複雑・ファジー小説

君を、撃ちます。 
日時: 2018/09/13 16:37
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ

     


                君の手は、とてもとても暖かいね。
         もう疲れたっていったら、君は怒ったりするかな。
               大好きだよ、とってもとっても。


                 だから、ね。

                  僕の、最後のお願いを聞いて欲しい。



―――――――

 ■二年が経ちました。(>>59)
  改めて、更新を開始していこうと思います。ゆったりとした更新ですが、よろしくお願いします。


 □どうも、柚子といいます。普段は別名義です。


 □
 第一話『僕』 >>01-44
 >>01 >>04 >>08 >>09 >>12 >>13 >>14 >>15 >>20 >>23 
 >>24 >>25 >>26 >>27 >>28 >>31 >>32 >>33 >>36 >>37
 >>38 >>39 >>40 >>41 >>42 >>43

 第二話『私』 >>44-66
 >>44 >>45 >>48 >>49 >>50 >>51 >>52 >>53 >>54 >>62
 >>63 >>64 >>65 >>66



 □お客様
 ゆぅさん/風死さん/朔良さん/千鶴さん
 憂紗さん/日向さん/悠幻さん/涼さん
 エリックさん/環奈さん/Orfevreさん
 キコリさん



 □since.20130318〜


―――――――


( 虚空に投げたコトノハ )
( オオカミは笑わない )
( さみしそうなけものさん )

ふわりとかすった花の香 /餡子

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



Re: 君を、撃ちます。 ( No.37 )
日時: 2013/08/30 21:45
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ


「あれ? 椿木ちゃんに、××くんじゃないか。久しぶりだね!」

 聞いたことのある声が、僕と「椿木」の背後から聞こえた。僕にとっては一番聞きたくない、無意味な音声。「椿木」は振り返り、小さく会釈をした。僕は、まっすぐ前を見つめたまま立ち呆ける。「その人」を見る気にはならなかった。僕が始めて不快な感情を抱いた「谷俣さん」。
 「彼」はそんなことをお構いなさそうだ。それを見てまた、僕の心はひどく深いな味を生み出す。どろりと液体として流れ落ちていくような、ふわりと気体として鼻腔を刺激するような。そんな感じで、「谷俣さん」に感づかれるのではないかと少しだけ気にするけれど、「彼」は気にしていないみたいだ。

「二人で売店? いいねー! 青春してるじゃないか、××くん!」

 苦笑いで返す僕と「椿木」には目もくれないで、話を続ける。

「そういえば、今日新しい子の担当になったんだよ! 名前が社木伊吹くんっていうんだ。××くんの親戚か誰かかなって思ったんだけど、どうやら違うみたいでさあ。椿木ちゃん、何か知らない? 勿論、××くんも何か知ってたら教えてよ。今後のカウンセリングのために。よろしく!」

 驚いた表情を隠せなかったのは、僕だけでは、無かったと思う。

Re: 君を、撃ちます。 ( No.38 )
日時: 2013/11/01 16:27
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ



「二人とも、僕の友人ってことで特別に伊吹くんに会ってみない? 多分、何か良い影響があるかもよ」

 はははっと大きな声で笑う、「谷俣さん」。僕と「椿木」は顔を見合わせる。結論は、「谷俣さん」について行くことにした。僕と同名の「社木伊吹」という人間に。明るい院内を「谷俣さん」について歩く。意外に人気者のようで、様々な「患者たち」から挨拶をされたり手をふられたりしていた。それをみて、「この人」が、プライバシーも何もない質問をしていても憎めない何かがあるのだろうな、なんて思う。

「どうして、私達をその、社木伊吹くんに会わせようと思ったんですか?」

 少し聞き辛そうに、「椿木」は言った。それは僕も気になった点だったけれど、敢えて口には出さなかった。出せなかった。右手をずっと首の包帯に触れさせながら、二人の会話に聞き耳を立てる。あくまでも、僕が興味を持っているとは悟られないように気をつけながらだ。
 嫌いな人に、僕が何かを感じてるだなんて悟られたくは無い。

「んー、一番の理由としては、椿木ちゃんと××くんと同年代なんだよ伊吹くんって。歳の離れた僕と話すよりも、きっと話しやすいと思うんだ。彼にとって」

 遠くを見ながら話す「谷俣さん」に、思わず僕と「椿木」は息を漏らした。「椿木」が息をもらした理由は分からないけれど、でも、僕と同じような理由からだと思う。僕ははっきり言って誰かと話すことが好きじゃない。そもそも話すことなんて不可能だ。
 「谷俣さん」のいう“話す”という言葉が、僕の心にチクリと爪を立てる。二回目の、傷。下を見ながら歩けば、気付いたらもうエレベータの前だった。上へ行くボタンを押す。目的の階について下りた。心はどこかおざなりな、そんな感じがする。

