BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

その背中に手が届くまで。
日時: 2018/04/02 21:11
名前: あやリー

駄文はもう常識。キャラ崩壊も慣れてきたであろう(いやいつまでたっても慣れないだろwww)あ、もちのろんで腐向け。本当に今回は逃げたほうがいいよ!

設定…黒空。なんかシリアスなの?なんなの?って感じ。いつもはギャグで誤魔化してた文才の無さが溢れ出ております。(笑)苦手な方はぜひブラウザバック推奨!!

ーこんなにも近くにいるのに…。こんなに手の届く距離にいるのに…。なぜか振り向いてくれない…。当たり前だけど悲しくて…。ねえその目はどこを見ているの…?教えて…ー

ユサユサ

ザ「……ック、ブラック!」
体が揺さぶられる感覚に嫌でも夢から覚めさせられる。決して気持ちいいとは言えない目覚め。
ザ「起きたか?今日も人間ゼロ計画をしに行くぞ。」
ブ「…ああ。」
頭の上で俺を揺さぶっているのはもう一人の俺、ザマス。俺の同志だ。…正直にいうと最近人間ゼロ計画などどうでもよくなってきた。しかし俺は決してそれを口に出していうつもりはない。理由は二つ。一つ目は同志を裏切って悲しい顔をさせたくないから。もう一つは…アイツと会う口実がなくなるから。アイツ…孫悟空は最初、俺にとって不愉快な存在でしか無かった。嫌で嫌で仕方なかった。……しかしいつのまにか惹かれていた。いつからだか分からない……でも俺は同じ顔の奴に恋をしたのだ。それがとても不思議だった
ブ「(なぜよりによってあの孫悟空なのだ?)」
ザ「はあー。いつまで寝てるつもりだ?ほらさっさと支度をして出かけるぞ!」
ブ「…わかった。」
色んな事を考えいるとまた頭上からうるさく聞こえてくる声。言われなくともわかっている。俺が上半身を起こすとザマスは退き、部屋から出ていった。

支度を終え、ザマスと共にいつもの場所に向かう。

ブ「…いた…。」
ブラックの視線の先には自分とそっくりな男。その姿を見るとたびたび罪悪感を覚える。
ブ「(アイツは俺のように私利私欲の為ではなく、大勢の人間の為に戦っているんだ…。こんないい加減な気持ちで人間ゼロ計画など続けていて良いのだろうか?)」
そして俺はその答えを知る為に今日も戦う。その気持ちの意味を知るまで…この想いが届くまで…あの背中に手が届くまで…俺は人間ゼロ計画をやめないつもりだ…。

駄文あとがき
やべえぞ…多分今までで一番の駄文だぜ…。ブラック厨二病っぽいし。気力が続かないし!!本当にここまで読んでくださったみなさん。本当にありがとうございましたぁぁぁぁぁ!!!(全力で土下座)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61



Re: その背中に手が届くまで。 ( No.300 )
日時: 2018/08/17 11:59
名前: 駄文のゲロカス墓場

タレバダ♀

宇宙で一番可愛いと そういう言葉を 1日1回は 言え。

その1 お金はお前が必ず支払うようにすること

その2 怪我をした時は直ぐに駆けつけて

その3 絶対に俺を一人にはしないこと。

わかったら早く手を繋いで、微笑んで

別に…お前の事愛してないんだから

キスとかさ、してほしいとかは全然思ってないんだから!!


世界で一番好きな人

気がついて お願い

知らないフリは論外だ

お前は馬鹿だと思ってるの?

もう何だか 辛いものが食べたい! …お金出して。


欠点? 男勝りをやめてくれ?

今更変えられるわけないだろ!

あのね…私だとか言うなんて ちょっと…//

あ、聞いてよ 大きいリボンのクマ

決まってるだろ? 早く買って!

わかったら 今すぐ プレゼントして はい、どうぞって

確かに 我儘は言い過ぎたかも知れない だから

少しくらい叱ってくれたっていいんだぜ//


宇宙で俺だけの王子様

気がついて ほらほら

キスくらい してよ

悪口と無愛想が絶えないな!

もうどうして!? 大嫌いになってきた

絶対お前と、別れてやる…別れてやるわ…!!

頭が良くて、美しい、ナルシが絶えないブラック…だめだめ…

みんな みんな 何故か合わない

友達 年下 変態 

でも俺だって やればできるもん

絶対 後悔させるぜ

近づくな!だって俺は!

