複雑・ファジー小説

死にゆく君に祝福を 〜超能力者バトル・ロイヤル〜
日時: 2016/05/06 16:20
名前: 翌檜 (ID: n1ZeCGPc)

「上戸 幸次(うえと こうじ)、23歳で……現在は……え〜と……これは?」

「今の職業は、自警団。つまり、リアルライフヒーローです!」

上戸は正義の味方のポーズを取る。

「……あ〜はいはい。分かりました。……履歴書にそれを書く勇気は認めます」
上戸は今、面接を受けていた。


子供の頃から、ヒーローになりたいと言う夢を持ち続け、大人になった彼は、アメコミのような格好をし、コスプレを楽しんでいた。

コスプレをしているだけでは無く、ちゃんと不審者等を見つける事にも力を入れていた。

しかし、職務質問されるのは、いつもコスプレをしている上戸の方である。

とはいえ、ちゃんと職に就かないと、お金を得る事が出来ない為、本屋のアルバイトの面接を受ける事を決意する。



面接は、すぐに終わった。


「……合格出来ていると良いな……」

ちなみに、上戸は良くも悪くも馬鹿である。他人を信じやすく、騙されやすい。
上戸は、築30年余りの木造アパートに帰る。番号は201号室。

上戸の部屋は玄関から、目の前には和室が一つ。和室には、窓があり、景色は電柱で良く見えない。和室の隣の部屋はキッチン。玄関のすぐ隣が、トイレと風呂、洗濯機がある。
上戸は和室に行き、テレビを見る。
テレビではニュースをやっていた。

「突如、一兆円を手に入れた芸能人の、バーランク吉田さん。彼は如何にして大金を手に入れたか」

「大金……?」

上戸は少なからず反応を見せる。


「どうも、バーランク吉田です。私は、ギャンブルが好きなんですが、まさかあんなに当たるなんて思ってもいませんでした」

「ギャンブルで大金、1,000,000,000,000円(一兆円)もの、お金を……」

「……ええ、奇跡としか言いようが有りませんよ。しかし、二年前の話を今さら掘り下げられても……」


上戸は、少年のように驚く。

「マジか……ギャンブルってスゲー!」


しかし、彼はまだ気付いていない。



そのお金は、沢山の人の死によって、得た金と言う事を。











コインには、表と裏があるように、世界にも表と裏がある。






上戸は、ギャンブルをしに行く。


「ギャンブルって何処で、すれば良いんだ……」




「やあ、君。何か叶えたい夢でもあるのかな?」


上戸の隣に、突如男性が現れ話しかける。


「……ビックリした……。誰ですか?」

「一兆円の夢を叶えた者だ」

「一兆円ってあの吉田さんの?」

「ああ……」

「凄いですね……是非とも、何か……ギャンブルのコツとかを!」


「私の話を信じるのか」


「ええ。そうですよ」


「……珍しいな君は」

「……?」

「能力を使わずに済むのはラッキーだったが……まあ良い。君の夢を吉田のように叶えてやる」

「……夢?世界平和です!」

「面白いな……君は。それでは……君の夢が叶えられるよう、期待する」













上戸は、気絶する。





「さて、バトル・ロイヤルの始まりだ」




上戸は、目覚める。

「……あれ?俺、家で寝てたっけ?……ん?俺の家なのに……何でこんなにボロボロなんだ?」

上戸は、崩壊寸前の部屋にいた。

上戸はすぐ近くに紙切れと地図があるのを、確認する。


「説明書……?」










ルール

ステージは、地図に載っている区域に限定する。

参加者は、あるモノを見つけるか、自分以外の参加者を殺した場合、夢が叶うモノとする。あるモノについては、途中経過が、リアルタイムでテレビ、パソコン、スマホ等で流れるので、その時にヒントを流す。だが、スマホ、パソコンでは、このゲームの途中経過しか見る事は出来ない。途中経過の内容は、死亡した人物である。名前が載らないように頑張れ。

