

はぁ、早くおわんないかな...

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。