BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

【刀剣乱舞】腐向け
日時: 2018/05/26 08:57
名前: 珈琲

どうも珈琲です(*´∀`)
小説書くのは初めてです
誤字脱字あるかも知れませんが
そっとスルーしていただくと幸いです

主にカゲプロ・ナンバカ・刀剣乱舞を
書いていきたいと思います

最後に珈琲(スレ主)は学生なので突然
来なくなったりするかも知れませんが
それはスマホを取り上げられているだ
けだと思うので「あー取り上げられた
んだなー」位の認識でおKです(*´ω`*)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



Re: 【カゲプロ・ナンバカ・刀剣乱舞】腐向け ( No.48 )
日時: 2018/04/20 17:08
名前: アイネ ◆GQtsITF/1w

と、トランプ……ww

Re: 【カゲプロ・ナンバカ・刀剣乱舞】腐向け ( No.49 )
日時: 2018/05/21 11:38
名前: 珈琲 ◆0EE6v7kR6A

刀剣乱舞・つるいちです

媚薬を飲まないと出られない部屋

つ「って事でどちらか選んでくれ!」
い「どういう事ですか!!…と言うかこれ、
主様の仕業でしょう……」
つ「いや…まだ主の仕業と決まった訳
じゃあないぜ?」
い「?じゃあ誰なんですか」
つ「これを見てる読者の方、とかな」
い「…何を言ってるんですか?とうとう
頭がやられてしまったのでしょうか」
つ「…なんか当たりきつくないか」
い「いいえ別に?意味の判らないことを
ドヤ顔で言われたからって引いてなんか
いませんよ」
つ「引いてるじゃないかっ!!」
い「………」
つ「無視は止めろ!泣くぞ!?鶴ちゃん
泣いちゃうぞ!?」
い「うざいです鶴丸殿」
つ「うわーん、いちが苛める―!先生に
言い付けてやる―!」
い「はいはい。……そろそろですか」
つ「…ああ」
い「まったく…貴方も惨い事しますね」
つ「君に手を出されたんだ。当然だろう?」
い「……貴方も手を出されそうになってた
じゃないですか」
つ「はは。いち以外を抱くくらいなら
折れた方がましだな」
い「答えになってませんよ…そんなの
私も同じです」
つ「……いち」
い「煩いですっ!…ほら出ますよ」
つ「…ああ」

設定
この部屋の発案者は政府(ブラック)
こうなった経緯は審神者減ってるな―
どうにか出来ないかな―

そう言えば審神者と刀剣男士の子供って
力強いんだったっけ

じゃあ審神者と子作りさせよう!

上手くいかないな…よし媚薬使おう!←

政府(ブラック)の中のホワイト(一部)の
人が急いで被害者(鶴丸や一期)に通達

なら証拠取るために俺といち(鶴丸と一期)
でその部屋入るか!(時間稼ぎ)

証拠GET^ ^

コロコロ決定★\(^o^)/

とかだと面白いと思います(笑)







Re: 【刀剣乱舞】腐向け  ( No.50 )
日時: 2018/05/26 09:01
名前: 珈琲 ◆0EE6v7kR6A

最近とうらぶが好き過ぎてとうらぶ
のやつしか書けなくなってしまった
ので【カゲプロ・ナンバカ 刀剣乱舞】
腐向けから【刀剣乱舞】腐向けに
変えさせていただきました
ちょこちょこスレッド名変えて
すいません(´;ω;`)

Re: 【刀剣乱舞】腐向け  ( No.51 )
日時: 2018/06/16 18:02
名前: 珈琲 ◆0EE6v7kR6A

最近全然書き込みしてなくて
すいません……(´;ω;`)

幽霊にっかりと視えちゃう石切丸さん

出会い
石「(また居るなあの子…あれ、なんか
目あったような…あ、こっち来た)」
青「ねーねー気づいてるでしょー?」
石「(まぁこれくらいなら反応しなけ
れば……)」
青「むぅー……えいっ!」
石「え?……うわっ?!」
青「ふふっやっと反応返してくれたー」
石「あ……」

視えるのばれちゃった後
青「ねぇ、なんであの時無視なんか
したんだい?君なら成仏させようと
話聞く位はしそうなのに」
石「うーん…自分で言うのもなんだけど
視えるひとは少なくて貴重だからね。
寄って来るんだよ」
青「ああ、悪霊とか?」
石「そうそう」
青「…じゃあ僕は君の側に居ない方が
いいのかな……」
石「え?」
青「僕が側に居たらこの人は視える人
だって言ってる様なものじゃないか」
石「…僕は折角君と知り合えたのに
話せなくなるのは嫌だな……」
青「っっ…君に寄ってくるのはそういう
所じゃないのかな……」
石「え?」
青「まさかの無自覚!?」


幽霊まんばとチートな三日月さん

ま「はぐれてしまった…やはり俺は
役立たずだ……死のう」
三「お主はもう死んでおるから死ねん
だろう。それにちとはぐれた位で
出来損ないだなんだ言っていたらきり
がないぞ」
ま「だが…」
三「それにこの俺が幽霊とはいえ使えん奴を
側に置くと思うか?」
ま「それは……」
三「そういう事だ」

おまけ
青「あ、まんば君だ」
石「まんば君?」
青「あそこで君の同僚といる子だよ」
石「?……ああ三日月か」
青「ふふっまたからかわれてる」
石「あれはいつもの事なのかい?」
青「そうそう。結構話すんだー」
石「どういう事を話すんだい?」
青「旦那の愚痴」
石「えっ(えっ僕なんかしちゃった??)」
青「まぁ……話してるのまんば君だけ
だけどね(オロオロしてる石切丸可愛い)」










Re: 【刀剣乱舞】腐向け  ( No.52 )
日時: 2018/07/06 18:30
名前: アイネ ◆GQtsITF/1w

更新されてるのに気付いてなかった……
すみません><

幽霊斬った刀が幽霊っいう発想が面白いです!
あ、名前のなりすまし防止のやつ忘れたんで合ってるか心配ですけど本人ですよ?!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。