複雑・ファジー小説

君を、撃ちます。 
日時: 2018/09/13 16:37
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ

     


                君の手は、とてもとても暖かいね。
         もう疲れたっていったら、君は怒ったりするかな。
               大好きだよ、とってもとっても。


                 だから、ね。

                  僕の、最後のお願いを聞いて欲しい。



―――――――

 ■二年が経ちました。(>>59)
  改めて、更新を開始していこうと思います。ゆったりとした更新ですが、よろしくお願いします。


 □どうも、柚子といいます。普段は別名義です。


 □
 第一話『僕』 >>01-44
 >>01 >>04 >>08 >>09 >>12 >>13 >>14 >>15 >>20 >>23 
 >>24 >>25 >>26 >>27 >>28 >>31 >>32 >>33 >>36 >>37
 >>38 >>39 >>40 >>41 >>42 >>43

 第二話『私』 >>44-66
 >>44 >>45 >>48 >>49 >>50 >>51 >>52 >>53 >>54 >>62
 >>63 >>64 >>65 >>66



 □お客様
 ゆぅさん/風死さん/朔良さん/千鶴さん
 憂紗さん/日向さん/悠幻さん/涼さん
 エリックさん/環奈さん/Orfevreさん
 キコリさん



 □since.20130318〜


―――――――


( 虚空に投げたコトノハ )
( オオカミは笑わない )
( さみしそうなけものさん )

ふわりとかすった花の香 /餡子

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



Re: 君を、撃ちます。  ( No.25 )
日時: 2013/04/09 06:17
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ
参照: スクロールが短くても、書いているのは1500字オーバーです。

「××くん、少しお話聞きたいんだけどいいかな?」

 引き戸をあけ入ってきた「男」に、僕は訝しげな視線を向ける。顔中に貼り付けた愛想笑いと、理解しにくい不思議なオーラ。仲良くなることは不可能だと、直感的に僕は判断した。気味悪い笑顔のまま、「男」は僕の近くへと歩み寄る。
 僕とは違い不思議そうに「椿木」は「男」を見ていた。信用してはいないだろうが、僕よりは「男」に興味があるように見える。初対面の、それも見ず知らずの「男」のせいで僕の緊張感は跳ね上がっていた。

「嗚呼、そんなに構えなくていいよ。僕は精神科医の、谷俣 実(ヤマタ ミノル)です。少しだけお話聞きたいんだけど、いいかい?」

 これ、と差し出された名刺には携帯の番号と、氏名と勤務先が書かれていた。僕は片手でその名刺を受け取りチラッと目を通す。それを「椿木」に見せ、僕は「谷俣さん」をじっと見る。「谷俣さん」も僕のことを、同じようにじっと見る。
 僕が信用していないことを察しているのかも分からないが、「谷俣さん」は目的の僕ではなく「椿木」の隣へ行き、「椿木」と談笑を始めた。別に「椿木」が誰と話していてもどうでもよかったが、「谷俣さん」と話している時だけは無性に嫌な感じがする。

「珍しい苗字だね。時雨さんっていうんだ。今は中学生? 青春満喫中でしょ? おじさん、中学生の頃は結構モテたんだよー。あ、おじさんって言ってもまだ二十代半ばなんだけど」

 一人マシンガントークで話す「谷俣さん」は、「椿木」の苦笑いに気づいていない様子だった。僕は二人を無視し、無言でナースコールを押す。数分経てば、誰かしら来るのは何となく分かった。医療ドラマで培った、知識ではあったけれど。

「そうだそうだ。××くんって、声が出せないんでしょ? メモ帳とペン持ってきたから、これで返事してもらっていいかな」

 自己中心的な「谷俣さん」に僕は一つも文句を言わずに、メモ帳とペンを受け取る。無遠慮に僕が触れて欲しくない部分に触れてくる「谷俣さん」は、はっきり言って苦手なタイプだ。心の中で、よく精神科医になれたなと呆れ、口からは嘆息がもれる。
 丁度「谷俣さん」が僕への質問をしようとしたところで、「母親」が室内に入ってきた。ナースコールと「母親」を交互に見ると、“故障してるみたいで、明日にならないと換えられないだって”と苦笑交じりに言われ、納得する。

