BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

DB小ネタ集
日時: 2018/06/10 15:55
名前: あやリー

いつも通りの駄文。腐向け。キャラ崩壊。

作「途中の作者の声はハア☆してね。」

始まるよー。


何故か空黒

孫悟空とブラックの前にはでかい看板。

『キスしないと出られない部屋』

悟「なあ、ブラック。」

ブ「……なんだ孫悟空。」

悟「なんでよりにもよってオラ達がここに入れられたんだ!?」

ここはキスをしないと出られない部屋…。…意味は見ての通りである。

ブ「いや、それはこっちが聞きたい。っていうか作者に聞け。」

ブラックさんメタ発言禁止っっ!!!…ちなみにこの二人にしたのは”なんとなく”です。

ブ「は?…ふざけるな!!なんで”なんとなく”で宿敵とキスしなければならないんだ!!いやだぞ!私は!!……くっ…こんな部屋など…っ!」部屋に気弾を打ちまくる

悟「お、落ち着けって、ブラック!!」

悟空は頑張って止めようとする…が、

ブ「宿敵の言うことなんて聞けるか。」ドドドドドッ…

ブラックは耳を貸そうともしない。

悟「…ならっ!」身勝手化

ブ「!?」

驚いてブラックの気弾が止まる。その隙に悟空はブラックを後ろから羽交い締めにする。

ブ「くっ…。は、はなせっ!」

悟「…ブラック…よく聞け。…おめえが意地はっていつまでもこういうことしてっと小説終わらねえし、何よりオラとずっと二人っきりになっちまうんだぞ?それでもいいんか?」

