BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

DB バーダック受け 
日時: 2018/01/28 18:28
名前: SSVD異端審問官  

ここでは短編集を書くためにやって参りました。
戦闘力兄貴レベル、SSVD異端審問官です。
ゆーて兄貴の足元にも及ばない戦闘力5のおっさんレベルですがね。

主に書くCP
タレバダ…一番好きですわ
ブラバダ…以外と好き
ミラバダ…最近好きになった
ブロバダ…書くかわからんが好きなんだよな

ちなみに、ゼノバースの知識5なので全く理解してません!
トワとミラの喋り方知らぬぅ!
ってか余談ですが、仮面のサイヤ人の服ってエロくないですか?
背中がさ、なんかエロい。
バーダックだからかな?

注意
バーダックキャラ大崩壊
虫、注射、ホラー苦手。尻尾と耳は弱点。
誤字脱字大量生産
頑張ってエロ書きたい。誰か書き方教えて…
悪口コメはツンデレさんとしてトランクスルーしますので。アハァ☆

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20



Re: DB バーダック受け  ( No.96 )
日時: 2018/04/08 21:41
名前: KI墓場ブラ太郎  

トワに目で指示される。
わかったと目で伝え、バーダックに歩み寄る。

「…ミラ…」

バーダックがぽつりと呟いた。
今、俺の名を…?何故?

「何故、名を」

バーダックと暫し見つめ合う。
すると、バーダックの顔がみるみる内に怒りの表情に変わっていく。

「お前だけは…許さねぇ…あんな事しておいて、謝罪もなしに殺すとはな…!!」

まさかあの時の、バーダック…?
何故?どうしてその世界のバーダックなんだ?
還してくれよ…俺の愛したバーダックを、俺を愛してくれたバーダックを!!

「お前じゃない…お前は俺の求めるお前じゃない…!!」

バーダックに渾身の気弾を放とうと、力を溜める。
しかし、トワに止められる。

「ミラ!!」
「こいつじゃない。違う、違う…!!」

トワだけが、唯一の理解者だった。
だから何度も何度も別次元のバーダックを連れてきてくれる。

Re: DB バーダック受け  ( No.97 )
日時: 2018/04/15 21:24
名前: KI墓場ブラ太郎  

「殺した所で意味なんてないわ。ね?だから落ち着いて」
「…トワ…しかし…」

バーダックが俺を忘れてしまっては、意味がない
愛してやまない相手に嫌われたままなんて…
…無理矢理、奪う。
仮面さえ付けてしまえば、俺のものなんだ。
いや、そんなの愛じゃないッ!!

「…バーダックと二人でいさせてくれないか?」
「…わかったわ」



「何の様だ」

いざ二人きりになれば言えない…機械の俺が。
好きだと一言言えば良いのに

「押し倒さないのかよ」
「え」
「押し倒さないのかって聞いてるんだ。」

何を言ってるんだ…?とりあえず押し倒しておくか…?
ゆっくりと地面に押し倒す

「良いぜ、その調子だ。次は俺のムスコを触るんだ。そうだっただろ?」
「まさか…覚えて…?」
「あぁ。ちなみにさっきのは演技!おまえと二人きりになるために頑張ったんだぜ?」

帰ってきた。大好きな君が。
笑顔の君に、そっと口づけをして…

「嘘ついたから激しくさせてもらうな」
「え…ちょっ…待っ」

アーーッ!!♂


___
またですか?アーッ!♂サイテー byブロリー

Re: DB バーダック受け  ( No.98 )
日時: 2018/04/15 21:27
名前: KI墓場ブラ太郎  

しくったわww
アーッ!♂オチサイテー!
ですじゃ!

Re: DB バーダック受け  ( No.99 )
日時: 2018/04/22 10:50
名前: KI墓場ブラ太郎  

ビトバダ

ビ「……」

バ「……?」

ビ「バダさんって呼んでいい?」

バ「クソレタスとほぼ同じじゃねぇか」

ビ「じゃあ、バーダックって呼んでいい?」

バ「おう。」

ビ「じゃあ、俺の事はあなたって言って」

バ「……はぁ…ったく、わかった」

ビ「俺の為に毎朝味噌汁作ってくんない?」

バ「料理できねぇのか?ビート…じゃなくて、あ、あなたは」

ビ「あぁ…!」にこにこ

バ「?俺ン家来るか?」

ビ「!?良いの!?」

バ「ガキ二人いるけど」

ビ「子供が…いるの…?」イラッ

Re: DB バーダック受け  ( No.100 )
日時: 2018/04/22 11:02
名前: KI墓場ブラ太郎  

バ「何怒ってんだ?」

ビ「浮気なんて酷い…」

バ「へ!!?」

ビ「相手は誰!?ドーピング!?アウトロー!?クソレタス!!?淫獣!!!?」

バ「全部ターレスの特徴じゃねぇか」

ビ「あ、でも、バーダックは俺と結婚してくれるんだっけ。なら良いや」

バ「何言ってんだよ!!?いつ俺が」

ビ「今までの会話振り返ってごらん」


____
わかりますでしょうか?
ビートは卑怯な野郎です

最近ビート好きになってきたお!(^^)!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。