宇宙で一番強いんだ!

恋人の一人…二人…すぐに捕まえれるし

ふいに抱きしめられた

ちょっと そんな… え?

「誰にも渡さない」

そう言ってキスするお前

……早く言えよ馬鹿野郎が…//

Re: その背中に手が届くまで。 ( No.301 )
日時: 2018/08/17 18:09
名前: あやリー

よーし!色々あるし家族みんなで見るのは無理だけど、弟のタブレットで今度無理矢理見せてもらおうwwwテスト終わった後なら可能かな…?

何一緒に自殺とか泣く(T-T)魔女と戦うために魔法少女になってるのにそのせいで魔女になっちゃうのはほんとかわいそう(ー ー;)

ところで魔法少女って何回くらい変身したら魔女になっちゃうんですか?(マイナスな感情とかは入れないで)


あ、ロゼたんポスターはトップ製菓の「ドラゴンボール超 イラストガム 第3弾」っていうやつに入ってました!カワチにあったらしいんですがそっちにカワチはありますか?(っていうか知ってる?)

ロゼとタレが入ってきたときのブラックの反応の違いww

プロ級ってwww頑張れブラック!w

ちょっと待て。ミラが料理してるとこ想像すると吹くわwwwwww

ツッタカターとは一体www

殴っwwwwブラック吹っ飛んで壁にのめり込むわwwwっていうか何故に野々村www

確かに身長差ってマジ萌える。もうファンにヤられろよブラックwww(脳が沸騰中)

以下あやリーの世界一くだらない会議(トランクスルー推奨ww)

ブ「ちょ、おま!下品だぞ///!!!っていうかこれ以上受けっぽくなりたくないからなっ!!!私は攻めだからなっ!!!」

あやリー「…ネタは上がってんだ!!もう受けって認めろっっ!!!」バンッ

タレ黒、ベジット黒、カカ黒、モブ黒(全て私の妄想の産物)

ブ「いやいやいやいや、所詮は貴様の妄想…。実際私が受けなものなどそんざいしn」

あやリー「…。」バンッ

ハムタロスが書いた小説タレ黒、まだ見ぬタレ黒R18絵(みたいっ!)、サラサラさんのベジット黒、モモさんのカカ黒(タグはブラック空だがイラストからしてブラック受けと見た。)ブラック受け抱き枕…のイラスト、言いたくないけどザマ黒…(おぇぇ…)など

ブ「……私は何も見ていない。」


最近私の頭の中でブラックさんが受け化してる、ただそれだけの話www

まあどっちにしろブラックさんの立ち位置はそのまま変わらないけどねww

タレ=カカ>ブラック>ロゼ>バダ


ロゼたんもっと嫉妬してもいいんだぜ?っていうかしてくださいお願いします。www

野々村いたら笑うwww


クソ、3秒以内に言っちゃったよ。ブチ犯されればよかったのにwww

バ「なんか言ったか?」キレ気味

あやリー「あ」

デデーン☆

タ「死んだ回数確実にクリリン超えたな。」


続きは後で!






Re: その背中に手が届くまで。 ( No.302 )
日時: 2018/08/17 18:49
名前: あやリー

親が来て死ぬかと思ったぜ…。

最近は赤信号みんなで渡れば怖くないみたいな人が多いんだよねー(私を含めるw)


ちょ、ブラロゼwwこれはカカが悪いwwwwww

ブ「孫悟空、貴様ロゼに何を吹き込んだ?」殺気オーラ

カ「(・・;)な、なな何も言ってねえよ!「好き好き好き好き愛してる!!」って言ったらブチ犯すの意味を教えてもらえるとか絶対言ってねえかんな!!」

ブ「……殺す。」

カ「い!?だから言ってねえって言っt」

デデーン☆


タレバダはもはや国宝やな。その上ワールドイズマインとか神以外の何物でもないだろ。

しかしその1に金の話を出してくるかwww

タ「オレは貯金箱じゃねえんだぞ。」

バダが乙女すぎて(いい意味で)ヤバイ///しかし男勝りも欠点じゃない。長所や(断言)

バダがリボンのクマさんに一目惚れしたお話w

デート中

タ「なああのクマすごく安いぜwぜったいセール品だなw」

バ「ん?」クルッ

きゅんvV

バ「……。」じー

タ「…バダ?どうかした?」

バ「な、なんでもねえよ…っていうかあれ普通に高いだろ。」

タ「そうか?俺なら余裕で買えるけど?」ドヤ

バ「貧乏馬鹿にしてんのかてめえ。(怒)」どかっ

タ「(^o^(グホッ」


家に帰って

バ「(やべえ、あのクマさんクソ可愛い…。欲しい。超欲しい。)」

一体どこで締めくくればいいのやら。

パ「よく見ろ。地獄に行ってもこんな文才のないつまらん小説は見られんぞ。」

あやリー「我ながらそれなwwwwww」

あああああああぁぁぁぁぁ!!!もうなんなのっ!!!バダは可愛いし、タレの「誰にも渡さない」はかっこよすぎて反則だしっ!一体なんなのこの国宝はっ!!!

