BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

その背中に手が届くまで。
日時: 2018/04/02 21:11
名前: あやリー

駄文はもう常識。キャラ崩壊も慣れてきたであろう(いやいつまでたっても慣れないだろwww)あ、もちのろんで腐向け。本当に今回は逃げたほうがいいよ!

設定…黒空。なんかシリアスなの?なんなの?って感じ。いつもはギャグで誤魔化してた文才の無さが溢れ出ております。(笑)苦手な方はぜひブラウザバック推奨!!

ーこんなにも近くにいるのに…。こんなに手の届く距離にいるのに…。なぜか振り向いてくれない…。当たり前だけど悲しくて…。ねえその目はどこを見ているの…?教えて…ー

ユサユサ

ザ「……ック、ブラック!」
体が揺さぶられる感覚に嫌でも夢から覚めさせられる。決して気持ちいいとは言えない目覚め。
ザ「起きたか?今日も人間ゼロ計画をしに行くぞ。」
ブ「…ああ。」
頭の上で俺を揺さぶっているのはもう一人の俺、ザマス。俺の同志だ。…正直にいうと最近人間ゼロ計画などどうでもよくなってきた。しかし俺は決してそれを口に出していうつもりはない。理由は二つ。一つ目は同志を裏切って悲しい顔をさせたくないから。もう一つは…アイツと会う口実がなくなるから。アイツ…孫悟空は最初、俺にとって不愉快な存在でしか無かった。嫌で嫌で仕方なかった。……しかしいつのまにか惹かれていた。いつからだか分からない……でも俺は同じ顔の奴に恋をしたのだ。それがとても不思議だった
ブ「(なぜよりによってあの孫悟空なのだ?)」
ザ「はあー。いつまで寝てるつもりだ?ほらさっさと支度をして出かけるぞ!」
ブ「…わかった。」
色んな事を考えいるとまた頭上からうるさく聞こえてくる声。言われなくともわかっている。俺が上半身を起こすとザマスは退き、部屋から出ていった。

支度を終え、ザマスと共にいつもの場所に向かう。

ブ「…いた…。」
ブラックの視線の先には自分とそっくりな男。その姿を見るとたびたび罪悪感を覚える。
ブ「(アイツは俺のように私利私欲の為ではなく、大勢の人間の為に戦っているんだ…。こんないい加減な気持ちで人間ゼロ計画など続けていて良いのだろうか?)」
そして俺はその答えを知る為に今日も戦う。その気持ちの意味を知るまで…この想いが届くまで…あの背中に手が届くまで…俺は人間ゼロ計画をやめないつもりだ…。

駄文あとがき
やべえぞ…多分今までで一番の駄文だぜ…。ブラック厨二病っぽいし。気力が続かないし!!本当にここまで読んでくださったみなさん。本当にありがとうございましたぁぁぁぁぁ!!!(全力で土下座)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72



Re: その背中に手が届くまで。 ( No.353 )
日時: 2018/10/11 18:47
名前: 駄文のゲロカス墓場

おめでとうあやリー!!!そしてこれからもよろしく!そして勉強共に頑張ろう!!

元祖バダ「あやリー、あ、あ、あのさ…ケーキ、作ったけど、あーん、してや、るぜ…?」

エピバダ「あやリー!一緒にアイス食べようぜ!」

トーマ「トマトmg(^д^)」

仮面バダ「破壊しよう」

ミラ「みんな大好きかすかな桃の香り青酸ガス」

マイナス「あやリー、好きなもの作ってやるぞ」

ギネ「あやリー、バダ受け恵んで((殴

バダゼノ「とりあえずおめでとう!大好きだぜー!」

ターレス「神せ(ry


ブラック「まて。なんかあきらかにヤバい奴が二人いるんだが」

ザマス「恋人同士だからか知らんが頭大丈夫か」

ロゼ「あやリーを殺さないでー!もうクリリン以上も死んじゃってるんだよ!」

ゴワス「ゴンゴンハローYouTube。どうもゴワキンです。今回は私の大親友、あやリーさんにドッキリを仕掛けたいと思います」

ドッキリ?ゴワキン何するつもりだ?

ゴワス「あやリーさんをとある一室に1人きりにして、暗転!数秒に電気がついたかと思うと、いきなりブロリーが抱き締めてきて、おめでっトオオオオオオオオオオッッ!!と言う。すると次にパラガスも来て、ジャネンバも来て…etc」

ザマス「最後のシメにスターリンからミサイルという名のプレゼント…?」

ブラロゼ「え」

スターリン「ちょっとミサイル試すね」




ヒトラー「待ってってば!!」




ああああああああああああああああああああぁあああああああぁぁああああああああああああああああああああああああああッッッッ!!!!!