途中棄権は厳禁。ステージの外に出た者は、ステージの中に引き戻される。自殺は可能。

このゲームでは、殺しは合法なので、犯罪にはならない。直、この世界での活動時間は、午前十二時から午後十二時まで。それ以外は、元の世界に戻る。ただし、このゲームの記憶は消える。

はっきり言って別に人を殺す必要は無い。ただ、永遠に死に怯えて生きる事になるだけである。


そして、此処からが大事な項目である。

君達は、このゲームに参加する時のみ超能力者になる。

そして、殺せば殺した者の超能力を扱う事が可能になる。ちなみに、拒否権は無い。



どうか、君が最後の生き残りになる事を祈る。







「ええ……!何これ……。と言うか、此処が何処なのかは説明しないんだ……。と言うか腹が減ったんだが……食料はどうするんだ!」



上戸は、自分の家だった物を詮索するが、何もなかった。

上戸は窓を見て景色を見る。
電柱は折られており、景色は見えた。

「……しかし、何もかも、崩壊しているな……。これは一体何なんだよ……。と言うかこれって夢だよね……」

窓から見た景色は、至る所に火が出ており、ほとんどの家のは保持していたが、とてもボロボロだった。



「訳が分からない……。何だよ、これ……」



上戸は目の前の景色に絶望した。











まえがき

名も無き世界と、両立出来たら嬉しいなと言う気持ちで執筆しています。

個人的に、執筆したかった小説だったので、頑張って行きたいです。


コメントをくれたお客様

ジューゴさん

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: 死にゆく君に祝福を 〜超能力者バトル・ロイヤル〜 ( No.31 )
日時: 2016/05/31 20:12
名前: 翌檜 (ID: n1ZeCGPc)

