BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

かわいいあのこ
日時: 2018/10/22 17:36
名前: うそらさん

転校して来たあの子は可愛くて
優しくて素敵な子でした

私の好きな人は優しい素敵な人です






リクエスト、コメントいつでも募集してますっ!

Page:1



Re: かわいいあのこ ( No.1 )
日時: 2018/09/14 21:00
名前: うそらさん

「やっぱ違うよねーあんさんって」
「だよねー 別の次元の人見たい」
「近寄りがたいよねー」
「あっ聞こえちゃうってwww」

あん「十分聞こえてます」
あん (私立野あんみんなから離れられてます。。。なんでだろう。。。)
??「あん!」
あん「うわっ!?あっ 貴ー」
貴「おい、知ってるか?今日転校生来るらしいぞw」
あん「そうなんだ 楽しみー」
貴「噂だとめちゃくちゃ可愛いらしい!」
あん「ふーんそうなんだ」
あん(貴可愛い子がいいんだ)
貴「ん?どうした?」
あん「なんでもなーい」
貴「おっおいー待てよー」
あん「貴!気づいてくれるまで待つから!」
貴「お?おう…?」


先生「今日は転校生が来たので紹介します。どうぞー」
??「こんにちわ! 今日からみんなの一緒に生活します吉岡結衣です!!よろしくね」
「えっまってめっちゃ可愛い」
「あんさんは綺麗、結衣ちゃんは可愛い、最高か」
「ウヒョッヒャアアアア」
あん(可愛い、こういう子だったら貴好きになっちゃうかな……)
あん(なんかモヤモヤする)
先生「んさん。 あんさん!」
あん「あっはい!」
先生「もう…しっかり聞いててくださいね」
あん「すみません…」
先生「ではあんさんに結衣さんのお世話を任せます」
あん「えっ…」
先生「お願いしますね」
あん「はい…)
結衣「あんちゃん?… あっよろしくね!」
あん「あっうん…」



次回に続く!

Re: かわいいあのこ ( No.2 )
日時: 2018/09/17 17:32
名前: うそらさん

結衣「ごめんね わざわざ教えてもらって」
あん「別にいいよ」
結衣「うんっ」
あん(可愛いな…性格も多分いいし…私なんか汚いな……)
結衣「あんちゃんは部活入ってるの?」
あん「マネージャーなら」
結衣「そうなんだ!どこの部活?」
あん「男バス…」
結衣「そうなんだー他にもマネージャーの子はいるの?」
あん「いないよ…」
結衣「私も入ろうかなー」
結衣「私部活入ろうと思ってたけどマネージャーも楽しそうだね!よしっ!入ろ!」
あん「そうなんだ…」
結衣「あんちゃんって綺麗だよね美人!」
あん「えっそんなことないよ みんなと仲良くできないし私醜いから…」
結衣「あんちゃんってネガティブだなーあんちゃんは美人だから近寄りがたいんだよ」
あん「そう…なの?」
結衣「うん!あんちゃんなら話しかけてすぐ友達できるよ!」
あん「そうかな、ありがとう」
あん「じゃ…じゃあ友達になってくれる?」
結衣「うーん…それはできないかな…」
あん「えっ?」
結衣「理由はいつかわかるよ」
あん(なんか不思議な子だな)
貴「あんと、結衣ちゃん!」
あん「貴どうしたの?」
結衣「……貴君って言うんだね!よろしくね!」
貴「結衣ちゃんよろしく!これからどんどん遊んで行こうな!」
あん(貴と結衣ちゃんすぐに仲良くなった…いいな…)
結衣「あんちゃんと貴君!連絡交換しない?」
貴「おっいいねー!」
あん「うん…」
結衣「よしっ!よろしくね!」

あん「ただいまー」
あん(結衣いい子だなでもなんか突っかかるな…)
ピコンッ
あん(あっなんか来た)
結衣 あんちゃんもう家に着いたかなー?今日は色々ありがとう!今度何かおごるよー\\\じゃあ明日会おうねー
あん(いえいえ、こちらこそっと)
あん(なんか疲れたし寝よ)

Re: かわいいあのこ ( No.3 )
日時: 2018/10/22 17:34
名前: うそらさん

あん(今日は学校行くのちょっと遅くなっちゃった)
あん(みんなに挨拶してみようかな…)
ガラガラ
「あっあんさんだー」
「今日はちょっと遅いけどなんかあったのかな」
あん「あ…あの…えっと……」
「えっ!?あんさんが俺たちに何か言おうと!?!?」
あん「おっ…おはよう…ございます…」
「はああああああ!?!?かっかわ!?!?いい!?!?!?!?」
「やばいわーギャップ?照れてるの可愛すぎる」
貴「あん!よく言えたじゃん!」
あん「うん…ふぅ緊張した」
貴「これからもしなよ!でもなんでいきなり?」
あん「結衣ちゃんが私なら話しかけてすぐ友達できるよっていってたから…」
貴「結衣ちゃんが!?結衣ちゃんいい子だなー」
あん「そうだね…」
あん(貴、結衣ちゃんのこと好きなのかな?)
結衣「なーに話してるのっ」
貴「うおおおおっ!?」
あん「!?」
結衣「もーう2人でいちゃいちゃしちゃって私寂しいよー!!!」
貴「まじ?そんな風に見えた?そっかー」
あん「そっそうなの!?」
結衣「あっ!あんちゃん照れちゃってー可愛いんだからっ」
貴「結衣ちゃんの方が可愛いと思うけど」ボソッ
あん(やっぱり私よりも結衣ちゃんの方がいいよね…)
結衣「貴くん?ちゃんと聞こえてましたよ??」
貴「まっまじか!?!?」
結衣「んもうっダメでしょ私の方が可愛いとか」
貴「ごめん…」
結衣「あんちゃんの方が可愛いでしょ!?!?」
あん「えっ?」
結衣「あんちゃんクールな感じだけど本当は照れ屋さんで人見知りで可愛い要素以外ない!」
貴「そそそそそうなのか!?!?」
あん「結衣ちゃん…」
あん「結衣ちゃんっていい子だよね」
結衣「えっ?あんちゃん今気づいたの?私は前からいい子だよっ!」
あん「ふふっ」
結衣「あっ!あんちゃん笑ったー!?」

あん「ただいまー」
あん(今日は楽しかったな)
あん(結衣ちゃんならいい…かな?)
あん(うんん、やっぱりやだな)
あん(なんで私貴が好きなんだろ…)
ピコンッ
あん(あっメール、貴からだ)
貴 時間ある? 実は俺さ…

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。