BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

その背中に手が届くまで。
日時: 2018/04/02 21:11
名前: あやリー

駄文はもう常識。キャラ崩壊も慣れてきたであろう(いやいつまでたっても慣れないだろwww)あ、もちのろんで腐向け。本当に今回は逃げたほうがいいよ!

設定…黒空。なんかシリアスなの?なんなの?って感じ。いつもはギャグで誤魔化してた文才の無さが溢れ出ております。(笑)苦手な方はぜひブラウザバック推奨!!

ーこんなにも近くにいるのに…。こんなに手の届く距離にいるのに…。なぜか振り向いてくれない…。当たり前だけど悲しくて…。ねえその目はどこを見ているの…?教えて…ー

ユサユサ

ザ「……ック、ブラック!」
体が揺さぶられる感覚に嫌でも夢から覚めさせられる。決して気持ちいいとは言えない目覚め。
ザ「起きたか?今日も人間ゼロ計画をしに行くぞ。」
ブ「…ああ。」
頭の上で俺を揺さぶっているのはもう一人の俺、ザマス。俺の同志だ。…正直にいうと最近人間ゼロ計画などどうでもよくなってきた。しかし俺は決してそれを口に出していうつもりはない。理由は二つ。一つ目は同志を裏切って悲しい顔をさせたくないから。もう一つは…アイツと会う口実がなくなるから。アイツ…孫悟空は最初、俺にとって不愉快な存在でしか無かった。嫌で嫌で仕方なかった。……しかしいつのまにか惹かれていた。いつからだか分からない……でも俺は同じ顔の奴に恋をしたのだ。それがとても不思議だった
ブ「(なぜよりによってあの孫悟空なのだ?)」
ザ「はあー。いつまで寝てるつもりだ?ほらさっさと支度をして出かけるぞ!」
ブ「…わかった。」
色んな事を考えいるとまた頭上からうるさく聞こえてくる声。言われなくともわかっている。俺が上半身を起こすとザマスは退き、部屋から出ていった。

支度を終え、ザマスと共にいつもの場所に向かう。

ブ「…いた…。」
ブラックの視線の先には自分とそっくりな男。その姿を見るとたびたび罪悪感を覚える。
ブ「(アイツは俺のように私利私欲の為ではなく、大勢の人間の為に戦っているんだ…。こんないい加減な気持ちで人間ゼロ計画など続けていて良いのだろうか?)」
そして俺はその答えを知る為に今日も戦う。その気持ちの意味を知るまで…この想いが届くまで…あの背中に手が届くまで…俺は人間ゼロ計画をやめないつもりだ…。

駄文あとがき
やべえぞ…多分今までで一番の駄文だぜ…。ブラック厨二病っぽいし。気力が続かないし!!本当にここまで読んでくださったみなさん。本当にありがとうございましたぁぁぁぁぁ!!!(全力で土下座)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: その背中に手が届くまで。 ( No.407 )
日時: 2019/04/21 21:52
名前: 墓場

久しぶりあやリー!!

