BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

その背中に手が届くまで。
日時: 2018/04/02 21:11
名前: あやリー

駄文はもう常識。キャラ崩壊も慣れてきたであろう(いやいつまでたっても慣れないだろwww)あ、もちのろんで腐向け。本当に今回は逃げたほうがいいよ!

設定…黒空。なんかシリアスなの?なんなの?って感じ。いつもはギャグで誤魔化してた文才の無さが溢れ出ております。(笑)苦手な方はぜひブラウザバック推奨!!

ーこんなにも近くにいるのに…。こんなに手の届く距離にいるのに…。なぜか振り向いてくれない…。当たり前だけど悲しくて…。ねえその目はどこを見ているの…?教えて…ー

ユサユサ

ザ「……ック、ブラック!」
体が揺さぶられる感覚に嫌でも夢から覚めさせられる。決して気持ちいいとは言えない目覚め。
ザ「起きたか?今日も人間ゼロ計画をしに行くぞ。」
ブ「…ああ。」
頭の上で俺を揺さぶっているのはもう一人の俺、ザマス。俺の同志だ。…正直にいうと最近人間ゼロ計画などどうでもよくなってきた。しかし俺は決してそれを口に出していうつもりはない。理由は二つ。一つ目は同志を裏切って悲しい顔をさせたくないから。もう一つは…アイツと会う口実がなくなるから。アイツ…孫悟空は最初、俺にとって不愉快な存在でしか無かった。嫌で嫌で仕方なかった。……しかしいつのまにか惹かれていた。いつからだか分からない……でも俺は同じ顔の奴に恋をしたのだ。それがとても不思議だった
ブ「(なぜよりによってあの孫悟空なのだ?)」
ザ「はあー。いつまで寝てるつもりだ?ほらさっさと支度をして出かけるぞ!」
ブ「…わかった。」
色んな事を考えいるとまた頭上からうるさく聞こえてくる声。言われなくともわかっている。俺が上半身を起こすとザマスは退き、部屋から出ていった。

支度を終え、ザマスと共にいつもの場所に向かう。

ブ「…いた…。」
ブラックの視線の先には自分とそっくりな男。その姿を見るとたびたび罪悪感を覚える。
ブ「(アイツは俺のように私利私欲の為ではなく、大勢の人間の為に戦っているんだ…。こんないい加減な気持ちで人間ゼロ計画など続けていて良いのだろうか?)」
そして俺はその答えを知る為に今日も戦う。その気持ちの意味を知るまで…この想いが届くまで…あの背中に手が届くまで…俺は人間ゼロ計画をやめないつもりだ…。

駄文あとがき
やべえぞ…多分今までで一番の駄文だぜ…。ブラック厨二病っぽいし。気力が続かないし!!本当にここまで読んでくださったみなさん。本当にありがとうございましたぁぁぁぁぁ!!!(全力で土下座)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: その背中に手が届くまで。 ( No.402 )
日時: 2019/03/08 19:10
名前: あやリー

おひさー!!!

ある動画にて

一二三「独歩ぉー俺から離れないでよー!(;ω;)」

あやリー「え、ひふどじゃん」


パラガスは絶対性犯罪者wwww

パ「そのようなことが有ろう筈がございません」

左馬時「ああ???とぼけんじゃねえッッ!!!首の骨へし折るぞッッ!!!」

パ「door!!!」


馬鹿な一二三めっちゃ好きwwwwwwwwww←でもジゴロも好きだから救いようがねえ

独歩や寂雷先生とかもそれぞれキャラ違うけど麻天狼ってなんかバランスが取れてるよねw

一郎がブラコン☆←いつものこと

三郎「低脳の分際で一兄に褒められるとか許せないんだけど。」

二郎「だーれが低脳だって〜?」拳を握りしめる

三郎「ほら、すぐそうやって手を出そうとする…これだから馬鹿サルは…」

一郎「兄弟で喧嘩するなっていつも言ってるだろ………」

二郎「う…ごめんよ兄ちゃん…」

三郎「すいません、一兄……あ、あの…僕は四字熟語で例えるなら何になるでしょうか…」

一郎「三郎は…才色兼備だな!!!」ニカッ

三郎「一兄…( ;∀;)」

end

パ「オチがあると思っていたお前の姿はお笑いだっt…door!」


左馬時様を煽る一郎の度胸よwwwww

左馬時様、理鶯飼いならしてるな〜www

………結婚式はいつですか?(真顔)

意思の弱い独歩が可愛すぎるwww

結論、ヒプマイのキャラはすっっげえ馬鹿とめっちゃ天才の二種類に分かれてる







Re: その背中に手が届くまで。 ( No.403 )
日時: 2019/03/10 14:55
名前: 墓場

へーい、おひさ!

