BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

アニメ、ゲームのBL GLも可
日時: 2018/05/31 20:54
名前: ゼパル

ドラゴンボールしか書いてないんでちょっと変えておこう
リクエストしてくれたら、書きますので!

主に書くのは バーダック受け ブラロゼ です!


知ってるアニメ、ゲームは
うみねこのなく頃に ひぐらしのなく頃に スマブラ
ぷよぷよ(ぷよテト可) 進撃の巨人(喋り方あやふやです) カゲロウデイズ
魔法少女まどか☆マギカ ハッピーツリーフレンズ コープスパーティ
うたのプリンス様 ボーカロイドも可 戦国BASARA 東方

駄文です。超絶ダイナミック級で駄文です。

魔法少女まどか☆マギカ 東方 うみねこ のみGL可能です。
リクエストしてくれないと、書きませんので、ご注意を。
リクエストしないと、ドラゴンボールばっかり書きます。
東方ならたまにドラゴンボールとコラボします。

たまに考察が入ります。うみねこの!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36



Re: アニメ、ゲームのBL GLも可 ( No.176 )
日時: 2018/06/17 14:34
名前: KI墓場ブラ太郎

ヒーローアバター人造人間エリートタイプが可愛すぎるww
魔神シュルムイケメンすぎるww
ってことで、ヒーローアバター人造人間エリートタイプちゃんの名前を考えよう!
ん…人造人間ミラみたく…人造人間レイとか?よし、そうしよう!
君は今日からレイちゃんだ!
トワが作った人造人間ってことで!
あと、女っぽいミラって誰か知りませんか?名前忘れたけど…あの子ミラの妹にしてやろ
画像が見つからないからわかんないんだよね

