複雑・ファジー小説

君を、撃ちます。 
日時: 2018/09/13 16:37
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ

     


                君の手は、とてもとても暖かいね。
         もう疲れたっていったら、君は怒ったりするかな。
               大好きだよ、とってもとっても。


                 だから、ね。

                  僕の、最後のお願いを聞いて欲しい。



―――――――

 ■二年が経ちました。(>>59)
  改めて、更新を開始していこうと思います。ゆったりとした更新ですが、よろしくお願いします。


 □どうも、柚子といいます。普段は別名義です。


 □
 第一話『僕』 >>01-44
 >>01 >>04 >>08 >>09 >>12 >>13 >>14 >>15 >>20 >>23 
 >>24 >>25 >>26 >>27 >>28 >>31 >>32 >>33 >>36 >>37
 >>38 >>39 >>40 >>41 >>42 >>43

 第二話『私』 >>44-66
 >>44 >>45 >>48 >>49 >>50 >>51 >>52 >>53 >>54 >>62
 >>63 >>64 >>65 >>66



 □お客様
 ゆぅさん/風死さん/朔良さん/千鶴さん
 憂紗さん/日向さん/悠幻さん/涼さん
 エリックさん/環奈さん/Orfevreさん
 キコリさん



 □since.20130318〜


―――――――


( 虚空に投げたコトノハ )
( オオカミは笑わない )
( さみしそうなけものさん )

ふわりとかすった花の香 /餡子

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



Re: 君を、撃ちます。 ( No.47 )
日時: 2013/12/28 10:26
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ


エリックさん

コメントありがとうございます!
読んでくださっているとは、思わなかったです。笑
伊吹達は、僕でも驚くくらい入り乱れているので、ああいった切り方しかなかったです。
ですが、そういっていただけると、あのように書いて良かったなあと思います笑

言葉の紡ぎ方がきれい、ですか。
何て言いましょうか、少し照れ臭いですね笑

冬休みの内にある程度更新しようと思います。
寒くなりますので、お体には気を付けてください(^^

Re: 君を、撃ちます。 ( No.48 )
日時: 2013/12/31 21:35
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ


 私の小さな声は、いつものリビングの明かりに消されてしまった。半開きのドアから、リビングの中を覗き込んだ瞬間に息が止まる。目の前にうつる状況が信じられなくて、静かに息を潜めた。
 空中から浮いた足が、二本。少し黒ずんだ、液体。その中にお母さんがうつ伏せで倒れこんでいた。それを見つめる私の息はだんだんと早くなり、ここにいたらいけないと無意識に感じる。

 意識的に、警察に電話をしなくちゃいけないとも感じ、相反する二つの感覚から私は動けなくなった。今、この状況で私のするべきことは何なのか。最優先事項が分からなくなってしまうほどに、混乱していた。
 かたかたと震える体に鞭をうち、リビングに足を踏み入れる。一歩踏み出すと、もう、リビングには私の知っている雰囲気は存在していなかった。じっとりとした、気持ちの悪い空気。

 吐き気を催しそうな感覚に囚われる。気持ち悪いことこの上ないけれど、かたかたと震える手で受話器を取る。気持ちを落ち着けるために、ゆっくりと『1』『1』『0』の番号を押した。無機質に鳴り響くコール音。
 もしかしたら、もしかしたら。そんな考えが私の頭の中を支配していく。一人ぼっちになってしまった私は、本当の意味で一人ぼっちになってしまったんじゃないか。そう思うと、涙が零れてきた。目元の涙を手首で拭っていると、コール音ではなく人の声が聞こえてきた。

 ダムが壊れた音がする。それと同時に、私の口からは断片的な言葉が沢山溢れ出てきた。何を伝えたかは分からないけれど、受け答えをしてくれる人の『今から向かいます』の声はしっかりと記憶に残った。
 私を一人にしないでくれる人がいる、と安心して受話器を置く。同じ空間にいる、お父さんとお母さんには視線を向けないようにしてその場に座った。

Re: 君を、撃ちます。 ( No.49 )
日時: 2014/01/14 22:35
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ



 かちん、かちん。時計の秒針だけが、私の意識の中に入り込んでくる。どうしてなんだろうとか、やっぱりなあとか。膝の間に顔を挟めて、私は考えた。なんでこうなっちゃったんだろう。そう考えると、ぽろぽろと涙が落ちた。私は泣きたくなんて無いのに、勝手に涙があふれてくる。
 お父さんが死んじゃっても、お母さんが死んじゃっても、どうでもいいはずなのに、涙が止まらない。急に、自分がちっぽけな存在に思えてしまって、止まらない。

