社会問題小説・評論板

死ねない少女の自殺計画
日時: 2019/05/22 21:48
名前: cluster

『今日は、どうやって死のうかな』

きぃ、きぃ、きぃ…
私は鞦韆(ぶらんこ)の鎖を軋ませる。
「注射…は…駄目だな。銃は…駄目だ、銃刀法違反で捕まる…面倒臭いな」
きぃ、きぃ、きぃ…
私は手帳を捲って、日付の横の書き込みを確認する。
「そだ、首吊りだ…」
たん。
私は鞦韆から降りて、一度帰路につく。

私はある日『死ねない身体』になった。
私は、学校で嫌がらせを受けていて。所謂、典型的な『いじめ』というやつだ。
机にあった、テンプレートな落書き。
『死ね』。
私には、友達といえる人はいない。
親の目には、私の事は見えていない。
『死ね』か。
じゃあ、いっそ本当に死んでやろうと思って、包丁で自分の左胸を突き刺した。
そのまま私の意識は薄れ、目が覚めたら病院だったのだ。
私は学校の家庭科室の包丁を失敬し、そのまま其処で左胸を刺した為、たまたま私が倒れているのを発見したの教師が救急車を呼んだらしい。
死ねない身体。
そのまま聞くと素晴らしい事に聞こえるが、私にとっては言葉通りに生き地獄だ。

Page:1 2



Re: 死ねない少女の自殺計画 ( No.2 )
日時: 2019/06/17 14:09
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1a/index.cgi?mode=view&no=10985

ここでははじめまして。雑談掲示板の方でお世話になってます、友桃(ともも)です。

作品読ませていただきました。
読んでいるうちに、主人公がどんな子なのか気になってきちゃいました……!
見た目とか性格とか。

セーター服と書いてあるので中学生か高校生の女の子かなと思ったのですが、その先は完全に妄想で補って読んでいて、私の中では、肩の長さくらいの黒髪の小柄な中学生の女の子設定になってます笑

どんな性格の子なのかも気になります。
「死にたい」と思ったり「もう死んでやろう」って投げやりな気持ちで思ったりしても、それを実行するのはすごくハードルが高いはずだと(個人的には)思うので、
それをさらっとやってのけてしまう主人公は、どういう子なんだろうと思いました。
もともとわりと思い切ったことをさらっとやるタイプの子なのか、今までいろんな経験の積み重ねでそうなったのか。
(いじめがあったことは書いてありますが、かなり省略されて書かれているので)

長文すみません^^;
更新頑張ってください!

Re: 死ねない少女の自殺計画 ( No.3 )
日時: 2019/06/19 18:46
名前: cluster

『約束』
首吊りを試みた翌日の話。
ひゅう。
温い風が放課後の屋上を吹き抜けた。
私はフェンスに足を掛けた。バタンと鉄製のドアが開き、1人の少女が私の方に走ってきた。

「あんたっ…何しようとしてんのさ!!」
「あぁ。本当に来たんだ…此処から、飛び降りようかなって」
私をいじめている彼女は語気を荒げて、私は無表情で淡々と。
「…っ!!」
パァン。
「…!?」
彼女は私の頬にー
平手打ちをした。
「あたしが悪かったんだよねっ?あたしのせいで飛び降りようとしたんだよね?なら謝るよ。信じてもらえなくていいから、あたしを許さなくていいから、お願いだよ、命を軽々しく捨てないでよ!!」
「…うぅっ…うぁ、ぁ…ぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!」
私はぼろぼろと年甲斐も無く涙を零して泣いた。号哭した。
「わぁっ!?ご、ごめんっ!!泣かせる気は無かったんだけど…」
「…ひっ…く、うぅん、私の事を心配してくれる人なんていなかったから、そんな事を言ってくれる人なんていなかったから、自殺を何回も試せたんだけど…」
私はしゃくり上げながら言った。
「…今までと…さっき思いっきり引っぱたいてごめん、図々しいとは思ったんだけど…これからはあたしとさ、友達になろうよ」
彼女はゆっくりと、手を震わせながら私に向かって手を差し出した。
「…うん…あとさっき引っぱたかれたのは私のせいだし」
私は彼女の手をしっかりと握った。


「よろしくね、芝田 桜良(しばた さくら)」

「こっちこそ、よろしくね…榛 澪(はしばみ みお)」

「桜良、あたしと約束してくれる?」

「何?」

「もう自殺はしないってこと」

「勿論だよ、澪」


正反対の彼女達は、これからどちらかが欠けること無く生きていく。
これは、彼女達の物語の第1頁(ページ)。

Re: 死ねない少女の自殺計画 ( No.4 )
日時: 2019/06/18 17:39
名前: cluster

解説。
芝田 桜良→芝桜の花言葉は『強く生きる』。
榛 澪→榛の花言葉は『謝罪』。

ハッピーエンドになって良かった。本当に。
ちなみにこの2人は中学2年生でした。なるべくぼかして、自分で想像して読んでほしかったので。
イメージ的には(もはやそのままだけど)『誰かの心臓になれたなら』。
書いているうちにそうなってしまいました…でも、いい曲なので聞いてみてくださいね。
黒髪の女の子が桜良、茶髪の女の子が澪です。
なぜ桜良は死ねない身体になったかは…想像に任せます。
いつかスピンオフ書こうかな…

完結おめでとうございます!! ( No.5 )
日時: 2019/06/19 20:37
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1a/index.cgi?mode=view&no=10985


よかった……!!
今まで主人公だけの世界だったのが、1人加わるだけで一気に世界が広がる感じがしますね。
とにかくとても気持ちのいい終わり方でほっとしました。

スピンオフいろいろ書けそうな作品ですよね^^
死ねない身体になった経緯もですし、2人のその後とか!

また作品楽しみにしております^^

Re:『メストレ・チーテレスの人間劇場』version ( No.6 )
日時: 2019/06/21 21:43
名前: cluster

私はメストレ・チーテレス。今回は私の見た、少女2人の有り触れた友情の物語を語ろうと思う。

黒髪の少女が、鋭く、鈍く輝く刃物を左胸に突き当てていた。
「…あの少女…?おや、自殺を試みる気なのですか」
黒髪の彼女の名は、芝田桜良。
「芝田桜良…死なれては困りますね。彼女によって榛澪の運命が変わってしまう」
芝田桜良が、刃物を深く突き刺した。そのままゆっくりと後ろ向きに倒れていく。
私は付近に漂う古めかしい書物を手元に引き寄せて、徐に開いた。
芝田桜良と云う者の人生が全て書かれている。私はその上で指をすいっと動かし、また本を閉じた。


メストレさんの口調難しっ!!こんなに口調が分からないオリキャラ初めてだ!!
中途半端な所で切ってごめんなさい!

『メストレ・チーテレスの人間劇場』
語り手はタイトルの通り「メストレ・チーテレス」。
女性(らしい)。年齢不詳、見た目的には23歳。世界の運命を操り、司る神。
私(作者)の物語を俯瞰視点で語る。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。