ちょっと調べてきます

チュライか。でもやっぱり画像見つからない。

Re: アニメ、ゲームのBL GLも可 ( No.177 )
日時: 2018/06/17 15:40
名前: KI墓場ブラ太郎

暗黒魔界の日常

好きなキャラしか出さないぜ。

バ「お前が調べる気ないだけだろ。みんな、好きなキャラ、じゃなくて。知ってるキャラ、だぜ」

あれ?ハルハルが攻撃的なんだっけ?シュンシュンが策士??あと喋り方わからん

バ「確かそうだった、と思う」

ちなみにバーダックさんも暗黒魔界入りです

バ「え」




ト「ついに完成よ!人造人間レイ!」

ミ「人造人間が増えてく…」

レ「初めまして。お兄様」

ミ「…ミラ様って呼べ」

レ「それは無理な命令です」

ミ「む…そうか」

ハ「お!新しい人造人間じゃん!」

シ「可愛らしいわね」

バ「おーい。飯が出来たぞー。」

ト「やっと出来たのね!今日は何かしら?」

バ「普通の洋食」

ミ「今日のご飯はバーダックが良いな」

バ「バーダック、のとこをラー王にしねぇと殺す」

ミ「訂正しておく。今日のバーダックはラー王が良いな」

バ「トワこいつ故障してる」



レ「結構なお手前。」

ミ「そうか」

レ「私もいつか、お兄様の様になりたい」

バ「ミラになるな」

レ「そういう意味ではありません」

シュ「よぉ、ミラ。そこの嬢ちゃんと髪形が蟹みたいな男は誰だ?」

ミ「レイとバーダックだ。……お前は誰だっけ」

シュ「忘れんなッッ!!機械のクセにッッ!!!シュルムだ!」

レ「カルシウムをとってみては?」

シュ「馬鹿にすんなッッ」

バ「でもカルシウムは大事だぜ。とってて損はない。今日晩飯作ってやろーか?シュ●ク」

シュ「ムとクを間違えるだけで別のキャラになるから間違えんなッッ!!!」

ミ「なるほどわかった。お前はツッコミ役か」

シュ「うるせぇ!!機械は黙れ!!」

バ「レイとミラ機械だから俺しか喋れねぇよ」



ト「プティン。ハルハルとシュンシュンはBL好きになったの?」

プ「ハルハルはね。でも、シュンシュンは忙しいからって話を聞いてくれないの…ぐすん」

ト「何か怪しいわね…」

プ「何が?」

ト「忙しいって言うのは逃げてる、とか何かを隠してるって感じだから」

プ「………あいつの本性見破ってやらァァァァァッッ!!!」ズダダダダッッ

ト「行っちゃった…」



プ「あいつ何見てんのかしら」

シ「…ふふ…ふふふ…暗黒魔界の美形と言えば、バーダック、ミラ、シュルム。…バーダック総受けも夢じゃないわ…私が、裏からカップリングを創るのよ…!」

プ「なるほどですの」

シ「な!?」

プ「どうしてBLが好きなのに、逃げたんです?」

シ「……は、恥ずかしい、し…その…バレたら…」

プ「恥ずかしいことなんかありませんの!ハルハルを見てみたら?」

シ「ハルハルを…?」


ハ「ミラ、今夜バーダックを犯して!」

ミ「わかった」


シ「え!?そんな簡単に!?」

プ「何も深く考えなくて良いんですの!では、これから女子会があるので」

シ「え、女子会?」

プ「BL好きが集う場所ですの!来ます?」

シ「い…行きたい!」


第二回 女子会

セ「新人がまた増えたね!名前は?」

ハ「ハルハルだよ」

シ「シ、シュンシュン…」ドキドキ

レ「レイです。」

21「あ、人造人間?」

レ「はい。あなたも、ですか?」

21「そうなんです。人造人間21号。」

セ「アタシはセリパだよ」

時「私は時の界王神!」

ト「さてさて、本題に入らせてもらうけれど。バーダック受けやロゼ受けを全宇宙に拡散するために、私達は漫画や小説を投稿しなければならない。漫画はみんな描けるかしら?」

21「機械だから、簡単です。」

レ「同じく。」

ハ「描いたことないなー…小説なら簡単そう」

シ「描ける」

プ「描けますの!練習したし」

時「私も同じ」

セ「アタシは上手なんだよ、前から描いてるから」

ト「良かったわ、ハルハルは描ける様なら投稿して」

ハ「まっかせとけー!」

21「これなら早く拡散できそうですね」

ト「それはそうなんだけど、いつかは必ずネタが無くなるわ。だからこそ、バーダックの周りに美形を集めなければならないわ」

時「美形だけでなく、変態キャラも時には必要よ」

レ「なんだか難しいですね。やっぱり、キモイキャラがむしゃぶり喰うのは人気ですか?」

セ「人気人気!閲覧数ハンパじゃないよ!」

シ「つまり、たまにはモブにもふれあいが必要、と」

ハ「でもさー、アタシの場合、好きなCP同士がマジで恋人同士になってほしいって思うしー」

プ「確かに…でも、ここは我慢ですの。あ、それか、取り合いとか、俺の○○になにしやがるー!ってのは、良くないですか?」

皆「確かに!」

ト「じゃあ、美形をかき集めましょう。思い付く限り言って。ミラ、ゴクア」

時「カカロット君、ブロリー」

21「ターレスさん」

プ「ブラックさん」

ハ「んー。ベジット」

セ「トーマとかゴジータとか」

シ「シュルム」

ミ「一番はやっぱ、俺」

ト「あら、ミラ来てたの?」

ミ「だから、ここ俺の店」

Re: アニメ、ゲームのBL GLも可 ( No.178 )
日時: 2018/06/22 18:01
名前: KI墓場ブラ太郎

〜苦労死神、シュルムさん

バ「〜♪」

シュ「あ、バーダック」

バ「死ねぇぇ!!!//」

シュ「あああああああッッ!!?」



ト「ミラバダ♪ミラバタ♪」カキカキ

シュ「よ、何してんだトワ」

ト「ミラ!!!」

ミ「かめはめ…波!!」

シュ「だぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!?」



シ「ふふふーん♪シュルバダシュルバダ〜♪」

シュ「シュルバダ?」

シ「ブリザードボムッッ!!」

シュ「は!?何で攻撃するんだ!?」

プ「凍れ」

カチンッ


〜シュルムは考える。

シュ「何故攻撃されるんだ…俺…見てはいけない物を見たからか?…トワは確か、ミラバダ、とか言ってたな。検索してみるか」


ミラバダ

検索結果

バーダックがミラに無理矢理激しいエ●チされちゃう!しかしそこにターレスやカカロットまで参戦してしまい!?

シュ「は?は??なんだこれ??」

作成者 トワ

シュ「何作ってんだあいつ!!?じゃあ…シュルバダって…」

シュルバダ

検索結果

シュルムの告白を断ったバーダック。しかし、シュルムに監禁されて、無理矢理犯されちゃう!?解放されるにはシュルムの告白を受け入れなければならない。バーダックはどうする…!?

