BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

愛されすぎて怖い。
日時: 2019/12/01 16:52
名前: mino☆nano

ー注ー
この作品はある方のキャラを名前を変えて使用しています。
晒し、荒らしはおやめください。

では本編です。
ーーーーーーーーーー
僕の名前は翠。
w高校の一年生、一番仲良しなのは紫煙くん。
なんだけど…

「翠さん。おはようございます。今日も可愛いですね。」
「ん。紫煙くんおはよ!可愛いって僕男やで?笑笑」
「そんなことないです。男であれ翠さんは可愛い。事実です。」

かぁ、っと顔が熱くなるのが自分でもわかる。
なぜこの男はこっぱずかしい台詞を言えるのだろうか。

「あ、顔赤くなった。可愛い。」
「可愛くないし!紫煙くんのばーか!」
「え、なんかクル。もっかいお願いします。」

なんだこいつ。ヤベーやつじゃん。
まあいっか。うん()

ーーーーーーーーーーー
紫煙です。今日も翠さんが可愛いです。本当に、はい。部屋はもう翠さんの写真しかないです。はい()

翠さんの魅力はですね、可愛いのは勿論。
照れた時の真っ赤な顔。びっくりしたときの顔。眠そうな顔。喜ぶ顔。泣く顔。怒った顔。転んだ時の泣き顔と怯えた顔。涙をためた目で上目遣いは最高ですね。

…おっと。喋りすぎましたね。すみません。


で、翠さんに何かご用事が?



そうですか。告白、頑張ってくださいね。








ーーその時まで生きていればですけどね?





ーーーーーーーーーーー
『w高校の小波恵理香さんが道路で車とぶつかり死亡しました。』

ーーーーふふ。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。