複雑・ファジー小説

監獄での出来事
日時: 2016/03/25 22:25
名前: ウイス ◆vmQ1vZJrMg

ここは、中世のヨーロッパ。僕は兵士として王に仕えていたが、ある日移動が決まり監獄の警備に回ることになった。同僚からはなぜか「よかったな。」「お前は幸せもんだ」なんて言われた。そしてその監獄にいった。外観は石で作られたゴツい建物だった。やはり中も薄暗く、少し息苦しい感じもした。看守長の人と挨拶した後、早速仕事を任された「地下牢の重罪人の警備をしろ。」こう言われた僕はギクリときたがどうやらその囚人は女らしい。その地下牢にいくとその女は結構な美人だった。服はほぼ袖なしで下の方もほぼブルマに近い状態だった。もちろん靴下は履いていない。どうやらこの監獄は罪が重ければ重くなる程肌の露出が激しくなるらしい。もちろん手枷と足枷もついていた。その囚人は女とは思えないほど筋肉があった。2年前に王に謀反を起こして捕まったらしい。と、ここまではいいのだがこの囚人に毎日罰を(罪を償わせるために)与えているのだがその罰の内容は警備の兵士がその囚人に首輪をつけ、奴隷のように調教するという内容だった。僕の前の警備の兵士がやめた理由はあかされていない。そして遂に囚人は口を開けた。「次のご主人様は貴方?」と僕は興奮しすぎて顔が赤くなってしまった。この時僕は何も考えて無かった
んだ。この囚人が大人しく捕まっているはずが無いし、前の警備の兵士がやめた理由が明かされてないこともおかしいことを。結局僕は興奮してゆだんしてしまい、囚人の重い手枷を頭に当てられてしまい、死んだ。欲望というものは何よりも恐ろしいということも僕は気づかないままだった。

Page:1



Re: 監獄での出来事 ( No.1 )
日時: 2016/03/25 22:47
名前: ああ

作者の性欲がつまったやつだな。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。