作成者 シュンシュン

シュ「はぁぁ!?わけわかんねぇぇよ!!…と、とにかく、読んでみるか」ドキドキ

数時間後

シュ「バーダック受けバーダック受け!!どこだR18漫画!?」

腐男子になってしまいました。



〜シュルム、バーダック受けを探し求めた結果

シュ「バーダック、服脱いで、四つん這いになれ」

バ「…お前までミラ化したか…仕方がない。帰る場所を失うわけにもいかんからな。…うぅ…」

シュ(一体ミラはバーダックに何したんだ…?)

Re: アニメ、ゲームのBL GLも可 ( No.179 )
日時: 2018/06/24 17:59
名前: KI墓場ブラ太郎


 実はヒットとバイオ7のジャックは同じ声優さん。

ヒ「……」白目

バ「げ、元気だせよ!俺、レオンも好きだけど、じ、ジャックも大好きだから!だから、その…せ、台詞言って?」汗

ヒ「………お前も家族になるんだ」時飛ばしでバーダックの後ろに移動する

バ「ひっ…!」




ロ「うぅ…やっぱりジャック強いし、怖いなぁ」

ブ「あぁ、そこはこうした方が良いぞ」コントローラ持ってるロゼの手に手を添えて、お手本を見せてあげる

ロ「っ…//」

ピコッ

ヒ「…お前も家族になるんだ」ピコピコハンマーでロゼの頭を叩く

ブラロゼ「リアルジャッアァァァァアァァァァッッ!!」

ヒ「魚の様にさばいてやる」

ブ「……寒いな」

ヒ「…ギャグではない。」

ロ「ジャック声でなんかギャグ言って〜」

ヒ「……うんことあんことインコは発音が似てる〜」

ブ「墓場レベルのギャグはやめてくれ」

ヒ「……」

バ「うなぁぁぁぁあっ!!!」ハリセンでヒットに叩きかかるが

スッ…

ヒ「…お前は母親になるのだ」

バ「は…はぅああああああっ!!」

ブラロゼ「(′・ω・)?」

バ「………ハッ!!もう、ロゼお姉ちゃんったら!なんで起こしてくれなかったのよぉ!」

皆「!?」

ヒ「間違えた。母親にするつもりが妹キャラに…」

タ「よ、ヒット!頼みが…」

バ「あ、ターレスお兄ちゃん!一緒にお風呂入ろっvV」

タ「んなっ!?//ハァハァ…にーにーって…言ってごらん…?」

バ「にーにー?」

タ「んぶぅふッッ!!!」鼻血、吐血

バ「に、にーにー!?」

タ「じ、じゃあ…次は、ベッドに行こうか…ハァハァハァハァ」

ブラロゼ「かーめー波ァァァ!!」

ヒ「時飛ばし。」

タ「あぁぁぁぁぁッッ!!!」

Re: アニメ、ゲームのBL GLも可 ( No.180 )
日時: 2018/06/24 21:43
名前: KI墓場ブラ太郎

ミラって意外と心配性なんですね。

〜暗黒魔界復活の為に頑張ってた頃

ト「あぁ、もう!またやられたわ…!貴方は他の時代に行ってなさい!」

バ「……」コクリ

ト「ミラ、一旦アジトに戻るわよ!!」

ミ「…………」


〜アジトに戻った

ト「準備を整えて…って、ミラどうしたの?…故障かしら…」

ミ「心配だ」

ト「へ?」

ミ「あいつ一人で大丈夫かな、と。」

ト(え?BL的な?……ミラがバーダックに…機械でも、恋するんだ……そうだわ!私がミラの為にこの恋を成就させねば!!!)

ミ「………?」

ト「暗黒魔界とかもう要らね!!」

ミ「!?」

ト「バーダックを迎えに行きなさい!!心配なんでしょ!」

ミ(誤解してる、のか?俺が心配してるのは、まだあいつは弱いから勝てるかどうか…あれ…なんだこの気持ちは…)

ト「どうしたの…?」

ミ「この気持ちはなんだ…今すぐにでもあいつに会いたいと、思うんだ……まさか」

ト「それは……」

ミラトワ「恋ッッッッ!!!!!」


ド「……」

シャ「……」

ドミシャメ「は?」

プ「何のお話でしょう…?」

グ「ミラの頭はやはりトワと同じ、という事か?」

シ「意味わからないけど、ただあの二人は以心伝心だとやっと理解できたわ」

ハ「まぁ、トワが作ったんだし、ふつーじゃね」

ミ「行くぞ俺は!あいつがやられてしまう前に!!」

ト「ミラ行きなさい!助けて好感度upよ!!」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。