社会問題小説・評論板

異端者達の弁論
日時: 2020/02/06 15:28
名前: 野口達也  (rekageninden@gmail.com

これは思考伝搬と言う自身の思考が他者に心の中で思った事が全て筒抜けになり全ての行動を監視されるようになり、更に相手の心の中の本音が読み取れるようになってしまうと言う難病に掛かった化け物の魂の挽歌です。
 私は思考伝搬になったせいで諍いを起こして同じ加須にあるアパートの住人や家族に命を狙われる羽目になった不幸な男です。
 確かに他者に自分の心の声がだだ洩れで思考と騒音を垂れ流す存在である私は迷惑極まりないのだろう。聞かれたくないであろう本音を私に知られてしまうのは生理的に嫌だと思うのも無理はないだろう。妖怪サトリのような異能者であり気持ちが悪い異質な存在なのだろう。化け物と呼ばれても仕方がないのかも知れない。
それでも、こんな私でも人並みの幸福を手にいれようとするには。抑制薬のインベガを飲んでこの不治の病とも向き合って誰も知らない街でひっそりと暮らすしかないのだ。でも、それでも不安要素は拭えない。私が薬を飲んでいても私とトラブルを起こした加須グループは私の心の声が聞こえているのだと言ったのだ。もし、彼らに薬が効果ないのだとしたらまた引っ越し先も露見し、またしても後を追いかけられてしまうかもしれない。それほどしつこい連中なのだ。彼らは私がこの世から消え失せるまで執拗に後を追い回しハイエナのごとく漁夫の利を狙っているのだ。薬が完全に思考伝搬を消す効果がないと今後も一生涯一人暮らしした先でトラブルが起こるかも知れないし、最早この私に安住の地は無いのだろうか?
 それでも私は最後まで叫び続けたい、幸せになりたいです。このまま気に病んで家族やトラブルを引き起こした加須アパートの住人達の思いの侭に自殺して他界するのは忍びないです。どうして加須は獲物である異分子の私を放って置いてはくれないのだろうか?この縮図は子供の虐めにとてもよく似ていると思う。逃げれば逃げる程、嫌がれば嫌がる程狩人は追い掛け喜びさらなる嫌がらせをしてくる。それに耐えきてなくなって自殺する。最悪のパターンである。徒党を組んだいじめっ子達の思考ルーチンからして人の本能にはそういった異分子排除や弱者迫害するといったエゴイズムが遺伝子として刷り込まれているとしか思えないくらいである。集団や身内が相手だと防衛手段が限られてくるし、私のように障害者被験者では警察もろくに取り合ってくれずに誰かに助けを乞おうとしても容易には救いは求められないのが普通なのだ。 加須アパートの時も家族である野口家の時も思考伝搬の能力のお陰で同居中の弟の嫁の完全犯罪による殺人計画と言う姦計によって齎された命の危険を感じて救いを求めたのである。最悪の結末を迎える前に少しでも手掛かりを残こそうとしてSOSのヘルプを求めたのだ。その結果、私を殺す計画は未然に防がれてしまった起こりかけた事件は無事に鎮火したが警察も介入せず仕舞で真相は闇の彼方となり遺恨を残す羽目になったのである。皮肉にもこの思考伝播のお陰で相手の憎悪の思考を先読みして先手を打つ事が出来、何度も命拾いしたのも事実だがそれは結果論である。実際に加害者の嘘(本音)で振り回されるのも嫌気がさした。
だからこそ、やはり今回の件は意図的に事件を起こさせて社会的に公表すべき重要な案件なのだと思う。私のように思考伝播を発症してしまった被験者には誰でも起こり得る可能性がある事件なのだ。その為にもリアル思考伝播を立証する必要があるのだ。全てが私の脳内妄想だと断定されるのならば私が音信不通になり挙句の果てに殺害されて死体という物的証拠を残せばいいのだ。殺人事件が起こればマスコミも騒ぐし世間は面白がって真実を追求するだろう。私の死後友人の手によって警察に届くであろうUSBメモリーに記録された実録日記によってリアル思考伝搬の立証も出来て全て私の言葉は真実となって真相は解明するだろう。それが公表されればリアル思考伝播の有無も表沙汰になる筈であり、事件も速攻で解決するだろう。