スターリン「さぁて、あやリーを呼んでくるか!」

Re: その背中に手が届くまで。 ( No.354 )
日時: 2018/10/15 19:01
名前: あやリー

ありがとうハムタロス!!!勉強頑張ろうね!これからもよろしく!テスト三週間前でそろそろ来れなくなるかもだけど!←三週間の間に絶対寂しくて戻ってくるw

いや私色んな意味でオワタやん(^o^)www

元祖バダありがとぉぉぉぉぉぉ!!!バダ達の中でも一番プライドが高い元祖バダがデレた…!!!あの元祖バダが…!!!ヤバい可愛い萌え死ぬ…!!!

ヤベエ。エピオブバダと一緒にアイス食うとかヤベぇ。萌え。え?何クソ可愛いんだけど。可愛いすぎて心臓爆死するわw←日本語崩壊

I am tomato…!?…Wow…I will die.

あやリー「あ、」デデーン☆

いやミラの青酸ガス依存症がまだ続いてたなんて驚k……チーン←うっかり嗅いでしまって死亡

マイナスバダ!?ちょっと待t…萌え死の恐れが!!

マイナスバダ「よしっ!!!三角布うまく結べた!」

ちょ、エプロn(萌え死)

あ、ギネちゃんちょっと待っててあの世からクロネコヤ●トの宅急便で送ったげる。

ブロ「じゃああやリーを破壊し尽くし、あの世に送るだけだぁ…!」

デデーン☆

おい、バダゼノ、マイナスバダに続いてまた萌え死させる気かy…ぐはぁ!(鼻から大量出血により死亡)

ちょ、人間の体に宇宙の食い物って死亡ふらg

タ「食え。」

チーン


もうクリリン超えたどころじゃないw領域超えてるw

いやちょっと待ってゴワス様wそれ確実に骨折れて死n

ブロ「おめでットォォォォォ!!!」

バキバキッ


あ、ちょ、ミサイルとばさないd

「(^o^)」チーン


元祖バダ「結局全部死んでるやないかい。」

あやリー「でえじょうぶ!!!バダ受け漫画があればあの世もいいとこだ!!!」


あと提示板にまた黒歴史が増えたよ!!!!逆さで見にくいものはタッチしてから嘲笑ってね(^ ^)










Re: その背中に手が届くまで。 ( No.355 )
日時: 2018/10/16 21:04
名前: 駄文のゲロカス墓場

ドッキリ、だ〜いせ〜いこおおおおおおおおおおおおおおおッッ

元祖バダ「いや、まて。大切な友人であるあやリーをあの世へ送るとかお前無慈悲すぎひん?」

…好きだからこそ、あの世へ送るんだよ。(キリッ

元祖バダ「あ、やっちまった、ってお前心の中で思ってるだろ、あん?」

……あやリーザオリクッッッッ


最近、マオウのショウタイムって歌にハマッたww

サビマジイケボすぎww


「ハンバーガーってブラックさんは食べたことありますか?」

ブラック「2、3回食べた。美味しいのは美味しいが、その…破廉恥な食べ方をする奴が居てだな…今は少し躊躇いがある…」

※ターレスさんのせいです

「破廉恥…?」

ブラック「も、もう良いだろう!さぁ、早く進めてくれ」

「そうですね。じゃあ単刀直入に言いますがハンバーガーを綺麗に食べる方法って知ってますか?」

みんな「…綺麗に…?」

「早押しでお答えください!」

ピンポーン

ブラック「一口で食うッッ!!!」

「じゃあ、一口でちょっと食べてみてください。」

ブラック「任せろ。簡単だ。はむぅ…!ぉぇっ…」

キラキラ〜

ツッタカターにて

ブラック君…ついに吐いた。

俺さ、ブラック君正直嫌いだったけど、これ見て応援したくなった。

ゲテック放送事故思い出した

流石に一口は難しいぞブラック君。

〜〜

「太鼓●達人で勝負だ!の時間です!今回の挑戦者は大人気モデル、早乙女ブラックさんでーす!」

ワーワーキャーキャー

「ブラック君はなんの曲で勝負するんですか?」

ブラック「ドンカマ2000、だ。」

「ルールはどうしますか?」

ブラック「簡単は簡単のスコア、普通は普通のスコア、とにかくスコアで争うのだ。鬼までするからな。」

「自信はありますか?」

ブラック「ある!」

〜プレイ

良以外はとらず、間違いもない。全良フルコンボ来る!と思われたブラックであったが…

ドンカマ2000と言えば、最後に超絶鈍いカッがやってきて終わりである。

しかしブラックさんは…

簡単にて、最後のカッ

ブラック「セイッ…あれ、セイッセイッ!!」

まさかのカッをちゃんと叩いたのに反応せず、ノルマクリア。

普通にて、最後のカッ

ブラック「…そいっ!そ、そい!そい!」

また反応せずノルマクリア。

難しいにて、最後のカッ


ブラック「……ぅらァァッッ!!!」

しかし反応せずノルマクリア。

鬼にて、最後のカッ

ブラック「…はぁ…どうせまた…」

フルコンボだどーん!

