複雑・ファジー小説

GUN∞SHOOTER
日時: 2015/08/11 03:28
名前: 墟 ◆EJmr0GLxVk

基本の生息時間は不明の墟で御座います。

今回初めて執筆を試みます故訂正を繰り返すかもしれません
一応プロットは完成しておりますのですが

更新速度は非常に遅いです。

では、早速ですが書かせて頂きます
--------------------------------------------------

Page:1



Re: GUN∞SHOOTER ( No.1 )
日時: 2015/08/11 03:41
名前: 墟 ◆EJmr0GLxVk

序章
--------------------------------------------------

[国立青陽学園]――教育方針を生徒の向上、自立を目標に掲げた学校。
何処にでも存在する只の高校。他とは違う点を挙げるならば――。

「はぁッ!」

生徒全員が武器を手に持っている事。
一人は銃、一人は刃物、一人は格闘術を特化した、化け物が揃う高校。
国が大金を注ぎ創り上げたこの高校こそが警察機関に相応する機関。


時には犯罪者を追い、賞金首を狙い、人々に協力をする。
信頼と実績を持つ組織。武器は全て学校側が支給し、生徒に選ばせる。
適性検査を行い武器の適性を図る。


D以下の場合その武器の適性がないと判断され武器の交換を必須とする。
何時死んでも可笑しくない状況の中で日常的に武器を使う組織なのだ。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。