BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

【東方】愛と恋と友情の中の
日時: 2020/07/07 19:14
名前: 優羽

オリジナルと書いてあったのに作ってしまいました…

「駄目ですよ」と言われたら速消します…


はじめまして!
優羽と申します!
ここでは初投稿です!

東方Projectの二次元創作です!

意味不明なことを書くことがありますが許してください……


今回はレイマリです!

それではどうぞ!


一話 >>01
二話 >>02
三話 >>07

Page:1 2



Re: 【東方】愛と恋と友情の中の ( No.5 )
日時: 2020/07/02 20:07
名前: 優羽

ありがとうございます!

理解力が少なくて恥ずかしい…


通りすがりさん、本当にありがとうございました!

Re: 【東方】愛と恋と友情の中の ( No.6 )
日時: 2020/07/03 22:05
名前: 通りすがり

どういたしまして
新作を楽しみにしています。

Re: 【東方】愛と恋と友情の中の ( No.7 )
日時: 2020/07/06 17:26
名前: 優羽

「……隠し持ってた気持ちがアンタにもあったのねw」
「馬鹿にしてるよな?それ…」
本気かどうかわからないがそんなことを言う霊夢。
魔理沙は霊夢をトンッと押した。
「ひゃっ?!」
少しドンと音がした。
霊夢は畳に転がった。

「魔…魔理…沙…?」
「お前は勘が当たるし、察して欲しいんだけどな」
「なっ…///」

霊夢はもう察していた。
魔理沙が霊夢をどう思っているか…
今から何をされるか…

「…察してるよな?その反応は」
「うぅ〜…」

魔理沙は少しニヤッとした。

「……魔理沙…っ!」
「わかってたんなら覚悟くらいしとけよ」


「うっ……んっ…」







自分でも[変だ]とわかってしまうような声を出してしまう。

魔理沙は霊夢の首もとにキスをした。

もちろん霊夢の顔は真っ赤になっている。

Re: 【東方】愛と恋と友情の中の ( No.8 )
日時: 2020/07/07 19:30
名前: 優羽

「ぅぁ……まりさぁ…」

霊夢は顔を真っ赤に染める。
恥ずかしさでもう溶けてしまいそうな熱さだ。
しかし魔理沙はそんなことは気にしていない。

「ゃぁ…やめ…まり…」
「…少しだけ…楽しませてくれないか?」
「す…少し…?」

少しがどれくらいなのか、霊夢には見当がつかなかった。
むしろ不安しかなかった。

「ひゃ…ひゃぁっ…」

魔理沙は霊夢の胸元の黄色いリボンを外す。
下手したら服が脱げてしまう。

「ちょっ…やめてっ!」





しかし、その叫びは届かず。

Re: 【東方】愛と恋と友情の中の ( No.9 )
日時: 2020/07/08 18:07
名前: 優羽

(彼女が伝えたかったことはもう知ってた……______


彼女が私に恋愛感情を抱いていたのも知ってた…………______





でも私は……恋愛感情なんて持てない




応えられない……)









「や…やめっ…まり…さぁっ!」




(でも…こんなに…)











「や…やぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」








霊夢は魔理沙に抵抗する。
しかし魔理沙はやめようとはしない。





まるで…















狂った人間のように


















「あ…アンタ……もしかして……」

















「もう、種族変更しちゃった訳……?」

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。