寮生活存外楽しい←

ちなみに友達いっぱいできた←←

ドナ○ドの声真似を全力でするげんたろを想像して腹が捩れたw


左馬刻「死ね!」

一郎「いきなり死ねってどういう事なんだ?左馬刻って社会の常識ないの?」

左馬刻「…てめぇ…喧嘩売ってんのか!!」

一郎「普通は、あのう…すいませんけれども死んでくれませんか?とか、あなたには死ぬという選択肢もありますよ、とか言うものなんだぜ」

三郎「あなたみたいに最初から喧嘩腰だと言われた方は、じゃあ死んでみようかな、という気持ちがなくなるものです。」

左馬刻「え?え?」

二郎「……昨日三郎に言われたやつだ…」

三郎「まずは親切に丁寧に人に死んでと頼むべきだと思いますよ。そこから人の輪と協調が生まれ、よーし死んでみるか!という気持ちが生まれる訳です。」

左馬刻「え、そ、そうなのか…?」

一郎「ほら、左馬刻やってみろ」

左馬刻「い、一郎。死んでくれません、か」

一郎「よーし!いっちょ死んでみっかぁ!」

銃兎「死ぬな。いろいろ困る」


〜りおー

理鶯「二郎君は一個10円の豆腐と一個150円のポッセのご飯を握り潰してこう言いました。…やっと潰せた…固すぎんだろ…っまじ、はぁ、」

二郎「馬鹿にしやがって許さんマジ」


〜拒否権

[三郎]もういっそのこと農家やろうと思ってる人いない?YESか農家で答えて

[帝統]地味に拒否権がないんだがそれは。

Re: その背中に手が届くまで。 ( No.408 )
日時: 2019/04/21 21:54
名前: 墓場

あいうえお演技力 ページ28

一郎「めんどくさいから1つずつ言っていくのな、お題はおばあちゃん。俺からな。あぁ…腰が痛い」

左馬刻「いい加減孫の顔を見せておくれ」

乱数「ぅうう…足が…」

寂雷「えぇからえぇから…上がっとき」

二郎「おばあちゃんね、孫の顔を見れただけでもう嬉しいわぁ」

銃兎「可愛い孫の寝顔を見てたら…お前の子どもの頃を思い出すよ」

幻太郎「聞かんでえぇ…お前はなぁんにも悪くないんじゃけぇ」

一二三「食ぅてけ食ぅてけ、どうせあんたの冷蔵庫はすっからかんで、コンビニ弁当で済ませてるんやろ?」

三郎「毛が抜けてきた」

理鶯「このままじゃ禿げる」

帝統「流石に…もうこの歳じゃ…抜けちゃうのはしかたない、わね…」

独歩「CMでやってた、あのウィッグ試してみようかしら…」

一郎「……え、待って。続けるべきか?」

理鶯「3番手は仲良しなのでね。」

一郎「……。酢飯が食べたい?ったく…本当に我儘なんだから」

左馬刻「煎餅食べる?煎茶もあるから、ほら、ゆっくりしぃや」

乱数「そうめんが食べたい?今は冬なんだら、夏まで我慢なさい」

寂雷「叩くだけじゃなくて、優しめに揉んでほしいんだけど…肩が痛くて痛くて…」

二郎「な?な、な、…菜の花……畑の〜」

銃兎「に、………。尿意が、尿意がぁ」

幻太郎「温まっておいき」

一二三「ね……猫の名前?この子はジャスティヌスっていうのよ」

幻太郎「タマとか繁三朗とかにした方が」

三郎「残り僅かの年金」

理鶯「はぁ…じぃさんの元へ行きたい」

帝統「一思いに、死んでみようかしら…」

独歩「2人の思い出を、死後の世界でもう一度…」

一郎「屁なんてするものじゃありません」

左馬刻「ほら、お年玉あげる」

乱数「またズボンが破けてるじゃないの!」

寂雷「見ない間に立派になって…」

二郎「胸張っておいき」

銃兎「目薬もさせんのかい。しかたないねぇ」

幻太郎「もう、私はまだ元気ですから」

一二三「やだやだ…この歳じゃねぇ…」

三郎「逝(ゆ)く先見えぬが歩み逝く暗闇、1人歩く人生の終始点」

理鶯「世の中の広さを考えれば、己の死など世を変える事はなく」

帝統「若き日の約束今果たさん。愛し合った過去を永遠に。今」

独歩「を明日へ繋げる為に、あなたに会いにいきまする。見え」

3番手「んあなたの姿夢に見る。あなたに会うため此の身捨て」

3番手以外「お、おお…」



タレ黒…タレバダぢゃねぇの?←タレ黒も好きやけども((

きぇえええい!!←

Re: その背中に手が届くまで。 ( No.409 )
日時: 2019/05/11 02:52
名前: あやリー

やっほう!!!久しぶりすぎてパスワード忘れかけててビビったわw

いいな!!!寮生活ってなんかすげえお泊まり感あって楽しそう!!!そして友達いっぱいできるの羨ましすぎるぜ!!!←未だ友達少ない人

バダ「相変わらずコミュ障なおってねえのかよ…」

あやリー「ど、ドラゴンボールでなんとかなる!!!(ならん)」


だ、ダメだww山田兄弟は頭いいのか悪いのかわからねえwwwww「よーしいっちょ死んでみっかぁ!」じゃねえわwww生きろwwwww
あ、でもよう考えたらうち左馬刻様に「死んでもらえませんか」って言われたら喜んで墓穴入りに行くわ(真顔)


