BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

その背中に手が届くまで。
日時: 2018/04/02 21:11
名前: あやリー

駄文はもう常識。キャラ崩壊も慣れてきたであろう(いやいつまでたっても慣れないだろwww)あ、もちのろんで腐向け。本当に今回は逃げたほうがいいよ!

設定…黒空。なんかシリアスなの?なんなの?って感じ。いつもはギャグで誤魔化してた文才の無さが溢れ出ております。(笑)苦手な方はぜひブラウザバック推奨!!

ーこんなにも近くにいるのに…。こんなに手の届く距離にいるのに…。なぜか振り向いてくれない…。当たり前だけど悲しくて…。ねえその目はどこを見ているの…?教えて…ー

ユサユサ

ザ「……ック、ブラック!」
体が揺さぶられる感覚に嫌でも夢から覚めさせられる。決して気持ちいいとは言えない目覚め。
ザ「起きたか?今日も人間ゼロ計画をしに行くぞ。」
ブ「…ああ。」
頭の上で俺を揺さぶっているのはもう一人の俺、ザマス。俺の同志だ。…正直にいうと最近人間ゼロ計画などどうでもよくなってきた。しかし俺は決してそれを口に出していうつもりはない。理由は二つ。一つ目は同志を裏切って悲しい顔をさせたくないから。もう一つは…アイツと会う口実がなくなるから。アイツ…孫悟空は最初、俺にとって不愉快な存在でしか無かった。嫌で嫌で仕方なかった。……しかしいつのまにか惹かれていた。いつからだか分からない……でも俺は同じ顔の奴に恋をしたのだ。それがとても不思議だった
ブ「(なぜよりによってあの孫悟空なのだ?)」
ザ「はあー。いつまで寝てるつもりだ?ほらさっさと支度をして出かけるぞ!」
ブ「…わかった。」
色んな事を考えいるとまた頭上からうるさく聞こえてくる声。言われなくともわかっている。俺が上半身を起こすとザマスは退き、部屋から出ていった。

支度を終え、ザマスと共にいつもの場所に向かう。

ブ「…いた…。」
ブラックの視線の先には自分とそっくりな男。その姿を見るとたびたび罪悪感を覚える。
ブ「(アイツは俺のように私利私欲の為ではなく、大勢の人間の為に戦っているんだ…。こんないい加減な気持ちで人間ゼロ計画など続けていて良いのだろうか?)」
そして俺はその答えを知る為に今日も戦う。その気持ちの意味を知るまで…この想いが届くまで…あの背中に手が届くまで…俺は人間ゼロ計画をやめないつもりだ…。

駄文あとがき
やべえぞ…多分今までで一番の駄文だぜ…。ブラック厨二病っぽいし。気力が続かないし!!本当にここまで読んでくださったみなさん。本当にありがとうございましたぁぁぁぁぁ!!!(全力で土下座)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: その背中に手が届くまで。 ( No.393 )
日時: 2018/12/25 15:45
名前: あやリー

?私みたいなバカには見えないバグなのかな?( ´ ▽ ` )全然みつからないww

来ましたよ!!!確実に(キリッ)ていうかもうほぼ味方状態。だって悟空が食料届けに行ってるくらいだもの。

相変わらず私が大好きな、残忍冷酷ちょっとお茶目なフリーザ様でいてくれてるの有難い

クラスでドラゴンボールの映画の話題とかはたまに出てくる。しかし話せない← 先週私の後ろの席の男子が「だれかドラゴンボール知ってる奴いねーのー?」って言ってたけどコミュ障の私は「はーい!私ドラゴンボール好きだよー!!!」なんていえずとりあえず席でニヤけている変人←

同級生と話すのは苦手だけど何故か後輩や先輩とは普通に話せる←

まあドラゴンボールについて語れるリア友はあまりいないということだ!!!(キリッ

だからハムタロス達みたいなドラゴンボール好きと話せるのは本当に嬉しいお( ;∀;)

ヒプノシスマイクとかヨコハマディヴィジョンとかを知らない流行力0の私←
ていうか最近流行の歌やグループさえ知らない←

タ「乗り遅れすぎだ。ていうかいい加減山Pの顔くらい覚えろ。」

あやリー「全部同じに見える…(・Д・)」


クソ以下のクソは流石にかわいそうwwwwwwww

え、ちょっと待って独歩と一二三かっこよすぎ!!!!!めっちゃイケメンやんけ!!!

そしてそのイケメン独歩と一二三に土下座されそうになったのでこっちも土下座仕返すm(_ _)m

そして超カッコ可愛くて映画で大活躍のバーダックに謝られたのでこっちも謝り返すッ!!!