ブラック「で、できたどーん♪♪」


ツッタカターにて

ブラック君可愛すぎひん?

全良とかむっちゃやりこんでるやんブラック君

できたどーんって笑顔になったブラック君みてたら、やっぱりまだ子供なんだなぁって思った

10年後楽しみやん


嵐に●やがれ!のネタを少し入れてみた(*・∀・*)

掲示板!?見てくる!!

ツムツムだけ見れない←←

前にアドバイスほしいって言ってたから言うぜ。辛口?気味よ覚悟なさい。

ブラックは体良くできてたけど、腕が少し細いかな。

悟空は手が小さ過ぎるのと、腕てきとうに描いたでしょ、わかるゾ←

バダちゃんはですね、SSは肩がだめだ。

参考画を良く見るのだ。

あと体が太い。腕も太い。髪の毛が若干潰れてるかな

通常バダちゃんツンデレラverは、体が太い。バダちゃんはレタスみたく足は太くない。

もうちょい細いかな。

レタス「俺がデブとでも言いたいのか」

僕はそう確信している☆

通常バダちゃん、このクソレタス何やってんだ?と疑問を抱くver

うぬ。体がやはり太いのと、何か首…いや鎖骨?辺りに違和感を感じる。


良いところ

顔は綺麗、というか可愛いし原作みたくかけている点が素晴らしい!

色塗りがすっごい綺麗!!

ブラックの体ふつくしい。さらにブラックの服のシワも良く描けています!!


さっすがあやリー!!

あやリーならすぐ上達するから頑張れ!





Re: その背中に手が届くまで。 ( No.356 )
日時: 2018/10/17 20:14
名前: あやリー

あ、大丈夫よ。あの世とこの世の両生類だから←

※ターレスさんのせいです、に盛大に吹いたw何があったのか詳細を尋ねたいw

一口wそりゃ吐くwww

ドンカマ2000とかヤバい。絶対不可能じゃんあれ。身勝手の極意じゃねえとできねえよ←

ブラックさんの「……ぅらァァッッ!!!」が好きw

可愛すぎるぜクソッタレ。


え、ツムツム見れない?なんでだろ(^^;)まあ今度再投稿してみるね!!!


おう!来い!

あ〜ブラックさんと悟空さのはいい絵がなかったからその場でさささーって描いたんだがテキトーさがバレたかw←

でもテキトーに描いたのじゃなくても腕とか手とか特に苦手なんだよね〜。

肩!!!…うん確かに苦手や。

バ「普段自分の肩見ろよ。」

そだねーーー!!!

体なんだけどね、バダちゃんの着てるのってかぶる戦闘服だからさ、ウエストにフィット!みたいのじゃねえよなーってなってこの始末☆戦闘服ってどう描けばいいのー!?T^T

私は腕の筋肉をつけたがる←

あ、ほんとだ足太い。←まだ体のバランスが取れないから違うなーって言ってるうちに太くなる。

レタスがデブw

鎖骨のはテキトーに描く病を治します。

ありがとうございますっ!!!褒めてもらうようなもんじゃねえけど!







Re: その背中に手が届くまで。 ( No.357 )
日時: 2018/10/17 21:02
名前: 駄文のゲロカス墓場

今日、10月17日は、バーダックの命日だぁぁぁッッ!!!

バーダックちゃん大好き大好き大好き大好きヒィィィィ!!!

何も用意出来てなくてごめんねバダちゃぁぁあん!!!

ってことで何か小説を。


ミラ「あなたの風邪に、狙い打ち。バキューン」

ターレス「グッヴォエ!!?」チーン

バーダック「ターレスがレタスだったものになっちまったな。」

ミラ「今日はお前の命日か。命日ってどんな内容の小説を書けば良いのかわからないってエクスが言ってる」

だってわからんし。今回初めてバダちゃんの命日を祝ってるんだよ?たぶん。

ミラ「とりあえずギャグで良いだろ」

バーダック「こいつのギャグは面白くねぇよ。とりあえずヒトラー達に頼むか」

ミラ「…フェーゲラインの様にターレスは蘇らないんだな。」

バーダック「え、待って、マジで殺ったの?」

ミラ「うん」

バーダック「こらああああああああッッ!!それじゃあターレスの命日に塗り変わっちまうだろ!!?」

ミラ「じゃあ、ミラがターレスをボコした日にすれば良くないか」

バーダック「嫌だ!!俺の命日に何も被せたくない!!」

では、こうしようじゃないか

ミラバダ「?」

ザオリクッッ

ターレス「痛かった…」

ミラバダ「きゃーっキモーイ!!」

ターレス「ボッグァガァッッ!!?」

…ターレスがレタスだったものになってしまったな。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。