「あら、どちら様ですか?」

 「谷俣さん」に気づいたのか、「母親」が不思議そうな表情をした。それまで僕に話しかける振りをして、僕の首の痕をじっくりと見ていた「谷俣さん」は慌てながら「母親」を見る。けれど、得意技であるはずの愛想笑いが顔には張り付いていなかった。

「私、精神科医を遣らせていただいている谷俣実といいます。自殺未遂というお話を聞きまして、興味があったので少しお邪魔していました。それでは、失礼したします」

 足早に出て行った「谷俣さん」については、「椿木」が事細かに説明した。遠慮なく僕の声について触れたことを特に沢山話しているのを、僕は静かに聴いていた。「椿木」の話は、何も盛らずにそのままを話していたから、少し聞いてて心地が良い。
 「母親」の相槌がわざとくさく感じ、笑いそうになったけれど只管こらえた。僕は「椿木」の話が一段落した所で、「母親」に「谷俣さん」からもらった名刺を渡す。勤務先は、今僕達がいる病院の名義になっている。

「ちょっと、お母さん聞いてくるわね。椿木ちゃんごめんね、学校祭の準備だったんでしょう?」
「あっ、いえ、大丈夫ですよっ! みんなが動いてくれているので、心配しないで下さい」

 ニッコリと笑う「椿木」に、「母親」も微笑み返し病室から出て行った。二人きりになった瞬間、室内に漂っていた空気が先ほどより重みを増し僕を押し潰そうとする。その感覚はきっと僕だけではなくて、「椿木」も感じているはずだった。


 原因は、僕にあるから当たり前といえば当たり前でもある。

Re: 君を、撃ちます。  ( No.26 )
日時: 2013/05/09 23:53
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ


「あ、あの、伊吹くん」

 少し沈んだ、重たい空気に負けそうな小さな声が、僕の耳にすっと入る。握ったままのペンのこともメモ帳のことも気にせずに、僕は「椿木」を見た。何時もの笑顔からは想像できない、怒った表情。
 何に怒っているのかは、気にならない。ただ、「椿木」が怒った理由が気になった。

「さっきの人のこととか、全然気にしちゃだめだからねっ! あんな失礼な人のことなんて……気にしたらだめだよっ。伊吹くんのこと、何も知らないのに勝手なこと言う人なんて、ほっておいていいんだからねっ?」

 思わず「は?」と言いそうになったが、冷静になり言葉が出ないことを自覚する。僕の顔を真っ直ぐと見る「椿木」の表情は真剣そのもので、きっと僕が笑えば怒るのだろう。
 必死でさっきの「自称精神科医」に憤っている「椿木」には悪いが、どうでもよかった。声が出ないのは事実だから、特に気にしてない。

“椿木も、あの人と同じで僕のこと何も知らないんじゃないの”

 素っ気無く紙に書き見せると、「椿木」は一瞬ハッとした。そんな「椿木」に僕は直ぐにでも壊れてしまいそうな笑顔を、そっと見せる。気にしてないよ、こんな僕でごめんね、と心の中で謝り続ける。
 また「母親」が来る前のような重たい空気に戻った室内で、僕は天井を見上げた。抜いた点滴の針からはきっと液が一定間隔で漏れ出てる。僕の心をそのまんま映し出しているに違いないと、確信は無いけどそう思った。

 相変わらず白い天井は、汚れた僕を嗤っているようで少し気味が悪い。針が刺さっていた右腕の穴は、固まった血が付着している。僕の壊れかけの心には、「椿木」の姿が映っていた。
 徐々に痛くなってきたお腹をぎゅっと左腕で押さえる。ナースコールを押しても結局看護師はこなかったなぁと痛みの増したお腹をさすった。

 顔を下にさげたままの「椿木」の頭を、ぽんぽんする。痛むお腹も、壊れかけた心も、嘲笑う天井も、どうでも良くなっていた。されるがままの「椿木」を、手を休めることなくぽんぽんとする。何を思ってやっているわけではないけれど。


“ごめん”


 そう書いた紙を、俯いた「椿木」に見せる。顔をあげさせないように、少しだけ「椿木」の頭にのせた手に力を込めた。今の僕を見られれば、きっと壊れてしまいそうで。
 静かに決壊した涙腺から、とめどなく涙があふれた。嗚咽の漏れない、空虚な涙。思った以上に「彼」の言葉は、僕を刺していたみたいだ。無限にリピートされる「彼」の言葉は、何度も何度も深く傷を作る。

