BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

旗色天使
日時: 2018/11/17 00:58
名前: まふぃんで白旗(オリジナル)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12412

人間には、必ずしも「欲望」がある。
食欲、性欲、睡眠欲、名誉欲、承認欲、自己実現欲……人の欲は、多く、尽きない。
欲望は、身を焦がす事がある。
欲望は、周りを巻き込むことがある。
欲望は、叶えたいがため、人や自然界を不幸にすることがある。
抑えられれば、それが一番良いのだ。
しかし、人は欲求に弱く、強欲な生物。
求めて、せがんで、羨んで。
奪って、飢えて、満たされない。
……このままでは、遠くない未来、人の欲望で世界は破滅する。
それでは困る。
まだ世界には生きていて貰わなくては。
そこで神は、人の欲望を満たす天使を生み出し…枯渇した世界に遣わせた。
彼らは願いを聞き入れ、叶える存在。
飢えた人間の前に現れ、自分の名を表す旗を持ち、人間に問いかける。
「貴方の願いは、何ですか?」
叶えてあげましょう、望むことを。
旗を掲げる少年少女を引き連れ、白旗はそっと微笑んだ。


Page:1



Re: 旗色天使 ( No.1 )
日時: 2018/11/17 01:34
名前: レトロゲーマー白旗

Black

「彼を生き返らせて」
「死ぬほどお金が欲しい」
「死にたい」
「愛してほしい」

俺らは天使。
願いを叶えて欲望を無くす、夢みたいな存在だ。
でもな、全部叶えたらどうなるか位、わかるよな?
だから俺『黒旗』は。
『彼』を腐った死体のまま生き返らせて
お金を窒息してしまうほど与えて
お好みな死に方選ばせて
狂うほど愛してくれるパペットを与える。
そしたら
腐った死体は彼女をハグで殺して
豪華なお貴族は求めたモノで身を滅ぼし
嘆いた彼女は、最期に手を伸ばすが電車で二つに切り裂かれ、痛みにうめき……潰れた。
愛を求めた人は狂った愛に殺された。
黒は絶望の色。
人間の欲は死なない限り消えはしない。
だから欲で身を滅ぼさせる。
「なぁ、そう思わね?白旗」
隣の人物の名を呼べば、白は叶えられた欲を見て、悲しそうに目を伏せた。
「…殺さずとも叶え続けていれば、きっと欲は尽きるはずだ」
「いいや、ありえねーよ。人の欲望は底無しだ…全員殺しちまった方が良いと思うぜ……いくら神様のメーレーでも」
人差し指に世界の模型を乗せて、くるくる回す。
その内バランスを崩し、世界は地に堕ちて……崩れて割れて砕け散った。

Re: 旗色天使 ( No.2 )
日時: 2018/11/17 15:20
名前: ただの白旗

Red&Blue


俺達は天使。
僕らは見習い。
俺らはカミサマに創られた人の欲望を叶えて無くしてく天使様。
だから何だって叶えるよ。
「熱く、燃えるように愛されて溺れたい」
……へぇ!まさしく俺らの役割だな!青旗!
そうだね、赤旗。ああ、嬉しそうだね。僕らも嬉しいよ。
じゃあ早速燃やしちまうか!……え、美人な女の人は何処って?何言ってんだよ、さっきの願いにそんな事なかったじゃん。
……あ、この人とんでもなくバカだよ赤旗…何に愛してもらえるか言い忘れてる。
そっか、でも残念だな!お前を愛してくれるのは…俺みたいに真っ赤な業火だよ。
この後はたっくさんの冷たい僕みたいな青い水の中に溺れさせてあげる。ん?取り消せ?もう遅いよ……ああ、嘘つきなんて言わないでよね。君が僕らに言い忘れたのが悪い。
白なら分かってくれたかもしんねーけどな!残念でしたー!
僕らは生まれたばっかだからね…ってあーあ、もう聞こえてないみたいだ。沈めちゃえ。
来世は欲望なんて持つなよ〜!
それは無理でしょ
そーだな、人間は欲しがりさんだもんな!
そうだよ、赤旗。だから僕らが倒すんだ。白旗は優しすぎる。
あんな爺の我が儘ほっときゃいいのになー
言い過ぎ赤旗、また消されるよ?
あ、ヤベーなそれ。……黙っとけよ?
ラムネ奢ってね
うわひっでー!……ま、良いけどさぁ

蒼に沈む朱に焼かれた骨の上で無邪気で残酷な天使が二人、笑いあっていた。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。