BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

DB小ネタ集
日時: 2018/06/10 15:55
名前: あやリー

いつも通りの駄文。腐向け。キャラ崩壊。

作「途中の作者の声はハア☆してね。」

始まるよー。


何故か空黒

孫悟空とブラックの前にはでかい看板。

『キスしないと出られない部屋』

悟「なあ、ブラック。」

ブ「……なんだ孫悟空。」

悟「なんでよりにもよってオラ達がここに入れられたんだ!?」

ここはキスをしないと出られない部屋…。…意味は見ての通りである。

ブ「いや、それはこっちが聞きたい。っていうか作者に聞け。」

ブラックさんメタ発言禁止っっ!!!…ちなみにこの二人にしたのは”なんとなく”です。

ブ「は?…ふざけるな!!なんで”なんとなく”で宿敵とキスしなければならないんだ!!いやだぞ!私は!!……くっ…こんな部屋など…っ!」部屋に気弾を打ちまくる

悟「お、落ち着けって、ブラック!!」

悟空は頑張って止めようとする…が、

ブ「宿敵の言うことなんて聞けるか。」ドドドドドッ…

ブラックは耳を貸そうともしない。

悟「…ならっ!」身勝手化

ブ「!?」

驚いてブラックの気弾が止まる。その隙に悟空はブラックを後ろから羽交い締めにする。

ブ「くっ…。は、はなせっ!」

悟「…ブラック…よく聞け。…おめえが意地はっていつまでもこういうことしてっと小説終わらねえし、何よりオラとずっと二人っきりになっちまうんだぞ?それでもいいんか?」

ご、悟空さーん?メタ発言は禁止っすよー。

ブ「う…。そ、それはやだな。」

いや、そこは嘘でも「べつにいいぞ…///。」とか言って下さいよ。←黙れ

悟「だろー?どうせしなくちゃならねえんだし、さっさと終わらせようぜ。」

ブ「そ、そうだな…///。」

悟「ほら、目つぶって。」

ブ「こ、こうか…?」ギュッ

ブラックは言われるままに目を瞑る。

悟「(ドキッ)…ああ。」

ブ「…す、するなら早くしろっ///」

悟「わ、わかった!」

この後めちゃくちゃキスした。

Page:1 2



Re: DB小ネタ集 ( No.6 )
日時: 2018/07/08 15:51
名前: あやリー

Let’s go to 修学旅行!!

ギネとバダとトーマとセリパとパラガスとパンブーキンとトテッポが先生。(後ろの二人は多分出てこない。)

パンブ・トテ「え…。」

その他サイヤ人(ブラロゼをふくむ)たちが生徒!


修学旅行で列車に乗る生徒達。

電車に乗って一時間半。

カ「なあ、オラ思うんだけどみんなオラやブラック、ロゼとかに触れて、瞬間移動した方が速いよな。」

ブ「孫悟空…電車に飽きたからって馬鹿なこと言うな。こうやって乗り物に乗って行くからこそ楽しいんだろ。」

カ「でもオラ腹減っちまって〜。」

タ「まあ確かに腹は減るなぁ。」

ロ「あ!俺おにぎり作ってきたよ!」ホイホイカプセルを取り出す

BOM!

電車の個室が埋まる量のおにぎり

カ「おお!おめえ凄えな…。」

ロ「えへへ…。実はうちがブラックが貰いまくってる米でいっぱいで…。」

ブ「その米で作ったのか。やっと家が米から解放された…。」

タ「でもなんでそんなに米ばっかり貰うんだよ。」

ブ「いや、前取材を受けたとき米が好きだと言ったら羽生選手のプーさん並みに米が送られてきて。」

タ「www」

カ「とりあえず食べようぜ!」

ロ「別室のブロリーとかも呼んでこよう!」

ブロ「イエイッ!!食べ物☆食べ物☆」

ヤ「食い尽くすか。」

ゴ「すごいな…。」

べジット「さすが俺のよm…。」

ブ「ロゼが誰の嫁だって?」

べジット「あれ?嫉妬?」ニヤニヤ

ブ「あ、当たり前だろ!」

カ「ロゼ争奪戦は後にしてくれよ。オラ何も食わずに待ってるんだぞ。…これうめえな…。」もぐもぐ

皆「食ってるじゃねえか!」

バ「…俺も食べたい…。」

皆「ok!」

バ「よしっ!」

この後他の先生達や、別室のべジータたちも食べにきましたwww

続くかな?

