BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

もしバダが時空の狭間に落ちたあと、こうなってたら
日時: 2018/04/01 09:41
名前: あやリー

なんなんだあ、この駄文は?マジでいつも以上に駄文。キャラ崩壊のため逃げるんだあ………。健全などではない!!なんかギャグぽい!それでもいいぞお!と言う人はお進み下さい。

設定:ミラバダ、セリフ違うかも!

バ「よくも俺をコケにしてくれたな……。今回ばかりはサイヤ人の運命もカカロットの運命も関係ねえ!!!今までの借りを返してやる!!サイヤ人の力をなめるなあああああああ!!」
バ「覚悟しやがれ!!」
ミ「グッ!!こ このオレが キサマごときに……!くっ……。」


となったのが一時間前。
そして今…奴に組み敷かれている。ありえない…。何がどうなってやがる…。
バ「な、何しやがる!はなせ!」
ミ「やっと捕まえたのに逃がしてたまるか。」
ミラの唇が俺の頬に触れる。まさか…本当にヤるつもりなのだろうか…。全身から血の気が引いていくのを感じながら抵抗をつづける。
バ「くっ!やめろ!!触るな!!!」ドカッ
ミ「グハッ」
渾身の力を込めてミラの腹に蹴りを入れると流石のミラも吹っ飛んだ。
バ「き、貴様何があって…お、俺を……!」
ミ「何があってって…?…好きだからだろ?」
バ「は?」
意味が分からないと言うように呆然とするバーダックに少しずつ近寄る。
ミ「そりゃあ好きな奴と二人きりで他の奴らは滅多に来ない…そんな状況になったらやる事は一つだろう?」
バ「いやいやいやいや、それ以前になんでてめえが俺を好きって事になってんだよ。」
ミ「ああ、言い忘れてたな、好きだ。」(早速組み敷こうとする)
バ「いやちょっと待て、っていうかてめえ今の今まで洗脳されてた俺しか知らなかっただろうが。洗脳されてた俺が好きだってんならもうそいつはいねえ。カカロットやターレスやブラックを洗脳すれば同じように出来るだろう。だからっ組み敷こうとするなぁ!」
ミ「いや仮面の方じゃない。仮面が取れた方のお前だ。惑星ベジータを命がけで守る姿に一目惚れした。」
バ「(ドキッ///)ほ、本当か…?」
ミ「ああ。俺は真面目だ」
バ「で、でも!そういうのは…。」
ミ「今までお前の隣にいながらも、我慢してたんだ。…そんなに抵抗があるなら今日はこれくらいにしてやる。」チュ
バ「あっ!」ビクンッ
ミラがバーダックのうなじにキスをするとバーダックの体は敏感にその刺激に反応する。
ミ「……やっぱりお前俺を煽ってるんじゃないのか?」
バ「そ、そんな事あるか!ばかぁ///」
ミ「…まあいい今度の時はこれだけじゃすまないからな」
バ「あってたまるか!」
この後二人は気まずい時間を過ごしたとさ。

駄文あとがき
会話文が九割を占めているwww。Kl墓場ブラ太郎様のリクエストがあああああ!!!!リクエストそのものがあああああ!!!!!!ここまで読んでくださった皆さん本当にありがとうございましたああああああ!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36



ほお… ( No.172 )
日時: 2018/04/22 21:25
名前: あやリー

この前あさられたんですwww。俺のシャーペン知れねえ?って。ノートに描いてあるターレスは弟が私のノートを間違えて持っていってしまった時に見られましたwww

ロゼの絵は捨てるべきなのでしょうが私にはロゼを捨てるなんてできない!!……未だに本の中ですwww

ハムタロスの絵見たい!!!

よし!ない脳使って頑張ってみよう!!!

あやリー「全部見たい…!…あのー、318円にまけてくれませんでしょうか…?」

ブロ「できぬう!!!」

裏カキコ見ました!!!ブラロゼ!!!ありがとうございます!!!

バダ切ない…!しかし本当はタレがバダのこと好きだったりしたら嬉しい!!!

タ「そう都合よくいってたまるか。」

ターレス!?いつからここに!?

タ「俺の存在感…。」

あやリー「バダのアヘ顔見たいから私は笑う。ハーハッハッハッハー!!!ハーハッハ…ふおお!」

ブロ「なんなんだあ?今のは…。」

あやリー「すいまsorry」

Re: もしバダが時空の狭間に落ちたあと、こうなってたら ( No.173 )
日時: 2018/04/23 13:47
名前: KI墓場ブラ太郎  

そろそろブラロゼが危険領域に入っちまうぜ
頑張って書かないとな!

