BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

サーブァンプ BL小説 リク可
日時: 2018/08/12 03:07
名前: 華夏

こんにちわ、こんばんわ、華夏(かなつ)です。

今回初めて書かせていただきます。

えー、題名どうり、リク可能なので、
リクエスト待っております!(´ω`*)

この人の受けがいい!や、総受けがいい!
というコメントをお願いします。

雑談オーケーです!!たくさんサーブァンプの事でお話ししましょう!!

今後とも、華夏をお願いします!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



Re: サーブァンプ BL小説 リク可 ( No.60 )
日時: 2018/12/16 10:08
名前: 華夏

「っ...なんで...だよォ...」ぐす

べルキアは泣いていた──

「ボクの話も聞かないでェ...」

"もうやだよ…”そうべルキアは呟いた

と、その時

「なにが嫌なのー?」

まるで”そのことばを待っていたよ”と、言わんばかりに狼谷吊戯が出てきた

「っ!?」

ビックリしたべルキアはすぐさま距離をとる

「やっだなーそこまで距離を置かれたら吊戯泣いちゃうぞ☆」

「…………」

「ちょっとwww無言で距離を置かないでよ!?」

べルキアはこう思った

(これに関わるとめんどくさいやつだ)

と、

「さぁ……おいで♡」

そう言われた瞬間

「っっ!?」

意識が飛んだ──

Re: サーブァンプ BL小説 リク可 ( No.61 )
日時: 2019/01/08 03:49
名前: 華夏

「______ん」

「...?」(ココ...何処だろォ?)

べルキアは目が覚めたら知らない場所に居た

「あ!やーーーっと起きたね♪」

「っ!?」

べルキアはいきなりで出来た吊戲に驚く

「ちょっとw酷くない?w」

べルキアは

(うわぁ...嫌だァ...帰りたァい)

と、思っている

「べルちゃん♪」

「ベルちゃん言うなァ」

べルキアは"ベルちゃん”と呼ばれるのが嫌なのかすぐに言葉を発した

「えー?可愛いじゃなーい?」

「...別にィ?」

家族でもなんでもない奴のに___

「ねぇ、ベルちゃんって...どうして番になろうと思わないの?」

「ベルちゃ!?ハアー...そりゃあボクだって番になりたいと思うよォ?」

「...じゃあ...どうして?」

...べルキアは誰にも言えない秘密を吊戲に話す___

「ボクはただ怖いんだ」

「─────怖い?番になるのが?」

吊戲が疑問に思う

「うん...Ωには3ヶ月に1回発情期が有るでしょォ?」

「...あ〜あるね。」

「...ちなみに狼谷吊戯はなんなのォ?」

べルキアがいまさら聞く

「吊戲でいいよ♪ん?オレはαだよ?」

「...まぁ同じとは思ってなかったしいっか」

「!?いいんだ!?」

吊戲が驚く

「...なにィ?お前ェボクを襲う気ィ?」

「いや?」

すぐさま返事をする吊戲

「...まぁそう言うことォ」

「で、話戻すけどォ」

唐突に話を戻すべルキア

「うん」

吊戲が真剣に聞く

「発情期が来た時のフェロモンで気が狂っただけじゃないのかなァ__って思ってェ」

「─────あぁ」

「───?...吊戲ィ?」

吊戲がべルキアに近づく──

「ちょっ!?...///」

顔がいい吊戲を見たら赤面になってしまったべルキア

「ベルちゃんってほんっと鈍感だよねぇ」

「...はァ?ボクがァ?」

「...クス...うん♪」

Re: サーブァンプ BL小説 リク可 ( No.62 )
日時: 2019/01/23 22:16
名前: 華夏

「むぅー!」

べルキアは怒る

「...え?怒ってるの?」

「見てわかんないのォ!?」プンプン

"可愛すぎか!!”そう思った吊戲

べルキア!

バン

「っ?!傲慢の...オールドチャイルド」

「あれー?速かったネ♪」

と、べルキアに近づく

「!貴様ァ...べルキアを離すのじゃ!!」

「えー?」

「ちょっ!!...吊戲...近いし邪魔ァ!」

「酷いね!?www」

「吊戲────?」

その瞬間、べルキアはハッとした。

「ちがっ───...」

Re: サーブァンプ BL小説 リク可 ( No.63 )
日時: 2019/02/01 16:09
名前: 華夏

カチッ───

「っ!?」ドクンッ

ドサッ

べルキアが倒れる

「「べルキア!?」」

心配する二人

「っ...///」

フワッ...

「「!!」」

この匂いは...


発情期っ───!?

「ハァー///ハァー//」ピクン

「大丈夫?ベルちゃん」

吊戲が手を伸ばすと...


パシッ

「べルキアに触るでない」ギロっ

ヒューが殺気を向ける

「おー怖い怖いwww」

「大丈夫か?べルキア」

「っ...♡」

「噛むぞ...?」

ヒューがそう言った瞬間に

「っ!?嫌っ!」

Re: サーブァンプ BL小説 リク可 ( No.64 )
日時: 2019/02/16 18:23
名前: あまそね

華夏ー!
来たよっぉぉぉ!

これからも読み続けるしガンバれぇぇ!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。