「なんで」

 呟いた言葉が、か細く震えた。心細くて、仕方が無い。早く警察に来て欲しい。遠くでサイレンの音が聞こえるから、きっともうすぐなんだろうけど、来るまでの時間がとても長く感じる。もしかしたら、私以外にも何か通報した人がいるのかもしれない。
 そうして数十分――実際には数分くらいしか経ってないと思う――静かに待っていた。すると急にインターフォンがなる。私は急いで立ち上がり、玄関へ向かった。上手く足に力が入らなかったけれど、できる限り早く。

 ドアスコープから外を見れば、少し強面の男の人が何人か立っていた。重たい鉄の扉を開き、小さく会釈した。









 そこからは、何を話したのかよく覚えていない。色々なことが終わって疲弊していた私を待っていた、マスコミが持ってきたカメラのフラッシュ。騒がしく、忙しなく、質問が投げかけられる。
 目の下にクマが出来ている私を気にしない、自己中心的で、利己主義の人々。両親が殺された次の日から、学校には通えなくなった。外に出ることも、できなくなった。何が怖い、という訳ではなくて、ただ人と関わることが恐怖になっている。

 助けて、とも叫べない私を、誰も助けようとはしない。何ヶ月も、私は学校を休んだ。只管に人とかかわることだけを避ける。簡単なようで、とても辛い行為。家に帰っては涙を流し、外に出るときには顔が分からないようにマスクをつけた。
 大きな事件で生まれた、小さな綻びが修復するまで。静かに、静かに暮らした。私が学校に登校出来たのは、事件から三ヵ月後。授業もびっくりするくらい進んでいて、毎日夜遅くまでノートを写して、独学で勉強した。

 まだ制服は夏仕様の、半そで。初めて学校に行った日は、皆可哀想な人を見る目で私を見ていた。それでも別にいいと思っていたけれど、やっぱり辛いものは辛い。

「つーばきっ。おはよう!」

 聞きなれた声に、私は一瞬驚いた。毎日私を心配してくれていた、大親友の声。振り向けば、いつもの顔ぶれがそろっていた。学級書記の春、元気いっぱいの真浩、誰にでも優しい美優。

「椿、元気ないのはしょうがねぇけど、俺らといる時くらいは楽しんでくれよ。お前を助けてやるって、俺ら三人で決めたんだからさ」

 少し申し訳なさそうに微笑む真浩の言葉に、思わず目の端から涙が溢れ出した。誰も助けようとしてくれなかった私を、無条件で助けてくれる。私に足りていなかった優しさを、三人はいつでもくれた。
 
「ちょっと椿、泣かないでよー」

 クスクス笑う美優に抱きしめられながら、涙を流す。春と真浩も、少し遠慮がちに頭を撫でてくれた。その優しさがまたじんわりと広がってきて、辛くなる。戻ってきていいよって言ってくれているみたいで、嬉しいけど辛い。
 これから始まるSHRなんかに出られないくらい、涙が零れて止まらなかった。美優に連れられて行った保健室は、ほどよい消毒液のにおいがした。先生はいなかったけど、美優には教室に戻ってもらった。情けない顔を、これ以上見せたくなかったから。

 鼻水を少しすすりながら、部屋の真ん中にある丸椅子に座る。自分がちっぽけで惨めだと、感じる。みんなの言葉は上辺だけなのかもしれない、とか。だんだんと醜い感情で、埋めつくされていっているみたいだ。

Re: 君を、撃ちます。 ( No.50 )
日時: 2014/01/20 22:01
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ



 流れた涙が乾いた。涙が伝った頬は、少しだけ乾燥している。先生は、まだ来ない。保健室を出て直ぐにある職員用玄関からは、女の人と男の人が話す声がする。一つは聞き覚えがあるから、きっと保健室の先生の声だ。
 私はすこしだけ温かい保健室を、ぐるりと見回す。保健室に来たのは、二年生になるまでに二度しかなかった。一度目は、体育の授業中に転んだ友達をつれてきたこと。二度目は、今だ。泣きすぎて保健室に行った、だなんて担任に知られたら一体何を思われるんだろう。

「ちょっとだけ……こわい、かな」

 誰がいるでもない部屋に、私の声だけが反響した。水溜りに石を落としたときみたく、じんわりと波紋が広がっていく。私の声は、差し詰め石だったのだろう。
 静寂に殺されたままいると、部屋の外の話は終わったらしい。ドアノブを捻る音に顔を向けると、先生がはいってきた。綺麗で優しい人だった記憶だったけれど、その記憶は間違っていなかった。

