BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

キミが好き
日時: 2019/09/12 18:23
名前: バグ

初めて見るタイプだった。

嘘のつけないような汚れを知らないような純真さで話しかけてきて、笑うと照れたように目尻と眉尻が下がる。

無表情は冷たく感じるほどの美貌で声が似つかわしくない低く掠れた声だった。

空気が読めなくて馬鹿みたいに自分より他人を優先する、そんな貴方に腹が立つんです。

ーーーー登場人物ーーーー
・宮城:高校1年、勉強もスポーツも平均以上できる。筋トレで鍛えている。真波が気に食わない。表情に出やすいが自覚はなくてクールに澄ましてる生意気ボーイ。
・真波:高校2年、勉強は主教科が苦手でスポーツは人並み。不器用な性格、体力がなくて寝ることが大好き。無表情が冷たく近寄り難いが仲良くなれば笑顔のことが多くて寂しがり屋なボーイ。
・倉間:高校2年、何でも器用にこなせる。真波の幼馴染み兼お世話役。世話好きで笑顔が天使の異名を持つ。可愛いものは好きだし周りから可愛いと言われるのも好きだが中身は男前な仲間想いのボーイ。
・浅井:高校3年、空気が読めなくてリズム感が無いのでダンスが嫌い。勉強は理数系が得意。引き笑いが特徴的でホラーが苦手。スタイルが良くて自称世界一イケメンな残念ボーイ。

Page:1 2



Re: キミが好き ( No.6 )
日時: 2019/09/15 17:21
名前: バグ


しばらくの沈黙のあと、やっと頭の中で整理できたのか真波さんは口を開く。

「お前さ、そういうの良くないと思う」
「そういうの?」

真波さんは、頬を赤くするでもなく視線を泳がせるわけでもなく、はぁとため息混じりで言うかのように呆れた表情で俺から視線を外した。
それに少々腹が立つが、どういう理由か聞くとヤレヤレといった態度で真波さんは答えた。

「女の子にもモテるのに先輩をからかって遊ぶの」
「…は?」
「変な噂とか流されたら困るだろ?」

どうやら俺の告白は冗談だとでも思われているらしい。先程まで収まっていた怒りのボルテージがふつふつと上がってくるのが分かる。

「ハッ!誰かに聞かれてないよね?!新聞部とか居たら大変!」
「…真波さん」

俺が真波さんに告白したところを誰かに見られたのではないかと慌ててベンチから経って辺りを見渡す真波さんに小さく呼びかけ二の腕を掴んで自分の方へ引き寄せると、そのまま近づく唇にキスをした。

「ん?なn……んっ…?…っえ?ちょ」

一瞬では何が起こったか理解しずらいだろうと、真波さんが眉間に皺を寄せたタイミングで一度離して、また口付ける。唇を割って歯列を舌でなぞり口を開けた隙に侵入するが舌を捕らえたと思った途端に腕で喉仏と一緒に首を押し返される。
苦しくなって顔を離せば力の抜けた隙を突かれ、掴んでいた腕を振り払われた。

真波さんも勢いで俺の腕を振り払ったからか立っていた体制を崩してベンチに倒れかかり肘置きに背中をぶつけている。

でもこれで俺の気持ちが冗談じゃないってこと、解ってくれたかな。

怒りを少しだけスッキリさせることは出来て、真波さんを驚かせることも出来たので、してやったり感に舌なめずりする。

真波さんは唇を手の甲で拭うようにして隠しながら肩で息をして下を向いていたせいで見えなかった表情をゆっくり上げた。

その顔は、信じられないものを見るような驚愕と困惑に満ちた訝しげな表情だった。

俺はその表情を見て、なぜだかゾクゾクした。

Re: キミが好き ( No.7 )
日時: 2019/09/15 17:42
名前: バグ


「お、まえ…自分がなにしたか、わかってんの…?」
「わかってますよ、真波さんにキスしました」
「…えっ?なんで、笑ってんの?」
「ああ、すいませーん」

今まで見たことのない真波さんの表情に口角が上がっていたようで、注意されて謝るが表情管理ができない。
つい笑ってしまう、怯えているのか俺に今まで持ったことがないであろう警戒心を見せてくる姿はまるで、警戒心の高い捨て猫を雨の中拾った気分である。雨に濡れて冷えた身体を震わせながらも信用してない相手に警戒する姿が当てはまる。
まあ、真波さんは震えてないけど、俺が近づけば逃げていきそうな距離感を保っている様子に愛しく思う。

謝りながらも笑い続ける俺に、訳が分からないと言った表情で俺を見上げる真波さん。

「おまえ…なに、考えてんの?」
「え?俺ですか?俺は真波さんのこと好きだってさっき言いましたよね?…信じてもらえてなかったみたいなんで、キスしただけですよ?」

あたかも当然のことをしただけだと言って、真波さんに近づく。
真波さんはピクッと動いたかと思えば硬直したので身体に覆いかぶさるようにベンチの腰掛けと座面に手をついて逃げ場を無くし、顔を近づけて悪戯心たっぷりに笑みを浮かべた表情で聞く。

「俺の気持ち、わかってもらえました?あははっ」

Re: キミが好き ( No.8 )
日時: 2019/09/15 17:59
名前: バグ


真波さんの目が少しだけ小さく丸くなったと思ったら、両肩を思いっきり押されて飛ばされ、今度は俺がベンチの肘置きに背中を打つ番だった。
俺を退かしてベンチから経った真波さんは振り返って俺を見下ろすといつも以上に低い声で言った。

「ありえないから」

それだけ言って駆け足で逃げるように真波さんはどこかへ行った。
最後に俺を見下し蔑んだ目で言った真波さんの顔が目に焼き付いたように消えない。ベンチに座り直して少し冷静に考える。
あんな表情をしてても美しいと思った、なんだか興奮した。

俺のこと軽蔑したかな?
あんなことしちゃって、こんなことになっちゃったけど、まだ俺といつも通り会話してくれるかな?
・・・俺のこと避けようとするかな?
まだ悪ふざけだとか思ってないよな?
・・・倉間さんの所に向かったのかな?