ぜってえ算数の問題来ると思ってたら全然思ってたんと違って大草原不回避
っていうか理鶯の想像の中での二郎の握力どんくらいなんだよwwwww


yesか農家…!!!そういうことか!!!だれか三郎君に座布団持ってきて!!!
そして就職を強いられるギャンブラーwwだいすの姿が悟空に重なって見えたww


wwwwwwwおばあちゃんあるあるwwwwwこれ実際にキャラが言ってるとこ想像したら腹筋が死んだので責任を取ってほしいwwwwwwwwwwwwwwwっていうか三番手が仲よすぎて普通に萌えるわwww三番手のとこだけストーリーが繋がっててジワるwwww

らむだ「寂雷のジジイはもう老いぼれてるから違和感ないね!」ニコッ
寂雷「飴村くん。少し黙ってくれるかな?」

一二三「独歩ちん「二人の思い出を死後の世界でもう一度…」のセリフに感情こもっててウケるwwww」
独歩「一二三ちょっと黙れ」

一郎「wwwwwwww左馬刻wwwwwww左馬刻が婆ちゃんwwwwwww」
左馬刻「よし殺す」

最後の完成度が高すぎてヤヴァイ…すげえ、婆ちゃんかっこいいやんけ…(幻覚)


そう!タレ黒も十分に堪能させていただいたが(最高でしたありがとう作者さん)タレバダ!!!タレバダが見たい!!!タレ黒描いていただいた作者さん!!!今度は是非タレバダを!!!

それはそうとブラックさんの快楽堕ちが見れて私は浄化された(なんだいきなり)


Re: その背中に手が届くまで。 ( No.410 )
日時: 2019/05/12 08:37
名前: 墓場

あやリーを元気つけるための小説書きました(?)