一方、上戸達は。

次々と爆発音が鳴り響くこの町を見ていた。


「明らかに……何かが起こっているわね」

丸神は未来予知をする。


未来予知で人物を見る。

「スタイナーと言う男が次々と触れた物を爆弾にする能力を軸に参加者を殺し、他の能力と組み合わせています」


藤井は呟く。

「どうしようか……」

山本は佐久間の事を心配する。





丸神は上戸に話す。


「スタイナーを更生させよう、上戸!」

「……あ、ああ!」



上戸は正直、見て見ぬふりをしていたかった。口では人々を守ると言っておきながら、心はもう、自分の事で手一杯だった。







そして上戸達はスタイナーの元へ行く。


「おっ!ラッキー!参加者見ーっけ!」


山本は一歩引く。藤井は逃げる。


丸神は動じない。上戸はビビる。



「スタイナー!何が目的でこんな事をするのか分からないけど、止めなさい!こんな事しても夢はかなえられない!」




「君達は戦う気は無いのかい?もしかして僕を説得しに来たのかい?コンな人達がまだいたとはね」




スタイナーは上戸達に近づく。




スタイナーは、足を壁に向かって蹴る。



「この爆弾は周囲を異空間へ消し飛ぶ能力があるんだ。制限時間は十秒。逃げないと消えちゃうよ?」




スタイナーは全力で笑いながら逃げる。



丸神は追う。上戸は山本と共に爆弾から逃げる。藤井は遠くで隠れる。






十秒後、一つの建物が巨大な爆発音と共に消える。





丸神は未来予知で何とか生き残る。


「死なないね〜。まあ、体の一部が無い地点で場数は踏んでいるよね?良いね!殺すには惜しいよ」


「何の目的で……こんな事を!」



「は?ゲームじゃん。楽しまないと損、損!」




「ゲームって人が死ぬのよ!」


「そうだよ、でも合法じゃん。最高だろ!」


丸神の腕から巨大な蔦が現れる。


「その腐った考え方、更生させてやる!」


「……僕に勝てると思ってんの?ゲームでもちゃんと考えてプレイしないと〜!」



後から上戸と山本がやってくる。


「……丸神さん!大丈夫ですか」


「こんな奴、貫通させてやる!」


山本は我を忘れてスタイナーに突っ込む。


「三対一か……。ふふっ……最高にスリルだよ。このゲームが盛り上がりそうだね〜!」



二人が止めようとするが山本はスタイナーに向かって殴ろうとする。


スタイナーは山本に向けて食料を向ける。


「これが起動した瞬間、君に向かってこの爆弾は追跡するよ。動くな、楽しいショーの為に」




スタイナーは山本を連れていく。



「あそこの壊れた建物で待ってるよ。来ないとこの子は、死んでしまうよ?」


「今、勝負出来ないの?」


「残念〜、参加者は多い方が良いでしょ?楽しいショーの招待状はもっと送らないと駄目だからね」




Re: 死にゆく君に祝福を 〜超能力者バトル・ロイヤル〜 ( No.32 )
日時: 2016/06/03 16:42
名前: 翌檜 (ID: n1ZeCGPc)

「時間は、現実世界に戻って、再びこの世界へ来た時。つまり、午前十二時だ。来なかったら、この子の命は無いと思ってね?」


スタイナーは山本の連れて建物の方へ行く。



丸神と上戸は話し合う。

「丸神……」

「行くしかない……。未来予知では佐久間や北見も参加していて……」


藤井が丸神の元へ行く。

「丸神様!……未来が見えているのですか!」

「……様付けしなくていいよ」

「いえいえ!とんでもない!」

「この戦いの結末は、全員スタイナーによって殺されているわ……」

「ええっ!駄目じゃないですか!」



「でも、運命は変えられる。……絶対に」


「行かない方が……」


「いや……行きます」

「藤井も行くよね?」

「はいっ……藤井、行きまーす!」







暫くして、元の世界へ帰る。








元の世界では丸神はピアニストとして活躍していた。



失った小指と佐藤は忘れ去られていた。









あの世界で死んだ参加者は、何故か遺体が現実世界に移動されている為、不自然な事故死等で処理される。




佐久間に瀕死の状態に追いやられた佐藤は現実世界で電車で自殺となっている。



丸神の小指も現実世界のみ元に戻っており、全く持って支障が無い。







山本は、学校に通っていた。



しかし、山本に話しかけようとする人物は一人もいなかった。




理由は簡単。山本の兄が殺人の罪で捕らわれたからである。


しかも、両親を包丁で殺し逃亡。


その後も、通行人数人を重傷に追いやる。







「どうして、人を殺した?親を殺した?」


「人は、ストレス発散する時、どうするんだ?」

「……?」

「俺はひたすら、生き物を殺すんだ。ハムスターとか蛙とか、犬とか」

「……それで、殺したのか?人間を」


「ああ、だがまだ殺し足りないな。……実に残念。最近の奴らは良いモン喰ってるからな。さぞ、ストレスが発散できただろうな」



山本の兄は刑事の首を掴む。


「おい……何をする!」


「別に死刑になるなら、もっと人殺した方が良いと思ってな。悔い残らずに人生を終えたいモンだろ?」










山本の願いは、兄が元に戻る事。


そして、あのゲームに参加する事になった。












そして、スタイナーは。




外国で家の中、ずっとゲームをしていた。



「……やった!ボスを倒したぞ!」




スタイナーは大学生だが、ほぼ学校には行っていない。





スタイナーは過去の記憶に苦しむ。


「……ううっ」





スタイナーは、無口で苛められていた。


何で苛められているのかも分からなかった。

時には自殺を強要された事もあった。




彼の心の拠り所は、インターネットとオンラインゲームとアニメだった。




この電脳世界なら、スタイナーは強くなれた。





この世界なら、スタイナーは強者になりきれた。






そして、スタイナーはゲームに参加する。





「……スタイナー。願いは?」

「無いね、僕はこのゲームに参加しただけで十分。

さあ、サバイバルゲームの始まりだ!」









Re: 死にゆく君に祝福を 〜超能力者バトル・ロイヤル〜 ( No.33 )
日時: 2016/07/11 18:55
名前: 翌檜 (ID: n1ZeCGPc)