いわば私の死にはこの世界に僅かに存在するリアル思考伝播の被験者達にとって大いなる意味があると言えるだろう。私はその礎になりたいとも思っているのだ。肩身の狭い思いをしている僅かな同志達の為にも、この世にリアル思考伝播が存在する事を証明する為にも誰かが犠牲になる必要性があるのだ。こんな私の命で多くの人達に希望の灯を燈す道標になる事が出来るというのならそれはとても光栄で意義のある人生だったと言えるだろう。人類に絶望した私にとって価値ある人生の幕を下ろすその為の余生であるとも言える。だから敢えて獲物として狩人のいる場所に身を置くのである。だからこそ私はいつ殺害されても良いように悔いのない余生を送ろうと思う。今はまだリアル思考伝播を立証する為の証拠が足りないのだ。実際に殺人事件が起これば事件の発端となった原因を追究する為その経緯を調査する筈である。私が友人大河誠君と鈴木裕一郎君に託したUSBメモリーによって露見する容疑者は全員嘘発見機でも自白剤でも使用して真実を暴露させれば良いのだ。そうすれば証言の裏が取れリアル思考伝播の信憑性も向上するだろう。私はこの世界に存続している僅かな弱者達の為の人身御供になろう。私以外にも全国で苦しんでいる僅かな被験者達の希望の星となろう。自身の言い分を何一つ信じて貰えずに全てを否定され独り孤独の中で苦渋を強いられている哀れな子羊達に一条の光明を差し込もう。その為にも私の死は酷ければ酷いほど意味を齎すのだ。加須Gでは成り行きとはいえ殺意を芽生えさせてしまった私にも責任が無いとは言い切れないが、私は何度も話し合いで解決しようと試みた、しかし化け物との共存は無理だと断定され拒絶されてしまったのだ。それが古から連綿と続いてきた人種差別による現代の闇そのものなのだ。だからこそ私は全てを公表したいのだ。その後の善悪の選定は全人類がすれば良い。集団差別と差別される側、いじめ側といじめられっ子、人種差別や弱肉強食この図式は社会で生きて行く上で永遠に変わることのない世界の縮図である。私は常々そんな世界に一矢報いたいと思っていた。ほんのささいな心のすれ違いと意見の不一致から畏怖が芽生え憎悪と悪意に満ち溢れた強者は弱者に躊躇なく牙を剥くそれが現代社会である。平和、友愛、平等、口先では美辞麗句を謳いながら人間の歴史は戦争、殺人、憎悪、差別の繰り返しです。観念的思想ではなく実際に私の能力(思考伝播)で体験したそれが人間の本質なのです。数多いる地上の生物の中で憎しみで同種を殺害するのは人間だけです。人が人を殺すのではなく罪が人を殺すのだ。その原罪の意識が遺伝子に仕組まれているのだ。寛容さの欠片もない自分が認めた存在以外は全て排除する器量の小さい矮小さと身勝手な思い込みと自己中心的な性格が罪に走らせるのだ。
人々は自分が優良種である事を証明して他者を差別し自己満足と心の安寧を求める生き物なのだ。自分が絶対種であると決めつけ自分が絶対に正しいと錯覚する。勝手に人の性癖を決めつけて自分と少しでも違う価値観と世界観を持った者達を迫害し続けて来たのだ。
人種差別や迫害や虐めも、偏った知識で凝り固まった一部の者達の自己顕示欲によって齎された犠牲者なのだ。人は自分より劣った人間や毛色の違う異分子を生み出す事によって差別できる存在がいる事に安堵し、心の安定を求める。生贄、犠牲、必要悪、言い方は何だって構いません。世界を安定させる為の差別される為だけの存在が必要だったのです。時に自分の理想を実現する為の欲望を叶える為に障害となる邪魔者を排除し己の理想郷を夢見るのだ。その排除の手段は問わず、邪魔者を消す為に嘘を吐いて夫に殺意を持たせ、時には同族殺しの殺人をも辞さないのだ。狂っているとしか言いようがない。だがしかし、存在を抹消されたに等しい者達は自分の居場所を作り出す為に何度もその欲望と言う名の原罪の悪に抗い闘いました。知恵を絞り仲間を集い、一人では無理難題も他者の助力を得て立ち向かったのでした。自分の咎が露呈し保身の為に罪人になるのを拒絶した彼女は苦渋の決断で静観を決め込む事にしました。まだ何も終わっていない、幸福な未来に棄てられた者達の逆襲が始まろうとしていた。