自分から仕掛けたくせに避けられると思うと少しショックを受けるが、駆け足で去っていった真波さんの向かう先が、あの親友で世話係の倉間さんの所だと思うと落ち込んでる暇はなかった。
真波さんは誰にも取られたくないのだ。

ベンチを経って真波さんの向かう先は図書室だろうと走った。

Re: キミが好き ( No.9 )
日時: 2019/10/05 00:48
名前: バグ

真波sideーーーーー

俺は走って教室に着いた。倉間に相談したくて図書室行こうかと思ったけど、さっきの女の子とまだ図書室に居るなら入れないと思ったから。

それにしても何で宮城は僕にキスを・・・!?どういうことなんだ、全くわからない!
つい有り得ないなんて言っちゃったけど、何が有り得ないなのか自分でもわかんない、どうしよう!宮城は何考えてんの?!

僕は頭を抱えて考えてみる。

最初「好き」って言われて、冗談かと思ったらキスされて「俺の気持ち、わかった?」って聞かれた・・・え、なに?どういうこと?全然わかんねえよぉ・・・

好きな女の子に告白する為に予行練習?そんな急に許可もなく始めるもの?

それに普通は友達にキスなんてしないよね?でも宮城凄い楽しそうにイタズラ仕掛けた時みたいな顔してたし・・・ハッ、もしかして・・・僕を試したのか・・・?

僕が告白もされたことなくて、どうせキスもしたことないだろって実践形式で試したってことか?・・・っなんだよ!くそ!そういう事だったのか!まんまと宮城の罠に嵌ったんだ、悔しい!あそこで僕からも、し返せば宮城のあっと驚く顔が見られたはずなのにっ!

ああー!しまった、逃げるように来ちゃったよ。男からキスされて思わず引いちゃったことに傷ついちゃったかもしれない。宮城は冗談のつもりなのに、僕が勝手に勘違いして・・・こんなちっちゃい遊びで僕が避けたらアイツ一人ぼっちで泣いちゃうよ、元気づけてあげなきゃ!僕はアイツの頼れる先輩なんだから!うん!

僕は鞄を持ち直して来た道を引き返した。

Re: キミが好き ( No.10 )
日時: 2019/10/13 22:36
名前: バグ


廊下を走っていると細身で長身の見つけやすいシルエットが目に入る。

「浅井さんだ!」

両手を振って浅井さんに駆け寄る。

「浅井さーん!」
「ん?おおー!真波!集まるのは図書室じゃなかったか?浅井さんを呼びに来てくれたのか?」

近くまで駆け寄って息を整えている間にも浅井さんの口は止まることなく、僕の頭をよしよしと撫でてくれる。
だが、今はそんな場合ではない!

一刻も早く宮城を慰めなきゃ!可愛い後輩を泣かせるわけにはいかない!

「宮城、みてないですか?」
「宮城?それなら、うしろに」

え・・・、うしろ・・・?

今、浅井さんの所に掛けてきて廊下には僕と浅井さんしかいなかった、はずだ。恐る恐る振り返ってみると不機嫌に寄せられた眉で僕を睨みつけて見下ろす宮城の姿が、思ったよりも近くにあって

「うわあああああああ!!!?」

思わず絶叫して浅井さん腕にしがみつく。
浅井さんは僕の大声に驚いて肩を上げる。

「…そんな人を幽霊みたいに扱わないでくださいよ」
「宮城が真波の背中めがけて走ってきた時の速さは幽霊みたいだったけどな、ハッハッ」

あれ・・・?

「真波さん、さっきはスイマセン、驚かせちゃって…」
「あれ?この話、浅井さん聞いちゃってもいい感じかな?」

あ、やっぱり冗談だったんだ・・・いや、うん、わかってたよ?わかってたけど・・・なんで不機嫌そうなの?なんか、怒ってる?

「宮城、怒ってる?」
「フフッ、なんで俺が怒るんですか?」
「あれ、浅井さんのことは無視なのかな?変に話が進むと浅井さんいたたまれないよ?」

口では笑うのに目が笑ってない・・・なんで怒ってるの?とりあえず謝ろう

「宮城、ごめん・・・宮城は冗談のつもりだったのに、ぼく、ひどいこと言って・・・」
「・・・は?」
「でも、宮城が怒ると思ってなくて・・・えっと、ごめん。またいつも通り話しかけてくれる?」
「・・・ええ。あたりまえ、ですけど」
「ほんと!?僕からは宮城を避けないし、宮城を今度は傷つけないようにちゃんと配慮するから!」
「は、はあ・・・?」

よかった!なんだ、すごい簡単に解決できた!
未だ首を傾げている宮城に僕も訳わかんないけど、深く考えないことにした!
ちょっと思ったのは、宮城は僕の発言に落ち込んでると思ってたけど何らかの理由で怒ってたみたいで、別にそこまで気にはしていなかったんだってこと!

はぁ良かった、なんだかホッとした。

浅井さんの腕から離れて胸をなでおろして深呼吸する。

「なんか噛み合ってないように見えたけど・・・まあ、いっか」

と言う浅井さんの言葉は右から左へ聞き流した。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。