そして、約束の時間になる。


スタイナーは、廃墟である刑務所で山本と北見の組織にいた元メンバーが入っている牢獄に向かう。

「さて……佐久間は上手く騙せた。北見を呼び寄せ、上戸達とぶつかり、争う。

まさにバトル・ロイヤル!殺し合いだ!」


山本はスタイナーを睨む。

「下衆……」

「良いね〜。折角だから遊ぼうか?なあ?別に初めてじゃないだろ?」


スタイナーは石を持ちながら山本の胸に触れようとする。

「止めて……」

「動くな。動いたら、このタイマー式の爆弾がお前の口の中で爆発する。

それとも、お前自体を爆弾にするか?お前と上戸が触れた瞬間に……ドカーンだ」




「うう……」





すると、佐久間が現れる。



「やっぱり来たか……!」


佐久間は笑う。


「借りるぞ、後藤」


佐久間は銃を構える。



スタイナーは山本を抱えながら逃げる。



佐久間は銃を撃つ。


スタイナーは石を投げる。


石は佐久間の方へ向かう。


「ホーミング型爆弾だっ!」




佐久間は手を叩く。


すると、扉が現れ、爆弾を扉の中に入れる。


「……見せてもらうぞ。ある物を」


「さあ?何の事かなー!」





佐久間は空間を移動し瞬間移動する。







佐久間の様子を北見が隠れながら見る。


「さてさて……僕はこの隙に仲間を救おうか……」


北見は捕らわれていた元仲間を救い出そうとする。


すると、元仲間は北見を殴る。

「……痛っ。どうした?」


「俺は爆弾だ。キミを倒さないと……解除してくれないんだよ!」




敵は北見に触れる。


「そして、爆弾に触れた者はその者も爆弾になるんだ!」


「成程、つまり君達に触れられた僕は爆弾になったんだ。そして、この建物も君達が大地を踏んでいる地点で爆弾になる訳だ。
と言う事になると、この世界自体が爆弾になる事も可能と言う訳か。


……ずるくね?」







Re: 死にゆく君に祝福を 〜超能力者バトル・ロイヤル〜 ( No.34 )
日時: 2016/09/17 18:53
名前: 翌檜 (ID: n1ZeCGPc)

スタイナーは佐久間と交戦していた。

「チョーおもしろいよ!リモコン型爆弾で地雷を設置した!しかも、爆弾は油と火を放出させる。つまり、破壊する為の爆弾じゃない。燃やす為の爆弾だ」

「……俺の能力はドアを使ったテレポート。空間圧縮。爆弾自体を圧縮させれば良いが爆弾は其処ら辺の石かもしれないし不明……」

「お前は終わりだよ。僕の爆弾には誰も勝てない」

抱えられる山本は戸惑う。

「助けて!」

一方、未来予知と植物を操る事が出来る丸神はスタイナーの行動を予知する。

「……全員」

一緒には藤井と言う中年の男性は叫ぶ。

「逃げよう!早く!」

一方、上戸はある人物と会う。

「……」

「……チッ」

ある人物の後ろには沢山の死体が転がっていた。

「運が良いな。俺は今、イライラが消えてスッキリしてるんだ。数分後にはまたイライラするんだろうがな」

「……」

ある人物はコインを回す。

「裏。と言う事は左に行けばイライラを解消させてくれると言う事か」

ある人物は笑いながら血のついたナイフを持ち歩く。

Re: 死にゆく君に祝福を 〜超能力者バトル・ロイヤル〜 ( No.35 )
日時: 2017/02/14 18:02
名前: 翌檜 (ID: n1ZeCGPc)