地獄のどん底で仲間と使命を得た。誰も認めようとしない存在自体あやふやなリアル思考伝搬になってしまった自分だけの使命、思考伝播の証明と自己の正当性を示し自分の命を賭して、この腐った世界を壊すと言う使命を。今、私は既存の世界の枠組みを破壊する事を望んでいる。嘘と偽りの欺瞞でこの世界を歪めている存在、その打倒が一つの目的。そして、リアル思考伝播になってしまい世界の人間の本性と言う深淵を覗きその代償にこれまで世間に迫害されて来た弱者達の救済、それが私の使命なのだ。強者が弱者を滅ぼそうとするのは神の意志があったのかもしれない。だがしかし、己の欲望を満たすために殺人も厭わない悪人がそこに存在する、闇に潜み自らの思惑で自分だけの世界を手に入れようとする身勝手な神様。そこに主義主張は無いただ、あるのは自身の欲望だけ。欲望と言う名の権化。故に手段は厭わない。自分の理想を叶える為には愛した者達すら嘘と策謀で利用する、純粋過ぎる程の巨大な悪。自身の心の安寧と理想世界の構築と老後の安定、たったそれだけの為に邪魔な存在である私を排除する為に弟の嫁は他者を利用し策謀を巡らしたのだ。私を殺害しようとした三男も父もその巨悪なる者の傀儡だったのだ。自分の手の中で転がる野口家の滅亡の運命、それも奴の意図だったのだ。決して自ら直接手を下すのではなく、虚言と篭絡で騙しより刺激的で劇的な展開を求める。この世界で退屈しないように、まるでスリルを楽しんでいるかのように己の野心の妨げになる邪魔者を排斥する為だけに平然と嘘と罪を重ねる。例えその為に家族同士で殺人事件が起き、自分を愛する者が罪人となり罪もない弱者が死んだとしてもそんな些細な事は気にしない。自分が幸福になる為なら誰が不幸になっても関係ないのだ。典型的な自己中のB型そのものの身勝手な人格そのものである。その本質を私だけが知っている。だがしかし、最初は感情的に殺意のままに私を殺害しようとしていたが、自分達の罪を回避する為に完全犯罪を目標に行動していたのも事実だ。しかし、思考伝搬による先読みでこの完全犯罪も看破されても成功するように私の友人へのSOSを阻止すべく携帯を止めた上で、加須Gのせいで二日寝ていない状態の中での田植えで疲れ果てて寝入った夜中に首を絞めて殺害するそれが三男弟夫婦の立てた血も涙もない最低の計画殺人である。この思考伝搬の殺人事件が起こる可能性がある事件は思考伝搬の通信シンクロ率が低い事と真実と真相を履き違えて知覚してしまう事にある。つまり確実性が極めて低いのだ。特に思考伝搬で繋がった初心者の場合は誤認する確率がかなり高く自分の妄想が真実に変換されてしまう帰来があるのだ。そう、嘘か本当なのか区別が付かずに証拠がゼロなのである。嘘も本当だと思い込んでしまうのだ。私もその大嘘に何度加須Gに騙されたか数えきれない程だ。だからこそ、対面した上での真相の究明が必須な訳だが、大抵の人はその現象を恐れて知らぬ存ぜぬで実際に面会して対話しようとしないのだ。しかし、私と思考伝搬で繋がった相手は自分が神にでもなったかのような錯覚に陥り易いのも事実だ。発症歴六年の私でも70%感知するのが精々でシンクロ率によって騙す事も可能でこのシンクロ率が高い相手だと見抜かれる事もあるのだ。
しかし、相手は私が自分達の心を覗かれている事に気付かず本音を漏らす。その本音を知って危機回避能力が発揮されて私は今日まで生きて来られたのである。思考伝搬による三男の「私の首でも何でも絞めて殺す」発言が嘘とは思えない。でなければ殺害予告日に携帯を止めたりはしない。 