Re: その背中に手が届くまで。 ( No.303 )
日時: 2018/08/17 20:46
名前: あやリー

タ「小説最近描いてなくね?お前。」

あやリー「このままでは運営様様に殺されるっ!!!!」ガクブル((((;゚Д゚)))))))

タ「というわけでタレバダ。」

バ「どういうわけだよ。」


ピピピピピピピッ

聞き慣れたスカウターの着信音。通信ボタンを押すと聞こえる、聞き慣れた声。

…でも違う。この声じゃない。

俺が今、聞きたい声は

ト「…バーダック?」

…違うんだよ…。


今急いでるから、それだけ言って通信ボタンを切る。

なんで…あいつじゃねえんだよ…。

そんなことを思いながら部屋の中で頭を抱える。


何ヶ月前だろう…。ある日突然、電気が消えるように連絡が取れなくなったのは。

遠征に行ってくる。

俺が一番最近聞いたあいつの声。

それ以来、全く連絡が入ってこない。奴のスカウターと通信してみても繋がらない。

会いたい、とかそういう女々しいのじゃない。

ただ突然姿を消したあいつに腹が立ってるだけで


今、どこにいるんだ…?


あそこなら何か知ってるかもしれない、と俺はポッドの基地に向かった。





無駄足だった。そこの管理人は「いちいちそんなもん覚えてない。」って言いやがった。

俺はただ、部屋の中で1番最悪な考えを振り落としていた。

…違う。絶対違う。

あいつに限ってそんなこと…

そう思ってるのに。だんだんほんとうにそうじゃないかと思えてきて。

バ「あいつが死ぬなんてこと…。」




「「サイヤ人は戦闘民族。いつ死んでもおかしくない。むしろ戦って死ねるなら本望だ。」そう言ったのは、あんたじゃない?」


自分の後ろから突如聞こえてきた、耳にまとわりつくような声

有り得ない、有り得ないけれど

この声、は。

バ「…ターレス…。」

「何?バダ。」

振り返ることもなく呟けば帰ってくる声

間違いない。

俺の事をそう呼ぶのはあいつだけ。

ゆっくりと振り返れば、見慣れた、自分にそっくりな顔が目に入る。

バ「………んな。」

「ん?」

バ「ふざけんな、てめえっ!!!」

おもいっきり、怒鳴って、

俺は奴の胸ぐらを掴み…

胸ぐらを…

バ「…え…?」

俺が伸ばした手は奴の体を貫通し、部屋の壁についていた。

状況が信じられず、奴の顔を見ると、「バレたか」と言うように苦笑いを浮かべていた。

バ「…てめっ…嘘…だろっ…。」

フローリングにポロポロと雫が落ちる。

バ「何でだよっ!!!何でなんだよっ!!!てめえ強くなったら俺を倒してやるって言ってたじゃねえかっ!!!俺より弱いまま、なんで死んでんだよっ!!!」

タ「…。」

ターレスは苦笑いの表情を崩さない。

バ「なんなんだよ、てめえは…。」

俺が壁に手をつけたまま泣いてると、透けてるターレスの手が俺の頬に添えられた。

すると、透けてるはずのターレスの手が、一瞬だけ、ほんの一瞬だけ、

俺の頬に、触れた。

でもそれはほんとに一瞬のことで、気付いた時にはまた戻っていて。

タ「…ごめんな…バダ。」

そう言ってお前の体はますます薄くなっていって。

最後に俺がさわれない体を抱きしめたのと、ターレスが完全に見えなくなったのは同時だった。


バ「ター、レス…。」

それからしばらく、俺はただ、壁の前に突っ立っていた。


あとがき(いらなくね?)