なんかよくわからんけどごめんッッッッッッ!!!←

あ、最近ね、ツイッターでね、タレバダがね、再熱しつつあるのよ!!!!!!!めっちゃ推し絵師様がこの前タレバダ描いてて萌え死んだ←













Re: その背中に手が届くまで。 ( No.394 )
日時: 2018/12/28 13:46
名前: 駄文のゲロカス墓場

わしも最近流行のアイドルとかわかんないけど、アリエールからヒプノシスマイク教えてもらってからハマッたの←

そして気づいた。名前に三がついてる人はチャラい。

ヴァンガード 三和タイシ

ヒプノシスマイク 一二三(上の名前ド忘れした)

ベジットは三ないけどチャラい。

とりあえず、ヒプノシスマイクの音楽聞いてみておくれ…

『ヒプノシスマイク Division All Stars 「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」』

面白いから←

一二三と独歩は面白いから←←

ジャイ●ンの声優さんとザーボンの声優さんいるから←←

ザーボンの声優さんがラップしてるんやで!!←←

摩天浪の寂雷のおじいちゃんがザーボンだから!!!←←

ザーボンかっこええで←美しいで←

フリーザ「…く、演歌は駄目なのか…!!なら、私も演歌を止めて…ラップを…」

独歩「え、かの有名なフリーザ様がラップ?…え」

一二三「ひぃぃいぃぃッッそういやあやリーさん女の子だったぁぁぁッ」←ホストのクセに女性恐怖症

独歩「一二三…仕事用のスーツきなよ…」

とりあえずあやリーにおすすめは、三郎君かな?

可愛くて天才肌で自分より下の人はすぐ見下すヤンデレ←

ロゼたんが腹黒くなったって感じかね?

三郎君じゃなかったから、理鶯様かな?

ヒプノシスマイクの幼女と言われている元海軍(ニート)

ちなみに理鶯はブラックさんとは違って料理の腕前はプロ級なんだよ。ブラックさんは違って←

ブラック「……」

しかし、具材がタランチュラとかラベンダーとかだからゲテモノ料理になっちゃう←しかし具材が普通なら超美味い

そして、そのゲテモノ料理を食えるのは理鶯、独歩、帝統(ダイス)、三郎の三番手組だけである。

※三郎は食べる描写はないが、どっかで食べたというのを聞いた

ちなみに一二三はおもいっきり嘔吐。左馬刻様、銃兎は意識がお空へぶっ飛びました。

あやリーってツンデレキャラ好き?

ツンデレキャラだったら、左馬刻様かしら←←

バダちゃんって仲間思いで、強くて柄が悪いでしょ?

左馬刻様も、仲間思いで強くてヤクザなのさ、妹大好きヤクザ←


バダ「ツンデレじゃねーよ!」

ギネ「何言ってんだツンデレ」

バダ「……」

理鶯「バーダックとやら。小官が元気の出る料理を作ったぞ。タランチュラシチュー」

バダ「すまん。いらん」

左馬刻「食え!サイヤ人ってむちゃ食うんだろ!?」汗

銃兎「バーダックさん、是非食いやがれです。」汗

バダ「食わねぇよ!!」

カカ「いっただっきまーす!!」

バクバクッ

カカ「おぇえぇぇッ!?」嘔吐後、気絶

左馬刻「まぁあれが普通の人間の反応だわな」

帝統「あ、理鶯さんの飯!いただきまーす!!…うめぇ!!」

三郎「俺も食べて良いですか…?」

理鶯「うむ」

独歩「あ、あの、俺も」

理鶯「いっぱい食べてくれ」

三郎「はい!」

独歩「では、いただきます!」

銃兎「あいつらへたしたら人間じゃねぇな」

左馬刻「へたもクソもねぇ。絶対バケモンだ」

バダ「カカ!?おい!?」

カカ「……ぅ…ぇ」



明日から大掃除だぁ…

Re: その背中に手が届くまで。 ( No.395 )
日時: 2019/01/07 17:28
名前: あやリー

返信遅くなってごめんよぉぉぉぉぉおおおお!!!

三ってなんかチャラい呪いがかかってるのか!?wwww

そしてベジットは三が付いてないのにチャラいで吹いたwwwww

ちょい検索かけてくるわ!

え…すごい…めっちゃイケボやんけ…イケメンやんけ…

ていうか一二三マジでチャラいオーラ全開でワロタw独歩のやつは完全に愚痴じゃねえかwwキレる中年の見出しになったろうかいィィィィィィ!?が好きすぎて巻き戻してはそこ聞いてを繰り返しているw麻天狼チーム好きwwww

ザーボンは第二形態がきm(殴

フリーザがラップってw

一二三さんもしかして仕事用のスーツ着ると平気になるタイプかw

三郎の見た目どストライク←

ほくろが好きw

いや結局ゲテモノになるんかいっ!!!