ご、悟空さーん?メタ発言は禁止っすよー。

ブ「う…。そ、それはやだな。」

いや、そこは嘘でも「べつにいいぞ…///。」とか言って下さいよ。←黙れ

悟「だろー?どうせしなくちゃならねえんだし、さっさと終わらせようぜ。」

ブ「そ、そうだな…///。」

悟「ほら、目つぶって。」

ブ「こ、こうか…?」ギュッ

ブラックは言われるままに目を瞑る。

悟「(ドキッ)…ああ。」

ブ「…す、するなら早くしろっ///」

悟「わ、わかった!」

この後めちゃくちゃキスした。

Page:1 2 3



Re: DB小ネタ集 ( No.8 )
日時: 2018/07/08 17:26
名前: あやリー

ロ「ブラック!観覧車乗ろう!」

ブ「ああ。」

乗った

ロ「ブラック!!見て!!今度あのジェットコースター乗ろう!」

ブ「ロゼは昔からジェットコースター好きだよな。」←実は苦手

ロ「うん!楽しそうだなあ!ねえ!あのスリルジェットっていう船も!あ、あの恐怖のエアプレインってやつも!」

ブ「…。(やばい、終わった時には倒れるかも)」


タ「バダ先生。コーヒーカップ乗ろうぜ。」グイッ

バ「え、ちょ、待、」

グルグルグルッ←超スピードで回るコーヒーカップ

タ「どうだった?」

バ「てめえ!速すぎんだよっ!!もうちょい加減しろっ!!!」

カ「お!父ちゃん!ターレス!ちょうどいいや。一緒にお化け屋敷入ろうぜ!」

バ「…学校では“先生”だろ…って、え?お化け屋敷?……タ、ターレスと入ってきたらどうだ(汗)」

カ「えー?3人で入った方が楽しいだろお?……さては父ちゃん怖いんか?」ニヤニヤ

バ「は?そ、そんな事有るわけねえだろ?(汗)」

カ「じゃあ決まりだな。」

色々言ったが有無を言わさず引きずられて入った。

その後

バ「ぜ、全然怖くなかったな。」

タ「それ俺の腕を掴みながら言う?www」

カ「めっちゃ楽しかったな!」




続ければ続く

Re: DB小ネタ集 ( No.9 )
日時: 2018/08/09 11:52
名前: あやリー

遊園地に蛍の光が流れ始めました。

〜♪

ブロ「楽しかったがとうとう終わりの時がきたようだな…。」

カ「えー!?もう終わりなんか〜?オラもっと遊びてえよ〜!なあ父ちゃん。」

バ「…また今度な…。」ゼーハーゼーハー

タ「おいおい、大丈夫か”先生”。俺が疲れを癒してやるぜ?」

バ「死ね。」


ブ「あ、そろそろだな。」

ロ「楽しかったね!!!」

ブ「ああ。(絶叫系嫌いも克服できたしなっ!)

パ「さあみんな旅館に行ってしまえ〜!」

気力が尽きたのでwww

Re: DB小ネタ集 ( No.10 )
日時: 2018/09/11 17:43
名前: あやリー

タ「旅館なうw」

ロ「すごい!!豪華〜!!!」

パ「いきなりだが悪い知らせが。」

全員「?」

パ「残念だが手違いで部屋がひとつしか取れなかった。あーう。」

全員「どんな手違いだよ!?」

セ「そうなると困るねえ……特に変態どもが(ボソ)」

ギ「セリパなんか言った?」

セ「なんにも。」

ギ「えー!気になるじゃんそういうの〜!教えてよ〜!」


タ・ベジット「「ヘックショイ!!!!」」




タ「(バダが同じ部屋で寝てる…ハアハア…夜這いしたい夜這いしたい…(ry」

ベジット「(ロゼたんもバーダックも可愛すぎワロス…ハアハア…犯したい…(ry」

ブ「ゴジータ。戦闘力的に私がターレスを押さえつけてるからそっちはベジットを押さえつけててくれ。こいつらさっきから鼻息荒い。」

ゴ「了解。」

タ・ベジット「「ちょ(これじゃ手が出せねえじゃん)」」

バーロー「「zzz」」←熟睡中

翌朝

バ「ゴジータ、ブラック、ターレス、ベジット目の下にクマができてるが大丈夫か?」

4人「「「「…大丈夫です。」」」」

バ「?そうか。」

Re: DB小ネタ集 ( No.11 )
日時: 2018/09/26 20:30
名前: あやリー

こうして無事(?)修学旅行は終わったのである。

Re: DB小ネタ集 ( No.12 )
日時: 2018/09/26 20:55
名前: あやリー

カカ黒だお( ^ω^ )ちなみにザマ…はベジータと闘っております。


ドーンッ

壊れきった街に大きな音が響き渡る。悟空のかめはめ波である。

ブ「ぐっ!!!」

それをまともに食らってしまったブラックは壁にのめり込み、体力的にもそこを素早く動くことなどできそうにない。

だんだんと悟空の足音が近づいてくる。ブラックはもう逃げる事を諦め、壁にのめり込んだままになっている。

悟「…追い詰めたぞ…ブラック…。」

ブ「………孫悟空…。」

ブラックは体は動かさず、目だけを宿敵に向ける。しかしその目をすぐに地面に向け、声を絞り出すように呟く。

ブ「…殺せ。」

宿敵に、こんなにボロボロにされ、死に追いやられて、その上命乞いをしようなどという屈辱的なことはしてやるもんか。だったらここで潔く殺されてやる。

ブラックの声がそう、物語っていた。

悟「………っ…」

しかし悟空が気弾を作るために前に伸ばしていた手はブラックの前でグッと握られた。

ブ「…どうした…速くしろ…。」

情けなどかけられたくないと言わんばかりのブラックの声。それでも悟空の手は握られたままだ。

悟「…………もったいねぇ。」

しばらくの沈黙のあと、今度は悟空の方から出された絞り出されたような声。それを聞いたブラックの目が驚いたように見開かれる、

ブ「…何を言って…

悟「殺したく…ねえ…。」

そういった悟空の声は少し震えていた…。

続くかな?w







Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。