タ「wwwwwwwwwwあやリーが最初以上に文才がなくなっててワロタwww」

あやリー「そして私は一体何が書きたかったんだ。それに「、」と改行多すぎて読みにくいなこれ。相変わらず駄文だし。」

結論

なんかごめん


Re: その背中に手が届くまで。 ( No.304 )
日時: 2018/08/18 09:41
名前: 駄文のゲロカス墓場

うみゃぁぁぁ!いいタレバダ!!
あやリーの文才下がってないよ!寧ろ上がってるよ!!

今日のダウンタウンなうは野沢さんが出てる!
だが、ターレス、バーダック、ブラックがいないのは悲しい…ぬん…



まどマギの映画ってYouTubeにあるのかね?わしはDVDがあるからいつでもみれるけど。
プリキュアなんかとは格が違うよね、まどマギは!
ソウルジェムの穢れはグリーフシードで浄化できるからなぁ…
うーん、一回でほんの少し穢れがついてたから…20回以上でそろそろ魔女化しちゃうんじゃないかな?
ちなみに魔法少女になると一つ願いを叶えてくれるよ。
あやリーならなる?ならない?


バ「クマさん…」

タ「あ?」

バ「買え殺す。」

タ「買うから殺すな」

バ「ご、悟天が欲しいって言ってたんだ」

タ「…本当かな?」ニヤリ

バ「ほ、本当に…」

タ「ニヒヒヒヒ…」←変態オーラ全開

バ「…う…」

飯「何やってるんですか?ウスノロ」

タ「バダのためにこのクマを買おうとしてたんです」汗

飯「本当なんですか?ウスノロの言葉は信じられません」

バ「ほ、本当だからな?」

飯「姉さんが言うなら。それじゃあ、姉さんとのデート楽しんでください。ウスノロ」

この日からターレスのあだ名はウスノロになった。



ロ「むー。激おこプンプン丸だよ!」

ブ「え?」

ロ「どうして知らない女の人と食事してたの!」プンプン

ブ「あぁ、今新しいドラマの撮影で、いまいち役作りが上手くいかなくてな。先輩の人に教えてもらってたんだ」

ロ「男の人でも良いでしょ!」

ブ「…いや、その…女役でな…」

ロ「え」


新ドラマ 僕が私で私が僕  内容→ある日突然性別が変わってしまった亮介と愛菜。二人は無事に元に戻れるのか?新しい形のファンタジーラブコメディー。 主演、滝澤亮介役 早乙女ブラック…

ロ「…わぁー…」

ツッタカターはTwitterですww

ツッタカターでは

聞いた!?ブラック君が女装するドラマ!!

僕が私で私が僕でしょ?早く見たいよね!

水曜日の9時半からだよね?早く見たい!!

ブラック君の女装姿が可愛いww萌えるわww

ロゼ
ブラックが最近化粧の練習してる…役作りは大変なんだなぁ

え!化粧の練習してるの!?

ロゼ
[画像]

きゃー!可愛すぎるんだけど!!

ロゼ
[動画]

ヤバいヤバい萌える萌える!…ロゼちゃんって女の子?

ロゼ
お、男です!!ブラックと容姿はさほど変わってないと思うし!!

ツーショットプリーズ

ロゼ
[画像]

容姿は兄と妹にしか見えないwwロゼちゃん可愛いww

ロゼちゃん男の娘ww


ロ「あれれ…?」



とある番組

「ブラック君は学校でモテるの?」

ブ「……答えたら確実にナルシストってバカにされる気がするんだが」

「大丈夫ですよww」

ブ「……来週の水曜日9時半放送、僕が私で私が僕。見逃すな」

「宣伝入れてきたww」

ブ「かなりラブレターは貰うし、告白もされる。」

「言うんだwwやっぱりブラック君はモテモテなんですね!」



ドッキリ番組

壁ブチ破ってクリーム発射!

ブ「…」ヒョイ←避ける

「あれ?」

ブ「……。あ、もしかしてドッキリとか?すまん!!やり直してくれ!あと私が驚くのはそんな生ぬるいのでなく、もっと過激なのでないと」


ツッタカター

ブラック君の反射神経凄くない?

あの距離で避けれるって絶対反射神経凄いよね?



SAS○KE

「さぁ次は今大人気、ブラック君です」

キャー!キャー!

ブ(簡単だな。)

「スタート!」

ブ「…」←ズダダダダダッ

たまに舞空術使う←

タイムは30秒。明らかに人間技ではなく…


「ブラック君は、宇宙人である。信じるか信じないかは、あなた次第です。」

都市伝説で説として登場した。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。