BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

ドラゴンボール日常
日時: 2018/07/10 16:06
名前: KI墓場ブラ太郎

キャラ大崩壊
設定(少し変更やキャラを増やします。話が進むにつれ変わります)
父 バーダック 45歳 職業はホームヘルパー(正社員)である。かっこいいオトン系っぽいが実は子供に弱い世話好きなオカン。ブラックやパラガスからこっそりお金を貰っている。

長男 ラディッツ 19歳 アルバイトを掛け持ちしている。次男の暴食を止めたいと思っている。どこに行っても優しい兄貴的な存在。

次男 カカロット 16歳 おバカすぎて誰もが諦めてしまっているが、運動神経だけは一流。クラスの人気者。

三男 悟飯 14歳 頭の良い高校に行くために猛勉強中。頭良く、運動神経も良く、社交的な為、どの高校からも推薦が来ている。

末っ子 悟天 9歳 バーダックの超お気に入りである。学校でも街中でも可愛いと言われている。バーダックを本物のお母さんだと勘違いし始めている。

ターレス 24歳 とあるゲーム屋の店長 バーダックを愛して病まない変態。バーダックのエロいゲームを作りたいなと思っている。

ブラック 16歳 モデル 今人気の男性1位である。最近はいろんなジャンルのテレビに出演。表紙によく載る。バーダックが好き。ロゼを愛してる。ロゼの双子の兄

ロゼ 16歳 ブラックの双子の弟 人見知りが激しいため、あまり外に出ない。無事退院
テレビに映るブラックを見て癒されている。

ベジット 24歳 カカロット達の学校の先生。学校では男子にはチャラい保健の先生。女子には体育のイケメンベジット先生と言われている。ゴジータの双子の弟

ゴジータ 24歳 ベジットの双子の兄 家事と仕事の両立に困っている。お金持ち。バーダックを最近家政夫として雇った。ベジットが嫌い

ヤモシ 45歳 絶賛職業探し中。毎日毎日空き缶やらなんやらを拾ってお金を集めてる。ポイ捨てしている人達を叱ったり、動物のエサを探したりと毎日が大変。バーダックに一目惚れ