タ「…ターレスルーだけは嫌だな…」

バ「スレータ!」

タ「俺の存在を輝かせるには…」

バ「スレータってば!!」

タ「え?俺?」

バ「そうだ」

タ「俺、ターレスなんだけど…」

バ「あ、レタスか!ごめんな!」

タ「ターレスだって!」

バ「…レズン好きだったの…?」ドン引き

タ「違っ」

バ「酷い…俺…ターレスのこと好きだったのに!」

タ「!!バダ、お「はい、カットー台詞違うぞー」

バ「ふざけんなクソレタス」

タ(芝居だったの忘れてた…)

Re: もしバダが時空の狭間に落ちたあと、こうなってたら ( No.174 )
日時: 2018/04/23 19:01
名前: KI墓場ブラ太郎  

タレバダ 悲恋

例えば海の底で お前が生きているのなら
俺は2本の足を切って 魚になろう
死期が訪れたなら お前と出会えるのなら
今すぐ 俺の心臓を燃やしてほしい

お前とこの命尽きるまで
愛し合って生きたかった
お前はいない わかっている わかりたくない

昇る昇る満月が お前の場所を消してゆく
赤く痛む傷跡を 夜の冷めた風が撫でてゆく

愛しているこの言葉が お前に届くのならば
今すぐ声帯を切り捨てて
伝えたいよ

大好きなお前を失くした俺は
何もかも奪いたいお前の温度も
求めている 求めている 幻でも

消えたお前の温もりが
俺を孤独にさせてゆく
罪を隠すこの腕で
お前を抱いて朝まで愛したい
消える消える惑星が
お前と共に散ってゆく
たった一人立ち向かう
お前を抱きしめ引き止めたい
消える消える温もりが
お前の死を知らせてる
赤く熱い血が 流れてく

蝕んでいく 記憶の欠片 お前を止める勇気が足りない
消え落ちていく ぼやけてしまう お前の笑顔刹那に消えてく
蝕んでいく 抜け落ちていく
お前を止める時間が足りない
跡形もなく 消し炭になる 
お前の姿 刹那に消えてく…

きゃっほー ( No.175 )
日時: 2018/04/23 20:12
名前: あやリー

キャー!!!続きが気になりすぎてやばい!←5分に1度大人カキコにいってる人wwwって言うかとうとう押し倒しちゃいましたね☆初々しい感じが最高です!!

どっかの誰かさんとは大違い!

あやリー「例えばそう…変態とか、ドーピングとか、日焼け野郎とか、色魔とか、クソレタスとか…。」

タ「俺のことじゃないと信じたいぜ。」

スレータwwwうまいこと考えましたね!

タ「待て!クッダーバ!」

バ「ダサっ!なんだそのクッパみたいな名前!もう少しセンスというものを磨け!!!」

タ「いや、あんたの真似しただけ…。」

バ「うるせえ!!!」



カ「オラはトッロカカだな!」

ブ「(トロロとおかかみたい。)私はクッラブだな。」

蟹って英語でクラブっていうからちょうどいいなwww。

ロ「俺はゼロだな!…ん?なんかどこぞのホラーゲームの名前になった。」

ブ「ワタシトオワッテクレマスカ…?」

バ・ロ「ぎゃああああああああああああああああ!!!」

じつはこの二人この後の夜眠れなくて誰かのところで一緒に寝させてもらったそうです。誰のとこに行ったかはご想像にお任せします。グヘヘへへ…。

カ「気持ち悪ぃ!やだおめえ!!!」

あああああああああ!!!タレバダアアアアアアアアアア!!!切ねえええええええええ!!!実は私、浮気系の悲恋は苦手なんですがこういうのはマジで大好きです!!!もしかしてタレはどこかの星から惑星ベジータのの消滅を見ていたのではないか…?劇場版でタレバダやってほしいwww




Re: もしバダが時空の狭間に落ちたあと、こうなってたら ( No.176 )
日時: 2018/04/23 20:43
名前: KI墓場ブラ太郎  

ちなみに歌は零の歌ですぞww

そして何故か、ターレスの部屋に行ったと脳裏に浮かんだ

タ「バダとロゼなんで震えてんの?」

バ「あ、だ、うぅ…」

ロ「ひっく…もう寝れないよぅ…」

タ「そんな時は映画を見よう!」

まさかの リングと呪怨

バーロー「ぴゃあああああああああああああッッ!!!」

二人はトーマさんの部屋に逃げ込み、そこで
さとうきび畑の唄を見て 泣きました(感動)

実はわしも学校でさとうきび畑の唄見たんですが
クラスのみんなの前で号泣して
先生に心配されましたwww

あれ一度は見た方が良いね!!超泣ける!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。