Re: DB小ネタ集 ( No.7 )
日時: 2018/07/08 16:38
名前: あやリー

カ「やっと電車終わったああ!おにぎりも美味しかったし!!!帰るか!!」

ブ「アホか。まだ電車に乗っただけだろ。」

カ「あ、確かに。」

皆「(アホや…)」

バ「よし、みんな遊園地まで走れ!!この道をまっすぐ5キロだ!!」

皆「おおーー!!」

in遊園地

ロ「うわあ!すごい!」

カ「オラワクワクすっぞおおおお!!!」

タ「マジか…。広いな。」

ブ「ああ。楽しそうだ。」

べジット「うおwwwジェットコースターが一回転するやつあるしwww絶対乗りたくねえwww」

ゴ「よし乗せるか。」

べジット「ちょっ。」

ブロ「おおおお!気が高まる…溢れる…!」

ヤ「すごいな…。」

べ「悪くない…。」

ナ「ピーピーうるさいひよこ達に…。」

ラ「それはやめて。」

ターブル「ははは…。」

バ「楽しそう…。」キラキラ

セ「先生がワクワクしてどうするっ!」

トマ「バーダック一緒に回ろうぜ。」

セ「お前もかっ!!」

ギ「セリパ!コーヒーカップ乗ろっ!!!」

セ「あんたもかっ。っていうか旦那と乗れえええええええ!」

ギ「いいからいいから♪」

セ「もうどうにでもなれえええええええ!!パラガス!!パンブーキン!!トテッポ!監視頼んだよ!!」

パ「あーう」

パンブ「え?俺らは置いてけぼり?」

トテッポ「…。」

続きたい。

Re: DB小ネタ集 ( No.8 )
日時: 2018/07/08 17:26
名前: あやリー

ロ「ブラック!観覧車乗ろう!」

ブ「ああ。」

乗った

ロ「ブラック!!見て!!今度あのジェットコースター乗ろう!」

ブ「ロゼは昔からジェットコースター好きだよな。」←実は苦手

ロ「うん!楽しそうだなあ!ねえ!あのスリルジェットっていう船も!あ、あの恐怖のエアプレインってやつも!」

ブ「…。(やばい、終わった時には倒れるかも)」


タ「バダ先生。コーヒーカップ乗ろうぜ。」グイッ

バ「え、ちょ、待、」

グルグルグルッ←超スピードで回るコーヒーカップ

タ「どうだった?」

バ「てめえ!速すぎんだよっ!!もうちょい加減しろっ!!!」

カ「お!父ちゃん!ターレス!ちょうどいいや。一緒にお化け屋敷入ろうぜ!」

バ「…学校では“先生”だろ…って、え?お化け屋敷?……タ、ターレスと入ってきたらどうだ(汗)」

カ「えー?3人で入った方が楽しいだろお?……さては父ちゃん怖いんか?」ニヤニヤ

バ「は?そ、そんな事有るわけねえだろ?(汗)」

カ「じゃあ決まりだな。」

色々言ったが有無を言わさず引きずられて入った。

その後

バ「ぜ、全然怖くなかったな。」

タ「それ俺の腕を掴みながら言う?www」

カ「めっちゃ楽しかったな!」




続ければ続く

Re: DB小ネタ集 ( No.9 )
日時: 2018/08/09 11:52
名前: あやリー

遊園地に蛍の光が流れ始めました。

〜♪

ブロ「楽しかったがとうとう終わりの時がきたようだな…。」

カ「えー!?もう終わりなんか〜?オラもっと遊びてえよ〜!なあ父ちゃん。」

バ「…また今度な…。」ゼーハーゼーハー

タ「おいおい、大丈夫か”先生”。俺が疲れを癒してやるぜ?」

バ「死ね。」


ブ「あ、そろそろだな。」

ロ「楽しかったね!!!」

ブ「ああ。(絶叫系嫌いも克服できたしなっ!)

パ「さあみんな旅館に行ってしまえ〜!」

気力が尽きたのでwww

Re: DB小ネタ集 ( No.10 )
日時: 2018/09/11 17:43
名前: あやリー

タ「旅館なうw」

ロ「すごい!!豪華〜!!!」

パ「いきなりだが悪い知らせが。」

全員「?」

パ「残念だが手違いで部屋がひとつしか取れなかった。あーう。」

全員「どんな手違いだよ!?」

セ「そうなると困るねえ……特に変態どもが(ボソ)」

ギ「セリパなんか言った?」

セ「なんにも。」

ギ「えー!気になるじゃんそういうの〜!教えてよ〜!」


タ・ベジット「「ヘックショイ!!!!」」




タ「(バダが同じ部屋で寝てる…ハアハア…夜這いしたい夜這いしたい…(ry」

ベジット「(ロゼたんもバーダックも可愛すぎワロス…ハアハア…犯したい…(ry」

ブ「ゴジータ。戦闘力的に私がターレスを押さえつけてるからそっちはベジットを押さえつけててくれ。こいつらさっきから鼻息荒い。」

ゴ「了解。」

タ・ベジット「「ちょ(これじゃ手が出せねえじゃん)」」

バーロー「「zzz」」←熟睡中

翌朝

バ「ゴジータ、ブラック、ターレス、ベジット目の下にクマができてるが大丈夫か?」

4人「「「「…大丈夫です。」」」」

バ「?そうか。」

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。