ドラマCDみたのかな?

ひふみん可愛いよね((

意外とひふどだけじゃなく、じろ←ひふ(二郎×一二三)好きなんだよね←

あと、左馬時じゃなくて、左馬刻よん←

左馬刻「俺は左馬刻様だ。マカロニサラダ、良く食べなれたよくある味だな。欲張りさんが、たくさん食べれば、一郎の分はないという有り様さ、わかったか?人参もピーマンもちょっと苦いゴーヤも、お残しは許しまへんでぇ食べないなら今すぐ殺す」

銃兎「はい、食べます食べます食べます!人参なんて大好物だし〜ピーマンも頑張れば食べれるし、ゴーヤも苦いけど、肉となら食べれない訳じゃないし、まぁまぁ食べれないものなんてあるわけない」

理鶯「まずは合掌。次に感謝。小官はお箸が使えないんだにゃん。スプーンフォークに感激感謝。今日のご飯は焼き魚でしたぁ…」

替え歌楽しい←

あやリーよ、帝統×理鶯にハマってく((ry


一二三「じろっちゃん!拷問官役して!俺っち主人公役やるから!」

二郎「しゃあねぇな…お前には家族がいるようだな?」

一二三「家族…つまりどういうことだ?」

二郎「家族が危ないって意味だよ」

一二三「危ない…つまりどういうことだ?」

二郎「家族にもう二度と会えないってことさ」

一二三「もう二度と会えない…なんで?」

二郎「家族にはあの世にいってもらうんだよ」

一二三「あの世…つまりどこいくの?」

二郎「死んでもらうってことだ」

一二三「死ぬ…なんで死ぬんだ?」

幻太郎「よく主人公になれたなこいつ」

銃兎「こんな無能を捕らえる必要あるんですかね?」

幻太郎「成功しても何も聞けないですよこれじゃ」

銃兎「学習中のAIなんでしょうかね」

二郎「こ、こいつ…両目を潰して鼻を追って耳を千切って歯を全部抜いて四肢を全て切断して腹を捌いても口を割らねぇ!!」

幻太郎「死んでませんかねそれ」

銃兎「死体に喋り掛けてるガイジ」

二郎「…。し、死んでる…何でだ?」

〜〜子育て(?)で困っていること


左馬刻の事務所で左馬刻が理鶯をしかっていて

「言うこと聞かないんだったら銃兎に頭撫で撫でさせるからな」

「やだー!!」

私が理鶯の頭を撫でるのを罰ゲームにされていたこと。


〜子育て(?)で困っていること2


独歩君が風邪をひいて、熱が下がらない時

「これを巻けば大丈夫っすよ!」

と、一二三君が独歩君の首にネギをまくこと。


〜〜ちょっとズレてるなぁと思った事

映画館で、左馬刻とたまたま会い

一緒に観ることになったのだが、三流映画だった

「つまんなかったな」

そう言って左馬刻を見ると

「ふ…ぅ…!」ズズッ

1人大号泣していたこと。

Re: その背中に手が届くまで。 ( No.404 )
日時: 2019/03/11 19:50
名前: あやリー

ヤッホー!

あれはドラマCDと言うのか…(初耳学)

そうそう!一二三のギャップとんでもなくて好きwwwwwwww

あ、じろひふか!!!知ってる〜!!!

基本的にヒプマイのcpでは苦手なやつはないしリバもバリバリokなんでどんどん推しcp紹介してね!!しかしハマるのにはちょっと時間がかかるからそこんとこはご了承ください!!!!


ああ!!!本当だ!!!やばい!!!恥ずかしさで死ねる!!!ごめんなさい!左馬刻様!!!