っていうか食えるやつらもすげぇw

一二三の反応が普通人の反応だな

シスコンヤクザw好きかもw

カカの勇気がすごい…Σ(゚д゚lll)うちぜってえ食わねえwwwww

基本なんでも食えるカカでも無理とかやべえw食えるやつらの胃が心配だ…ww


Re: その背中に手が届くまで。 ( No.396 )
日時: 2019/01/20 09:53
名前: 駄文のゲロカス墓場

ヒプマイのせいでラップにまでハマって最強ラップ作ってる←


更にヒプマイの沼から抜け出せない…←


ちなみに理鶯が作ったラベンダーのお茶を考察


理鶯の料理がいける独歩の証言


「ん…苦いけど…すごく心がおちつきます!!…あの、作り方教えてくれませんか?」


では一二三の証言


「うおえええええええええええええッッあぁぁ…」パタリ


この2つから推測するに独歩の苦い、は


私達通常の人間であれば言葉では説明できないほどの苦さであることが推測できます。


次、独歩の心が落ち着きます


この事から通常の人間であれば、心臓を圧迫され、胃から込み上げる熱いものが逆流し


心が落ち着く以前に脳がパニックに陥ります。


そして嘔吐をし、天国のおばあちゃんが頭を過るのです。


以上の事から三番手組はバケモノと言えます。


証明完了


左馬刻「宇宙人であるサイヤ人すらをも超えたからな」


ヒプマイのアンセムも聞くのです…←


独歩はブッコロスゾオォイ!?などと脅迫しますから(ry


あとね、ヒプマイのラップ歌い始めてから歌唱力むっちゃ上がった


お恥ずかしい事に前まで60後半辺りしか出せなかったのですが


ラップを歌い始めたら80余裕で越えるようになりました←←


凄くね?ただし高音が苦手だから高音の練習せなかアカン。


あとラップは早口だから、もともと早口が得意な方のわしは


三郎君のパートは地獄です。高音で更に早口で言おうとしたら三郎君より早くなってしまう悲劇…←



ヒプマイ 文字起こし ←検索してね(ry


一郎のもはやラップではなくジャイアンリサイタル 放送禁止間近のラップ

二郎のヒモラップ

理鶯の滝ラップからの濡れラップ

空き地ディヴィジョン

終わらないじゃんけん

おす尺。

本当に心から笑った←


暇なら2broのザ フォレスト 見てね←いい加減黙らっしゃい


Re: その背中に手が届くまで。 ( No.397 )
日時: 2019/02/16 08:21
名前: あやリー

ひっさしぶり〜!!!

ミナコイでも言ったがラップ作れるの凄すギネちゃん(寒すぎる親父ギャグによって親父と化したあやリー14歳)

あ、うちも沼にハマったらしばらく出られない民←

独歩と一二三の反応の差www独歩ヤベェwww

天国のおばあちゃんwwそんなにヤバイのかラベンダーのお茶ってww

………飲んでみようかな(興味)

カ「ピーマンも食えねえおめえには無理だ!!!やめとけ!!!」

理鶯「?」

独歩のブッコロスゾォイ!?ってクセになるよね(白目)(゚ω゚)

タ「おーいあやリー戻ってこーい」

独歩のキレてるシリーズが好きすぎる…(゚ω゚)(゚ω゚)(゚ω゚)

バ「…なんか覚せい剤飲んだやつみたいだな…。」

結論 独歩のキレてるシリーズは覚せい剤

は、80!?ちょっと待って80!?高くね!?←70あたりを彷徨ってる人

高音うちも無理や←弟に負けてる始末☆

は、早口得意なの!?いいなぁ…

あやリー「ナマムギナマゴメナマ×◯☆※〜…言えた!!!」

強行突破していくスタイル☆

私が唯一言える早口言葉は「炙りカルビ」×5である

さぶろーくんより速くなるってヤバイってwwwハムタロスもラッパーになった方がいいwwww

とりあえずは一番上にに出てきた「まさかの…!?新ディビジョン結成を語る4人w」を見たぜ!!!wwまずは言いたい事を言わせてもらおう

wwww空き地ディビジョンッッッwwwww

ハムタロスの見たときは「?どういうこと」となったが理解したwwwwwジャイアンリサイタルwwww

あと寂雷先生のお声イケメンすぎぬ?好きあと一郎の「あのぉ〜〜〜一郎に関してわぁ〜〜あのぉ〜〜〜〜おほほぉ〜〜〜」←これスキ

そしてこのシリーズいろんなの今みてるがいちさぶ前提で進められてるの草で萌えw(意味不な日本語

2broも見たよ!!!

見る前→あッッちょっと待って!!!ホラー!!!!ホラー!!!(ガタガタ)1人だと無理やねん!!!

見た後→機内食がぁwwwwコーヒーがぁwww息子っぽいやつぅwwいろいろあったが最初が一番吹いてしまったww怖くねえwwwwいや兄者とおついち(このペアだったっけ?)が弟者しゃがんだりくるくるしたりして煽ってるのも好きwwwそしてあの原住民?がしつこすぎる件についてww

時間あったら2とかも見てみようかなぁ…







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。