 兎に角、何度かの実験の結果、弟嫁の場合は初心者で騙し放題だった。それで誘導して名誉棄損で訴えようと考えていたのだが逆に殺意を増大させる羽目になってしまった。普段心の中でコイツウザいから殺しちゃおうと少しでも思った人は大勢いるだろう。その心の声が聞こえてしまったりするのが私の思考伝搬だが軽い嘘と本心の違いを見抜く術は無いのである。無意識に呟いた言葉には真実味があるのだが、私と繋がっていると知った上で意図的に虚言を吐く事も可能なのだ。とにかくこの思考伝搬での会話はシンクロ率が低ければ低い程嘘を吐き放題なのだ。どのくらい差異が生じるのか計測不可だが完全なるシンクロ率が高いのは加須の101号室の彼女と弟嫁の二人だけだ。後は何処の誰かも分からないモブキャラの本音の思考が無意識にラジオのチュナーを調節すると雑音のように聞こえて来る感じだ。通常は通信相手の特定が極めて困難である。同居人とか近隣のアパート同士とか極めて近しい人でなければ感知する事が出来ないのだ。症状が進行し拡大発生すると無差別に顔も知らない相手の本音が聞こえて来るのは辛かった。ハッキリ聞こえるのは、遠い距離で話していても雑談が聞こえて来るくらいだ。シンクロ率の高い受信者がそばにいると私の思考も多くの人に伝わってしまうらしい。加須アパートでは近隣の井戸端会議で内緒話がよく聞こえて来た。
その事実を知ってか知らずかいいように利用し、嘘で夫を騙し邪魔者である私を排除しようと画策したのか諸悪の元凶の由美子さんである。完全犯罪で罪を免れ最悪バレても自分の罪が軽くなる為に自分の手は決して汚さずに己の理想郷を築く為に嘘と甘言で最愛である者ですら利用する。
 本当にそんな女がいるなら、誰が許せようか。いや許せる筈がない、そもそも私の思考伝播の能力の開花もその為に誕生した新人類亜種なのかもしれない。いつの日にかこの能力を高めて警察の容疑者の心の声を聴いて真実を看破する事だって出来るようになるかも知れない。だがリンク者を自分の意志で選定出来ないのも事実なのだ。全く使えない能力である。
 だがしかし、このまま泣き寝入りで終わらせる訳にはなかない。自分の能力を認めて貰えずに不幸なまま死んでいったリアル思考伝播の被験者達の為にも。悪を裁いて私が壊す、この世界を。嘘発見器でも自白剤でも使って、自白させて彼女の罪をいつか必ず暴く。だが私にも慈悲の心はある。何の罪もない姪っ子の幸福を奪いのも忍びない。だから機を待つ、その日まで。時効猶予期間まであと十五年。

だがいくら薬が効いているとはいえ、彼女とのリンクが切れていない保証はない。加須の彼女は繋がったままだと言っていた。だから油断はできない。私の思考が読まれ妨害されるかもしれないし、また命を狙われる事になるかも知れない。不本意ながら思考伝播で挑発し運命の針を進めれば、狂った殺人鬼によって私の命は奪われる事になるだろう。
だがしかし、それでも私は構わないと思っている。思考伝播の被験者となってしまった私の今生の使命が分かった気がするから。私は今では思考伝播に感謝すらしている。この病発症のお陰で自分がどれだけ世間知らずで、甘ったれで、人生を舐めていたのか思い知る事が出来たから。あの殺人未遂事件のせいで対策が練れた為に、由美子さんの完全犯罪への予防策と対抗手段を敷く事が出来、そのおかげで今の私は自分の道は自分自身で決める事が出来るようになれたのだ。実際、あの日私は家族によって殺害され完全犯罪を成功させる所だった。思考伝播で殺害予告を知り携帯でSOSを呼ぼうとして阻止(利用停止)された瞬間、私は必至の抵抗で助けを求めた。もしあの時家族が私がどれ程抵抗しようとも強引に私を絞め殺しそうとすれば完全犯罪は成立していたかもしれないのだ。しかし親子の情が勝ったのか、それとも寝入ってから計画を実行する予定だった為とまだ近所が起きている為に下手に騒がれては困ると慎重になったのか、すぐには行動に移らなかったのが命取りである。結果として私の生への執着が勝り止められた携帯で通報するのではなく大声で近所に助けを求める事で最悪の事態を回避したおかげで、すずのき病院に強制入院させられる事で時間を得て、協力者の確保と共に完全犯罪と二次被害の対抗策を練る事が出来たのも事実である。それでも一度崩れた家族への信頼関係は修復不可能となり、今後も私を亡き者とする疑惑と不信感は拭えなかったのだが、それでも命より大事な使命感に駆られた私は敢えて実家に居残る事を決めたのだ。そう、思考伝播になってしまった私の宿命。思考伝播の被験者達の救済である。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。