BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

ドラゴンボール日常
日時: 2018/07/10 16:06
名前: KI墓場ブラ太郎

キャラ大崩壊
設定(少し変更やキャラを増やします。話が進むにつれ変わります)
父 バーダック 45歳 職業はホームヘルパー(正社員)である。かっこいいオトン系っぽいが実は子供に弱い世話好きなオカン。ブラックやパラガスからこっそりお金を貰っている。

長男 ラディッツ 19歳 アルバイトを掛け持ちしている。次男の暴食を止めたいと思っている。どこに行っても優しい兄貴的な存在。

次男 カカロット 16歳 おバカすぎて誰もが諦めてしまっているが、運動神経だけは一流。クラスの人気者。

三男 悟飯 14歳 頭の良い高校に行くために猛勉強中。頭良く、運動神経も良く、社交的な為、どの高校からも推薦が来ている。

末っ子 悟天 9歳 バーダックの超お気に入りである。学校でも街中でも可愛いと言われている。バーダックを本物のお母さんだと勘違いし始めている。

ターレス 24歳 とあるゲーム屋の店長 バーダックを愛して病まない変態。バーダックのエロいゲームを作りたいなと思っている。

ブラック 16歳 モデル 今人気の男性1位である。最近はいろんなジャンルのテレビに出演。表紙によく載る。バーダックが好き。ロゼを愛してる。ロゼの双子の兄

ロゼ 16歳 ブラックの双子の弟 人見知りが激しいため、あまり外に出ない。無事退院
テレビに映るブラックを見て癒されている。

ベジット 24歳 カカロット達の学校の先生。学校では男子にはチャラい保健の先生。女子には体育のイケメンベジット先生と言われている。ゴジータの双子の弟

ゴジータ 24歳 ベジットの双子の兄 家事と仕事の両立に困っている。お金持ち。バーダックを最近家政夫として雇った。ベジットが嫌い

ヤモシ 45歳 絶賛職業探し中。毎日毎日空き缶やらなんやらを拾ってお金を集めてる。ポイ捨てしている人達を叱ったり、動物のエサを探したりと毎日が大変。バーダックに一目惚れ

シャロット 21歳 絶賛職業探し中。ヤモシと共に行動している。お金を貯めて、寿司を食べるのが夢。実はラディッツと知り合い


その他キャラはNo.1で書いてます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: ドラゴンボール日常 ( No.41 )
日時: 2018/07/08 18:35
名前: KI墓場ブラ太郎