 僕のことをなんとも思わない第三者からの発言は、感じたことの無い棘があった。滲む視界はどんどんと広がり、助けてと叫べない僕の存在を消したがっているみたいで、怖い。そっとこの世界から、僕が生きていた足跡を消そうとしているみたいで――。
 それも仕方ないな、なんて思うけれどやっぱり辛い。本能的に口元を手で押さえ、漏れない声が漏れそうで怖くて声をあげそうになるタイミングでぐっと腹筋に力を入れた。「椿木」は僕の不規則で宙に吐きつけるような呼吸音には、反応しないで居てくれていた。

 ずっと静かに、僕が泣き止むのを待っている。「椿木」の頭に僕の手は、もうない。ぎゅっと目を閉じ両手で口を必死に覆っている。怖かった、人の前で泣くことが。泣いていいのかなんて、分からなくて、泣かないで辛がらないでずっとやってきたはずだったのに。


















「……我慢なんか、しなくていいんだよ」

 


 その言葉が必死に保ってきた最後のラインを、壊した。





 それはまるで、あのときのような涙。静かに僕の頬を濡らしていた。痛みと悲しみが混ざり合い、溶け出していたあのときの。けれど、少し違うのは手を伸ばせば、直ぐに触れることが出来る温もりがあることだ。優しく柔らかな肌が持つ、心地よいぬくもりが。
 赤くはれた僕の目元を「椿木」はじっと見る。「母親」とは異なった、僕に向けられる愛情のまなざし。感じたことの無い、新しい感覚だった。だけど、僕を映す「椿木」の瞳は深くに大きな傷を隠しているようで。僕が感じたことの無い、大きな傷を。

「もう、大丈夫?」

 頷いた僕を見て、「椿木」は笑顔を見せる。
 精巧に作られたその笑顔に、僕は気付かなかった。本当に、その笑顔は無垢な少女のそれで。

「それじゃ、私学校に戻らなくちゃだから。またね、ばいばい」

 少し寂しげに笑う「椿木」に、ふわりと手をふる。静かに病室を出て行った「椿木」を思うと、少し、胸の下が苦しくなった。何も出来ない不甲斐なさが、僕を殺そうとしているかのようで。

 暗く静かになり生まれた沈黙は、次の日の朝までゆるやかに続いていった。

Re: 君を、撃ちます。     久しぶりに加筆更新 ( No.27 )
日時: 2013/05/18 22:02
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ


 世界は反転していた。
 僕が気付かない間に、静かに静かに。空気と同化してしまった時間は帰って来ることはない。
 そう、僕は分かっている。分かっていた。
 だから今、目の前で起きている惨劇なんかは知らない。分かりたくもなくて、理解なんかできるはずもない。



「ねーお母さん」
「人は、どうして死んじゃうの?」

「僕、死にたくなんか無いよ」
「僕が死んじゃったら、お父さんもいないお母さんのこと、誰も守れなくなっちゃう」
「ね、お母さん」
「僕ね、お母さんのことだいすきなんだよ」


 どうしたんだろうなぁ。
 ふと頭に浮かんだその言葉達に、僕は感情がうつりすぎて辛さが爆発した涙で頬を濡らした。

Re: 君を、撃ちます。 ( No.29 )
日時: 2013/07/21 00:25
名前: 涼


 はじめまして。
 題名に惹かれました。
1レスの文字数が多いので、少ししか見れていないのですが、凄いです。
 なんというか……、純文学って感じです。
 私はこのような文章が書けないのでとても尊敬します(´・ω・`)

 更新頑張ってくださいね。応援してます。

Re: 君を、撃ちます。 ( No.30 )
日時: 2013/07/26 18:17
名前: 柚子 ◆Q0umhKZMOQ
参照: 描けないなら創るまで

涼さん

コメント有り難う御座います^^
大会の関係で、最後にレスした方が分からないため返信遅れました(汗)

タイトルからの、文章の落差はひどいものでせう(笑)
ゆっくり、読んでくださればと思います。
そうして少しでも多く、伊吹と椿木を理解して頂ければ、それだけで僕も二人も喜びますから^ω^

能力物や奇怪物が多い中では、少なくとも浮いていますがまったりやっていこうと思います。

コメント、有り難う御座いました(´∀` )

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。