 僕がいずれ移動する、小児科の階のようだった。殺風景な僕のいる場所と違って、カラフルで明るい印象がある。「子ども達」の笑い声や、泣き声に話し声が僕の耳をくすぐった。それぞれに欠陥を伴った中の明るさが、僕には眩しすぎた。
 無意識に、それでいて意識的に僕は歯で頬の内側を噛む。じわりと、口に鉄の味が広がった。「谷俣さん」の後ろに続いて歩いていた「椿木」が、立ち止まっていた僕のほうを振り返った。

「伊吹くん?」

 「子ども達」の声が作り出した雑音の空間の中に差し込んだ一つの声に、僕はぱっと顔をあげる。小さく開いた僕の口からは、血が一本の線を描いて輪郭をなぞっていった。そうして、顎から床へと垂れる。僕の悲鳴を代弁したようだったと、思う。

「伊吹くん! 口から血出ちゃってるよ!」

 そういって、まるで僕の保護者のように「椿木」は駆け寄ってきた。スカートのポケットから取り出したティッシュで僕の血で汚れた部分を吹く。新しいティッシュで、血が表に出てこないようにティッシュを当てて僕に持たせた。
 可哀想な子を見るような目で。可哀想だと言いたそうな眉で。僕を刺しているだなんて、きっと「椿木」は思っていないんだろう。僕だってそのことを敢えて伝えたりはしない。僕は、自分が誰に理解されることがないことを、知っているから。

「大丈夫かい? 椿木ちゃん、××くん? そろそろ彼の部屋に着くよ」

 ある程度は状況を理解しているんだろうけど、僕を待つ気はないんだなあと少しだけ思う。僕は「椿木」に目配せをしてから、歩き出す。「椿木」も僕の少し後ろについて歩いていた。不思議な距離感が気になったけれど、僕は口内の傷を舌で舐め続けて気をそらした。
 傷口を開くのは、快感でしかない。そう口から出てしまわないように嚥下しながら、僕は鉄の味を口いっぱいに味わう。気持ち悪がられたとしても、それが今の僕の精神安定剤の役割を果たしているのだ。






「ここだよ、二人とも」

 少し歩いて、歩を止めた「谷俣さん」が見る部屋の扉は、そこだけ異世界にあるかのような、そんな雰囲気が漂っている。

Re: 君を、撃ちます。 ( No.39 )
日時: 2013/11/04 20:53
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ

 他と変わらない扉なのに、僕には普通と感じられない。きっと、きっとだけど僕が会ってはいけない何かがあるんだと思う。先ほどの傷をティッシュでおさえながら、また思い切り歯で噛み付いた。口の中で鉄の味が広がっていく。

「それじゃ、あけるね。伊吹くん、はいるよー」

 中から、若い「青年」の声が返ってきた。「谷俣さん」は僕と「椿木」に目配せをしてから、引き戸を開ける。中にいたのは「青年」。部屋にある窓から、外を眺めていた。その近くには、

「伊吹くんの……お母さん……?」

 僕の「母親」がいた。僕は「青年」、もとい「伊吹」と「母親」を交互に見た。「母親」がいることが、信じられないのだ。僕の病室に今日来る筈だったのに、来なかったのは僕が大事じゃないからだったのかもしれない。また、心がチクリと痛んだ。
 「母親」も、僕達のことを見て少し驚いた顔をしている。どうして来たんだろうだなんて、思っているのかなと想像してみると、開きかけていた心の扉が音を立てて閉まった。「伊吹」がいれば、僕は不必要なんだなと思った。

「あら、椿木ちゃん。伊吹のお見舞い、来てくれたの?」

 嬉しそうに笑顔を見せる。僕のことは眼中にないようだった。

「あ、私は此方の谷俣さんに伊吹君を紹介されたんです。私がお見舞いに来たのは××君なんですよ。私が、伊吹君のお家で泊まらせてもらっていたときにお家にいた、××君。……忘れてましたか?」

 最後のほうは、少し言いにくそうだった。僕のことを言おうとしてくれたんだろうけど、僕の名前はラジオのノイズのように掻き消されてしまって、聞こえない。もしかしたら僕は、「誰か」の空想に生かされている非実在の存在なのかもしれない。
 「母親」は考える素振りを見せたが、多分見当がつかないんだろうと思った。僕自身の力で存在を主張したいけれど、声は出ない。自分の喉に手を添えて、「誰か」の指痕と爪痕をひどくのろった。涙は出ない。何時もの通りだ。

「母さん、なんだか話がややこしくなりそうだから、今日はもう帰って。谷俣さんも、出来たら……。この人と、話したいんだ」

 そういって「伊吹」が見ていたのは「椿木」のことではなくて、僕だった。ニコリと微笑まれたが、僕はただ視線をそらす。口の中に注がれたままだった液体を、一度で嚥下した。どこか好戦的な目で僕を見る「伊吹」は、得意気だった。
 「伊吹」の言ったとおりに、「母親」と「谷俣さん」は部屋をあとにする。僕はそれを横目で見てから、歩いて「伊吹」の近くへと歩いていった。じっと「伊吹」の目を見つめる。茶色がかった、僕と同じ色素の薄い目が僕をしっかりと捕らえていた。

Re: 君を、撃ちます。 ( No.40 )
日時: 2013/11/17 08:44
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ



「君が」

 口を開いた「伊吹」は、そこでとめ、にこりと笑った。僕には作ることが出来なくなった、無垢で無邪気な笑顔。劣等感が生まれた音がする。

「君が、社木伊吹。僕も、同じように社木伊吹なんだ。僕は君に、とっても興味があるんだよ。伊吹。君はどうして、僕と同じ顔、同じ髪色、同じ容姿であるのに、君は声を出せなくて何かを隠すように首に包帯を巻いている。もし僕と君が同じ人間だと言うなら、それは不思議じゃないか?」

 僕のほうに歩きながら、「彼」は持論を披露していく。「彼」の茶色い瞳が、僕の姿を大きく大きく映していく。「彼」が言っていることは、僕自身も正しいと思った。けれどもし、僕達が同じ人間だとするなら、同じ世界に二人いるはずがない。

「社木さんと、××君が一緒の人間って……」

 驚いた顔をしながら「椿木」が言う。自然と「彼」も僕も「椿木」の顔を瞳に映す。同じ、茶色の瞳には角度の違う「椿木」の顔だけがうつっている。「彼」はくすくす笑いながら、楽しそうに言ってみせた。

「この世の中に、誰かは一人しかいない。それが世界中で暗黙の了解となっている、事実、ってやつさ。けどね、そんな簡単な事実だけで証明できるほどこの世界は簡単じゃない。世界は、複雑に怪奇しているんだよ、椿木ちゃん」

 無邪気に見えていた笑顔は、一瞬にして冷徹なものへと変化した。でも傍目からみればその笑顔はまだ、無垢で無邪気なもので。「椿木」は何も気付かないまま、「彼」の言を理解しようとしていた。僕も理解しようとしたけれど、「彼」の言葉がノイズに塗れたような気がして聞き取ることは不可能だった。


「ね、伊吹。君は戻るべきだよ、今までの場所に。僕なんかがいるところに、やってきたら駄目なんだよ、伊吹」

 冷徹が悲哀へと、変わる。小さな痛みを全て出したように、僕に懇願するような声色。痛みを、出すことに慣れていないんだな、と僕は無意識の内に思った。そして、どうしてか小さく頷いていた。言葉を出せないからなのか、もしそうだったとしても、分からないままに。

「ばいばい」

 そう、「彼」が言った。



























「あ、××起きたの? 退院の準備は終わってるわよ」

 現実のような長い夢が、覚めた。起き上がり、枕元においてあった服を着る。ここで着ているものとたいして変わらない、病院服のようなもの。「母親」は、僕のために服を買おうとしているらしいが、脚の筋力も満足に戻っていない僕は、外に出る気など全くない。
 上着を脱ぐと、真白い貧相な胴体が現れる。肋骨が、浮いた、骨と皮のだけの胴体。隠すように、服を着る。首の包帯をとり、近くのテーブルに置いていた替えの包帯で醜い痕を隠した。隠す、隠す。僕は僕を形成しているものを隠して生きている。その事実に、自分が脆弱なことを痛感した。

「もう先生とはお話終わってるから、準備が出来たら行くわよ。そうだ、何か食べたいものある? 帰りにスーパー寄って帰ろうね」

 僕が退院することが嬉しいのか、「母親」の声色も機嫌も上々だ。僕は、あの長い長い夢に出てきた「彼」が気になっていた。僕と同じ「伊吹」なのに、僕とは違いすぎた「彼」の姿が、目から離れない。


 ばいばい。


 もう一人の「伊吹」への言葉を、呟いた。

Re: 君を、撃ちます。 ( No.41 )
日時: 2013/11/30 22:25
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ


 空を覆う、真っ黒な雲。今にも降り出しそうな雨。雨、雨雨。どんよりとした雲は、退院した晴れやかな気持ちをゆっくりと飲み込んでいく。雨、雨、雨、雨。
 後部座席の左側に座り、外を眺める。「母親」の楽しそうな言葉は、一つも聞こえない。ただ只管、あの夢の「伊吹」を思い出す。断片になって、所々消えてしまった「彼」の形を必死に取り戻す。
 
 僕と、同じ顔。
 僕と何一つ変わらない肌の色、目の色、髪の色。
 僕と、同じ「母親」。

 「彼」の全てが、僕自身を否定しているような気がした。僕には無い声を、表情を、感情を持っている「彼」に。僕は、ひどく嫉妬をしていたんだろう。
 僕に出来ない、「椿木」と話すことを、「彼」はそつなくやって見せた。たった一つ違うのは、僕が「彼」とは比べ物にならないほどの劣等感を持っているということだけだ。



 痛い。



 首の包帯に右手を沿え、左手で胸の辺りの服をぎゅっと掴み、頭を窓につける。大嫌いな僕自身を、心から、身体から、追い出してやりたいと切に思った。
 知らない「誰か」のせいで臆病になった僕を、何も話すことが出来なくなった僕を、どうにかして殺したいと思う。「母親」には決していえない事だったけれど、僕の脳にその思いは記憶された。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。