※こっからちょっと他ジャンルのキャラでます。すまそ


バ「カカ!カクレクマノミだ!」

カ「…旨そうだなぁ…」ジュルリ

バ「可愛いんだから食ったら可哀想だろ!」

マ「あら、ローレライさん?」

バ「あ、マミ!」

マ「明後日のお仕事の事なんだけど、お掃除とお料理とお洗濯をお願いしても良いかしら?明後日は違う町の魔女狩りなの」

バ「わかったぜ、あ、魔女は魔女でも、魔理沙は狩るなよ!」

マ「霧雨さんは狩らないわ、最近一緒に戦ってもらってるもの」

カ「マスタースパークってか」

マ「まぁね。それじゃあね、ちなみに私のおすすめはジンベイザメのジン君のお食事タイムよ」

カ「そんなんあんのか」

バ「じゃあジン君探しに行くか」

マ「あと5分くらいで始まるからね」

カ「マミさんは行かないの?」

マ「今から用事が出来たの。」

バ「ティロ・フィナーレ、ブチかますのか?」

マ「ふふ、正解」



バ「まさかブロリーがジン君の説明とかするとは…」

カ「ブロリーは高校卒業したらここで働くんだってよ、兄ちゃんも王かパラガスんとこで働かせてもらったら良いのに」

バ「でもラディッツはラディッツで良い働きっぷりでな、アルバイトなんだが、店長になれるレベルらしい。」

カ「オラ…高校卒業したくねぇな…働くのめんどい」

バ「だめだぜ、でもカカロットならアスリート目指しても良くないか?」

カ「スポーツで金稼ぐのは良い案だな!じゃあ何になろっかな〜…サッカー選手も良いし、陸上も良いよな。あ、プロレスとか」

バ「プロレスはお前強すぎるから、相手一発KOだろ。怪しまれるからプロレスはやめとけ」

「ねぇねぇ、ジン君の説明してた人、超かっこよくなかった?」

「わかる〜!話したいなぁ」

「質問ならなんでも受け付けてますって言ってたよね?行く?」

「行くしかないでしょ!」

バ「ブロリーもやっぱりイケメンだからモテるよな。」

カ「ブロリーは女と可愛いもんにはとことん優しいかんな」

バ「そうだ、お土産買いに行こうぜ」

カ「パラガスに金払うみたいで嫌だなぁ」

バ「早く来いって」




バ「ロゼに可愛いジン君人形買っておこう。」

カ「オラも好感度上げに買うかな。ロゼってば、ブロリーが安心するらしいからな。オラにも敵意がないことを教えねぇと」

バ「スーパーん時、下ネタばっか言うから安心されねぇんだろ?」

カ「図星…」

Re: ドラゴンボール日常 ( No.42 )
日時: 2018/07/09 21:45
名前: KI墓場ブラ太郎

ヤ「ふぅ…空き缶いっぱいだな。」

シ「そうだな。…はぁ…」

ヤ「持ってくか…」

シ「何円だろう…」



「はい、150円ね」

ヤ「最高金額だな!」

シ「……。三桁なんかで良く喜べるな」

ヤ「小さな幸せを見つけるのは大事だぞ」

シ「何が幸せなんだか…俺、友達探してくる」

ヤ「友達探しか、子供らしくて良いな」

シ「後輩だ後輩!」

ヤ「あぁ…後輩か」




シ「あ、ラディッツ」

ラ「あぁ!親父、この人が前話したシャロット先輩!」

バ「おぉ、お前がシャロットか、息子が世話になってるな」

シ「い、いや、こっちが世話になってるし…礼には及ばないです」

ラ「世話になってるのは俺の方だって、泊まってく?」

シ「ヤモシがい…」グウゥゥゥ

バ「腹減ってるのか?その、ヤモシって奴も連れてこいよ」

シ「いや…」

バ「?」

シ「ヤモシは大丈夫だと思うんで」

ラ「そういえば、そのヤモシってのは誰なんだ?」

シ「あー…友達?」

ラ「ふぅん」

バ「あ、やべー…そういえば買い物が…先に帰っててくれ。」

ラ「わかった。シャロット先輩行こーぜ」

シ「呼び捨てで良いぜ」



バ「ふぅ〜半額商品が多かったぜ〜。ん?」

ヤ「…あいつどこいったかな…」ぐぎゅるるる

バ「何か探してんのか?」

ヤ「…え」ドキドキ

ヤ(俺の好みど真ん中…)

バ「ん?」

ヤ「実はシャロットって…んーと、友達?が居なくなっちまって」

バ「あ、黒髪のか?」

ヤ「そうそう!知ってるのか?」

バ「あぁ!息子の友達でな、今から一緒飯食うんだ」

ヤ「!?あ、あいつズルいッッ!!」

バ「来るか?」

ヤ「…良いのか…?」

バ「あぁ!」ニコッ

ヤ「おっふ」キュンキュン



シ「…」

ヤ「お前。次から俺も誘えよ」

シ「ったく…しゃーねぇな…」

バ「今日は焼きそば作ってみたぜ!初めてだからドキドキだな//」

ヤ「なぁあんた、妻は?」

バ「…死んだ。前にな。」

ヤ「じゃあ俺と結婚しないか?」

バ「え」

カ「誰が余所者に父ちゃんを渡すかッッ!!オラは今日、父ちゃんとデートしたんだ!お前なんかよりオラのほうが好感度高いかんな!父ちゃんはオラと結婚すんだ!!」

飯「…言っちゃった…」

ラ「…まぁ、親父に気持ち伝えられたんだ、結果オーライってやつだ」

天「?」

飯「悟天にはまだ早いかな…」

バ「え、と…カカロット…?」

シ(なんか複雑な家庭だな…焼きそば旨し)

ヤ「じゃあ俺は今から好感度上げするかな。」

カ「は?」

バ「?」

ヤ「…」バーダックに顎クイしてキスしようとする

バ「ふぁ…//」ドキドキ

カ「かーめー波ァァアァァァッッ!!」

ヤ「効かんぜ、そんなの」

カ「…!」

バ「お前もサイヤ人か?」

ヤ「当たりだ。シャロットもだぜ」

シ「焼きそば旨し」

Re: ドラゴンボール日常 ( No.43 )
日時: 2018/07/10 16:54
名前: KI墓場ブラ太郎

「今大人気のゲストの皆さんが来てくれましたよ〜!」

「ブラックさんにトワさんにミラさん、こんばんは!」

ブ「どうも」

ト「こんばんは」

ミ「おはy…おはこんばんにちはー。」

「どうしましたww」

ト「また挨拶失敗したからって全部くっつけたのねww」

ミ「きっと再放送やら録画やらなんやらで朝か昼かに見る奴がいる。その配慮だ」キリッ

ブ「配慮ならどうもだけでも十分だと思うがな。」

ト「あ、大変。私配慮してないわ。お茶の間の皆さん、またはホテルで見ている方等、おはこんばんにちは!トワです!」

ミ「ミラは10のダメージを受けた。」

ブ「…なかなかの配慮だな。次からもっと配慮して勝つ。」

「何の戦いかな?ww」



「じゃあ、まず。皆さん、困っている事はありますか?」

ブ「前に米が好きだと言ったら羽生選手のプーさんみたく米が次から次へと…」

※あやリーのパクったすまん!