3人「おっはよー!」

一郎「さぁ第1回おはようdivision!朝のニュース番組だけじゃつまらない!そんな君のために作られた番組!」

3人「おはようdivision!」

二郎「このおはようdivisionは毎朝毎朝各division代表がはっちゃけるだけの番組だぜ!楽しんで見てくれよな!」

三郎「さて今回ゲストを及びしました!さぁゲストの方!いらっしゃい!」

乙統女「はいどーもー!」cvゆう様

三郎「わー!東方天乙統女さんだー!これはびっくりですね!」

乙統女「いや私もものすごくびっくりですよなんでキャラ崩壊しなきゃなんないのかきいいいいい!!!」

一郎「はっはっはー!これは面白い展開だ!さてお便りコーナー行こうか!二郎頼む」

二郎「うん兄ちゃん!えーと、MCネームココイチさんのお便り!一郎さんは左馬刻様とはぶっちゃけ仲を戻したいと思いますか?」

一郎「うーん、迷うなそれは!」

乙統女「視聴者達にとっては仲直りしてほしいって人も多そうですね」

一郎「まぁ、そうかもっすね。…確かに心のどこかでは仲を戻したいのかもしんねぇっす。」

二郎「兄ちゃん…」

三郎「いちにぃ…」

乙統女「で、仲がもし戻ったらなんて叫びます?やっぱりあれですか?」

一郎「心の友よおおおおおお!!!」

三郎「はい、では次のコーナー行きましょう!」

二郎「二郎の!食レポコーナー!」

乙統女「食レポコーナーですか」

二郎「俺したことねぇけど、できっかな…」

一郎「今日はハンバーグ!さぁ視聴者達に伝わるように食レポしてくれ二郎!」

二郎「え、う、うん!!はむ……んぅ、んん。えと、うまーい!!ものすごく熱くて熱いんだよなー!これがー!」

乙統女「そりゃそうです」

三郎「乙統女さんに同意」

一郎「二郎次回までにはちゃんとできるようになれよ」

二郎「うわーんごめんよ兄ちゃん!」

一郎「それじゃあ次のコーナー!」

三郎「えと、さぶろーの!応援コーナー!このコーナーは僕がただ応援するコーナーです。それじゃあ行きましょうか」

一郎「MCネーム無一文さんからのお便り!全額賭場でスりましたどうしよう」

三郎「職について精々働け。」

一郎「それ応援になってんのか!?」

乙統女「そろそろ時間ですね!」

二郎「うお!本当だ!」

三郎「ここまで見てくださりありがとうございました!」

一郎「それじゃあみんなで…!?」

4人「いってらっしゃーい!!」


3人「お、おはよー」

左馬刻「え、えと、第2回おはようdivisionだぜーいえー…」

銃兎「ヒョオ!!今日も一日頑張って行きましょう!!ではまずこちらのコーナー!」

理鶯「りおーの日本語で話そう」

左馬刻「は?理鶯は日本語ペラペラじゃねぇか」

理鶯「日本語はペラペラなのか?見たことないからわからないな」

左馬刻「おう、そういう事か。んじゃお便り読んでみやがれ」

理鶯「MCネームお兄ちゃん大嫌いさんからのお便り、左馬刻おじいちゃんはか、…かっすいい?」

左馬刻「合歓…俺の事を嫌って…?」

銃兎「はいstopstopstop!正解はお兄ちゃん大好きさん、左馬刻おにいちゃんはかっこいい!ですよー!」

左馬刻「合歓ーー!!!きゅん死ぃ…」

理鶯「…ずるいな」

銃兎「では次のコーナー!左馬刻のお悩み相談室ー!」

左馬刻「MCネーム無一文からのお便りだ。…ん?なんか聞き覚えが…」

理鶯「昨日の三郎の応援の時のだな」

左馬刻「とりま読むか。えと、理鶯さんを必ず幸せにするので嫁にくださ…は!?やるわけねぇだろ死ねや!!!」

銃兎「暴言はやめましょうね朝っぱら。では次のお便りは?」

理鶯「MCネーム小春さんからのお便りだ。可愛い名前だな。兄ちゃんが尊すぎてからい」

銃兎「つらいですよ。つかあの馬鹿、小春とか可愛いニックネームとか笑う」

左馬刻「兄ちゃんって俺の事か…合歓…俺も合歓の事が大好きだぜ…」

銃兎「二郎に左馬刻が大好きというこの絵面」

理鶯「そろそろ次のコーナーに行こう」

銃兎「ですね、次のコーナーは!ヒョオ!!ヒョオ!!オススメのメガネを紹介するコーナーだ!って馬鹿か!!」

左馬刻「おい理鶯、ちょっと立てや」

理鶯「うむ」

左馬刻「ここにメガネを置いて」

理鶯「きゃ」

銃兎「この強度」

左馬刻「すごいっブルーライトがカットされてる!」

銃兎「ウサギルーペ、すごい…!」

理鶯「ウサギルーペ、だぁいすき」

左馬刻「と、いうことで、銃兎のサイン入のメガネケースとウサギルーペを先着1名様にプレゼント!」

理鶯「応募方法はツッタカターにてリプを送るだけ。採用された方にはメールが届くぞ」

銃兎「このチャンスお見逃し無く!さて、終了が近づいてきましたね」

左馬刻「意外と楽しいな。」

理鶯「明日はシブヤだな。帝統に差し入れを置いておこう」

銃兎「それでは」

3人「いってらっしゃーい!!」

左馬刻「一日頑張れよな」

Re: その背中に手が届くまで。 ( No.411 )
日時: 2019/06/24 17:06
名前: あやリー

おはようdivision?そんなの毎日見てしまうやんけ!!!

突然の乙統女さんのキャラ崩壊wwww

一郎のジャイアンで腹筋が家出しました助けてwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

じろおおおおおwwww食レポになってないwwww

さぶろおおおおおwwwww辛辣すぎwwwwwっていうか絶対質問したの帝統www


マッドトリガークルー可愛いw

まずテンションの低い「いえー」で吹いたww

そして理鶯の読み間違えが酷いwwwダメージ受ける左馬刻可愛いwww

いきなりのプロポーズwww帝統いい度胸だwwww

か☆ら☆い☆www

ハ●キルーペwwwww

理鶯の「きゃ」が可愛いすぎてからいわwwwwww

このコーナーはいつCMになったんだwww

今日も一日頑張れるわwwwww

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。