「あれ? 確か二年生の、椿ちゃんだよね。今日はどうしたの?」

 あまり来たことが無いのに知られているのは、きっと三ヶ月前の事件の所為。答えようと思って口を開き、ふと先生の後ろに隠れるようにしている男の子が目に入った。
 目には光が灯っているようには見えなくて、暗く沈んだ表情。首に包帯を巻いた、とても細くて華奢な男の子だ。

「先生、その子、誰ですか?」

 自分の事を聞かれていても、後ろの男の子は視線を上げようとすらしない。先生は一度その子に視線を移して、また私に視線を向ける。私も、自然に先生と視線を交えた。

「この子は、社木 伊吹くんっていうの。丁度椿ちゃんと同じ年齢の子で、この学校に通ってるんだよ」
「そうなんですか」

 よく見ると男の子は髪が茶色かった。肌は白くて、外に出たらすぐに真っ赤になっちゃいそうなくらい。じっと伊吹くんを見つめていた私に、先生は優しく微笑みかける。
 敢えて何があったのかを深く聞いてこないのは、きっと私の頬にある涙の痕を見ちゃったから。そうじゃないとしても、私はそう考えた。私の隣に伊吹くんは座って、先生は私たちの前に腰掛ける。

「……先生、あの」

 三人いるとは思えないくらいの静かさに、思わず私は言葉を発した。

「どうしたの、椿ちゃん」

 にっこりと微笑みかける先生が、私が小さかった頃のお母さんと重なる。また心がずきんと痛んで、先生を見つめたまま涙が溢れた。嗚咽を伴わずに、静かに涙だけが流れる。
 先生は驚いた顔をして、沢山の本が整理された机の上から箱ティッシュを持ってきた。私の涙を丁寧に拭いて、先生は背中を摩る。ゆっくりと一定の間隔で上下に。

 優しさに包まれなれない私のことを、優しさは容赦なく私を包み込む。大好きだったお母さんに貰うことが出来なかった。大嫌いだったお父さんには貰えるはずがなかった。
 手の届かない幻のような優しさに、また私の涙腺は小さな綻びから決壊を始める。隣に伊吹くんがいる事も気にせずに、私は静かに涙を流し続けた。静かな室内に、私の嗚咽が響く。

「椿ちゃん、少しベッドで休む? これじゃ、二時間目も出れないでしょ」

 心配するような先生の声に、私はゆっくり頷いた。そうして、先生に抱えられながらベッドに入る。視界の端で涙に滲んだ伊吹くんは、ずっと窓の外を眺めていた。
 暖かな布団に包まれ、朝から泣き疲れた私は直ぐに眠りに付いた。忍び足でやってくる可愛らしい睡魔に、全てを委ねた。







「つーばきーっ。だいじょーぶ?」

 鼓膜を震わせる声に、私の意識はだんだんと戻ってくる。聞いたことがある、女子の声。

「こら。まだ椿寝てんだから、大声出すなよ」
「そうだよ美優、真浩の言うとおり。美優だって寝てるときに大声出されたら、機嫌悪くなるしょ?」

 優しく美優を諭すのは、きっと春。ゆっくりと目を開けて、体を起こす。まだ少し頭はぼうっとするが、目を擦りベッドの横にいた三人にピントを合わせた。

「今って、お昼休み……?」

 二校時目と三校時目の間に長い休み時間がないから、私はそう聞く。近くにある高等学校と、休み時間は同じような仕様になっているから。返事を求めて、美優たちを見る。真浩が、少し言い難そうに苦笑いをした。

「もう、放課後なっちった。昼休みきたんだけどさ、すげー寝てたから起こすに起こせなかったんだよ」

 ごめんな、と言った真浩だけど、申し訳なさそうには見えない。

「椿。無理はしたら駄目だからね。君が思っている以上に、体は疲れてるんだろうし」

 そういう春は、もう少し頼って、と言っている様に聞こえて胸が痛んだ。やっぱり大親友の三人は、安心感が違う。そう思って、私は素直に頷いた。

Re: 君を、撃ちます。 ( No.51 )
日時: 2014/01/26 03:24
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ



 春達が持ってきてくれた上着を羽織り、カバンを背負う。ずっしりと重たいカバンだけれど、本当はもっと軽いはず。私のノートの重さが変わっていないから、軽いはず。ちょっとした寂しさを胸に忍ばせて、保健室を後にした。先生の机においてあった小さなメモ帳に、帰ることを伝えて。
 下校時間を少し過ぎた校内は、昼間とはびっくりするくらい温度差があった。足の神経を這って、ひっそりと背筋をなぞる冷気に思わず身震いをした。それは春達も同じみたいで、同じタイミングで震えた私達は、目を合わせて笑いあう。小学校から変わらない四人だから、色々なタイミングも自然と合ってしまう。


「寒いねー」
「だなー、すっげーさみー」
「今日、僕の家誰もいないんだけど、週末だし泊まりに来る?」
「おー、行く行く!」
「行くー!! 椿、椿もいこーよっ!」
「えっ、あっ、迷惑じゃない? 大丈夫?」
「椿がそんなこと、心配しなくたって大丈夫だよ」
「春ん家、誰もいねーらしいから平気だって!」
「そーだよっ、ね、椿いこー?」
「それじゃ、行こう……かな?」
「何だよその疑問系ー! たまには四人ではっちゃけよーぜ?」
「真浩の案にさーんせーい! 春の家に、えーっと六時に集合しよ!」
「六時だね。晩御飯準備しておくから」
「それじゃ、一回解散だなっ」
「だねー。またあとでねー!」
「ばいばい」


 四人が三人になって、三人が二人になった。学校近くの十字路が、私達四人をいつも三つに分ける。真浩と私は、同じマンションだったから途中からは二人きりだ。何時もは他愛も無い話をして、笑いあっている。

「なー椿」

 ちょっとした気まずい沈黙の中で、真浩が口を開く。堅苦しい制服を、今時の都会の子みたく着崩しながら。学校の規律は厳しくて、毎朝生徒会の先輩が服装点検を行っている。

「どーしたの?」

 真浩は少しだけ、口をつぐんだ。何かを躊躇しているみたいで、大きく深呼吸をして私の顔をじっと見る。私も真浩のことを見ていたから、自然と目が合う。私と真浩の絡む視線が、なんとも言えない独特の雰囲気を作り出していた。

「俺さ、椿のこと大事におもってるから!」

 葡萄色の空に、ぼんやりと真浩の赤い頬が映える。私の思考がちゃんと回るのに、きっと数分は掛かった。

「美優も、春も、椿に元気がないと絶対嫌だから! だから……俺達には、何の遠慮もすんなよな。三人で、何があってもお前のこと助けてやっからよ!」

 ほら行くぞ! と声を大きくした真浩に、また昔見たく「うん」と返事をする。真浩から差し出された手は、小さい頃と変わらない、暖かい手だった。気付いたときには、私より大きくなってた真浩の身長。
 また他愛も無い話をして、マンションに戻る。私の家に、真浩を入れた。この家に一人でいるのには少し慣れたけれど、一人だとリビングには近寄れない。

 物置になったままの部屋から、少し大きめのカバンを準備する。服や勉強道具を詰め込んで、制服から着替えた。太ももが半分も隠れないショートパンツに、オーバーニー。上は長袖の上に、パーカーを羽織った。
 カバンを背負い、リビングで待っている真浩のもとへと行く。

「お待たせっ。真浩の家も、行かなくちゃだよね?」

 携帯を見ながら、少ししかめっ面をしていた真浩だけど、私の声を聞くと顔を上げた。「おうっ」と笑顔を見せて、真浩は立ち上がる。学年一モテる男子の笑顔は、幼い頃から変わらず爽やか。
 その笑顔の下に何が隠れているのかは、何度聞いても教えてくれない。私達は私の家を出て、四階の真浩の家に行った。玄関を開けると、昔と一つも変わらない甘いバニラの香りが、鼻腔を擽る。

 明るい薄いオレンジ色の電灯が、薄茶色の床を照らしていた。

「ちょっと待ってて。直ぐ用意するからさ」

 そういって奥に入っていく真浩を見送って、私は物思いにふける。これからの学校のことや、美優や春とのこと。それから、真浩のことも。大好きな、大切な親友だけれど、いつか離れなくちゃいけない日がくる。
 それは偶然じゃなくて、必然のことで。美優はきっと美容系の学校。春は機械工学系で、真浩はスポーツ学科。それぞれの将来のために、そろそろ高校も決めつつあるんだろう。私自身が何をしたいのかは、さっぱり分からない。進級できるかどうかも、分からないまま。


「椿、準備完了したぞっ! 今五時半だったから、多分春ん家行ったら丁度良いくらいだな」

 そう言って笑顔を見せる真浩に、私は少しぎこちない笑顔を見せた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。