ミ「じゃあ米以外に好きなもの言えば良いだろ」

ブ「…好きなものか…」

ミ「金って言ったら金が送られてくるかもしれないぞ」

ブ「馬鹿か。」

スタジオの皆「wwww」

ト「好きな人でも暴露しちゃう?」

ブ「う、うるさい//私はだな…ん…コッペパンが好きだ!コッペパンは神の究極の恵み…コッペパンは正義。コッペパンは世界!崇めよ…称えよ!永久不滅にして最強の食……コッペパンを!!」

ミ「頭大丈夫か?」

Re: ドラゴンボール日常 ( No.44 )
日時: 2018/07/14 23:42
名前: KI墓場ブラ太郎

次の日、ブラックさんの所には

ブ「幸せだ…vV(´∀`)」

ロ「え…」絶望

コッペパンが大量に送られてきました。

ブ「コッペパン一個のカロリーじゃ腹は満たされないが、これだけあれば…!ロゼ、毎日が今以上に幸せになれたな!」

ロ「そ…そう、だね…」

ブ「どうした…?嫌か?」

ロ(でも、ブラックが幸せな顔してると、自分も幸せになれる…)
「ううん、嬉しいよ!」

ブ「良かった…それじゃあ今日は暇だし、コッペパンにつけるジャムでも作ってみるか!」

ロ「うん!…あ、ブラック、誰か助っ人呼んだほうがいいんじゃない…?」

ブ「…前に私がゲテモノ料理を作って、二人共々トイレとお友達状態になったからか?」

ロ「言いたくはないけど…うん。」

このあとバーダックさんを呼びました



〜料理番組

「では、料理に挑戦です!」

ブ「まぁてきとうにすれば良いだろ。じゃがいもの皮をはいで、人参は食べれないとこ切り落として、まぁ鍋にぶちこんどくか」

※一口サイズに切らないでそのままいれる

スタジオの皆「!!?」

「え、ぶ、ブラック、さん?」汗

ブ「肉はどうするんだ?…うーん…茹でて鍋にぶちこむか。」

※切らない

「…なんだか、危ない予感がする」

ゆで終わり

ブ「鍋に水を入れて…沸騰させる。」

「なんだか怖い」ガクガク

沸騰

ブ「カレールーを入れて、そういえば、バーダックが隠し味にチョコを入れたら良いって言ってたよな。どれくらい入れるかな…10枚入れるか」

板チョコを鍋に。

「…やばい…」ガクガクガクガク

ブ「あ、コーヒーもいいんだっけ」

ドボドボ

ブ「あと、砂糖に赤ワイン、中濃ソース、醤油、トマトジュース、すりおろしりんご、だっけな」

ドボドボドボドボドボドボドボドボ…

「あ、あの、ぶ、ブラック…さん…その…」ガクガク

ブ「あとはかき混ぜるだけだな!」ニコニコ

出来上がり

ブ「さぁ!召し上がれだ!」にぱぁ〜

「あ、いた、いただきます。」

みんな吐いてしまうが、放送した。しかし、ほとんどがキラキラで…

ネットでは、ゲテック放送事故、と呼ばれました

ゲテモノ×ブラック=ゲテック


ロ「ブラック…」

Re: ドラゴンボール日常 ( No.45 )
日時: 2018/07/17 21:43
名前: KI墓場ブラ太郎

〜冬

バ「寒い…寒い寒い寒いッッ」

飯「お父さん、受験が近いからお話が…」

バ「あ、行くとこ決まったか?」

飯「カカ兄さんと同じ…高校に行きたいです!!」

ヤ「お、なんだ坊主。あんなどこの角度から見ても平均な高校に行くのかよ?頭良いのにもったいねぇな」

バ「つかヤモシとシャロットの布団買ってあげねぇとな…」

ヤ「すまんな。住まわせてもらって」

シ「ありがとうございます」

バ「んで、悟飯。本当に良いのかよ?」

飯「はい…!カカ兄さんが楽しいって…ずっと言ってますから」

バ「よし、わかった。悟飯が楽しく通えるならそれで良いし。」

ヤ「良い母親やってんなぁ…」

バ「誰が母親じゃッッ!!」

ピンポーン

カ「オラが出てくる!」

ガチャ

カ「あーい」

タ「バダvV…じゃなかった。中入って良いか?」

カ「嫌」

タ「力強くで入る!!!」

シ「何やってんだカカロット」

タ「誰…」

ヤ「バーダック〜抱かせてくれよ〜」

バ「やめろバカ!!あっち行け!!」

タ「バダ!!!」

バ「え」

ヤ「お」

タ「浮気かよ!?俺を差し置いて浮気かよ!?」

ヤ「!?バーダック!!浮気してんのか!?」

バ「え!?」

カ「父ちゃん浮気してんのかよ!?オラがいんのに!?」

ラ「親父はまだ誰のものでもねぇよ。そんなに親父が好きなら、冬休みにデートに誘えよ」

ヤ「冬休みに…」

カ「デートに…」

タ「誘う…だと?」

天「よくわかんないけど、早い者勝ちだと思うよ〜」

ラ「そう。悟天の言う通り!」

飯「悟天はたまにいい感じに突いてくるよね」

シ「勘が鋭いんだな」

飯「はい。多分、この中で一番良いと思いますよ」

カ「動物系だよな…二度目のデート…上手くいくかな…」

タ「ここはやっぱり自宅デート。俺様、バダを一度も招いてないしなぁ」

ヤ「先に就職活動かな…はぁ…」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。