シャロット 21歳 絶賛職業探し中。ヤモシと共に行動している。お金を貯めて、寿司を食べるのが夢。実はラディッツと知り合い


その他キャラはNo.1で書いてます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



Re: ドラゴンボール日常 ( No.44 )
日時: 2018/07/14 23:42
名前: KI墓場ブラ太郎

次の日、ブラックさんの所には

ブ「幸せだ…vV(´∀`)」

ロ「え…」絶望

コッペパンが大量に送られてきました。

ブ「コッペパン一個のカロリーじゃ腹は満たされないが、これだけあれば…!ロゼ、毎日が今以上に幸せになれたな!」

ロ「そ…そう、だね…」

ブ「どうした…?嫌か?」

ロ(でも、ブラックが幸せな顔してると、自分も幸せになれる…)
「ううん、嬉しいよ!」

ブ「良かった…それじゃあ今日は暇だし、コッペパンにつけるジャムでも作ってみるか!」

ロ「うん!…あ、ブラック、誰か助っ人呼んだほうがいいんじゃない…?」

ブ「…前に私がゲテモノ料理を作って、二人共々トイレとお友達状態になったからか?」

ロ「言いたくはないけど…うん。」

このあとバーダックさんを呼びました



〜料理番組

「では、料理に挑戦です!」

ブ「まぁてきとうにすれば良いだろ。じゃがいもの皮をはいで、人参は食べれないとこ切り落として、まぁ鍋にぶちこんどくか」

※一口サイズに切らないでそのままいれる

スタジオの皆「!!?」

「え、ぶ、ブラック、さん?」汗

ブ「肉はどうするんだ?…うーん…茹でて鍋にぶちこむか。」

※切らない

「…なんだか、危ない予感がする」

ゆで終わり

ブ「鍋に水を入れて…沸騰させる。」

「なんだか怖い」ガクガク

沸騰

ブ「カレールーを入れて、そういえば、バーダックが隠し味にチョコを入れたら良いって言ってたよな。どれくらい入れるかな…10枚入れるか」

板チョコを鍋に。

「…やばい…」ガクガクガクガク

ブ「あ、コーヒーもいいんだっけ」

ドボドボ

ブ「あと、砂糖に赤ワイン、中濃ソース、醤油、トマトジュース、すりおろしりんご、だっけな」

ドボドボドボドボドボドボドボドボ…

「あ、あの、ぶ、ブラック…さん…その…」ガクガク

ブ「あとはかき混ぜるだけだな!」ニコニコ

出来上がり

ブ「さぁ!召し上がれだ!」にぱぁ〜

「あ、いた、いただきます。」

みんな吐いてしまうが、放送した。しかし、ほとんどがキラキラで…

ネットでは、ゲテック放送事故、と呼ばれました

ゲテモノ×ブラック=ゲテック


ロ「ブラック…」

Re: ドラゴンボール日常 ( No.45 )
日時: 2018/07/17 21:43
名前: KI墓場ブラ太郎

〜冬

バ「寒い…寒い寒い寒いッッ」

飯「お父さん、受験が近いからお話が…」

バ「あ、行くとこ決まったか?」

飯「カカ兄さんと同じ…高校に行きたいです!!」

ヤ「お、なんだ坊主。あんなどこの角度から見ても平均な高校に行くのかよ?頭良いのにもったいねぇな」

バ「つかヤモシとシャロットの布団買ってあげねぇとな…」

ヤ「すまんな。住まわせてもらって」

シ「ありがとうございます」

バ「んで、悟飯。本当に良いのかよ?」

飯「はい…!カカ兄さんが楽しいって…ずっと言ってますから」

バ「よし、わかった。悟飯が楽しく通えるならそれで良いし。」

ヤ「良い母親やってんなぁ…」

バ「誰が母親じゃッッ!!」

ピンポーン

カ「オラが出てくる!」

ガチャ

カ「あーい」

タ「バダvV…じゃなかった。中入って良いか?」

カ「嫌」

タ「力強くで入る!!!」

シ「何やってんだカカロット」

タ「誰…」

ヤ「バーダック〜抱かせてくれよ〜」

バ「やめろバカ!!あっち行け!!」

タ「バダ!!!」

バ「え」

ヤ「お」

タ「浮気かよ!?俺を差し置いて浮気かよ!?」

ヤ「!?バーダック!!浮気してんのか!?」

バ「え!?」

カ「父ちゃん浮気してんのかよ!?オラがいんのに!?」

ラ「親父はまだ誰のものでもねぇよ。そんなに親父が好きなら、冬休みにデートに誘えよ」

ヤ「冬休みに…」

カ「デートに…」

タ「誘う…だと?」

天「よくわかんないけど、早い者勝ちだと思うよ〜」

ラ「そう。悟天の言う通り!」

飯「悟天はたまにいい感じに突いてくるよね」

シ「勘が鋭いんだな」

飯「はい。多分、この中で一番良いと思いますよ」

カ「動物系だよな…二度目のデート…上手くいくかな…」

タ「ここはやっぱり自宅デート。俺様、バダを一度も招いてないしなぁ」

ヤ「先に就職活動かな…はぁ…」

Re: ドラゴンボール日常 ( No.46 )
日時: 2018/08/10 12:40
名前: 駄文のゲロカス墓場

冬休み

ヤ「……し、就職…就職先…」ペラペラ

バ「どうした。」

ヤ「今思ったんだ…この年で俺は入れないんじゃないかと…」

バ「……はぁ、仕方ねぇな。パラガスに頼んでみるぜ。」

飯「パラガスさんっていろんな会社持ってるんですよね。ヤモシさんにピッタリなとことかありますか?」

ヤ「おい。なんか馬鹿にされた感じがしたぞ」

バ「まぁ、オフィスでパソコンひたすら打ったりとか、何かを提案したりとか…そういうめんどくさいのばっかりだしな…あ、パラガスって確か動物園と水族館も建設してるよな。そこで働かせてもらえば?シャロットと一緒に」

ヤ「俺、動物は大好きなんだ!!それがいい!!」

飯「確かブロリーさんは水族館でたまに働いてますよね。そういう知識ってブロリーさんはやっぱりあるんですか?」

バ「おう、ブロリーは詳しいぞ!」

ヤ「俺も詳しいぞ。小さい頃から動物が大好きだったし!」

飯「じゃあ決まりですね!」

ヤ「動物といえば、最近捨てられた犬猫が多くてな…里親を探してるんだ。でも一匹だけ里親が見つからなくてな」

飯「じゃあ僕らで飼いましょう!」

バ「ベジータ王のショッピングモールのペットショップの店員にちょっくら話てくる」

飯「こう、人脈が広いって快適ですね」

ヤ「墓場の親も人脈広いから20万を6万に値下げしてもらってたよな」

墓場「言うなよ。自慢になっちゃうだろ!」

ヤ「自慢したいからって俺に喋らせんな死ねゲロカス」

墓場「(´・ω・`)」

Re: ドラゴンボール日常 ( No.47 )
日時: 2018/08/25 14:50
名前: 駄文のゲロカス墓場

お知らせ

アニメ、ゲームのBLにて謝罪しております。そちら参照ウホッ♂

楽しみに待ってくださった方、本当に申し訳ない。

続きが気になってしかたない方はミナコイに。ウホッ♂

Re: ドラゴンボール日常 ( No.48 )
日時: 2018/08/26 19:43
名前: 駄文のゲロカス墓場

占いツクール始めました

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。