佐久間は爆弾により大怪我を負い、倒れる。スタイナーは勝利を確信しながら山本の身体に触れる。

「僕の勝ちだ。僕は最強なんだよ。ゲームでも現実でも!」

すると、コインとナイフを持った男性が現れる。

スタイナーは大量の石を男性に投げる。しかし男性には当たらないし、爆発も男性の方のみ広がらない。

「こんなの現実的に……」

山本は男性を見て驚く。

「……!あんたは……」

男性はコイントスをする。

「表。スタイナーと佐久間と……妹を殺すか」

彼の名前は山本 終(やまもと しゅう)。山本の兄。そして殺人鬼である。

其処に傷だらけの北見が現れる。

「山本ォ!君もここにいたんだね。僕の腕を奪ったクズ野郎が……楽しいね〜。

バトルロイヤル的な漫画に出そうなスタイナー君を追っかけていたら、腐ったサイコパス君がいたよ」

「北見か。こんな場所で会うなんて俺はやっぱり運が良い」

「お前の能力……今のでハッキリ分かった」

佐久間は立ち上がる。

「成程……グハッ……ううっ……運命を変える能力か?」

一方、藤井は予知能力のある丸神と共に上戸を探す。

「運命は変わる!」

「丸神さん……!」

山本は貧乏ゆすりをする。

「俺は自分の都合の良い様に運命を変えられる。俺が満足出来る選択肢に迎えてくれる」

スタイナーは戸惑う。

「死ね!僕が最強なんだ!」

山本は激怒する。

「お前じゃないんだよ。もっと……何だろな。お前は幸せだったら人殺してないだろ?」

「は?」

山本はナイフを投げる。するとスタイナーの心臓に刺さる。

「運命は俺の味方だ」

山本は妹を見る。

「俺の家庭は裕福だったよ。親も育ちが良いし子供の事を良く考えていた。別に俺は特別苦痛だった訳じゃない。んである日から親が出張でいない時に親戚が俺達を引き取った。

親戚は俺達に地味な嫌がらせをした。理由は儲かっている親がうざいから。

その時、俺は思った。

苛立ちと殺意を。

その殺意が俺の快楽にフィットした。

別に殺す事が楽しい訳じゃない。

苛立ちと同時に湧きあがる殺意に初めてドキドキした。

罪悪感とはまた違う。

まさしく快楽への期待だ。

そして俺は親戚を殺した。

そこから麻薬の様に俺の身体は殺意を欲した。苛立ちは正直いらないんだが殺意と同時に湧いて来る。それがまたいいのかもな。禁断症状みたいでよ。

俺は親を殺し、警官を殺し、自分の持つ全ての力を日頃のトレーニングで頑張ってきた。快楽の為に。当然だろ?

夢は必ず叶う。俺の夢は人を殺す事。

そして運命は俺を主体に動く」

スタイナーは山本に蹴られ死ぬ。

「俺に他の能力や記憶等必要無い。俺に必要なのは殺意だ」

北見は佐久間と山本の妹を連れて山本から逃げる。

そこに上戸が現れる。

「……き、北見っ……」

「……やあ、正義の味方君」

「そんなんじゃないよ……俺は……怖いんだよ」

「全く……お前がこれだから佐久間はボロボロになるんだよ」

山本はコイントスをする。

「裏。追わない方が良いのか?何でだ?」

スタイナーは起き上がり叫ぶ。

「僕はまだ死んでいない!僕は……最強で!!!」

山本はスタイナーで遊ぶ。

北見達は丸神達と交流する。

北見は何処かへ消えてしまう。

「僕に仲間はいらない……そろそろ現実へ帰る時間だ。いや此処ももう一つの現実か……山本……」

「佐久間の治療が終わったら、このゲームを終わらせるアイテムを探しましょう。全員殺される訳にはいかない!」

山本ももう一つの現実に帰る。

山本は牢獄に閉じ込められていた。

「……退屈だ」

そういう時、山本は思いだす。

まるで料理の味を思い出す様に自分が殺した人間を思い出していく。

彼は人間を止めていた。檻の中にいる動物と似ていた。違うのは動物は空腹を満たす為に動物を殺す。山本は快楽の為だった。

「……夢とか愛とか家族とか不必要だな。だって他の動物はそれが無くたって生きてるじゃないか。俺はそんな目に見えないモノに甘えたくないな。

俺を支えるのは殺意と快楽だけで良い」

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。