お残しは許まへんでえが懐かしすぎて泣いた

なんだかんだ言ってるが銃兎には苦手な食べ物多そうだなww(個人の偏見)

理鶯のにゃんで死んだ(あとは頼んだぜ…)


今頑張ってピクシブ検索しまくってる!!!もう少し待っててね!!!


さすが一二三と二郎wwwwバカとバカの会話は成り立たないwwwwwww

銃兎と幻太郎のツッコミ明確すぎて吹いたwww


銃兎不憫wwww何、頭ナデナデが罰ゲームってwwww

一二三ィィィイイイイwwwwwwww原始的すぎるwwwwwww

あら、左馬刻様にも可愛い一面が(黙れ)









Re: その背中に手が届くまで。 ( No.405 )
日時: 2019/03/19 14:59
名前: 墓場

返信遅れた((

ヒプマイのキーホルダーで理鶯がむちゃくちゃ可愛いのがあったけど

当たらなかった((


カラオケに行くことになった俺達。

だが、幻太郎のせいで腹筋崩壊するとは誰も思ってなかった。

まぁ普通にみんなで歌っていたいたが、そろそろネタがつきて頃

みんな飯を食べる事に必死になり、シーンとしている俺達のカラオケボックス。

しかし、幻太郎が立ち上がった。

画面に現れる『海の声』

流れるイントロと幻太郎の悲しげな真顔

これは本気で歌うな、と乱数がカメラをまわす。

イントロが終わる5秒前、幻太郎が深く息を吸い、みんなが期待の眼差しを向ける。

4、3、2、1…!!

始まった…!

「ゾォガァオォゴゲガァア」

幻太郎の喉から放たれるドナル●ダックの声

むちゃくちゃ苦しそうな幻太郎の顔

いきなりの事に目が点の理鶯と吹き出す俺ら

「ヴミノォゴエグガァ」

腹が捩れ、目頭に涙を溜める俺達

心配そうな顔の理鶯

サビに突入する前の幻太郎のむちゃくちゃ苦しそうな顔

ついにサビ突入で隣の銃兎の笑い方がヒィヒィとヤバくなり

先生なんて笑い声が出ないくらいに爆笑

乱数は笑いを堪えようとしているが笑いのせいで手がガクガク震えていて

一郎は足をバタバタさせながら爆笑

三郎と二郎は笑いを抑えるために飲み物を口に含むは良いが吹き出してしまう

帝統と一二三は床に転がりながら大爆笑

独歩は口の中のラーメンを飲み込もうと必死で笑いを堪えているが

「オドジャァアンンン」

で遂にラーメンを吹き出して大爆笑

理鶯も遂に笑い出して

俺は笑い過ぎて咳が出て

ラスサビ後の静かな所で、一郎がグー●ィーの物真似して

「届くと良いね」

とか言うから乱数が遂にブゥバァとか言いながら吹いて

むちゃくちゃ声低くて、それにも大爆笑で

幻太郎以外の腹筋が死んだ。



〜〜〜

是非、ドナル●ダックが本気で「海の声」歌ったよ!!!

を聞いてほしいwww

幻太郎が歌ってると想像しながら聴いてくださいwww

腹筋がww死ぬwww




幻太郎「ガンジョォオネヂャイジャガヂュブウ」

みんな「ひひww腹ww死ぬwwww」

Re: その背中に手が届くまで。 ( No.406 )
日時: 2019/04/03 10:18
名前: あやリー

久しぶり!昨日タレ黒の同人誌見つけて騒ぎまくってたあやリーだぜ(`・ω・´)(おい)

あ〜悔しいよねそういうの。うちもガチャで推しが出なかった時「あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”(;ω;)」ってなるw

意外と歌が下手なげんたろー可愛いw期待させてから落としてくスタイルw

それぞれの笑い方が個性出てて好きだわwwwwカオスすぎるwwwwww

一郎のグー●ィーのモノマネ聞きたすぎるwww
〜〜〜〜〜〜〜

いやwwww待ってwwww聞いてきたんだけどwwwwやばい似てるwwwドナルドだわwwwwあと浦島の動画と口の動き完全一致はズルいwww

げんたろーこれはダメだwwwwwwあと2日遅れたけど幻太郎誕生日おめでとうwwwww



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。