BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

腐滅の刃っ!!
日時: 2019/08/28 16:28
名前: 善治郎

こんにちは!善治郎というネーミングセンスゼロの名前の人ですっ!
ここでは善炭とかを中心に炭治郎受けやその他を書いていきたいと思いますっ!
最近は炭善が多すぎて泣きます…善炭増えろっ!
善炭好きな人だけ入って下さいっ!炭善を間違ってでも書かないでください…&#8234;(><)
ちなみに私は最高ににわかだと思います!
だってアニメから来たんですもん…
あ、あと、書くペースはすごく遅いと思います…。沢山の人と仲良くなりたいです!宜しくお願い致します!!

Page:1 2



Re: お知らせ(どーでもいい) ( No.3 )
日時: 2019/08/28 19:38
名前: 善治郎

これから善治郎の雑談というのを雑談展示版にあげます!
見たい人はみて、雑談を共にしたいという方は見てコメントくださいw
早いですよねw
詳しくは雑談展示版を見てくださいね!

Re: 鬼が俺は好き【炭治郎愛され】 ( No.4 )
日時: 2019/08/28 20:30
名前: 善治郎


炭治郎「ん…?」
禰豆子「兄ちゃん!」
それからしばらくして、炭治郎も起きた。
富岡義勇という奴は、一体なんだったんだろう?
炭治郎「むー?」
ん"っ!地味に可愛い禰豆子の兄。禰豆子は炭治郎の弟になって良かった…と思うのでした。
さて。どうやって炭治郎を鬼から治そうか。と思ったが、そうだ。ヒノカミ神楽だ。
だが、禰豆子はそんなに上手くない。というか出来ないのだ。てことで、炭治郎自身にやってもらう。
禰豆子「兄ちゃん、ヒノカミ神楽…できる?」
鬼になったので出来ないかもしれない。でも禰豆子=弟と理解が出来ているので、可能性はある。
炭治郎「むん!」
ふふん!と言わんばかりの顔をして、あぁ、出来るんだな、さすが俺の兄ちゃん、と禰豆子は感心する。


やってもらった。やってもらったのは良いが、やはり自分では鬼は治せないようだった。そうだ。禰豆子が自分で練習しようと思って、それ(名前が知らないにわか)を握ると、炎があるように熱かった。
禰豆子「アチッ!」
炭治郎「むー?」
しかし、炭治郎が握っても、熱さは感じないようだった。どうやらそれは、炭治郎しか触れないようになっていたようだ。何故かは知らない。
善治郎「それ私が」
禰豆子「お前出てこなくていいわ」




こうなったら炭治郎をこうしてしまった鬼をコロスことにした。幸い、禰豆子は鬼に関して知識があるのだ。
禰豆子「兄ちゃん!この籠に入って!」
炭治郎「むん!」
炭治郎はその辺にあった紙と筆で、「俺太陽いける」と、鬼の癖にとてもきれいな字で書かれていた。
禰豆子「えっ…ほんと?」
ときくと、むん!と帰ってきた。ほんとに行けるのだろうか、と禰豆子は思う。
禰豆子「じゃあ指先だけ紫外線に当ててみて」
といい、炭治郎は指先だけ紫外線に当てると、本当に燃えなかった。
そしてもう一度、「禰豆子は鬼なんてコロさなくていい。鬼で力が強くなった俺がやる。ていうか、皆を鬼から治す。人間に戻すんだ。」
とまた、綺麗すぎる字で書かれていた。
禰豆子はそれに感動して、禰豆子が連れ、炭治郎が鬼殺隊へと入ることに決まった。


そして、師匠を探そうと、道を歩いていたら、鱗滝左近次、と名乗る人がきた。どうやら、水の呼吸、という呼吸の使い手?らしい。
鱗滝「珍しいな、鬼なんて連れて。」
と言われたので、とっさに、違います、と禰豆子は返した。
鱗滝「…?」
禰豆子「俺が連れです。こっちの兄ちゃんが鬼殺隊に入りたい、という______鬼です」
炭治郎「むぅ!」
鱗滝「あ、あぁ、そうか。」




そこから始まり、炭治郎は特訓を繰り返した。
今ではもう、鱗滝左近次を越すくらい強くなった。
鱗滝「さすが鬼だ。もう教えることは無い」
そう言われたのは_______突然だった。

錆兎らにも出会い、世界一硬い石も切った。これでもう完璧だ。
禰豆子「兄ちゃん…良くやったよ…」
炭治郎「む!むん…」
感動して泣いた禰豆子をどうしたのか、と炭治郎は頭を撫でる。そしていよいよ、最終の時は、明日にまで来ていた。


続くっ!

Re: 鬼が俺は好き【炭治郎愛され】 ( No.5 )
日時: 2019/08/31 22:31
名前: 善治郎

炭治郎「むんむ&#12316;!」
鱗滝「あいつはなんて言っているんだ」
禰豆子「いくら弟でも分かりません」
今、炭治郎が鬼殺隊になるため、最終試験を受けようと山にいこうとしていた。

あっ。すいません。ちょっと飽きたのでまた後で更新します取り敢えずこれは3話の序盤です!!!!!序盤です!!!!!
すいません

Re: 腐滅の刃っ!! ( No.6 )
日時: 2019/09/10 22:30
名前: 善治郎

凄く開けてしまいました!すいません!!

でもネタがないです!投稿スペース遅いので良いですよね!!!ね!!!!!!!
あと…もう少し待っててください…すいませんでした…

Re: 腐滅の刃っ!! ( No.7 )
日時: 2019/09/14 17:05
名前: 善治郎

ネタがない!というわけで↓
なつだぁぁぁ!(会話文のみ)

善逸「夏が来たァァ!!」
善逸「夏と言ったら海だァァ!!」
炭治郎「というわけで!」
禰豆子「海、来た!」
宇髄「派手に入ろうぜ!」
時透「炭治郎一緒に入ろ!」
炭治郎「あぁ、いいぞ!禰豆子は…」
善逸「ねぇずこちゃんは俺と一緒ー!」
産屋敷「今日も元気な私の子供たち。」



っていうの見たい。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。